メンズバッグブランド

 

超有名な「定番」から、知る人ぞ知る「マイナー」まで!

 

メンズバッグ専門ブランドはもちろん、有名レザーブランド、高級ハイブランド、ファッションブランド、アウトドアブランドなどなど『メンズバッグの人気ブランド一覧(100選)』を紹介しています。

目次(もくじ)

①バッグブランド一覧【100選】

②こちらもオススメ!

バッグの人気ブランドランキング

20代バッグブランド

30代バッグブランド

40代・50代バッグブランド

メンズバッグブランド一覧

 五十音順(アイウエオ順)に並んでいます 

 

アウトドアプロダクツ

『学生を中心にリュックの定番ブランド』となっているアウトドアプロダクツは、1973年にリーズナブルで機能的なキャンプ用品を発表したことがはじまり。今では世界60カ国以上で展開されており、世代・性別を超えて支持されるブランドへと成長。

公式サイト »

アックス

アックス

創業70年以上の歴史を持つ鞄メーカー「イケテイ」が2000年にスタートしたブランド。ボーダーレスをコンセプトに、仕事やプライベートなど時と場所を選ばない自由なスタイルに定評がある。

公式サイト »

アッソブ(AS2OV)

『おしゃれ・実用的・高品質』日本のバッグを語る上で外せない孤高「マスターピース」の創業メンバーが立ち上げたバッグブランド。バッグもアクセサリーのひとつという考えを元に、2013年創業ながらデザイン性と機能性を融合したバッグをいくつも生み出す。

公式通販サイト »

アニアリ(aniary)

『オールメイドインジャパン!』レザーから金具に至る付属まで”全て日本製”にこだわるレザーバッグブランド。既製品を使うことなく全てオリジナルであり、実用性も考慮した作りのレザーバッグは10代~50代まで年代を問わず愛される。

公式通販サイト »

アーツ&クラフツ

『ずっと使い続けられるシンプルイズベスト』手仕事の大切さを提唱したイギリス人「ウィリアム・モリス」の精神を受け継ぎ、現代の感性と伝統的な職人技をの融合を目指したバッグブランド。シンプルであり経年変化が楽しめる”飽きのこない”バッグをリリース。

紹介サイト »

アフルレッドバニスター

アルフレッドバニスター

鞄をファッションアイテムに美しく昇華するドメスティックブランド。単に流行に流されるのは無く時代の空気感をキャッチし、己のスタイルを構築している男性に提案する同ブランドの鞄は、デザインだけでなく機能的にも優れる。

公式サイト »

イルビゾンテ

『おしゃれレザーバッグの定番』イタリア・フィレンツェ創業のブランド。熟練職人が仕立てた自慢の革製品は使い込むほどに味が出て、持つ人に馴染んでいくのが特徴。飽きのこないベーシックで洒落たデザインと優れた耐久性が、長期にわたる人気の秘訣となっている。

公式サイト »

インディード(INDEED)

『日本品質』日本製にこだわったバッグ・鞄を中心に作り続ける鞄ブランド。一部のインポートを除き、ほとんどの製品はタンナーと共同開発したオリジナル素材のメイドインジャパン。機能性はもちろん、素材やデザイン、縫製まで隅々にまで行き届いたモノ作りが光る。

公式サイト »

イーストパック

『斬新なカラーリングと耐久性』1952年創業の米国陸軍向けミリタリーバッグ製造メーカーがルーツ。1976年に息子の「マーク・ゴールドマン」が学生向けのバッグを製造、販売し、多くの学生たちから絶大な支持を得る。それから35年以上にわたり世界中で展開中。

公式サイト »

エース

エース(ace.)

