メガネブランドメンズ

 

日本が誇る国産ブランドから、世界的に有名な福井県・鯖江ブランド、海外ブランド(ドイツ・イタリア・フランス・デンマーク・アメリカ等)まで全180ブランドを網羅!

 

『おしゃれな眼鏡やサングラス、スポーツグラスが見つかる』メンズアイウェアブランド180選。

目次

日本(国内)一覧

アメリカ一覧

イタリア一覧

ドイツ一覧

フランス一覧

デンマーク一覧

イギリス

オーストラリア

オーストリア

オランダ

ベルギー

ポルトガル

スウェーデン

フィンランド

スイス

台湾・韓国

日本ブランド【106選】

 五十音順(アイウエオ順)に並んでいます 

アイマジン

「EYE」と「IMAGINE」の造語をブランド名に採用。デザインと機能性にこだわったシニアグラスを提案。問題解決的アプローチによるシニアグラスを提供しています。

公式サイトへ »

アイメトリクス

顔の3D計測から作られるオーダーメガネを手がける世界でただ一つのブランド。一人一人にジャストフィットするメガネを目指し、独自のイノベーションを展開しています。

公式サイトへ »

アソビゴコロ(ハグ・オザワ)

天然木や本牛革を使用するなどして、素材からディティール、機能性にこだわるブランド。どれも秀逸なデザインで、男性の魅力を引き出すコレクションを展開しています。

公式サイトへ »

アックス

80年以上の歴史を持つ国産スポーツグラスメーカー。日本人アスリートのために機能とデザイン、かけ心地を共存させたフレーム作りを心が、人気の高さは国内トップクラス。

公式サイトへ »

アトノツカナイメガネ

メガネをかけると跡が残る、その不安を解消すべく同ブランドは誕生。以後各メディアで取り上げられ知名度はうなぎのぼり。もちろんデザインも秀逸で目が離せません。

公式サイトへ »

アドレンズ

発展途上国の人々のニーズに答え、様々な焦点可変レンズ技術の商用化のため、2005年に創設。すべての人へ視力補正の手段を提供するための取り組みを続けています。

公式サイトへ »

amipari

アミパリ

メイド・イン・ジャパンにだわり、掛け心地の良さと機能を追求するブランド。テンプルに程よいホールド感を生み出す独自ヒンジを開発し、シンプルなデザインと機能を見事に調和させている。

公式サイトへ »

yellowplus

イエロープラス

服や帽子など「ファッションとの相性を重視」したメガネを作り上げる、いまもっとも旬なブランドのひとつ。職人による手仕事にこだわり、全てがメガネ産地の福井県で作られているため品質も高い。

公式サイトへ »

enalloid

エナロイド

今の空気を感じさせる流行デザインで人気を博す岐阜発ブランド。椎名林檎さんを始め、アーティストや海外デザイナーとのコラボレーションモデルを積極的に行う。

公式サイトへ »

effector

エフェクター

芸能人の宮川大輔さんも愛用している「骨太アイウェア」を得意とする東京ブランド。ウェリントンやボストンなどクラシックなメガネに男らしい無骨なエッセンスを取り入れるのが特徴。

公式サイトへ »

owl

オウル(OWL)

1999年にサングラス&アパレルでスタートした原宿発のストリートブランド。シンプルな意匠が特徴的だが、メタルをプラ枠でサンドイッチするなど遊びを利かせたモデルも。

公式サイトへ »

oosawabekko

大澤べっこう

温かみのある質感を活かしつつも、デザインはスマート。一生モノの「べっ甲眼鏡」を現代風のデザインに昇華する本格眼鏡ブランド。壊れても張り合わせて修復できるので、末永く使える。

公式サイトへ »

オノフ(ONOFF)

40代を中心とした、スタイリッシュ・ミドルの物欲を刺激するコレクションを展開。大人な男性のオンとオフを支えるフレームは、実用性とお洒落を上手に具現しています。

公式サイトへ »

obj

オブジェ(OBJ)

京都の老舗本格眼鏡ショップのオリジナルブランド。人間工学を基に、ときにはコスト度外視で眼鏡の”機能美”を追求。その実力は「グッドデザイン賞」を何度も受賞するほどに。

公式サイトへ »

opticienloyd

オプティシャン ロイド

1985年、並木豊明氏が原宿で創業した眼鏡ショップのオリジナルブランド。フレームは店に来るユーザーの声を反映しながら生まれる。トレンドをおさえた豊富な商品展開で、メガネ初心者も遊びやすい!

公式サイトへ »

オプトデュオ

2001年にデザイナー、山岸誉氏が設立。1960~80年代のデザインをリソースし、”クラシックでありながらモード”といった矛盾しそうなスタイルをひとつのカタチに。

公式サイトへ »

オンビート

「機能とファッションデザインの融合」をコンセプトに2007年にスタート。1枚のβチタンシートから作られた、超軽量で抜群のかけ心地のフレームでも知られています。

公式サイトへ »

kawasaki

カズオ・カワサキ

世界的に知られるプロダクトデザイナー、川崎和男氏によるブランド。「スマート&ハイテクノロジー」をコンセプトに、最小限のパーツ数で機能性とデザイン性を実現。どれも知的な印象を醸し出す。

公式サイトへ »

カンサイヤマモト(青山眼鏡)

1971年、ロンドンで日本人として始めてファッションショーを開催。以後、アバンギャルドなデザインで、世界中のセレブを魅了。デザインのほか、さまざまな分野で活躍。

公式サイトへ »

カンダオプティカル

1929年創業の日本アイウェアブランド。人間の耳の形状とメガネの構造を研究した結果生み出された、カンダ独自のズリ落ちを防ぐアナトミカルデザインなどモダンが映える。

公式サイトへ »

