ブライトリング

 

航空時計の第一人者

パイロットクロノのロングセラー「ナビタイマー」「クロノマット」を輩出し、航空業界と深い関係を築いてきたブライトリング。

 

今回は、ブライトリングの人気シリーズや定番モデル、そして歴史などを徹底解説しています!

目次

【1】ブライトリングのシリーズ一覧

【2】ブライトリングのシリーズランキング・定番腕時計

2-1.クロノマット

2-2.ナビタイマー

2-3.トランスオーシャン

2-4.スーパーオーシャン・ヘリテージ

2-5.アベンジャー

2-6.コルト

2-7.スーパーオーシャン

【3】ブライトリングの歴史

【4】ブライトリングと航空

【5】ブライトリングの工場

【6】クラブ・ブライトリングの特典

【番外編】アフターサービス情報(保証期間・オーバーホール料金など)

 

 

【1】 ブライトリングのシリーズ一覧

全11シリーズから成り立つブライトリング。その特徴などを簡潔に解説しています。

モンブリラン・シリーズ

モンブリラン・シリーズ

 

歴史的名作のデザインを現代に再現

世界初の計算尺付き腕時計として時計史に刻まれる1942年誕生のクロノマットのデザインを忠実に再現。ナビタイマーよりもクラシカルな外観で、メゾンの歴史を誇る。

 

ギャラクティック・シリーズ

ギャラクティック・シリーズ

 

洗練度の高いアビエーション

他のアビエーションと比べ、そのデザインはグラマラスで都会的。3針だけの展開でもあり、視認性と耐久性に優れた上質なスポーツウォッチとして日常いしやすい。

 

プロフェッショナル・シリーズ

プロフェッショナル・シリーズ

 

パイロットのための腕に着ける計器

時刻表示はアナログ、パイロットに必要な多様な機能はデジタルで表示。エレクトロニクス技術を駆使し、プロの要望に完璧に適う多機能は、腕に装備する計器だ。

 

ブライトリング・フォー・ベントレー

ブライトリング・フォー・ベントレー

 

高級車の世界観を腕時計に宿す

英国の自動車メーカー「ベントレー」とのパートナーシップにより、2003年に誕生した独立ブランド。ベントレーをモチーフとしたディテールが随所にちりばめられる。

 

クロノマット・シリーズ

クロノマット・シリーズ

 

航空クロノグラフの新時代を提示

1984年に誕生し、新時代の航空クロノグラフのあり方を提示した名作だ。これまで3度の大きなリニューアルを経ているが、ベースとなる機能やデザインは継承する。

 

スーパーオーシャンヘリテージ・シリーズ

スーパーオーシャンヘリテージ・シリーズ

 

現代に蘇った名作ダイバーズ

ヴィンテージな外観は、1957年に生まれたブライトリング初のダイバーズがモチーフ。特徴的な時針の形状はそのまま継承し、12時には当時のエンブレムを18金で置く。

 

アベンジャー・シリーズ

アベンジャー・シリーズ

 

屈強なるクロノマットのDNAを継承

現行モデルは、2013年の誕生。ベゼル一体型のライダータブをはじめ、屈強なクロノマットのDNAを受け継ぐ。人間工学に基づき新設計されたケースは、装着感がいい。

 

ナビタイマー・シリーズ

ナビタイマー・シリーズ

 

航空クロノグラフの超ロングセラー

誕生は1952年。今もブライトリングの主力を成す航空クロノの名作。航空計算尺を備える特徴的な外観は、どの時代のモデルでも一目でナビタイマーだと分かる。

 

コルト・シリーズ

コルト・シリーズ

 

堅牢なケースが頼もしい実用モデル

大型の針やインデックスが高い視認性を叶え、堅牢なケースで耐久性にも優れる。ブライトリングらしさを無駄をそぎ落としたスタイルで実現した、実用機の決定版!

