最初に手に入れるべき高級腕時計ブランド&モデル

 

「“はじめての一本”で長く愛せる一生物ブランド」

「10万円台からの高級時計入門ブランド」

「コスパに優れる国産高級腕時計ブランド」

 

などなど、はじめての高級腕時計として価値のある12ブランド、そしておすすめモデルを紹介しています。

 

目次

「機械式」と「クォーツ式」の違い

②はじめての高級腕時計ブランド12選

■1位:ロレックス【スイス】

■2位:IWC【スイス】

■3位:グランドセイコー【日本】

■4位:タグホイヤー【スイス】

■5位:カシオ【日本】

■6位:ティソ【スイス】

■7位:ボーム&メルシェ【スイス】

■8位:ユンハンス【ドイツ】

■9位:トゥルーム【日本】

■10位:クエルボ・イ・ソブリノス【キューバ】

■11位:グッチ【イタリア】

■12位:エルメス【フランス】

 

①知っておきたい「機械式」と「クォーツ」の違い

機械式とクォーツ

 

腕時計には「機械式」と「クォーツ」の駆動方式があります。特に高級腕時計の分野は「機械式」が主流ですが、同じモデルでも「クォーツ式」が展開されている場合も。

 

どちらもメリット・デメリットがあるので、ここではその違いを簡単におさらいしています。

機械式とは

腕時計 機械式

 

巻き上げたゼンマイが元に戻る力を利用して時を刻む。

※着用しているだけ(腕の動き)でゼンマイが巻き上がる「自動巻き」と、リューズを手で回す「手巻き」の2種類がある。

 

メリット

機械部品で構成されているため修理しながら使い続けられる。高級時計ではステータス感も高い。

 

デメリット

1日に5~20秒ほど誤差が出るので、頻繁に調節する必要がある。また3~5年ごとにオーバーホール費用に数万円かかる。

クォーツとは

腕時計 クォーツ

 

電池や光エネルギーを原動力とし、水晶振動子を高速振動させて針を動かし時を刻む。

 

メリット

安価に大量生産ができるため、機械式よりリーズナブル。しかも誤差が少ない。

 

デメリット

数年に一度、電池交換が必要。また電子回路が寿命を迎えると交換が必要(交換部品が生産終了になると修理自体ができない)。一生モノとは言えない。

 

 

はじめての高級腕時計ブランド12選

 ランキング(おすすめ順) 
●総投票数:780票
1 (120票)
ロレックス

 
公式サイト:https://www.rolex.com/
 
 20代   30代   40代   50代 

ロレックスについて

はじめての一本で一生愛せる、持っておけば間違いないブランド
近年はその人気ぶりから高騰。手に入りにくい価格がネックですが、「はじめての一本で一生物として使える」高級腕時計といえばロレックス。
愛用率も1位(※後述している参考記事より)。その完成度の高いデザインに加え、耐久性に秀でる高精度なムーブメント開発、アフターサービスの充実などが、幅広い層から支持される理由です。

「はじめての1本」におすすめのモデル

エクスプローラーI
 
エクスプローラーI
ロレックスのなかでは低い価格設定のため、「ロレックスの最初の1本」として選ばれることが多いモデル。
落ち着きのあるデザインは職業を問わず、またシーンを選ばず長く使うことができます。
■参考定価:66万9600円 / SSケース / 39mm径 / 100m防水 / 自動巻き

 
サブマリーナ デイト
 
サブマリーナ デイト
ロレックスのなかでは1番人気。早い人は20代から、そして上は50代くらいまで広く愛されるモデル。
なかでも“はじめての1本”におすすめなのは「黒サブ」と呼ばれる文字盤が黒色のもの。年齢と着こなしを選ばないので汎用性が高いです。
■参考定価:87万4800円 / SSケース / 40mm径 / 300m防水 / 自動巻き

 
デイトジャスト 36
 
デイトジャスト 36
落ち着きのあるデザインに低い価格設定、「はじめての1本」として購入しやすいモデル。
エクスプローラーIと被りがちですが、こちらはメンズ最小となる36mm径。極シンプル。
■参考定価:68万400円 / SSケース / 36mm径 / 100m防水 / 自動巻き

参考にした記事



※出典:Begin 2019年2月号「200人に聞いた、メイン時計ベスト3」より

メイン使いの腕時計は、ロレックスが半数以上の圧倒的なシェアを保持! 2位にはIWCが輝きました。


※出典:オーシャンズ 2019年2月号「最旬トレンド丸わかりのウォッチランキング」より

街の着用率から求めたランキング。こちらもロレックスとIWCが人気でした。雑誌オーシャンズの購読層を考えると、30代・40代になっても使えます。

関連記事

【ロレックス】腕時計ランキング・歴史・基礎知識を解説!