キオ・ヤマト

アイウェアとしての品質と加工技術と理のあるデザインの融合を目指し、流行にとらわれすぎない個性的なデザインとよりよいかけ心地を追求しているブランドです。

公式サイトへ »

qbrick

キューブリック

元格闘家という異色の経歴を持つデザイナー「富平辰文」氏が2007年に大阪で設立。エッジを立たせた立体的なカッティングやボリューム感たっぷりのアセテート使いなど、”攻めたデザイン”が持ち味。

公式サイトへ »

銀河(アイイエス)

大切な目を守り、豊かな表情を演出するアイウェアを独自のスタイルで表現。モードから遊び心を意識した一本まで、ベーシックかつリーズナブルなアイテムをリリース。

公式サイトへ »

クジョウ(久常商店)

1940年創業の老舗アイウェアメーカーが手がけるクジョウ。貴金属、べっ甲にだわわり、本当によいものを提供することを心がけ、熟練の職人の手で1本1本仕上げています。

公式サイトへ »

グラスアート

鯖江市からトレンドと機能性を追求したアイウェアを全世界に発信する実力派ブランド。スポーツグラスやキッズモデル、老眼鏡にも力を注ぎ、熱い脚光を浴びています。

公式サイトへ »

クリックリーダー(オーケー光学)

セレブ・芸能人御用達のスタイリッシュなリーディンググラスをリリースし続けるブランド。フロントのマグネットで簡単に着脱できる機能的な機構が魅力のひとつです。

公式サイトへ »

glure

グルール(GLURE)

立体的なフレームと2万円以下の手ごろな価格設定が注目されている、福井県・鯖江市のメガネブランド。エッジの利いた大胆なカッティングやフローティング構造など、力強いデザインは必見。

公式サイトへ »

clayton

クレイトン フランクリン

鯖江の眼鏡メーカー「ヒエロハウス」が海外市場に向けて展開しているブランド。クラシックなデザインと作りこまれた美しいディティールが特徴。日本よりも海外での知名度が高い。

紹介サイトへ »

グレッタ(名古屋眼鏡)

画期的なフレームを作り続ける名古屋眼鏡が自信を持って送り出すスポーツグラスブランド。度付きにも対応でき、アクティブな動きにも対応するコレクションは見ものです。

公式サイトへ »

ケイエヌ(オプトニシカワ)

港町・神戸は関西の流行の発信地であり、お洒落な人が多い街。メガネにも強いこだわりを持つ人向けに、金やべっ甲といったラグジュアリーフレームを中心に展開しています。

公式サイトへ »

サックスブルー(内田屋)

サックスブルーのコレクションは、メイクアップ的要素として雰囲気を醸し出すことのできるアイテムが揃っています。自分自身をクールに演出したい人におすすめ。

公式サイトへ »

サバエ・オプト

2010年に代表である荒谷氏が立ち上げたアイウェアブランド。鯖江ならではの技術を集結し、コストを惜しむことなく日本製らしいハイクオリティ名フレーム製作を手がける。

公式サイトへ »

g4

ジーフォー(G4)

福井県の鯖江ブランド。メタルフレームにコイル状のアセテートを巻きつけた「セル巻き」や、繊細なメタルの彫金など、職人技を終結した本格眼鏡が特徴。派手さはないが、使い込むほどに味が出る。

公式サイトへ »

ジダ ワット

ヴィクトリア朝時代の美を現代に復元させるため、芸の細かいデザインをフレームにて再現。製造は全て日本の職人が手がけているため、作りの高さも実証されています。

公式サイトへ »

シデン(メガネスーパー)

メガネスーパーのプライベートシリーズの最高峰。鯖江の600トンプレス加工機による重厚なメタルフレームや、抜群のかけ心地を実現する特殊機能ヒンジに定評があります。

公式サイトへ »

ジャポニズム(グロス銀座)

テーマは「日本的モダン」。シンプルでありながらも存在感があり、機能性も充実させたフレーム作りを心がけている。そこから遊び心をいれ、ブランドらしさを全面に表現。

公式サイトへ »

シャルマンZ

アルファベットの最後の文字「Z」が意味するのは「究極のアイウエア」に向かって進化し続ける姿勢。本物の男性に似合う眼鏡を取り揃えています。

公式サイトへ »

shukumeda

シュウ・クメダ

工業デザイナーの久米田秀逸氏が立ち上げたブランド。幅広な日本人の頭部にフィットする独自構造による掛け心地の良さ、そしてシンプルなデザインで”通好み”のブランドとして知られる。

公式サイトへ »

シュン キワミ(オリエント眼鏡)

1999年、福井県鯖江市にある「オリエント眼鏡」のオリジナルブランドとして発足。一見して旬の形と機能性をかけた瞬間に伝える、をコンセプトに毎年テーマに沿ったデザインを発表。

公式サイトへ »

supermemory

スーパーメモリー21

大阪でアイウェアの製造・販売を営む、グラスパートナーが手掛けるブランド。フレームに記憶合金を採用し、曲げてもすぐに形が戻るのが特徴。激しいスポーツでもズレにくく、型崩れもしない。

公式サイトへ »

スギモト・ケイ

創設者兼デザイナーである杉本圭彦氏が手がける眼鏡ブランド。鯖江の職人の卓越した手仕事を生かして細部まで作りこまれた温かみのあるフレームが魅力。

公式サイトへ »

スタジオ スカイロケット

メガネとしての制約を守りつつ、表現の可能性を追求。また、品質や作り込みにもこだわるため、製作のほとんどを一人でおこなっている鯖江産のハンドメイド・メガネ工房。

公式サイトへ »

スタンシー ラマーズ

ヴィンテージクラシックを現代の解釈で表現したフレームを展開。その個性的なメガネは品質の高さにも定評があり、国内外で注目を浴びるほど、人気急上昇中のブランドです。

公式サイトへ »

specespace

スペック エスパス

キャイーンの天野さん、プロ野球選手のイチローも愛用する、日本を代表する若手ブランドのひとつ。フレームが自然に顔を包み込む立体的なフォルムが特徴。平坦な日本人の顔にメリハリを与える。