国内はもちろん、海外においても有数なラゲージブランドとして知られる日本の最大手。ビジネス向けのエースジーン、カジュアル向けエース60、旅行用のプロテカ等、ラインナップは多岐に渡る。

公式サイト »

エッティンガー

『英国王室御用達を授かる品質の高さ』エッティンガーは1934年に創業された英国ブランド。ハロッズ、バーニーズニューヨークなど名だたるストアから受注を受けるほど実力は折り紙つき。

公式サイト »

エバーカーキ

『シンプルながら色気のあるデザイン』で支持されるエバーカーキは「永遠に色あせない”エバー”と、テーマカラー”カーキ”をミックスさせた造語。ミリタリー・サファリ・クライミングの3つのテーマをベースに、質の良いカジュアルを好む大人に向けたバッグを展開。

公式サイト »

エフ・クリオ(F.クリオ)

『ハンドメイドによる高品質』1983年にイタリアの革職人「フルヴィオ」氏により設立。熟練職人達が創業以来の品質をしっかりと守り続けており、イタリアらしい艶のあるデザインも特筆。

公式サイト »

LLビーン

エルエルビーン(L.L.Bean)

シンプルで丈夫で安い。コットンキャンバスを使用した「ナチュラルなトートバッグ」がブランドの代名詞になっている、1912年アメリカ創業の老舗アウトドアブランド。

公式サイト »

エルゴポック

『コスパ優秀なレザーバッグ』老舗鞄メーカー「キヨモト」が半世紀におよぶカバン作りの歴史を集約し、新しい時代へとつなぐ架け橋として設立。上質な素材、独自のフォルム、細部まで洗練された作りを追及。日本人の感性をくすぐる独創的な存在感を放つ。

公式サイト »

エルベシャプリエ

『ナイロンバッグのパイオニア』1970年代当時はあまりバッグ素材として使われていなかったナイロンをいち早く取り入れ、ファッション性と耐久性に優れたサドルステッチを施し販売。1980年には爆発的ヒットとなった船形トートをリリース。

公式サイト »

エンゲージメント

『ビジネスマン注目NO.1』コンセプトは「プロフェッショナルたちに成功をエンゲージメント(約束)する」。バッグづくりにおいて半世紀以上の歴史を誇る株式会社キヨモトが、 新しい時代のスタンダードを標榜して誕生させたリアルバッグブランド。

公式サイト »

エンリーベグリン

『温もりある高級バッグ』ベルトとバッグのブランドとして1984年にイタリアで創業。バッグは高級素材のみを使用し、ハンドメイドで作られている故、シンプルながらもどこか温もりを感じさせるデザイン。丁寧に施されたステッチなど、ディティールへのこだわりも強い。

公式サイト »

エースジーン

『収納力・耐久性・軽さの全てを備えるビジネスバッグ』日本の老舗カバンメーカー「エース」が創業以来培ってきた鞄作りの経験を活かすべく設立。最高の機能性・パフォーマンスでビジネスマンをサポートする、をコンセプトにしたビジネスバッグを展開。

公式サイト »

大峡製鞄(おおばせいほう)

『皇室御用達の日本職人気質』昭和10年の創業以来、一切の妥協を許さない確かな品質、頑固なまでのブランド哲学を貫き「本物の鞄」を作り続けるバッグブランド。どれも重厚感があり、特別なオーラを放つ。

公式サイト »

オスプレー

オスプレー

高性能登山用バッグブランド。独創的かつ実用的なデザインで、常にバックパックのトレンドをリードし続ける存在。培われた登山用パックの機能をデイパックなどにも反映し、背負い心地と使いやすさで多くのパッカーから支持されている。

公式サイト »

オファーマン

オファーマン

1842年創業。ファッションや付加機能に頼らない、潔ささえ感じる「堅実なレザーバッグ」を追求するドイツ生まれのレザーブランド。優れた耐久性、整理・収納抜群の機能性で、世界中のビジネスマンから確かな信頼を勝ち得ている。

公式サイト »

オロビアンコ

『メイド・イン・イタリアの伝統と革新』ビジネスからカジュアルスタイリングまで、様々なシーンで活躍するイタリアブランド。デザイン性を犠牲にすることなく、必要十分な収納能力やポケットを装備。その優れた機能性もあり、老若男女問わず幅広い層のファンを獲得。

海外公式サイト »

カミーユ・フォルネ

『最高級腕時計ベルトの技術を鞄に』1945年、パリの馬具職人であった「カミーユフォルネ」氏が設立。高級腕時計ベルトの製作を通じて革製品作りの哲学を学び、その卓越した技術をバッグにもフィードバックしている。

公式サイト »