2 (110票)
IWC

 
公式サイト:https://www.iwc.com/
 
 20代   30代   40代   50代 

IWCについて

先輩・上司に一目置かれる質実剛健ブランド
2018年に創業150周年を迎えた由緒あるスイスブランドで、そのシンプルで凛とした佇まいから「質実剛健」と評されるIWC。愛用率もロレックスに次ぐ2位と安定した人気ぶり。
ゆるぎのない「実績・人気・デザイン」ゆえ、はじめての1本ながら一生物になること間違いなし。先行投資にはもってこいのブランドです。

「はじめての1本」におすすめのモデル

ポルトギーゼ クロノグラフ
 
ポルトギーゼ クロノグラフ
IWCのなかで1番有名で着用率No.1。シーンを選ばないシンプル顔は、視認性が高くて実用性◎。
だからこそ、はじめて持つ高級腕時計にはぴったりなモデルです。
■参考定価:75万5000円 / SSケース / 40.9mm径 / 3気圧防水 / 自動巻き

 
ダ・ヴィンチ・オートマティック
 
ダ・ヴィンチ・オートマティック
IWCのなかでも、特に精悍な顔つきのモデル。アラビアインデックスとランセット型の針によるシャープな構成は、まさに「質実剛健」。
ブルー文字盤と相まって好感を持たれる1本です。
■参考定価:67万5000円 / SSケース / 40.4mm径 / 3気圧防水 / 自動巻き

 
パイロット・ウォッチ・マークVIII
  
パイロット・ウォッチ・マークVIII
休日にも使いやすい時計を探しているならコチラ。
航空時計をルーツとしたこのモデルは、キズに強いセラミックケースを採用し、はじめての時計でも扱いやすいです。
■参考定価:59万5000円 / SSケース / 40mm径 / 6気圧防水 / 自動巻き

関連記事

【IWC】人気シリーズ・腕時計・歴史を徹底解説!



3 (100票)
グランドセイコー

 
公式サイト:https://www.grand-seiko.com/
 
 20代   30代   40代   50代 

グランドセイコー について

どんな相手にも悪い印象を与えないオールラウンダー
万人受けする嫌味のないデザイン、実用的&高精度な日本製クオリティ、手厚いアフターサービスと、相手やシーンを選ばない「隙のない構成」が光るグランドセイコー。
2018年にはセイコーのハイエンドラインという位置づけから独立。世界に対抗する「国産高級腕時計ブランド」としてローンチしました。

「はじめての1本」におすすめのモデル

SBGX259
 
SBGX259
グランドセイコーで1番安い、まさに入門用のモデル。クォーツは圧倒的な高精度を誇るオリジナルを採用。
日本のビジネスマンが好むとされ言われる「メタルブレス×白ダイヤル」という王道の組み合わせは誠実さを滲ませる。
■参考定価:23万円 / SSケース / 37mm径 / 10気圧防水 / クォーツ

 
SBGR251
 
SBGR251
グランドセイコーのスタンダードモデル。上記モデルよりも質感は高く、自動巻きながら、週末に外しても安心な3日間のロングパワーリザーブを搭載。
それゆえ機械式に慣れていない人でも扱いやすく、「はじめての高級機械式」に最適。
■参考定価:40万円 / SSケース / 37mm径 / 10気圧防水 / 自動巻き

 
SBGV243
  
SBGV243
グランドセイコーでは1番カジュアルな、休日にも寄り添った新モデル。
20気圧防水や16000A/mの耐磁性能、暗闇で光るルミブライトなど、アクティブな機能性を搭載。ベルトはブランド初のコーデュラを備えた。
■参考定価:30万円 / SSケース / 40mm径 / 20気圧防水 / クォーツ

関連記事

【日本】腕時計ブランドランキング!
【グランドセイコー】人気腕時計・歴史・工房など解説!