公式サイトへ »

スペシャライズ(アイテック)

SPECIAL「特別」・EYES「目を留める」を組み合わせた造語をブランド名に掲げ、自分を特別な存在に見せるためのアイウェアを提案。最新素材を採用したフレームは、とくかく軽いの一言。

公式サイトへ »

スワンズ(山本光学)

1911年の創業以来、光をコントロールする技術を元に、一歩先を行くアイウェアを追求。過酷な気象条件下でも、常にクリアな視界を生み出すパフォーマンスが支持されている。

公式サイトへ »

solidblue

ソリッドブルー

「やりすぎないこと」がコンセプトで、ファッションとの相性を重視した、主張しすぎないシンプルなデザインが持ち味。「初心者」や「初めてのメガネ」にもオススメです。最近はチタンモデルも多数。

公式サイトへ »

タイプ

「TYPE」は書体とメガネの機能的、デザイン的な共通点に着想を得て生まれ、鯖江の職人によって手作りされる日本製ブランド。モデル名には書体の名前が採用されている。

公式サイトへ »

タカノリ ユゲ(東京オプチカル)

デザイナー、ユゲ タカノリ氏により、日本初のハウスブランドとして1998年にデビュー。流行にとらわれず、デザイナー独自の感性を生かしたフレームを作り続けています。

公式サイトへ »

タケウチ ジェイピー(竹内光学工業)

1932年に、メガネフレーム製造工場から設立した老舗ブランドは、企画開発から製造まで、日本で一貫生産。品質の高さと実用性を両立し、ユーザーのハートをキャッチしている。

公式サイトへ »

ターニング(谷口眼鏡)

1996年に福井県鯖江市で創立。「職人の作る”かけ心地に”こだわったメガネフレーム」として、その美しい作りが”通”なユーザーから根強い支持を得ています。

公式サイトへ »

ティフィール

「感じるままに」をコンセプトに、堅牢なイメージのチタンを柔軟に見せるメガネを作る日本ブランド。2012年の復刻シリーズを皮切りに、現在多くの玉型を発表し、急成長中。

公式サイトへ »

ティージークラフト(たまむら眼鏡)

有名ブランドのOEMを手がけていた玉村信行氏が、2009年に立ち上げた自社ブランド。特殊特許のはね上げ式メガネは丁寧な作りが魅力で、ユーザーの心を掴んでいる。

公式サイトへ »

デザインハッパ

かける人のパーソナリティをくずすことなく、かつ度付きレンズを入れた際のデザインをも想定したフレーム作りを心がける。自分史上最軽量の眼鏡を目指して作られたメガネブランド

公式サイトへ »

テーラーヒッチ

スーツの仕立て屋スタイルを取り入れ、眼鏡を仕立てるというイメージで生み出されたブランド。高級スーツを髣髴させるデザインは、性別にとらわれず人気があります。

公式サイトへ »

tefu

テフ(TEFU.)

埼玉に2店舗を展開するポンメガネのオリジナルブランド。眼鏡は全工程がハンドメイド。オーダーを受けてから作るので、テンプルの長さや生地の色などをカスタマイズできる。

公式サイトへ »

djual

デュアル(DJUAL)

最大の特徴は昔ながらの眼鏡素材「セルロイド」を使うこと。固くて加工の難しいセルロイドを研究し、強度とデザインを両立した今までにない新たなセルロイド眼鏡を作り上げている。

公式サイトへ »

ドゥアン(三工光学)

日本のメガネ業界で5社のみ独占使用契約をした”特殊チタン合金ゴムメタル”を使用したフレームが特徴。顔にぴたっとフィットする、優れたかけ心地を追求しています。

公式サイトへ »

トピオ

ブランド設立から30年を数える人気ブランド。なかでも、耐久性に優れたバネ蝶番シリーズは、長年親しまれている定番。七宝をあしらったリムもブランドらしい特徴である。

公式サイトへ »

トラッシュ

一級大工職人で阿久津氏が立ち上げたサングラスブランド。高品質なウッドを使い、すべての工程をハンドメイドで仕上げ、木の温もりを肌で感じることができる。

公式サイトへ »

トレミーフォーティーエイト

デザイナーである堀一彦氏と日本の4人の熟練職人が出会い、同ブランドを立ち上げ。画期的なデザインと機能性を備えたメガネは、今や全世界で注目されるほどの人気ぶり。

公式サイトへ »

中村勘三郎(グラスパートナー)

進歩的で多彩な歌舞伎役者であった「中村勘三郎」のイメージと伝統をミックスさせることで、上品でモダンな世界観を表現しているアイウェアコレクション。

公式サイトへ »

ニシデカカズオ作

福井県鯖江市にて、39年間眼鏡を作り続けている西出和男氏が手がけるブランド。ヴィンテージデザインをベースとし、軽さにもこだわった職人気質なフレームを作り続けている。

公式サイトへ »

ニワマサヒコ

鯖江でも手作り職人が多く残る河和田地区にあるブランド。昭和初期のヴィンテージフレームとクラシックフレームの権威的職人、丹羽雅彦氏が品質にこだわり完全復刻している。

公式サイトへ »

ネオジン

2009年に世界初となるノーズパッド(鼻パッド)なしのフレームを発表し、以後日本から中国、アメリカ、香港、韓国の特殊特許済み。今年からサングラスも登場した気鋭。

公式サイトへ »

ネクサス

キオ・ヤマトのセカンドブランドとしてデビューし、デザイン面に並々ならぬこだわりを持つブランド。かける人の個性を表現できるアイウェアを積極的に提案しています。

公式サイトへ »

ネクステンス

ブランド名は「拡張」を意味する「extens」に、「新しさ」を印象付ける「new」の「n」をプラス。その名のとおり、次世代へと続く、新しい可能性を秘めたブランドです。

公式サイトへ »