ガレリアント

『成熟した男性に似合う上品なデザイン』2011年に誕生した新進気鋭のメンズバッグブランド。「クラシックモダン」をコンセプトに、オーセンティックでありながら新しい技術とトレンド性をほどよくミックスさせた、バッグや小物をリリース。

公式サイト »

GANZO

ガンゾ(GANZO)

素材ごとになめしや製造方法を変えるなど、妥協せずに最高級レザーアイテムを追及するAJIOKAのオリジナルブランド。飽きのこないベーシックなデザインと優れたパフォーマンスは、使い込んでこそ実感できる味わいと完成度の高さが感じられる。

公式サイト »

キーファーノイ

『オトコの色気を引き立たせるバッグ』創業60年以上の歴史ある「株式会社マツモト」が手がける、時代の流れやトレンドを取り入れた様々なライフスタイルシーンを演出するバッグブランド。デザインの装飾性とこだわりのモノ作りを高次元で融合させている。

公式サイト »

銀座タニザワ

銀座タニザワ

明治7年創業。良質な素材に腕利きの職人の裏打ちによって仕立てられる鞄を、長きに渡り紳士達へと提供し続けてきた国内屈指の老舗鞄専門店。又、「ダレスバッグの生みの親」としても知られる。

公式サイト »

グリップス(GRIPS)

『本物を追求する職人気質』で知られるグリップスは、1998年以来、流行に左右されることなく常に「愛されるモノ作り」をコンセプトに掲げるバッグブランド。素材のポテンシャルや機能性を最大限に生かしたアイテムは普遍性を備え、一生使える名品ばかり。

公式サイト »

クリード(Creed)

『肌に吸い付く最高の革』高度なファッション性・機能性・マテリアル・クオリティの探求の信念の下、2004年にスタート。国内外から集めた様々な素材を使い、イタリアンカジュアルをベースにシーズントレンドと独自のエッセンスを加えたプロダクトを提案している。

公式サイト »

グレゴリー(GREGORY)

『山も街も愛される王道バックパック』30年以上にわたり、最高の背負い心地と品質・機能性を追求した製品を作り続ける、アメリカ・カリフォルニア生まれのバックパック(リュック)専門ブランド。アウトドアのみならず、タウンユースで使えるバッグもリリースしている。

公式通販サイト »

クレドラン(CLEDRAN)

『使い込む程に愛着の湧く上質バッグ』2008年に創業したドメスティックバッグブランド。ブランド名は”鍵”を意味するCLEと”文字盤”を意味するCADRANの造語で、未来の扉を開ける鍵を提案し、また商品に愛着という名の時を刻んで欲しいとの思いが込められている。

公式サイト »

グレンロイヤル

『高品質ブライドルレザー』が同ブランドの代名詞となっているグレンロイヤル。伝統を受け継ぐクラフトマンシップで製作される鞄や革小物は、クラシカルな雰囲気を持ちながらも機能的。堅実なビジネスマンに。

公式サイト »

グローブ・トロッター

『英国生まれの旅行バッグブランド』ミニマルなデザイン、使い込むほどに味わい深くなる仕様で、現在では「オシャレなトランク」として確固たる地位を確立。英国王室や冒険家達も愛用するなど機能性も非常に高い。

公式サイト »

クローム(CHROME)

『自転車愛好家に愛されるタフでクールなバッグ』アメリカ・サンフランシスコを発祥とするメッセンジャーバッグブランドであり、元は二人のエンジニアが「カッコいいマウンテンバイク用のバキーショーツ」を作りたいという思いから発足。

公式サイト »

ケルティ(KELTY)

『バックパックの元祖』バックパックの生みの親であるディック・ケルティ氏が1952年に南カリフォルニアで設立。現在の標準となっているウエストベルトや、背部をテンションさせるというバックパック機構は、このケルティ氏によって考案されたものである。

公式サイト »

コーチ(COACH)

『世界の人々に愛されるレザーバッグの名門』1941年にアメリカ・ニューヨークで設立。当初は家族経営の皮革専門の工房としてスタート。2000年にはシグネチャー柄が世界中で大ヒットし、名実共にトップブランドへと登り詰めた。

公式サイト »