4 (90票)
タグホイヤー

 
公式サイト:https://www.tagheuer.com/
 
 20代   30代   40代   50代 

タグホイヤーについて

「スイス高級腕時計の入門」としてマスト
高級時計=スイスというイメージが昔からある中、「お手軽にスイスの高級腕時計を所有する」ならタグホイヤーがベスト。本格機械式は20万円台、クォーツは10万円台から展開しています。
とはいえ数百万円のコンプリケーション(複雑機構)時計を作り上げる技術力、1860年から続く長い歴史、あらゆる分野でスポンサーを続けてきたブランド認知度(知名度)も高く、ただリーズナブルという分けじゃないのがミソ。

「はじめての1本」におすすめのモデル

カレラ キャリバー5
 
カレラ キャリバー5
伝統のシンプルデザインを受け継ぐ、タグホイヤーで1番有名なカレラ。
はじめての1本には、価格が手頃なデイト表示のみの「キャリバー5」がおすすめ。ですが、30代以上に人気なのは「クロノグラフ(50万円~)」ゆえ、先行投資ならクロノグラフも一つの手です。
■参考定価:27万円 / SSケース / 39mm径 / 100m防水 / 自動巻き

 
アクアレーサー キャリバー5
 
アクアレーサー キャリバー5
ダイバーズウォッチながら控えめなデザインで、ビジネス~カジュアルまで使えるから“はじめて”にもおすすめ。
もちろんダイビングやプールでも安心な「30気圧防水」。しかもクォーツは18万円、自動巻きは25万円程とリーズナブル。
■参考定価:23万円 / SSケース / 41mm径 / 300m防水 / 自動巻き

 
コネクテッド モジュラー
  
コネクテッド モジュラー
グーグルマップや電話などのアプリを使えるスマートウォッチ。
安価なものとは違い、高級感のあるチタンブレスやメタルフェイスを採用。そこにタグホイヤーというブランドバリューも加わり、はじめての高級スマートウォッチにはベストと言えます。
■参考定価:24万5000円 / SSケース / 45mm径 / 50m防水 / バッテリー

関連記事

【タグ・ホイヤー】人気シリーズ・腕時計・歴史を徹底解説!



5 (80票)
カシオ

 
公式サイト:https://casio.jp/
 
 20代   30代   40代   50代 

カシオについて

タフな高級腕時計は「アクティブな社会人」にも重宝
はっきり言って「高級ブランドのイメージは無い」ですが、実は安っぽくないタフな高級腕時計をリリースしているカシオ。
代表的なものは、クラス感のあるメタルやチタンを使用したG-SHOCKの上位機種。もちろんガンガン使っても壊れないタフネスに加え、GPSや電波ソーラーなど機能性は充分。

「はじめての1本」におすすめのモデル

MTG-B1000D
 
MTG-B1000D
メタルと樹脂を融合。その質感や仕上げの良さから「スーツに一番似合うG-SHOCK」と称される高級モデル。
日常・ビジネス・アウトドア・ビーチなど、あらゆるシーンに対応可能。実際に一番売れている(ヨドバシカメラの2018年度 G-SHOCK売り上げ本数NO.1)もおすすめポイント。
■参考定価:10万円 / SS・樹脂ケース / 51.7mm径 / 20気圧防水 / タフソーラー

 
OCW-T2600
 
OCW-T2600
カシオの高級時計ライン「オシアナス」のエントリーモデル。
エレガンスとスポーティが融合したアナログ腕時計には、タフソーラーやマルチバンド6 、カシオのデジタル技術が凝縮されています。
■参考定価:10万円 / SSケース / 42.8mm径 / 10気圧防水 / タフソーラー

 
MRG-G1000D
  
MRG-G1000D
「耐衝撃フルメタルボディ×GPSハイブリッド電波ソーラー」を備えた、G-SHOCK最高級モデル。
価格が高いのがネックですが、タフネスな高級腕時計を求める方は見逃せないはず。
■参考定価:26万円 / チタンケース / 49.8mm径 / 20気圧防水 / タフソーラー



