高級多機能ペン

 

世界的に有名な筆記具ブランドの「高級多機能ペン40選を紹介!

1本で多色ボールペン+シャーペンなどが搭載される多機能ペンに求めるものは、高級感・軽量・スリム・書き心地 etc….。

 

今回は、自分好みの1本がきっと見つかる、それぞれブランドの魅力がたっぷり詰まった「高級多機能ペン」をブランドランキング順で紹介しています。

目次(もくじ)

①多機能ペンの基礎知識

多機能ペンとは

芯の選択方法

②筆記具ブランド×人気の高級多機能ペン40選【ランキング順】

1位:ロットリング

2位:パイロット

3位:クロス

4位:ラミー

5位:ステッドラー

6位:ゼブラ

7位:セーラー万年筆 (他10ブランド)

①多機能ペンの基礎知識

多機能ペンとは

多機能ペン

 

多機能ペンとは、日常使いの多色ボールペンやシャープペンシルが1本にまとまったペンのこと。

 

種類は大きく分けて2種類。ひとつは500円程度で広く普及しているプラスチック製の多機能ペン。そしてもうひとつが、価格はおよそ1000円以上、おもに金属軸を採用した今回紹介する高級多機能ペン。

 

その多くが替芯で4C芯(JIS規格では「D型」を採用)に対応、スリムなボディと高級感のあるデザインに加え、好きな色の芯を選ぶ楽しさも備えています。

 

「芯の選択方法」は2種4方式

多機能ペン方式

 

押し込むノック式は、色の付いたスライドレバーを使う従来型の「ノック式」、海外製ロングセラーではマークを上向きにしてノックする「振子ノック式」が主流。

 

回転式は方向が決まっていて左右に行き来する「ツイスト方式」と、360度ぐるぐる回り、順番に芯が出るロータリーシステムの「回転式」があります。

②筆記具ブランド×人気の高級多機能ペン40選【ランキング順】

 ランキング順(投票数) 
●総投票数:885票
1 (100票)
ロットリング(rOtring)

 
 創業:ドイツ 
 
質実剛健。プロに愛され続ける高精度・書き味。

ロットリングの歴史は1928年から始まる。人気を博していた万年筆に力を入れていたが、第二次世界大戦後は製図ペンの製造を開始。
ロットリングの製品はプロのデザイナーや設計者のニーズに応えるために、操作性、線の密度、書き味などの点で高い精度を誇っている。その技術力は高度なメカニズムを要する多機能ペンにも応用さてれている。

ロットリングで人気の多機能ペン

rotringk1
 
トリオペン
機能美を追求した複合マルチペン。高級感のあるマットなシルバー&ブラックボディは、真鍮製なので程よい重厚感を兼備。飽きのこないデザインも相まって「プレゼント・入学祝い・記念品」など幅広いギフトシーンで重宝されてます。
■定価:3000円(2色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す

 
rotringk2
 
ロットリング 800+
紙の上だけでなくスマホやタブレットにも書ける、スタイラスペン一体型のシャープペンシル。最先端の機能を持ちながら、どこか愛らしい六角形のボディが魅力。机上でも転がらず手書きもできる多才っぷりは、持つ人の印象もアップしてくれそう。
■定価:8000円(シャープペン+スタイラスペン)
>>Amazonで探す

 
rotringk3
 
フォーインワン
ペンデュラム・ゴラビティシステムを採用しているので、色の表示を真上にしてノックするだけで切り替えが可能。解除もクリップ上部を押すだけと簡単です。グラファイトのボディも魅力。
■定価:5000円(3色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す



2 (97票)
パイロット(PILOT)

 
 創業:日本 
 
日本語を「書く」ことにこだわり抜く。

1918年に並木製作所として万年筆の製造販売を開始。シャープペンシル、マーカーの他、世界初ノック式キャップレス万年筆を開発。その巧みな技術力で世界の強豪と肩を並べる。

パイロットで人気の多機能ペン

pilotk1
 
4+1カスタム ヘリテイジ
「握りやすさ・重量バランス・書き味」の全てが秀逸。実用性に長ける国産高級万年筆の代表格「カスタムヘリテイジ」の多機能ペンモデル。
ヘアライン模様とアルマイト処理のコンビネーションによる上質な質感と重厚なフォルム。リフィルを替えつつ“一生物”として長く使える逸品。
■定価:2万円(4色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す

 
pilotk2
 
4+1 リッジ
クリップに斜めに走るラインのイメージから「ridge(リッジ)=稜線」と名付けられたモデル。5機能を搭載ながら、単色と変わらない細身のスリム設計。角度によって表情が変わるメタルパーツと多才なカラーバリエーションを持つ。
■定価:1万円(4色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す

 
pilotk3
 
フリクションボール4 ウッド
手帳で書き間違えたときなどに重宝する、こすると消える「フリクション」シリーズ初の4Cボールペン。軸に高級感ある木目のグリップを採用。
■定価:3000円(4色ボールペン / 黒・赤・青・緑)
>>Amazonで探す



3 (91票)
クロス(CROSS)