コート・エ・シエル

コート・エ・シエル

2008年フランスにて設立。主にポータブルデバイス用のバックパックやメッセンジャーバッグを生産。アップル、BMW、Paul Frankなど世界屈指の企業をクライアントに持つ世界トップレベルのブランドとして知られる。

公式サイト »

コペルト

コペルト

ナチュラルな風合いや使い勝手の良さ、何年経っても変わらない「普遍的な価値」を提供する鞄ブランド。全ての商品は自立したオトナと共に生きることを目的として製作されている。

公式サイト »

コンプレックス-ガーデンズ

コンプレックス ガーデンズ

創業は明治27年(1894年)と日本の鞄業界でもトップクラスの伝統と実績を誇る『青木』。同社が20代~30代のビジネスマンに向け展開しているバッグブランド。日本の伝統・文化意識をベースとしたモダンなデザインが持ち味。

公式サイト »

サマンサキングズ

サマンサキングズ

レディースバッグの超有名ブランド『サマンサタバサ』のメンズライン。ライトでカジュアルなデザインが持ち味で、通勤・通学から色んなライフスタイルに対応。メンズバッグ界に新たな風を吹き込む新生。

公式サイト »

サムソナイト

『世界中のビジネスマンに愛されるスーツケース』1910年アメリカ・コロラド州で創業。50年代のジェット機ブームを受け、一躍世界の有名ブランドの1つへと成長した旅行カバンブランド。世界初の軽量・キャスターつきスーツケースを開発。

公式サイト »

サルヴァトーレ フェラガモ

『機能性とファション性を兼備したエレガントバッグ』フェラガモは80年以上の歴史あるイタリアの名門ブランド。最高の品質と熟練した職人技、革新的で色気のあるデザインはバッグコレクションにも存分に発揮されている。

公式サイト »

サンヒデアキミハラ

サンヒデアキミハラ

「機能性」「デザイン性」「存在感」の3つをメインコンセプトに、熟練された職人たちと共同し、新たな挑戦をし続けるバッグブランド。他とは違う斬新なディティールで独自の存在感を放つ。

公式サイト »

シール

シール(SEAL)

大型車用の廃タイヤチューブを使い、メッセンジャーバッグやビジネスバッグへとリサイクルするバッグブランド。ただ再利用するということだけではなく、国内職人の手によるハンドメイド縫製という製品としてのこだわりを持つ。

公式サイト »

シセイ(CISEI)

『シンプルでいてエレガントに、ベーシックでいながら常に新鮮に』をテーマに、11年間にわたる海外修行で技術を身につけたデザイナー「大平智生」氏が設立。良質な素材の質感をダイレクトに伝え、クラシックをベースにディティールやサイズを現代的に魅せている。

公式サイト »

ジャックスペード

『目利きニューヨーカーをうならせる出来栄え』アメリカ・ニューヨーク発の人気バッグブランド「ケイトスペード」のメンズラインとして1996年からスタート。実用的なアイテムは機能的にもスタイリッシュにもなり得る、というコンセプトのもと、シンプルかつ味のあるバッグをリリース。

公式サイト »

ジャンスポーツ

『おしゃれリュックに定評』バックパック用のアルミエクスターナルフレームを開発し、一躍世界のアウトドアバッグブランドの1つへと名乗りを上げたジャンスポーツ。ポップな色や柄使いが注目を集め、現在はアウトドアだけでなくタウンユースでも活躍を見せる。

公式サイト »

シャンポール セリエ

『全てフランス製を貫く名門ブランド』約60年の歴史を持ち、一流メゾンのOEMを手がけてきた工房が2004年にデビューさせたのがこのセリエ。フランス全土でわずか20名ほどしかいない国家認定のアルチザンの職人技。ブランド鞄界に脚光を浴びる存在となっている。

公式通販サイト »

シルバーレイククラブ

『アウトドアユースに耐える耐久性と撥水性』フィッシングを切り口とした、“アウトドアの中での過酷な使用に耐えうる鞄作り”がメインテーマインテーマのイケテイオリジナルの国産バッグブランド。徹底的にこだわった撥水機能、便利なポケットや機能面に定評。

公式サイト »