 

トランスオーシャン・シリーズ

トランスオーシャン・シリーズ

 

クラシカルでエレガントな装い

大陸間航空路線が拓かれた1950年代~60年代のスタイルを現代に継承する。回転ベゼルを持たず、シンプルな外装が、スタイリッシュだ。

 

スーパーオーシャン・シリーズ

スーパーオーシャン・シリーズ

 

素材の質感にも凝る、屈強ダイバーズ

500~2000mの屈強な防水性能を誇るダイバーズウォッチのシリーズ。逆回転防止ベゼルはラバーモールドでマットな黒を表すなど素材や仕上げに凝り、質感もいい。

 

【1】 ブライトリングの人気シリーズランキング&腕時計

特に人気がある7シリーズのランキング&定番21モデルをピックアップ!

 

それぞれに個性が異なる各シリーズの主要モデルをカタログ化したラインナップは、外観も中身も実に多様。好みの1本が、必ず見つかります。

 

※ランキング(アンケートの投票数順)で表示しています。

 

アンケート結果を見る
●総投票数:534票
1 (150票)
クロノマット・シリーズ

クロノマット・シリーズとは

1984年、新生クロノマットとして発表されて以来のフラッグシップ・コレクション。現行は、全モデルが自社製ムーブメントを搭載し、ブランドの革新性をも象徴している。

ケースサイズは41mm、44mm、47mmで、防水は41mmが300m、44mmと47mmは500m、44GMTは200m。各国の空軍とのコラボモデルをはじめ、限定モデルも多く、選択肢は幅広い。

クロノマット・シリーズの定番モデル3選

cronomat44
 
クロノマット44
ブランドを代表するフラッグシップ
大きく厚いケースは、見るからに屈強。ダイヤル中央に正方形を表すなど、ディティールに凝り、力強さと上質感を調和させた。
■自動巻き。径44mm。SSケース&ブレスレット。92万円。

 
cronomat44gmt
 
クロノマット44 GMT
タイムゾーンを越える空の旅のパートナー
24日表示のGMT針を装備。主針を単体で動かせて現地時間に合わせられ、カレンダーも連動。GMT針はホームタイムを示す。
■自動巻き。径44mm。SSケース&ブレスレット。110万円。

 
cronomat41
 
クロノマット41
プロのための機能美を41mmのケースに凝縮
2011年に追加された小振りなクロノマット。インデックスの前面にスーパールミノバを施すなど、独自のディテールが与えられている。
■自動巻き。径41mm。SSケース&ブレスレット。92万円。

年齢層アンケート

クロノマット・シリーズ が似合う年齢層(年代)といえば?

  • 30代  (35%, 29 票)
  • 40代  (27%, 23 票)
  • 50代以上  (18%, 15 票)
  • 20代  (15%, 13 票)
  • 10代(高校生・大学生) (5%, 4 票)

投票数は84 です。

自分も投票する

読み込み中 ... 読み込み中 ...


2 (128票)
ナビタイマー・シリーズ

ナビタイマー・シリーズとは

クロノマットと双璧を成す、航空クロノグラフの名作。1952年の誕生以来、そのデザインは、ほぼ変わっていない。航空計算尺を操る回転ベゼルは細身で、それがなお一層のクラシック感を与える要因となっている。
 
今年は大振りなケースの追加で、モダナイズもされた。セミパーペチュアル、ワールド以外は、自社製ムーブを搭載。ほかにも永久ルンダーや24時間表示の「コスモノート」がある。