ネクステージ

「オーセンティックなものづくり、タイムレスなかけ心地」をコンセプトに下ブランド。全てが純日本製で、希少な材料とこだわりの製造方法を駆使して作られています。

公式サイトへ »

nova

ノバ ハンドメイドアイテム

オリジナルフレームを企画・販売するアイウェア会社「ノバ」が、創業当時から展開しているブランド。”ハンドメイド”という言葉のとおり、職人の手による昔ながらの伝統的な眼鏡づくりが持ち味。

公式サイトへ »

バネリーノ

鯖江の新しい発想と蓄積された高度な加工技術、熟練の職人による確かなモノ作りから誕生。そのメガネはバレエダンサーのような優雅なフォルムと美しいフィット感が魅力。

公式サイトへ »

ハマモト(浜本テクニカル)

メタルフレームの製造で培ってきた技術をアセテート生地で再現し、業界内外で話題を呼ぶブランド。歩く、薄く、心地よいをキーワードに掲げメガネユーザーの理想を叶えている。

公式サイトへ »

ハヤシ

1961年創業。2014年にフクイ アイウェア プランナーズを福井県眼鏡卸商協同組合の有志と立ち上げ、曲線美を極めることをコンセプトとした、メンズカジュアルコレクション。

公式サイトへ »

バンザイ(宮本眼鏡)

2016年春にデビューする新ブランド。「バンザイ」というインパクトのあるブランド名は、はね上げの動作から名付けられています。明るく楽しくなれるデザインも魅力です。

公式サイトへ »

bjclassic

ビージェイ クラシック(BJクラシック)

鯖江市のメガネメーカー「ブロスジャパン」が立ち上げたブランド。特徴は一山ブリッジやサーモントなど、伝統的なメガネを職人たちが忠実に再現すること。100年経っても色褪せないクラシックのような名品を作り続ける。

公式サイトへ »

factory900

ファクトリー900

「未来のアイウェア」をコンセプトに、極太フレームや立体フレームなど斬新なメガネを次々と発表。2013年には「メガネ界のグラミー賞」と言われるシルモドールのグランプリを受賞する実力派。

公式サイトへ »

fish

フィッシュ&チップス

本格眼鏡ショップのデコラがプロデュース。「古きよき時代の英国紳士が愛用していた眼鏡」をコンセプトに、クラシックフレームの新たな手法を提案している。

公式サイトへ »

フェイスオプティック

1999年にブランドを創立。当初から「色遊び」をコンセプトに、カラフルでかわいいメガネフレームを提案。カラフルな生地が映えるイタリアンセンスを存分に楽しめる。

公式サイトへ »

facefont

フェイスフォント

福井県・鯖江のデザイン会社グランの自社ブランド。「眼鏡を掛けることで表情を豊かにすること」をテーマに、異素材を巧みに組み合わせ、色や質感の違いで立体感を表現。これにより掛けた表情にメリハリを与える。

公式サイトへ »

フォルムマックス(梅田)

スタイリッシュな折りたたみメガネを発表し、日本とアメリカで特許を取得。携帯電話ほどのサイズを実現し、どこにでも持ち歩ける、その利便性が最大の特徴です。

公式サイトへ »

フォーナインズ

「眼鏡は道具である」のコンセプトのもと、視力矯正器具としての機能性を追求。素材の特性を生かすフレーム設計や独自の機構により、快適なかけ心地を実現しています。

公式サイトへ »

フジイオプチカル

アダルト層をターゲットにしたブランドは、シンプルデザインとかけ心地にこだわっています。また品質の高さにも定評があり、オトナのための眼鏡作りを心がけています。

公式サイトへ »

francy

フレンシー&マーキュリー

10代で単身渡米したデザイナーが、アメリカのサブカルチャーに影響を受け、2005年の帰国後にブランドを始動。ファッション性の高い独創的なデザインと、日本の職人との技術によるフレーム設計が支持される。

公式サイトへ »

プロポデザイン

1999年に設立されたアイウェアブランド。ブランド名の由来となった「PROPOSE=提案する」の姿勢のもとに、独自性の高いアイウェアを作り続けています。

公式サイトへ »

福井めがね工業

βチタンがもつ素材のポテンシャルを最大限に発揮する作りを得意とする、福井県・鯖江市発ブランド。過度な装飾を控えたフレームは、あらゆるシーンでかけられます。

公式サイトへ »

福井県眼鏡協会TEAM291

熟練職人が集まる鯖江のなかでも、新鋭ながらプラスチックフレームの扱いに一家言をもつブランド。アセチ素材に木目の風合いを表現するなど、斬新な技術が注目されています。

公式サイトへ »

ペーパーグラス

2012年に誕生し、持ち歩きやすく破損しにくいオシャレな老眼鏡作りを心がけるブランド。特長は極限の薄さを実現したフレームで、今までに無い新しいスタイルを提案しています。

公式サイトへ »

ボストンクラブ

1984年、ブランド名に社名を冠し、様々なデザインプロダクトを手がけるブランド。メイドインジャパンにこだわり、高品質でオシャレなフレームが話題の的になっています。

公式サイトへ »

bobby

ボビー・シングス・スタンダード

数々のファッションブランドのアイウェアを手がけてきた森山秀人氏が2010年・東京で設立。1970年代前後のビンテージフレームにヒップホップのテイストを取り入れ、シンプルかつ大胆な意匠が独自の世界観をもつ。

公式サイトへ »

マコト眼鏡

「毎日使うからこそ、かけやすさにこだわりたい」という想いのもとに生まれたアイウェアブランド。優れた素材と職人の手仕事を生かした高品質なフレームで人気を博している。

公式サイトへ »

masaki

マサキ・マツシマ・アイズ

テーマは、新しい感性を取り入れたアースティックデザイン。流麗なカーブを描くブロウや立体的なカッティングなど、洗練された美しいフォルムが知的。ハイセンスながら掛け心地といった機能も考慮されている。

公式サイトへ »