スターツ

『タブレットやスマートフォンに対応した、機能的で使いやすい次世代バッグを開発』2012年の設立から わずか数年で注目を集めるバッグブランドに成長したのは、PCなどモバイル機器のに対応した現代ニーズを重視したことから。さらに軽量かつ撥水性にも優れている。

公式サイト »

ステファノマーノ

『確かな縫製と素材の良さが生み出す別格』著名ブランドのOEMを手がけていたガスプコム社が手がける、2003年発足のオリジナルブランド。ステッチを掛けるミシンを用途別にするなど、その高い縫製技術には特にこだわりを持っている。

公式サイト »

スロウ(SLOW)

『流行に左右されないバッグ作り』移り変わりの激しい時代に流されずゆっくりと創作を追求していきたいというモノ創りのスタンス。使うほどに味わい深く、永く使用できるバッグといえばココは外せない。

公式サイト »

ゼロハリバートン

『アタッシュケースの名門』アルミ製の完全密封ケースを製作したことが始まりのゼロハリバートン社。1983年の創業以来、高い堅牢性・耐久性を徹底して追求するスタンスが認められ、アポロ11号計画、アメリカ大統領の重要書類ケースにも採用。

公式サイト »

ソメスサドル

ソメスサドル

馬具作りのワザを鞄にフィードバッグする『ソメスサドル』は、1964年創業の日本唯一の馬具メーカーとして知られる。馬具をルーツとするタフネスさ、そして職人技術により作られる革バッグは、目の肥えた大人たちを魅了。

公式サイト »

ダニエル&ボブ

『大人のラグジュアリーバッグ』で評価される同ブランドは、1976年にイタリア・フェラーラにて誕生。3層レザーを手縫いで仕上げた肉厚のハンドルや機能性にこだわったデザインなど、長年愛用するためのクラフトマンシップが息づく。

公式サイト »

ダールスパック

『製造者が心を込めて作るカヌーバッグ』1882年、北アメリカをカヌーで探検した「Camille Poirer」氏が考案したキャンバス製バックブランド。アメリカ本国ではカヌーバッグの代名詞的存在となっている。

海外公式サイト »

土屋鞄製造所

『日本×革カバンの老舗』手作りによる革製かばんの製造で、50年以上の歴史を持つ日本のバッグブランド。バッグは全て職人の手によるひとつひとつ丁寧に作り上げる製法にこだわり、使う人の人生と共に歩む「生きる鞄」を目指している。

公式サイト »

ドイター(Deuter)

『機能派リュックの先駆者』1898年創業。100年以上の歴史を持つドイツ生まれのバックパックブランド。使う人が快適に安全に使えるよう考えた研究開発を続け、「背面の高い通気性に軽さと高いフィット性」の全てを高次元で実現している。

公式サイト »

トゥミ(TUMI)

『社会人御用達の多機能バッグ』先進的なアイディアやマテリアルを用い、ビジネスマンのハードな日常をサポートしているTUMI。特にビジネスバッグの分野においては世界中のビジネスマンから高い評価を獲得。数々の名作はその証明ともなっている。

公式サイト »

ドリフター(Drifter)

『メイドインUSAにこだわる王道』アメリカ国内生産にこだわるドリフターは1977年にオハイオ州で誕生。当初はパラシュートメーカーだったが、スカイダイバーのニーズに応えるため、耐久性に優れたスポーツバッグを生産するようになった。

公式サイト »

ナナミカ

ナナミカ

デイリーに使える「アウトドアテイストのバッグ&リュック」に定評のある2003年スタートのファッションブランド。毎日のライフスタイルを楽しく快適でスタイリッシュに過ごすためのコレクションを発表し続けている。

公式サイト »

ノーマディック

ノーマディック

雑誌「モノマガジン」掲載の常連。1万円~2万円以下で買える街歩き用(タウンユース)専用のバッグ&バッグインポーチを開発。近年はビジネス専門ライン「ビズコンセプト」を立ち上げさらなる成長を見せている。

公式サイト »

ハーヴェスト

ハーヴェスト レーベル

ミリタリーテイストあふれるバッグ作りに定評のある、1995年に設立された国内屈指のラゲージブランド。妥協のない作り込みと独創的なデザインで、若者から大人まで幅広い層に人気を博している。

公式サイト »