ナビタイマー・シリーズの定番モデル3選

navitimer01
 
ナビタイマー01
航空クロノグラフの永遠のスタンダード
航空計算尺を備える緻密なダイヤルが目を惹く。ナビタイマーのスタンダード・モデルで、裏蓋には摂氏・華氏の換算表を刻む。
■自動巻き。径43mm。SSケース。カーフストラップ。84万円。

 
navitimerworld
 
ナビタイマー・ワールド
さり気ないGMT針で第2時間帯を知る
GMT機能搭載機の一回り小振りなモデル。赤い三角の標を持つGMT針は華奢な造作で、クラシカルなデザインと調和する。
■自動巻き。径46mmSSケース。クロコダイルストラップ。76万円。

 
navitimergmt
 
ナビタイマーGMT
ナビタイマー史上最大ケースが誕生!
GMT能を備える自社製CalB04を、48mmの大型ケースに納めた。GMT用の24時間目盛りが、大きなダイヤルの間延びを解消。
■自動巻き。径48mm。SSケース。カーフストラップ。108万円。

年齢層アンケート

ナビタイマー・シリーズ が似合う年齢層(年代)といえば?

  • 40代  (36%, 26 票)
  • 30代  (27%, 20 票)
  • 50代以上  (18%, 13 票)
  • 20代  (15%, 11 票)
  • 10代(高校生・大学生) (4%, 3 票)

投票数は73 です。

自分も投票する

読み込み中 ... 読み込み中 ...


3 (119票)
トランスオーシャン・シリーズ

トランスオーシャン・シリーズとは

ブライトリングでは唯一、回転ベゼルを持たないシリーズで、その外観は、シンプルにしてスタイリッシュな印象を与える。
 
1958年誕生時の姿を規範とした、適度なヴィンテージ感も魅力。オーセンティックなスーツとも相性よし。お馴染のクロノグラフ以外にも、シンプルな3針デイデイトや24都市の時刻を表示するワールドタイマー「ユニタイム」など、トランスオーシャンならではの、機構を選ぶことができる。

トランスオーシャン・シリーズの定番モデル3選

transockurono
 
トランスオーシャン・クロノグラフ
シックな2トーンに自社製クロノを搭載
シルバー×スレートグレーのダイヤルが上品。外周のタキメーターがスポーティだ。自社製Cal.01を搭載し、裏蓋はシースルー。
■自動巻き。径43mm。SSケース&ブレスレット。90万円。

 
transday
 
トランスオーシャン・デイデイト
ビジネスシーンで使えるデイデイト
シンプルな3針の3時位置に日付表示を、12時位置にフルスペルによる曜日表示を配置。上質感漂う、実用時計の本命。
■自動巻き。径43mm。SSケース。カーフストラップ。56万円。

 
trans38
 
トランスオーシャン・クロノグラフ38
小振りな2つ目で、クラシカル感ひと塩
ヴィンテージと見紛う、小振りな2つ目クロノ。感のあるブラウンのダイヤルは、ゴールドのベゼルと相性がいい。
■自動巻き。径38mm。SS+18KRGケース。カーフストラップ。77万円。

年齢層アンケート

トランスオーシャン・シリーズ が似合う年齢層(年代)といえば?

  • 40代  (30%, 22 票)
  • 50代以上  (27%, 20 票)
  • 30代  (23%, 17 票)
  • 20代  (16%, 12 票)
  • 10代(高校生・大学生) (4%, 2 票)

投票数は73 です。

自分も投票する

読み込み中 ... 読み込み中 ...


4 (33票)
スーパーオーシャン・ヘリテージ・シリーズ

スーパーオーシャン・ヘリテージ・シリーズとは

伝統や遺産を意味するヘリテージの名を冠し、1957年誕生当時のデザインを今に受け継ぐ。シンプル&クラシカルで大人な雰囲気。

スーパーオーシャン・ヘリテージ・シリーズの定番モデル3選

soheri44
 
スーパーオーシャン・ヘリテージクロノグラフ44
2つ目がクラシカルな外観に良く似合う
小振りなケースに2カウンター。何ともクラシカルなダイバーズクロノである。インダイヤルにはスピネル装飾を施す。
■自動巻き。径44mmSS+18KRGケース。ラバーストラップ。79万5000円。

 
soherikuro
 
スーパーオーシャン・ヘリテージ クロノグラフ
渋めな黒が凛々しいダイバーズ・クロノ
黒一色のシックなダイヤルは、スーパールミノバを施した針とインデックスを浮かび上がらせ、海中での視認性を高めるプロ仕様。
■自動巻き。径46mm。SSケース&ブレスレット。66万円。

 
soheri42
 
スーパーオーシャン・ヘリテージ42
普段使いもしやすいスタンダードな42mm
サファイアクリスタルはドーム型で、クラシックな印象を強める。メッシュのブレスも50年代テイストにふさわしい。
■200m防水。自動巻き。径44mm。SS「ケース&ブレスレット。47万円。