6 (70票)
ティソ

 
公式サイト:https://www.tissotwatches.com/
 
 20代   30代   40代   50代 

ティソについて

10万円以下なのに「高級感+確かな伝統」がある
もし「予算10万円以下」というならば、ティソがおすすめ。さすがにロレックスのようなブランド力こそないものの、創業1853年の名門であり、時計大国スイスでは国民的なウォッチブランドとして知られています。
またスポーツ系からクラシックデザインまで、豊富なバリエーションで“自分好みが見つかりやすい”のもポイント。

「はじめての1本」におすすめのモデル

ラグジュアリー オートマティック
 
ラグジュアリー オートマティック
80時間パワーリザーブ(3日間は持つ長時間駆動)×クロノメーター精度(誤差が少ない)を兼ねる、ETA社と共同開発したムーブを搭載。
機械式初心者でも扱いやすいですし、デザインはドレス系で汎用性も高い。これで10万円を切るのは、さすがのひと言。
■参考定価:9万8500円 / SSケース /41 mm径 / 50m防水 / 自動巻き

 
PRC 200 オートマティック クロノグラフ
 
PRC 200 オートマティック クロノグラフ
200m防水・クロノグラフ・高精度の3拍子揃ったダイバーズモデル。
デザインはクラシカルエレガントでクセはなし。適度な質感と作り込みで安っぽさはありません。機能性重視の方に。
■参考定価:11万円(クォーツは5万円台) / SSケース / 42mm径 / 200m防水 / 自動巻き

 
ル・ロックル パワーマティック 80
  
ル・ロックル パワーマティック 80
文字盤にギョーシェ彫り(超高級ブランドに多い彫りの装飾)が施された、高級感のある1本。
19世紀の時計台をモチーフにしたローマ数字は、クラシックかつ上品。スーツにこそ合わせたい。さらに80時間パワーリザーブ。
■参考定価:6万1000円 / SSケース / 39.3mm径 / 30m防水 / 自動巻き



7 (60票)
ボーム&メルシェ

 
公式サイト:https://www.baume-et-mercier.com/
 
 20代   30代   40代   50代  

ボーム&メルシェについて

オヤジになっても使える渋い選択
高品質をエントリープライスで手にできるのが、ボーム&メルシエ最大の魅力。しかも1830年創業という、スイスでも指折りの歴史を誇る老舗。
特にリュクスなドレスウォッチを得意としており、これなら1本でマルチに活躍してくれます。また、佐藤浩市、岸部一徳、坂上忍、三浦友和さんがドラマで着用していたこともあり、おやじ好みなブランドでもあります。

「はじめての1本」におすすめのモデル

クリフトン ボーマティック
 
クリフトン ボーマティック
“はじめてのボーム&メルシエ”におすすめ。
5日間のパワーリザーブ、1500ガウスの耐磁性能などなど、最先端の技術を気軽に手に入れることができるボーム&メルシエの「1番おいしい」モデル。ビジネスにもフォーマルにもシーンを選ばず活躍すること間違いなし。
■参考定価:30万5000円 / SSケース / 40mm径 / 5気圧防水 / 自動巻き

 
ハンプトン オートマティック
  
ハンプトン オートマティック
渋い時計が欲しい方にはこの角形モデル。白文字盤に際だつゴールド針と数字が高級感を添える。
こちらは佐藤浩市、岸部一徳さんがドラマで着用。1本持っておけば60代になっても使えます。
■参考定価:25万5000円 / SSケース / 縦47mm×横31mm径 / 5気圧防水 / 自動巻き

「腕時計の総合グランプリ」を受賞!