バトルレイク

『頑丈さにこだわるアウトドアバッグ』1985年、アメリカ・ミネソタ州に創業されたアウトドアバッグブランド。自社ファクトリーを構え、アメリカメイドで一貫。バッグはメインに耐久性・耐水性を兼ね備えた最高級コーデュラナイロンを使用。レトロ感のあるデザインセンスも魅力。

海外公式サイト »

服部(はっとり)

『国産の素材や機能を追求』日本有数の鞄の生産地である兵庫県・豊岡市生まれのバッグブランド。「持つ人が引き立つ鞄を作りたい」をコンセプトにしたバッグは、オリジナルのセンス溢れるデザインが特徴。ビジネスからカジュアルまで、豊富なラインナップを揃える。

公式サイト »

パロットキャンバス

パロットキャンバス

帆布の生産を行うメーカーとして1982年アメリカで創業。帆布の生産は全米トップクラスにまで成長し、バッグの分野に進出。コットンキャンバスはもちろん、バリスティックナイロン、コーティングキャンバスなど様々な生地を使用。

販売サイト »

ハンティング・ワールド

『実用性と普遍的デザインに光り』アフリカに魅せられた冒険家「ロバート・M・ハリー」氏が1965年にアメリカで設立。10年間のアフリカ生活を活かし、フィールドに必要なディティールを凝縮したオーセンティックなデザインを基とするバッグをリリース。

公式サイト »

PID

ピー・アイ・ディー(P.I.D)

ビジネスバッグの専門ブランドとして1993年二スタート。当初3シリーズのみだったが現在ではその数を拡大し、ユーザーの趣向やライフスタイルに合わせたバッグを選べるように。中でも「コスパに優れた革バッグ」は一見の価値あり!

公式サイト »

ヒデオワカマツ

『コストパフォーマンスに優れた旅行カバン』コンセプトは「スタイル、機能、有用性の融合」。耐衝撃性に優れるポリカーボネート採用のキャリーケースをはじめとした「旅カバン」に定評のあるジャパンブランド。1989年にフランス・パリに日本バッグブランドとして1号店をオープン。

公式サイト »

ビルアンバーグ

『気品と上質を求める大人に』英国のレザーデザイナー「ビルアンバーク」氏によって設立。美しいレザー製品を作りたい、という志をいまも再現し続けている。現在、26名がワークショップやウエストロンドンのデザインスタジオで働いている。

公式サイト »

ブッテロ

ブッテロ

1974年にイタリアでスタート。革の香りを感じることのできる重厚で頑丈な「良質レザー」と、高い機能性を融合させた革バッグがブッテロの人気の要因となっている。

公式サイト »

フェリージ

『大人のための洗練されたデザイン』ビジネスからカジュアルシーンまで幅広く支持されているイタリア生まれのフェリージ。同ブランドの顔となっている「ナイロン×レザー」コンビを中心とした、上質で洗練されたバッグは主に20代・30代以上の男性から高い支持を得ている。

公式サイト »

フジタカ

『ジャパンモダン』をコンセプトに、確かな鞄職人の技術と時流を捉えたデザインを融合して作り上げられるのがフジタカ。普段使いに適った実用性も備える、日本ブランドならではの気配りも魅力。

公式サイト »

フライターグ

『唯一無二の完全オリジナル』1993年にスイスで創業したメッセンジャーバッグブランド。トラックの帆をバッグ本体の生地にしたり、車のシートベルトをストラップにするなど「リサイクルマテリアル」を用いひとつひとつ作られるため、この世に二つと同じバッグが存在しない。

海外公式サイト »

フライングホース

『ホースレザーを使用したスタイリッシュで艶やかなバッグ』ブランド名にもあるようにホース(馬)革を使った「軽快なメンズスタイルの追求」をコンセプトとする日本ブランド。オイルをたっぷりと含んだ上質の馬革を贅沢に使用したコレクションを展開。

公式サイト »

ブラウンブレス

『都会生活のライフスタイルにマッチ』したバッグをリリースし続ける、2006年にスタートした韓国のバッグブランド。都市生活者が求める実用的なディティールに落とし込んだデザインが特徴。PC収納可能なスペースなど、細部までこだわったアーバンスタイル。