年齢層アンケート

スーパーオーシャン・ヘリテージ・シリーズ が似合う年齢層(年代)といえば?

  • 20代  (31%, 16 票)
  • 30代  (27%, 14 票)
  • 40代  (21%, 11 票)
  • 50代以上  (13%, 7 票)
  • 10代(高校生・大学生) (8%, 4 票)

投票数は52 です。

自分も投票する

読み込み中 ... 読み込み中 ...


5 (24票)
アベンジャー・シリーズ

アベンジャー・シリーズとは

クロノマットゆずりの屈強で武骨なケースが、いかにも男らしい。ステンシル数字を用いたミリタリーなベゼルは、視認性にも優れる。

アベンジャー・シリーズの定番モデル3選

avengerii
 
スーパーアベンジャーII
武骨な大型ケースで男らしさナンバー1
巨大なケースで、パワフルさを表現。ベゼル一体成型のライダータブなど、ブライトリングらしい航空計のDNAが力強く表れた。
■自動巻き。径48mm。SSケース&ブレスレット。67万円。

 
avengeriigmt
 
アベンジャーII GMT
GMTで実用性も高いミリタリーウォッチ
GMT針は、ダイヤルの24時間インデックスで第2時間帯を、目盛りを刻んだベゼルを回すことで第3時間帯を知ることができる。
■自動巻き。径43mm。SSケース&ブレスレット。42万円。

 
avengeriisea
 
アベンジャーII シーウルフ
深海3000mまでのプロ用ダイバーズ
3000m防水を誇る、屈強なるプロ用ダイバーズ。ダイヤルのインデックスのステンシル数字は、大振りで見やすく仕立てられる。
■自動巻き。径45mm。SSケ-ス&ブレスレット。48万円。

年齢層アンケート

アベンジャー・シリーズ が似合う年齢層(年代)といえば?

  • 30代  (32%, 15 票)
  • 20代  (28%, 13 票)
  • 40代  (21%, 10 票)
  • 10代(高校生・大学生) (11%, 5 票)
  • 50代以上  (8%, 4 票)

投票数は47 です。

自分も投票する

読み込み中 ... 読み込み中 ...


6 (20票)
コルト・シリーズ

コルト・シリーズとは

2014年のリニューアルによって、クロノマットから受け継ぐ屈強で、近代的スタイルがより明確になった。防水性能は全モデル200m。

コルト・シリーズの定番モデル3選

coltkuo
 
コルト・クォーツ
堅牢なケースに高精度スーパークォーツ搭載
スーパークォーツ採用の3針モデル。精度は通常のクォーツの10倍を誇る。ダイヤルは円形のレリーフで上品に彩られる。
■自動巻き。径44mm。SSケース&ブレスレット。29万5000円。

 
coltkurono
 
コルト・クロノグラフ
温度変化にも強いクォーツ・クロノ
クロノメーター取得のクォーツ・クロノ。独自のスーパークォーツを採用し、温度変化に合わせて時計の進み方を自動補正し、正確無比。
■自動巻き。径44mm。SSケース&ブレスレット。42万円。

 
coltlady
 
コルト・レディ
パワフルに今を生きる女性に捧げる1本
小振りなレディスも屈強な造作とスーパークォーツの高精度はそのまま。現代的でピュアなデザインで、女性の腕を力強く装う。
■自動巻き。径33mm。SSケース&ブレスレット。28万5000円。

年齢層アンケート

コルト・シリーズ が似合う年齢層(年代)といえば?