マスナガ ジーエムエス

1933年に作られた昭和天皇献上品をルーツにもつ由緒あるブランド。「品質第一主義」のもと、当時のスタイルを踏襲しつつ、さらなる機能性やかけ心地を追求しています。

公式サイトへ »

ミズ・ジャパン(水島眼鏡)

1941年に鯖江市にて創業した水島眼鏡が、ミラノで1994年に発表したオリジナルブランド。グッド・デザイン賞に選出されるなど、ファッション性の高い仕上がりが魅力。

公式サイトへ »

muge

ムゲ【福井めがね工業】

1966年に創業した老舗眼鏡メーカー、福井めがね工業の自社ブランド。近年は約半世紀にわたって受け継いできた職人技を活かした、本物のクラシックフレームが注目されている。

公式サイトへ »

メンズマーク シャルマン

シャルマンZから2009年にデビューしたブランド。その名のとおり「大人の男性がマークするメガネ」として、ビジネスシーンをサポートするデザインと機能を追求している

公式サイトへ »

ヤイトパレ

2015年、日本の京都で創立した真新しいブランド。ブランド名はアイヌ語で「私」を意味する「ヤイ」、「見守る」を意味する「トパレ」から。今後の活躍と発展が、大いに期待できます。

公式サイトへ »

yuuichi

ユウイチ トヤマ【USH】

有名ブランドのメガネフレームをデザインしていた外山雄一氏が、2009年に設立した東京発の新鋭ブランド。流行をとらえたデザインに加え、飾りやテンプルを細くしたディティールなどにこだわりアリ。

公式サイトへ »

ヨウジヤマモト(村井)

1972年の創立以来、山本耀司氏の”反骨精神”により、ファッション界に影響を与え続けているブランド。彼の精神が凝縮したアイウェアは、どれも個性が強く魅力的。

公式サイトへ »

ライスストーン

1998年の「tse tse」立ち上げ以来、ノーコンセプトを提唱し、自由度の高いデザインでフレームを製作。レトロスタイルは同ブランドのクラシカルラインになっています。

公式サイトへ »

lidle

リドル チタニウム

ブランド名のとおり、チタン製メガネにこだわる福井発ブランド。チタンの質感を活かしたソリッドなデザインと、抜群の掛け心地を見事に融合。最先端のチタン加工技術を駆使する同ブランドだからこその業。

公式サイトへ »

ルーツ

木や竹を使い、約50年フレーム作りに精通する熟練職人の腕により、工芸品のようなメガネを製造するジャパニーズブランド。そのデザインの高さは海外からも注目されるほど。

公式サイトへ »

レスザンヒューマン

「人間以下」という挑発的なブランド名を掲げ、その名に恥じない奇抜なギミックでアイウェア業界に旋風を巻き起こしたブランド。異ジャンルとのコラボレーションも多数。

公式サイトへ »

arossvy

ロズヴィー(A’rossvy)

「シルバーを纏ったアイウェア」がコンセプト。フレームにクロスやスカルといったシルバーアクセサリー。加えて繊細な彫金など、一貫してタフでハードなアイウェアを世に送り出している。

公式サイトへ »

アメリカ【17選】

activist

アクティヴィスト アイウェア

ニューヨークの自転車好きが始めたブランドで、「ビンテージ自転車に乗るときに掛けたいアイウェア」がコンセプト。特徴的な二股テンプルは”4本の指”で頭部をやさしくホールド。日本製なのも嬉しい。

公式サイトへ »

americanop

アメリカン オプティカル

1833年創業、世界で最も古い歴史を誇るメガネブランド。19世紀からリム無し構造、20世紀には紫外線を吸収する特殊レンズを開発。現在は日本のブロスジャパンが代理店となり、往年のクラシックを鯖江の技術で復刻。

公式サイトへ »

okaley

オークリー(Okaley)

世界中のアスリートが支持する、スポーツ眼鏡&サングラスのトップブランド。ノーズパッド用のアノブタニムを始め、超軽量なオーマター、超弾性合金C-5など、スポーツ使用に適した素材を積極採用。

公式サイトへ »

oliver

オリバーピープルズ

近年のクラシックフレームの火付け役。海外セレブ・日本の有名人も多数愛用している「おしゃれ眼鏡」の代名詞的存在。ウェリントンやボストンなどは、絶妙な面カットで上品な美しさも併せ持っている。

公式サイトへ »

ck

カルバンクライン

「モダン・クリーン・セクシー」をコンセプトに展開。過度な装飾はなく非常にシンプルで、洗練されたデザインはスーツとも相性良し。また、若い男性向けで価格がリーズナブルな点にも注目したい。

公式サイトへ »

christian

クリスチャン ロス

1983年に創業し、リムレスやシールドタイプなど革新的な手法をいち早く取り入れたブランド。無駄のない設計と美しいシルエットに定評があり、アンディー・ウォーホルやケイト・モスなどが愛用。

公式サイトへ »

chromehearts

クロムハーツ

シルバーアクセサリーの代名詞であり、実はアイウェアラインは豊富なラインナップも充実。特徴は一目でクロムハーツとわかる重厚なシルバーモチーフ。定番CHプラスやダガーがさりげなく飾られており、所有欲を刺激する。>
glco

ジーエルシーオー(GLCO)

2010年、オリバーピープルズの創設者の息子が立ち上げた注目ブランド。ウェリントンやセル巻きなど、クラシックの定番を細身のラインで現代風に仕上げるのが特徴。

公式サイトへ »

dita

ディータ(DITA)

ハリウッドセレブから絶大な支持を得るハイエンドブランド。斬新なフォルムと最高品質を追求し、製造は日本で行っている。リムやブリッジのダイヤモンドカットなど、凝ったディティールに定評。

公式サイトへ »

tombrowne

トムブラウン アイウェア

2011年、1940~’60年代に活躍したアメリカの政治家や大学教授らが掛けていたフレームから着想したコレクションで衝撃デビュー。眼鏡は鯖江で製造されているので品質も高い。