海外公式サイト »

ブラビューラ-デル-ティ

ブラビューラ デル ティ

無駄なデザインを削ぎ落としたシンプルでモダンなバッグを創造する、大人男性に向けた日本のバッグブランド。目指すところは女性の目から見てもカッコよく、持つ人を引き立たせ、それでいて鞄時代に存在感のあるバッグ作り。

公式サイト »

ブリー(BREE)

『ドイツを代表する質実剛健ブランド』1970年に「ヴォルフ・ピーター・ブリー」により設立され、高デザインと高品質を両立していることが持ち味。同ブランドが求める品質をクリアするのは、全世界に存在する皮のわずか5パーセントにとも言われている。

公式サイト »

ブリーフィング

『タフな素材と作りによるミリタリズム』今やビジネスツールの定番となっている1998年誕生のラゲッジーレーベル。ミルスペックに準拠したパーツを使いながらも、あくまで洗練されたビジネス~タウンユースバッグという点が人気の理由となっている。

公式サイト »

ブルックリン

ブルックリン ミュージアム

良いものを永く使えるよう「細部にまでこだわりを魅せる丹念なモノ作り」をテーマに掲げる日本ブランド。見た目の良さだけでなく、使いやすさに重点を置いた鞄作りを続ける老舗は、鞄好きから高い評価を得ている。

公式サイト »

ブレディ(BRADY)

『イギリス生まれの上品バッグ』1877年頃に、イギリス・バーミンガムにてアルバート兄弟により設立。コットン製バッグがブランドの顔であり、現在でもバーミンガムの郊外にて工場を構え、20人ほどの職人の手作業にて作られている。

公式サイト »

フレドリックパッカーズ

『自転車通勤・自転車通学の専門』体にフィットし、快適な自転車移動を実現した「自転車専門」のバッグブランド。プライベートからビジネスまで幅広いシーンでアクティブに快適に物を運ぶことを目指して作られたバッグは、年代を問わず幅広そうに受け入れられている。

公式サイト »

プロテカ

『スーツケースの基礎を確立』したプロテカは、日本ならではの アイデアや感性を活かしてつくられる、次世代のトラベルラゲージブランド。日本製の高い品質と、プロテカにしかない独自の高機能を搭載。ハードケースは 三年保証が付いている。

公式サイト »

ペッレモルビダ

『大人が持つエレガントバッグの定番』コンセプトは「快適で優雅な船旅に持っていきたい上品な大人のバッグ」。厳選した素材と細部にまでこだわったモノ作り、そしてファッションプロデューサー「干場義雅」氏のディレクションによる美しいデザインが魅力。

公式サイト »

ポーター

『日本の国民的バッグブランド』として知られるポーターは、吉田カバン初の自社ブランドとして1962年に誕生。創業者「吉田吉蔵」氏のモットー”一針入魂”の精神が受け継がれ、丁寧に作りこまれたディティールが最高のデイリーユースバッグを作り上げている。

公式通販サイト »

ホクタン

ホクタン

鞄の名産地「豊岡」の老舗ラゲッジブランド。戦時中に旧日本軍の物資を輸送するファイーバー製トランクケースで成長。その軽量で堅牢なファイバーを用いたスーツケースは、多くのマニアに絶賛されている。

公式サイト »

マウンテンスミス

『画期的なデイパック&ウエストバッグ』1971年にパトリック・スミスにより設立されたアメリカのバッグブランド。アクティブなアウトドアライフを充実させるべく、最高のバックパック及びバッグを開発することに全力を尽くし、実用なバッグを多数リリースしている。

公式サイト »

マスターピース

『高品質カジュアルバッグの雄』1994年に日本で発足。メンズカジュアルバッグを初めてファッションとして捉え、アパレルブランドとのコラボも多彩。流行を見すえたデザインはもちろん、強度や軽量性などを考慮したマテリアル使いも評価される要因。

公式サイト »

マンハッタンポーテージ

『誰でも扱いやすい都会的バッグ』1983年に「すべての人のためのバッグ」というシンプルな哲学のもと誕生。流行にとらわれないシンプルなデザインは、移り変わりの激しいニューヨークでも数十年にわたり人々に愛され続けている。