  • 20代  (38%, 17 票)
  • 30代  (29%, 13 票)
  • 50代以上  (16%, 7 票)
  • 40代  (13%, 6 票)
  • 10代(高校生・大学生) (4%, 2 票)

投票数は45 です。

自分も投票する

読み込み中 ... 読み込み中 ...


7 (17票)
スーパーオーシャン・シリーズ

スーパーオーシャン・シリーズとは

ブライトリングは海にも強い。このダイバーズの存在が、その証。どれも防水性能に秀で、インデックスのデザインが力強さを表現。

スーパーオーシャン・シリーズの定番モデル3選

superoceankuro
 
スーパーオーシャン・クロノグラフ スチールフィッシュ
ベゼルの黒い目盛りはラバーモールド
クロノグラフのベゼルは、ベゼルの目盛りがラバーモールドに。ヘアラインのベゼルとマットなラバーが相性抜群。デイデイトも装備。
■自動巻き。径44mm。SSケース&ブレスレット。67万円。

 
superocean44
 
スーパーオーシャン44
ゴールド・ベゼルのラグジュアリーな1本
ベゼルに加え、針もゴールドで設え、ラグジュアリー感は一際高い。外観はエレガント。だが2000m防水は健在。
■自動巻き。径44mm。SS+18KRGケース。カーフストラップ。51万円。

 
superocean42
 
スーパーオーシャン42
プロフェッショナルの過酷な環境にも耐える
防水性能は1500m。ベゼルは、ラバーモールドによるマットな黒で目盛りとのコントラストを成し、視認性は高い。
■自動巻き。径42mm。SSケース。ラバーストラップ。29万5000円。

年齢層アンケート

スーパーオーシャン・シリーズ が似合う年齢層(年代)といえば?

  • 20代  (34%, 18 票)
  • 30代  (30%, 16 票)
  • 40代  (17%, 9 票)
  • 50代以上  (11%, 6 票)
  • 10代(高校生・大学生) (8%, 4 票)

投票数は53 です。

自分も投票する

読み込み中 ... 読み込み中 ...


Loading ... Loading ...

 

 

 

【3】 ブライトリングの歴史

britehistory

 

クロノグラフの革新に情熱を傾けた130年

ブライトリングの歴史を築いたのは、24歳で自身の工房を持ったレオン・ブライトリングだった。彼は、先見の明の持ち主でもあった。当時は自動車や鉄道が注目され始めた頃。レオンはスピードの時代の訪れを予見し、その計測装置であるストップウオッチやクロノグラフの開発に情熱を傾けたからだ。

 

クロノグラフ懐中時計の製作者として名を馳せたレオンは、1905年に「スポーツ用ウォッチ/タキメーター」の特許も取得している。クロノグラフによる多様な計測を、試みたのである。

 

さらに彼は、腕時計クロノグラフの開発も夢見た。その夢を形にしたのは、長男ガストン・ブライトリングだった。彼は1915年、それまでリューズと一体式であったプッシュボタンを2時位置に独立させ、操作性を飛躍的に高めたのだ。

 

さらに詳しく見る

 

ブライトリングの歴代社長

 

創業者レオン・ブライトリングは、1860年、スイスのサン・ティミエに生まれた。
1884年に故郷に科学研究・産業用クロノグラフ・精密計測器専門工房を開設。クロノグラフの開発に尽力し続けた、能豊かな時師だった。

 

brithistory02

2代目ガストン・ブライトリングは、1884年生まれ。

1914年、父の急逝に伴い経営を引き継ぐ。1915年にレオンのアイデアをもとに、世界初の独立したプッシュボタンを2時位置に持つクロノグラフ腕時計を開発。

 

brithistory03

1932年からウィリー・ブライトリングが経営を担った。
’34年にはリセット専用の第2のプッシュボタンを開発。42年に回転計算尺を装備した「クロノマット」を開発するなど、航空業界との結びつきを強めていった。