公式サイトへ »

nike

ナイキ(NIKE)

アイウェアでも機能性を発揮する世界を代表するスポーツブランド。弾力性の高いテンプルや汗でも滑りにくい素材を使用した「スポーティで機能的なメガネ」は、ビジネスもスポーツも掛けられる。

公式サイトへ »

barton

バートンペレイラ

元オリバーピープルズの2人による、今旬なアメリカブランド。ビンテージを踏襲したスタイルで、洗練されたラインや繊細な彫金などディディールの作り込みは特筆モノ。トレンドをおさえつつ上品で掛けやすい。

公式サイトへ »

blackflys

ブラック フライズ

カリフォルニアでサーフボードのペイントやウェアブランドをデザインしていたJACK.A氏が、仲間と共に設立。極太フレームや、シルバー系のデコラティブな意匠などファンキーなスタイルにファンが急増中。

公式サイトへ »

moscot

モスコット(MOSCOT)

約1世紀の歴史を持つ、アメリカンクラシックを代表するブランド。1930年代、40年代のクラシックモデルを現代的にブラッシュアップしたモデルは、文化人やミュージシャンがこよなく愛用。

公式サイトへ »

ファサード

2015年にカレン・マクラーレン氏が立ち上げた新鋭ブランド。首に提げたり、カチューシャのように頭の上に掛けられる、ユニークで個性的なアイウェアを作り出すことに力を注いでいます。

公式サイトへ »

rayban

レイバン(Ray-Ban)

世界初のサングラスを開発、誰もが認める「サングラスの王者」であり、眼鏡でもトップクラスの存在感を放つアメリカ発ブランド。代表作「ウェイファーラー」は数多くの映画で使用され、眼鏡版も高い人気。

公式サイトへ »

ポラロイド

1929年に科学者のエドウィン・ランド氏が発明した合成偏光板により、偏光レンズの先駆けとなって以来、アイケアと視覚におけるグローバルリーダーとしてあり続けています。

公式サイトへ »

 

 

イタリア【14選】

ウッドワン アイウェア

次世代ウッド製メガネフレームをプロデュースするイタリアン・ブランド。フロントもテンプルもハンドメイドによるウッド製が特長で、高品質と仕上げの美しさが人気です。

公式サイトへ »

gucci

グッチ(GUCCI)

1994年にトムフォードをデザイナーに迎え、多くのヒット作を生んだハイブランド。そんなファッション界のトップが放つアイウェアは、ベーシックなデザインをフロントに、象徴的なロゴをテンプルに配したものが多い。

公式サイトへ »

ザ ヌメロ

2008年イタリア・ローマにて創業し、イタリアの都市名を使ったアイウェアを提案。エスプリの利いたデザインは、各国で話題を呼び、現在世界中から熱い視線を浴びる気鋭ブランドです。

紹介サイトへ »

サラギーナ

イタリア発のアイウェアブランドで、原点回帰がコンセプト。美しいサングラスをシンプルに楽しむことを目指しています。ブランド名はイワシの一種の名前を意味している。

公式サイトへ »

zerorh

ゼロアールエイチプラス

「ピュア・スポーツ・ラグジュアリー」をコンセプトに、革新的なスポーツグラスを提案。代表的なNXT素材を使用したサングラスは、指で曲げられるほど柔らかでありつつ、割れることなく衝突時のダメージも少ない。

公式サイトへ »

Thema Optical S.R.L.

イタリアで1971年に創業。創業者ジョルジオ・ヴァルマッソイの名を冠したブランド。伊の職人のハンドメイドから作られたフレームは、芸術性の高い仕上がりとなっています。

公式サイトへ »

tods

トッズ(TOD’S)

ドライビングシューズでおなじみのブランドが、2009年からアイウェアの製造・販売をスタート。イタリアらしい色彩豊かなプラスチックフレームの評価が高く、ラインナップも豊富に揃う。

公式サイトへ »

tomford

トムフォード(TOM FORD)

ショップスタッフやスタイリストなど、ファッション業界人が強く支持するブランド。特徴は一目でトムフォードとわかる「T」型のアイコン。ヨロイからテンプルに施されており、横顔を上品に飾ってくれる。

公式サイトへ »

dolche

ドルチェ&ガッバーナ

ゴージャスでグラマラスな世界観をもつ同ブランド、アイウェアにおいてもそれは同様。少し大きめのサイズ感にレトロなレンズシェイプが特徴で、ディティールも丁寧に作りこまれている。

公式通販サイトへ »

prada

プラダ(PRADA)

イタリア・ミラノで皮革製品店を開業したことからプラダはスタート。アイウェアはウェリントンなどのクラシックなレンズシェイプに、アクセントをつけたテンプルという上品な仕上がり。

公式サイトへ »

bvlgari

ブルガリ(BVLGARI)

1884年にローマ市内に構えた宝石店から始まり、1970年から腕時計や眼鏡などを手がけるラグジュアリーブランドへと成長。アイウェアは程よく抑制が効いた端正なデザインが特徴。細部が美しく、ビジネスシーンにも映える。

公式サイトへ »

persol

ペルソール(PERSOL)

太陽光線などから目を守るモータースポーツ用ゴーグル開発がルーツ。以来、テンプル柔軟構造「メフレクト」や、折り畳み式サングラスなど画期的な機構を開発。俳優S.マックイーンも愛用し、今や高級サングラスの代名詞に。

公式サイトへ »

bottega

ボッテガ・ヴェネタ

2人の職人が設立したブランドで、意味は「ベネチアの工房」。アイウェアはヨロイやヒンジなどの作りこみが美しく、テンプルなどにブランドアイコンの革の編みこみ模様(イントレチャート)があしらわれている。

日本公式サイトへ »

police

ポリス(POLICE)