クリフトン ボーマティック

クリフトン ボーマティックが、時計BEGINで「2018年の総合グランプリ」を受賞!
その年に発表された時計のナンバーワンであり、機械式とした優れた革新性を備え、かつどんなファッションにも合わせやすい、普遍的な外観が受賞理由でした。



8 (50票)
ユンハンス

 
公式サイト:http://www.europassion.co.jp/
 
 20代   30代   40代   50代  

ユンハンスについて

ほどよい高級感を備えた「シンプルイズベスト」
予算10万円ほどでOK。もしブランドバリューではなくコスパを重要視するなら外せない、ドイツ発のユンハンス。
生まれは1861年、部品製造から始まり、1903年には生産数世界1位の時計ブランドとなった巨匠。「腕時計の歴史」もしっかりあります。

「はじめての1本」におすすめのモデル

マックスビル バイ ユンハンス オートマティック
 
マックスビル バイ ユンハンス オートマティック
ユンハンスで1番売れていて種類も豊富な定番モデル。
シンプルな3針ですが、質感は高めで、スリムなエッジやドーム型の風防がセンス良し! 一言でいえば「高級ダニエルウェリントン」。ミニマル派におすすめの1本です。
■参考定価:14万7000円 / SSケース / 38mm径 / 自動巻き

 
マイスター メガ
 
マイスター メガ
スーツやジャケットに合わせやすいドレス寄りの1本。ファッションブランドにも似たようなものはありますが、ありがちなチープ感はなく、社会人が持っていても違和感ないレベル。
10万円くらいでシンプルなものを。そんな方にちょうどいいはず。
■参考定価:13万6000円 / SSケース / 38.4mm径 / クォーツ

 
フォーム
  
フォーム
仕事・休日の両方で使いやすいシンプルカジュアル。特にファッションウォッチからクラスアップを狙う、若い世代(新社会人や20代)に人気があります。
■参考定価:12万8000円 / SSケース / 39.3mm径 / 50m防水 / 自動巻き

関連記事

【ドイツ】腕時計ブランドランキング!



9 (40票)
トゥルーム

 
公式サイト:https://www.epson.jp/
 
 20代   30代   40代   50代 

トゥルームについて

多機能を極める! フレッシュな日本の新鋭
日本製やコスパにこだわるなら候補に入れておきたいのがココ。トゥルームは日本の高級時計界に名乗りを上げた2017年スタートのブランド。
親元はプリンターで有名なあのエプソン(もともとエプソンは1942年から時計製造に携わってきた)。プリンター製造でも培った超精密加工技術やエコ電力技術を応用し、独自フォントや緻密な外装など機能美を追求しています。

「はじめての1本」におすすめのモデル

TR-MB700
 
TR-MB7003
光充電で駆動するGPSセンサーをはじめ、高度・気圧・方位も針で示す高機能クロノグラフ。
素材は軽量なオールチタン。チタンの質感をあえて堪能させるべく、ノンコーティングにしています。
■参考定価:24万円 / チタンケース / 45.9mm径 / 10気圧防水 / クォーツ

 
TR-MB7007
 
TR-MB7007
こちらもGPS衛星電波・高度・気圧が測定可能な機能型。
2層仕上げの濃淡レザーベルトは、使うほどに2層の色みが徐々に出現するエイジングが楽しめるもの。また、付け替えできるステンレスベルト付きで、オン・オフ広く使えます。
■参考定価:18万5000円 / SSケース / 45.9mm径 / 10気圧防水 / クォーツ

 
TR-MB8002
  
TR-MB8002
こちらは1番機能が多く、高度・方位・気圧から紫外線計測・気温・歩数・消費カロリーまで測れます。
「アナログウォッチでもスマートウォッチのような機能が欲しい」、そんな方にちょうどいいはず。
■参考定価:28万円 / チタンケース / 48.6mm径 / 10気圧防水 / クォーツ



10 (30票)
クエルボ・イ・ソブリノス

 
 20代   30代   40代   50代 

クエルボについて

エントリー向けの「おしゃれな高級腕時計」
「スイス製のムーブメント×カリビアンテイスト」は唯一無二。あのヘミングウェイやアインシュタインも顧客だったキューバ生まれのブランド。
特に個性が求められるデザイナーやアパレル関係など、“魅せる”職業の人はチェックしておきたい。

「はじめての1本」におすすめのモデル

プロミネンテ ソロテンポ トコロロ
 
プロミネンテ ソロテンポ トコロロ
クエルボの定番シリーズ「プロミネンテ」のレクタンギュラーモデル。
クラシカルな文字盤と個性あるフォント、さながらフランクミュラーのようなアールデコ全盛期の雰囲気が感じられる1本。
■参考定価:43万円 / SSケース / 縦52×横31mm径 / 3気圧防水 / 自動巻き