 

brithistory04

1979年に経営者となったアーネスト・シュナイダーは、パイロットであり電子エンジニアでもある。
クォーツショックによる経営難を、1984年誕生の「クロノマット」で打開。今のブライトリングのスタイルを築いた。

 

brithistory05

1994年に父アーネスト・シュナイダーの後を受け継いだ5代目社長、セオドア・シュナイダーは、前代未聞の100%クロノメーター化を実現。大定番「クロノマット44」も、こうした厳しい規準の中で誕生した。

 

 

 

【4】 ブライトリングと航空

ブライトリングと航空

 

プロのための機能性がロングセラーを生む

ブライトリングの今ある航空クロノグラフのスペシャリストとしての礎は、3代目ウィリーの時代に築かれた。きっかけは1934年に誕生したリセット専用の第2プッシュボタンを備えたクロノグラフだった。その操作性の良さから、ブライトリングはパイロットの間で注目されるようになったのだ。

 

さらにウィリーは、成長著しい航空業界に新たな市場を求めた。手始めに1936年、英国空軍とコクピット用クロックの納入契約を締結。その後も各国の航空会社や航空機メーカーと公式サプライヤー契約を結んでいったブライトリングは、航空業界との関係を深めていった。

 

さらに詳しく見る

 

航空時計との繋がり

britaviation01

 

ナビタイマーは航空クロノグラフ永遠の金字塔

回転式インナーベゼルとスケールによる乗除計算に加え、距離や時間、燃費、速度といった航空計算までを可能とした航空計算尺を初搭載。

1952年に誕生した「ナビタイマー」は、航空クロノグラフの名作として時計史に刻まれる。

 

 

britaviation02

 

航空業界との結びつきを広告でもアピール

ウィリーは広告展開でも優れた経営能力を発揮した。写真は、1958年の広告。JALやロッキードなど航空業界12社のロゴが並べられ、ブライトリングが、プロのパイロットも愛用する優れた腕時計であることをアピールしている。

 

 

britaviation04

 

コクピット用クロックの製作で航空業界との結びつきを深める

ブライトリングの技術力は、腕時計に留まらず、コクピット用クロックでも発揮された。1936年に英国空軍に採用されて以降、多くの航空会社・航空機メーカーに納品し、航空業界との信頼関係を深めていった。

 

 

 

 

【5】 ブライトリングの工場

britkoubou00

 

充実した設備投資で微細な部品も自社製造

今のブライトリングの時計は、ラ・ショー・ド・フォン郊外の丘陵地にある工場で製作される。

 

100%クロノメーターを実現し、自社製ムーブメントの開発・製造も可能とする設備を有し、高品質と高精度とを自社で保証しているからこそ、ブランドとしての独立性が保持される。

 

さらに詳しく見る

 

【Part1】ムーブメント

movement00

 

100%クロノメーターと自社ムーブ製造を実現

100%クロノメーターを達成するため、汎用ムーブメントに関しても自社でアッセンブリーと調整を行っている。Cal.01に始まる自社製ムーブメントは、主要なパーツの製造まで自社で行う。

最新のエ作機械技術と伝統的な手仕事による組み立てとが同居している。

 

movement01

 

地板製造

自社製ムーブメントのベースとなる地板は、南棟4階で製造。切削オイルが不要な最新のCNCマシンを導入し、ドライな状態で精効加工するから廃油が出ず、環境に優しい。

 

movement02

 

研究部門

独立した研究門を備え、自社製ムーブメントの機能向上を模索する。電子顕鏡や高速度カメラを駆使し、ムーブメントの動きを観察。ミクロの視点で改良点を探す。

 

movement03

 

設計・開発

クロノメトリーに専用の部屋を持つ「ブライトリング・テクノロジー」が設計・開発を担当。Cal.01に始まる多様な機能を搭載する自社製ムーブメントがここで生まれる。

 

movement04

 