イタリアの高級アイウェアメーカーであるデリーゴ社が、最初に立ち上げたブランドがポリス。「見る眼鏡ではなく、見せる眼鏡」をテーマに、ファッショナブルなフレームを開発。都会的なスタイルを確立した。

公式通販サイトへ »

ドイツ【11選】

アイシー!ベルリン

ドイツで創業したブランドであり、医療工業用の0.5mm厚シートメタルをメガネに初めて採用したことで注目を集める。機能的なスクリューレスヒンジもトレードマーク。

公式サイトへ »

adidas

アディダス(ADIDAS)

ドイツを代表するスポーツトータルブランド。スパイクやスニーカーをすぐにイメージされますが、技術の粋を集めた高性能アイウェアもトップアスリートから信頼されています。

公式通販サイトへ »

wolf

ウォルフガング プロクシュ

一流ブランドのアイウェアデザインを手がけた「ウォルフガング」氏が設立。テーマは「最小限の部品構成から未来性と機能性を追及すること」。ティアドロップをベーシックなレンズに落とし込むなど、レトロで未来的なデザインを提案。

公式サイトへ »

cazal

カザール

多彩なキャリアを積んだデザイナー「カリ・ツァローニ」氏が設立。強烈なインパクトのフレームは、マイケルジャクソンやM.C.ハマーといった黒人アーティストが愛用し、全米で爆発的ヒット。一躍世界のトップブランドへと躍り出た。

日本公式サイトへ »

フロスト

すべての工程をハンドメイドで仕上げ、高品質なフレームを提案するドイツブランド。シンプルさと機能性を追求し、そしてファッション性をもたせたコレクションを発信します。

公式サイトへ »

herrlicht

ヘアリヒト

元家具職人のアンドレアス・リヒト氏が手がけるブランドは、すべてのパーツが「木製」。天然木材をスライスし、何層にも張り合わせて作られた眼鏡は、温かみのある質感とモダンなデザインが見事に融合している。

公式サイトへ »

マーケロス ポツダム

1991年に創業し、ドイツらしさを意識したデザインと、繊細なモノ作りをする日本のいいところをミックスしたブランド。アクのないデザインが、オン・オフを問わず重宝します。

公式サイトへ »

mykita

マイキータ

某ドイツブランドから独立したメンバーが立ち上げたブランド。厚さ0.5mmの極薄ステンレスシートを使い、ネジを使用しないヒンジを採用。メタリックな質感に、あえてレトロな玉型やユニークな色を取り入れるのも特徴。

公式サイトへ »

markust

マルクス T

質実剛健で知られる「マルクスT」は、針細工のような細身のデザインや、チタンシートを使ったシャープなデザインが主流。特に弁護士や医者といった堅い職業の人に絶大な支持を得ており、かの石原慎太郎氏も愛用したことで知られる。

公式サイトへ »

reiz

ライツ・ジャーマニー

ドイツのシュツットガルト郊外で設立。’70年代風のレトロなデザインを取り入れ、重厚感と存在感がありながらも、カッティングの妙で現代的な意匠に仕上げるのが特徴。

公式サイトへ »

lunor

ルノア

スティーブ・ジョブスも愛用したクラシック眼鏡の雄。世界的なアンティーク眼鏡収集家の「ゲルノット」氏が創業し、同ブランドは伝統的なドイツ眼鏡の製法を、現代の技術やアイディアで蘇らせる。

公式サイトへ »

 

 

フランス【10選】

alainmikli

アラン ミクリ

眼鏡に「デザイン」という付加価値を付けたパイオニア。その革新的なデザインから「色のミクリ」とも評されるほど色使いが巧みで、実は赤い眼鏡を世に認知させたのは同ブランドとも言われている。

公式サイトへ »

annetvalentin

アン・バレンタイン

パリでファッションやアートを学んだ「アン・バレンタイン夫人」が1992年に設立。掛ける人の魅力を引き出す、がコンセプト。人の顔をキャンバスに見立て、顔の上に線を引き、彩色するような独自スタイルが特徴。

公式サイトへ »

oga

オーガ(OGA)

フランスの老舗メーカー「モレル社」による自社ブランド。ビジネスシーンに映えるシンプルなデザインに、ヨロイやテンプルに程よいアクセントを加えるのが特徴。日本でも人気は高い。

公式サイトへ »

オキシビス

フランスのメガネ産地であるジュラ地方でフレームを製作。既成概念にとらわれないカラーリングのフレームは、見るものをハッとさせる魅力に満ち溢れています。

公式サイトへ »

ゴールド アンド ウッド

天然木、バッファローホーン、アルミなど異素材のユニークなコンビネーションが定評。選び抜かれた上質な素材と確かな職人技が美しいフレームを生み出します。

公式サイトへ »

シャンボレー

フランスにあるカジュアルテイストのアイウェアブランド。流麗なラインを生かしたユニークなフレームと、思わず視線が留まる斬新な色使いは、まさにフレンチ・クオリティ

公式サイトへ »

jfrey

ジェイ・エフ・レイ

1995年、マルセイユに設立。NYの高層ビルや日本の折り紙などからインスパイアされたアーティスティックなフレームを次々と発表。眼鏡界のアカデミー賞と言われる「シルモドール」を幾度も受賞している。

公式サイトへ »

ピエール アイウェア

フランス発の人気メガネブランド。なかでも「ピースリー」ラインは、アルミニウムと特殊ナイロンを使った独創的なコンビネーションフレームで知られ、圧倒的な透明感を生んでいます。

公式サイトへ »

frederic

フレデリック ボーソレイユ

繊細なカラーリングと芸術的なフレームワークが持ち味のフランス発ブランド。その実力は、近年カンヌ映画祭の公式サングラスを手掛けた事実が物語っている。

紹介サイトへ »

lafont

ラフォン(LAFONT)

1923年にルイ・ラフォンがパリで創業。多彩な色使いやテキスタイル柄など、ファッションのエッセンスを眼鏡に取り入れたことで大ブレイク。”色彩の魔術師”と称され、今も世界中の人々を魅了し続けている。