公式サイト »

ミレー(MILLET)

『最高の使い心地を追求』することで、真の愛好家・登山家から高い評価を得るミレーは、1921年に軍事用のバッグを製造するラボラトリーからスタート。アルピニズムの歴史と共に真の愛好家に本物の製品を提供し続けている。

公式サイト »

ラガシャ(LAGASHA)

『安くて高品質、デキル男を演出するビジネスバッグ』で評価されるラガシャは、1890年から続く、日本を代表する老舗カバンメーカー「トーリン」が1988年に設立。高強度素材やスーツ素材、非対称持ち手など積極的に導入したデザインと機能がビジネスマンの心を掴む。

公式サイト »

リモワ(RIMOWA)

『ドイツ生まれのプレミアムラゲージブランド』1898年、鞄職人である「ポール・モルシェック」氏によりスタート。創業当時よりこだわり続けた”軽さ”への追求は、今やリモワ最大の武器。1937年にアルミ製トランク、2000年にはポリカーボネイト製のスーツケースを世界で初めて開発。

公式サイト »

リロード

リロード(R.E.Load)

アメリカ・フィラデルフィア発、メッセンジャーが作るクラストマンブランド。耐久性、耐水性といったメッセンジャーバッグの高い基本性能をベースに、日常生活でも活用できる実用性を加えた「汎用性の高さ」が人気の秘密。

海外公式サイト »

リンク

リンク(輪怐)

大手服飾メーカーが手がける鞄ブランドであり、キチンとしたコンセプトの元、質の高いバッグを作り続けている希少な存在。上質素材、高いデザイン性、どれをとっても高レベル。足りないのは知名度のみ。

公式サイト »

ルイヴィトン

ルイヴィトン

男性にも馴染み深いフランスの高級ブランド。メンズ専門シリーズ「タイガ」「ダミエグラフィット」を軸に、男性用のラグジュアリーなバッグやリュックもリリースしている。

公式サイト »

レッドムーン

レッドムーン

日本を代表するレザーの総合ブランドとして名を馳せるレッドムーンの登場は1993年。サドルレザー、北米産ワイルドディアスキン、牛革ソフトレザーなどなど、多彩なマテリアルを使用したベーシックな革バッグを展開。

公式サイト »

レスポートサック

『バリエーション多彩なカジュアルバッグブランド』1974年にニューヨークで誕生。ナイロンの丈夫さに着目し、ブランドのオリジナルナイロンを開発。都会派のライフスタイルを実践する若者を中心に、コンテンポラリーなブランドとして爆発的な人気を獲得している。

公式通販サイト »

レン

レン(REN)

単なる消耗品で終わるのではなく、使い込むほどに魅力が増していくものを創造することをコンセプトとする国内鞄ブランド。特に天然素材を使ったトートバッグは有名。使うほど柔らかく美しい経年変化が楽しめる。

公式通販サイト »

ロリンザ

ロリンザ

特に「ファッション関係者」や「オシャレ好き」から支持率が高い2003年誕生の鞄ブランド。2005年からはウェアラインを本格スタート。鞄と服のコーディネートが楽しめるようになった。

販売サイト »

【種類別】でもっと見る

【年代別】でもっと見る

『男子中学生・高校生・大学生は必見』10代男性に人気のメンズバッグブランドランキング…

記事の続きを読む »

『20代男性に人気のバッグブランドランキング』定番のポーター、おしゃれなオロビアンコ、本革で…

記事の続きを読む »

『30代男性に人気のバッグブランドランキング』コスパ優秀な日本のポーター、ビジネスの定番…

記事の続きを読む »

『40代・50代男性の人気バッグブランドランキング』大人のバッグが揃う13ブランドを…

記事の続きを読む »





もっと見る

メンズバッグ


サイトの人気ページTOP5!

カテゴリ一覧



検索(アイテムで検索ができます)

最新の記事一覧

人気のカテゴリー






ジーンズ 人気ブランド(男性)

スタイル別 ブランド

  • ブランドプレゼント×アンケート

    プレゼントで貰って嬉しい、ブランド物といえば?

    投票結果だけ見る

    読み込み中 ... 読み込み中 ...
ページ上部に