プレ・アッセンブリー

テンプの完成モーメントとヒゲゼンマイのトルクを計測し、瞬時に最適な組み合わせを選び、レーザーで溶接する最新設備を導入。また地板への穴石も自動で圧入する。

 

movement05

 

品質管理

高品質であることが、ブライトリングの誇り。各パーツは顕微鏡で拡大し、加工精度が検証される。さらに外観検査も厳密で、指紋の付着がない完璧な美観を約束する。

 

movement06

 

ワークショップ

南棟1階のほぼすべてを有し、加工に必要な工具や試作品を製造。写真は棒材切削マシンで、微細なビスも自社で製造が可能。まさに真のマニュファクチュール。

 

movement07

 

ケーシング

組み上がったムーブメントは、C.O.S.Cに送られ、クロノメーター検査が行われる。戻ってきた後、ケースに納め、ダイヤルや針を取り付けて、最終品質検査を行う。

 

movement08

 

アッセンブリー①

各組み立て工程は流れ業で、人の手で順次行われてゆく。組み立て中のムーブはICチップ入りのシャトルに載せられラインを進み、各作業工程は完璧に管理されている。

 

movement09

 

アッセンブリー②

テンプの受石への注油具合は、精度に大きな影響を及ぼす。そこでコンピュータ制御で適量を的確な場所に自動で注油できる専用マシンを導入し、完璧な潤滑性を実現。

 

 

【Part2】 外装(ケース、ダイヤルなど)

gaisou000

 

屈強で視認性にも優れる外装への一流の気配り

ブライトリングが提携する外装部門のサプライヤーは、スイス屈指の名門揃い。

ケースとブレスレット、ダイヤル、針や字インデックス、そしてサファイアクリスタル、それぞれのスペシャリストが厳格なブライトリング規格を遵守。高品位な外装が創出される。

 

さらに詳しく見る

 

gaisou01

 

ダイヤル

金属板に刻んだ目盛りやロゴに特殊インクを充てんし、それをシリコン製のタンポに写し取り、ダイヤルへと転写する。この作業は手仕事。転写・熱処理を繰り返し、印字の厚みを増して、優れた視認性を得る。

 

gaisou02

 

ベゼル

ベゼルもケース同様、鍛造で製作。クロノマットのライダータブで四分割されるべゼルは、各ライダータブの間でスロープする複雑な形状で、高精度な加工が必要。ライダータブまで一体成形のモデルもある。

 

gaisou03

 

ケース

上はクロノマットのケースの鍛造工程。一番上にあるのが、原型を切り取った材の残り。金型を替えながらプレスを繰り返すことで、少しずつ形が変わって行く。成形後は、手作業で磨きあげられる。

 

gaisou04

 

ブレスレット

ブレスレットの製造もケースと同じヴェルタノール社が担う。装着感に優れるパイロットブレスレットは、各コマが斜めにカットされているのが特徴。高精度な切削加工技術がなければ、決して作れないのだ。

 

gaisou05

 

サファイアクリスタル

ダイヤルを覆うガラスは、ダイヤモンドに次ぐモース硬度のサファイアクリスタル製。分厚くカットし、そこからダイヤモンドパウダーでドーム型に磨き完璧な透明とする。全てに両面無反射コーティングを施す。

 

gaisou06

 

指針

針は、マシニングセンタが高精度に切り出す。複雑なBの形状も一体切削。軸を通すチューブは直径0.5mmしかなく、その中央に0.25mmの穴を正確に空ける精密加工技術の粋が、この針には極められている。

 

 

【6】 クラブ・ブライトリングの特典

clubbrite

ブライトリングは、カスタマーサービスも充実。とりわけうれしいのは、日本国内の正規販売店でブライトリングを購入すれば、誰でも入れる「クラブ・ブライトリング」の存在。

メンバーだけの特典に大満足間違いなし!