公式サイトへ »

デンマーク【5選】

orgreen

オルグリーン

眼鏡を航空機に見立て、シートメタルに中抜き加工を施しコックピットや窓を表現するなど、斬新な手法を提案。また、表と裏で色がことなるバイカラーなど、アイウェアにおける北欧デザインを打ち立てた。

公式サイトへ »

フライ

デンマークのメガネブランド。名前の由来は「Fine Looking Eye」の略から成り立ちます。シンプルかつピュア、しかもカラフルな北欧デザインは世界中で大人気です。

公式サイトへ »

プロデザインデンマーク

デンマークで40年以上の歴史あるアイウェアブランド。北欧らしい美しいカラーを大切にしたハイレベルな技術・機能を融合したフレームで人気があります。

公式サイトへ »

bellinger

ベリンガー

元インテリアデザイナーのクラウス夫妻が立ち上げたブランド。フロントに幾何学模様のテンプルでサイドを飾る手法や、ワンタッチで着脱可能な”着せ替え眼鏡”など、業界でスタンダードとなる画期的なデザインを輩出した。

公式サイトへ »

リンドバーグ

1986年にデンマークでスタートしたアイウェアカンパニー。イノベーティブでハイクオリティなデザインのアイウェアは、世界から常に注目を集め続けています。

公式サイトへ »

イギリス

olivergold

オリバーゴールドスミス

俳優マイケル・ケインが愛用したことでも知られる、約一世紀にわたる歴史を持つ英国ブランド。斬新なサングラスや伝説的モデルを輩出し、遂には英国王室御用達の称号を授かる。

公式サイトへ »

cutler

カトラー アンド グロス

スティングやポールウェラーなど、ロックミュージシャンも愛用するイギリスの老舗。デザインは1970年代のスタイルを意識しつつ、ほんの少し英国風なアレンジをプラス。

公式サイトへ »

オーストラリア

カレラ

1956年以来、アイウェアやゴーグルの分野でイノベーションを起こし続ける、アイコニックでスタイリッシュなブランド。オリジナリティの高い機能的なデザインにも注目。

公式サイトへ »

オーストリア

silhouette

シルエット(SILHOUETTE)

NASAが信頼を寄せ、2006年にスペースシャトルの乗組員が着用した眼鏡がココ。特許取得の超軽量&弾性を備えるハイテクプラスチックを開発し、テンプルに採用。驚くほどの軽さと高い弾力性によって絶妙なフィット感を実現。

公式サイトへ »

オランダ

suzyglam

スージー グラム

2013年にスタートした新鋭ブランド。3Dグラフィック技術とハンドメイド成形を繰り返し、クラシックな中に都会的な雰囲気を漂わせるデザインを実現。

公式サイトへ »

ベルギー

theo

テオ(theo)

ベルギーで眼鏡店を営んでいたウィムとパトリック氏によって設立。その特徴はアートとも評される前衛的なデザイン。優美なラインや華やかな”眉”化したブロウなどを展開。モードなアイウェアを確立した。

公式サイトへ »

ポルトガル

paulino

パウリーノ スペクタクルズ

特殊なカスタムスキルを持つ、1930年代から続く眼鏡一家の三代目「パウリーノ」氏が2012年に設立。機械生産にはない風合い、歴史を感じさせる重厚な意匠は独特。大人の品格が漂うハンドメイドフレーム。

公式サイトへ »

スウェーデン

staffan

スタファン・プロイツ・デザイン

防弾チョッキに使われるNTX素材を眼鏡に採用したブランド。デザイナーのスタファン・プロイツ氏はNTXをシート状にしてフロントに使用。これにより機能だけでなく、近未来的なスタイルも打ち出した。

公式サイトへ »

フィンランド

クラークラー

フィンランド発のアイウェアブランド。熟練した自職人が手がける薄い木材の多重圧着構造のフレームが高い評価を受け、「アイウェア・オブ・ザ・イヤー」などを多数受賞している。

公式サイトへ »

スイス

スイスフレックス

世界的なメガネ開発者「ウィルヘルム・アンガー」氏が創立したブランド。ネジ・金属を一切使わないはめ込み式のクリップ連結構造で、人に優しいフレームを作っています。

公式サイトへ »

台湾・韓国

エシリアル アイウェア

2009年に創業した台湾のブランド。高品質な物作りのスタイルで、数量限定のハンドメイドにこだわっています。美しいデザインと良好なかけ心地で人気を博しています。

公式サイトへ »

ユタ

創業者のジャン・イヴ氏が1982年に台湾にて設立。ファッションサングラスを中心に、実用性に優れたスポーツメガネを提案しており、どれもかけ心地がいいのが特徴です。

公式サイトへ »

ユンサン コーポレーション

1992年に台湾で創業されたブランド。豊富な流通ルートと販売店を確保し、台湾におけるメガネ市場の約20%のシェアを誇っており、今後ますますの拡充が期待される。

公式サイトへ »

ヘミル

韓国発のヴィンテージライクなデザインを得意とするブランド。かけ心地への追求も忘れず、メガネとしての機能性も十分備えています。この先、ブレイク間違いなし!

公式サイトへ »

こちらの記事も一緒によく読まれています。

『いま眼鏡を買うなら断然ココ!』眼鏡の人気ブランドランキングTOP22を発表!芸能人・セレブ愛用ブランド~コスパの日本ブランドなどなど。

記事の続きを読む »





もっと見る

バッグ・小物


この記事を見た方は、こんなページも見ています
サイトの人気ページTOP5!

カテゴリ一覧



検索(アイテムで検索ができます)

最新の記事一覧

人気のカテゴリー






ジーンズ 人気ブランド(男性)

スタイル別 ブランド

  • ブランドプレゼント×アンケート

    プレゼントで貰って嬉しい、ブランド物といえば?

    投票結果だけ見る

    読み込み中 ... 読み込み中 ...
ページ上部に