 
プロミネンテ
  
プロミネンテ
こちらもクエルボらしい独自の意匠でセンスを表現。パキッとした発色のオレンジやブルーも用意。人とはひと味違う高級腕時計をお探しの方に。
■参考定価:38万円 / SSケース / 縦43×横32mm径 / 3気圧防水 / 自動巻き



11 (20票)
グッチ

 
公式サイト:https://www.gucci.com/
 
 20代   30代   40代   50代  

グッチについて

ハイブランドの中でも手が届きやすく「知名度は格別!」
「はじめての高級腕時計はハイブランドから選びたい」。そんな方におすすめしたいのは、イタリアが誇るグッチ。
価格が10万円~20万円台なので“はじめての1本”に選びやすく、グッチの名は老若男女が知るところ。同じ系統としてルイヴィトンもありますが、50万円台~なので、手を出すのには高すぎる気がします。

「はじめての1本」におすすめのモデル

GG2570
 
GG2570
グッチのアイコン「ウェブストライプ」のベルトが、ひと目でグッチだと分かるポイント。
ハイブランドを選ぶならこのくらい遊び心があってもいいのではないでしょうか。ちまにみスイス製のETAクォーツを搭載。中身はマジメなんです。
■参考定価:12万1000円 / SSケース / 41mm径 / 10気圧防水 / クォーツ

 
グッチ ダイヴ
  
グッチ ダイヴ
その名の通りダイバーズウォッチをモチーフにしたモデル。
文字盤のGUCCIをはじめ、Gモチーフのベゼル、GUCCIロゴが入ったラバーベルトが気分を盛り上げます。中身は20気圧防水のスイス製ムーブ。
■参考定価:14万8000円 / SSケース / 45mm径 / 20気圧防水 / クォーツ

関連記事

【男性】ハイブランド腕時計ランキング!



12 (10票)
エルメス

 
公式通販サイト:http://japan.hermes.com/
 
 20代   30代   40代   50代  

エルメスについて

高級スマートウォッチを探していた方に朗報!
女性から羨望の的。男性でも数多く知るハイブランド『エルメス』。このブランドで狙うべきは、ご自慢の「最高ランクの革ベルト」を使ったアップルウォッチ。
普通のアップルウォッチは高級感が無い…、そんな悩みを解決してくれます。ちなみに機械式腕時計もありますが、どれも通好みゆえ“はじめての1本”におすすめしません。

「はじめての1本」におすすめのモデル

アップルウォッチ エルメス
  
アップルウォッチ エルメスシリーズ
「最新技術の粋」と「伝統の高級革」がミックスされた新感覚のスマートウォッチ。
若者やIT関係の方だけでなく、スマートウォッチにブランド力を求めていた方にもマッチします。
■参考定価:14万8000円



Loading ... Loading ...

 

 

いかがでしたでしょうか

▼ クリックで拡大できる写真を表示。

腕時計ブランド 格付け

※出典:「腕時計 the BEST」腕時計ブランドの格付け分布図より

 

今回は1本をずっと使いたい人、スイスの高級時計を持ってみたい人、ハイブランドが好きな人など、色んな人を対象にした広く浅い内容なっています。

 

それゆえ好みが被りそうな高級腕時計ブランド(たとえばオメガやブライトリングなど)は省きました。もし、これらも含めた他の高級ブランドが知りたい方は、下記の記事も参考にしてみてください。

 

「腕時計ブランド」の関連記事

『オメガ、ブライトリング、パテックフィリップも登場!』憧れの高級~いつかは手に入れたい超高級ブランドまで勢揃い。

記事の続きを読む »

『スイス・日本・ドイツ・アメリカ 他』世界を代表する腕時計ブランドを網羅!

記事の続きを読む »

『休日用やセカンドウォッチにおすすめ!』カジュアル腕時計ブランドまとめ。

記事の続きを読む »

『こちらもロレックスが人気でした!』女性受けする腕時計ブランドまとめ。

記事の続きを読む »

 





もっと見る

腕時計


この記事を見た方は、こんなページも見ています
サイトの人気ページTOP5!

カテゴリ一覧



ページ上部に