【特典1】 会員誌「インフォ・ブライトリング」

clubbrite01

 

ブライトリングからの情報発信

年2回発行の会員誌が国内在住なら自宅に届く。最新モデルがいち早く介されるほか、スイスの製作現場レポートやデザイナーのインタビューなど特集内容も充実。ブライトリングの奥深さを知るための、重要な情報源だ。

 

【特典2】 メンバーズサロン

clubbrite02

 

魅力的なイベントを開催!

装イベントを、毎年開催。バーゼル発表の新作に実際に触れられたり、無料で精度検査が受けられたりと時計ファンには嬉しい催事となっている。時にはエアショーのフライト見学やベントレーの試乗会も開催。

 

【特典3】 メンバー特別価格

clubbrite03

 

修理もオーバーホールも特別価格

屈強なブライトリングでも扱いや環境によって壊れることが。また、機械式は定期的なオーバーホールが必要。これらメンテナンスに関する基本料金となる技術料が、クラブ・ブライトリングのメンバーなら標準価格の半額に。

 

【特典4 】スタジオ・ブライトリング

clubbrite04

 

メンバーのための特別な空間

東京と大阪にあるスタジオ・ブライトリングは、アフターサービスのための拠点。ここにはメンバーだけが入れる「メンバーズ・ラウンジ」が併設される。寛ぎの空間で、ブライトリングに関わる映像や図書が閲覧できる。

 

 

 

アフターサービス情報

ブライトリングの保証期間・オーバーホール料金など、アフターサービス情報。

メーカー保証期間
2年。機械式自社開発キャリバー搭載モデルは5年。

 

オーバーホールの推奨期間
使用状況により変わるが、機械式時計は3~4年毎、機械式自社開発キャリバー搭載モデルは5~6年毎が目安。

 

オーバーホールの基本料金
*標準価格(メンバー特別価格)。クォーツ/ノン・クロノグラフ:7万5000円(3万7500円)。クロノグラフ(エアロスペース):8万5000円(4万2500円)。UTC・CO-PILOT:5万円(2万5000円)。機械式/ノン・クロノグラフ:8万円(4万円)。クロノグラフ:10万円(5万円)。複雑系クロノグラフ:11万5000円(5万7500円)。自社キャリバークロノグラフ:12万5000円(6万2500円)。ベントレー/クロノグラフ・フライングB・No.3:12万5000円(6万2500円)。自社キャリバークロノグラフ:14万円(7万円)。パーペチュアルカレンダー・トゥールビヨン:見積もり。

 

オーバーホールに外装の仕上げは含まれるか?
含まれる。希望しない場合は、標準価格の場合は2万円、メンバー特別価格の場合は1万円の割引を適用。

 

オーバーホール後の保証期間
1年。

 

オーバーホールの納期
4~5週間。

 

古い時計の修理は、何年前のモデルまで可能か?
約30年。それ以前のモデルはスイス本社にて見積もり。

※アフターサービスの問い合わせ先:スタジオ・ブライトリング銀座(03-5250-7011) / スタジオ・ブライトリング大阪(06-6253-3702)

 

 

 

腕時計ブランドの人気記事

『スイス・日本・ドイツ・アメリカなど』国別&世界の腕時計ブランドランキング。

記事の続きを読む »

『休日用やファッション感覚でOK!』カジュアル腕時計ブランド一覧ページ。

記事の続きを読む »





もっと見る

腕時計


この記事を見た方は、こんなページも見ています
サイトの人気ページTOP5!

カテゴリ一覧



検索(アイテムで検索ができます)

最新の記事一覧

人気のカテゴリー






ジーンズ 人気ブランド(男性)

スタイル別 ブランド

  • ブランドプレゼント×アンケート

    プレゼントで貰って嬉しい、ブランド物といえば?

    投票結果だけ見る

    読み込み中 ... 読み込み中 ...
ページ上部に