 
 創業:アメリカ 
 
オバマ元大統領も愛用する高級筆記具。

1846年に創業した米国で最も長い歴史を持つ筆記具ブランド。当初は壮麗な装飾を施した金銀のペンシル用ホルダーを製造していたが、世界中で大ヒットしたボールペンのセンチュリーを機に、「クロス=ボールペン」というイメージが定着。

クロスで人気の多機能ペン

crossk1
 
TECH3+(テックスリー プラス)
ブランドを代表する「センチュリー」シリーズのデザインを踏襲した、中軸ラインのマルチペン。ブルーとブラックの軸は表面がつや消し仕上げ、クロームの軸には上品な細い縦縞の模様が入っている。
今どきらしい、スマホやタブレットPCに使える「スタイライスペン機能」が特徴。
■定価:7000円~1万円(2色ボールペン+シャープペン+スタイライスペン)
>>Amazonで探す

 
crossk2
 
TECH4(テックフォー)
ボールペン3色とシャープペンという構成。他のマルチペンと異なる点はシャープペン選択時に、ペントップから消しゴムが繰り出されること。消しゴムはもちろん交換可能。
■定価:7000円(3色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す

 
crossk3
 
TECH2(テックツー)
黒色ボールペンに、スマホやタブレットで使えるスタイライスペン機能が付いたシンプルな構成。その分、軽くてスリムなので女性も使いやすくなっています。
■定価:4000円(黒色ボールペン+スタイライスペン)
>>Amazonで探す



4 (89票)
ラミー(LAMY)

 
 創業:ドイツ 
 
デザインと機能が高次元で融合。

1930年にドイツに創設。有名デザイナーを起用したモダンデザインと実用性を融合させた筆記具で定評がある。
機能性を追求した末にたどりつくラミーの斬新なデザインには、品質と実用性を最も尊ぶドイツ製品の魅力が凝縮されている。

ラミーで人気の多機能ペン

lamyk1
 
ラミー2000
1966年に誕生したラミーを代表するモデル。「2000年になっても古さを感じないデザイン」をコンセプトに作られ、40年以上たった今でも不変の人気。
細かいヘアライン仕上げの樹脂とステンレスのコンビが美しい。使いたい色を自分に向けてノックすればその色が出てくるユニーク設計。
■定価:1万円(4色ボールペン)
>>Amazonで探す

 
lamyk2
 
ラミー 4ペン
黒、赤、青の3色ボールペンとシャープペンシルが1本になったモデル。シルバーとブラックのコンビがスタイリッシュで、凹凸が少なくペン先に丸みをつけている分、柔らかい印象を受ける。
グリップ部を少し太くした独自のシェイプ形状により、握りやすさも秀逸。挟んだものが傷みにくい、スプリング内蔵クリップを採用。使いたい機能を自分に向けてノックするユニーク設計。
■定価:1万2000円(3色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す

 
lamyk3
 
ラミー ロゴ 3色ボールペン
黒、赤、青の3色の油性ボールペン。機能的でありながら個性を主張できる、ラミーらしいシンプルで飽きのこないデザイン。ボディの素材は重厚感ある質感のステンレス製。
■定価:5000円(3色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す



5 (84票)
ステッドラー(STAEDTLER)

 
 創業:ドイツ 
 
世界に知れ渡る信頼の高品質。

1835年創業の筆記具・製図用品ブランド。鉛筆・万年筆・ボールペンと、筆記具の歴史と共に歩み続け、美しく精緻なつくりでプロアマ問わず愛用者が多い。
他ブランドよりも高価な印象だが、使えばその理由がわかるほど高い精度をもつ。

ステッドラーで人気の多機能ペン

steadtlerk1
 
アバンギャルド
大人の男性に向けて開発された最新の多機能ボールペン。グリップ部の絶妙なカーブにより、好みの太さを自由に選ぶことができる。
上質な雰囲気を醸し出す硬質アルミ軽合金製ボディに、2次メッキ加工を採用した製品名の文字など、その作りは繊細で美しい。4本目として蛍光オレンジが入っているのは、とても個性的。ペンケースとしても使えるメタル製ケース入。
■定価:3000円(3色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す

 
steadtlerk2
 
アバンギャルド・ライト
3種類のペンを装備しながら軽さと細さを追求。女性向けとして発売されたものですが、アバンギャルドに比べて一回り小さいことから「スリムな多機能ペン」を探している男性にも選ばれる。
グリップ部は筆記具では珍しいディンプル処理により、ほどよくカジュアルなデザインとなっている。
■定価:2000円(2色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す



6 (72票)
ゼブラ(ZEBRA)

 
 創業:日本 
 
こだわり派必見! 芯を自在に選んでカスタマイズ可能。

1897年日本最初の国産銅ペン先を製造・発売。以来、ロングセラーのハイマッキーやシャープペンシルとボールペンを1本にしたシャーボなど、業界のパイオニアとして新しい風を吹き込んでいる。

ゼブラで人気の多機能ペン

zebrak1
 
シャーボX LT3
2本のボールペン芯とシャープペンシルメカを自由にカスタマイズ可能と、フレキシブルな機能を備えたモデル。内部パーツの剛性を高め、筆記時のブレなどを低減することで、滑らかな書き心地を実現している。
軸径9.3mmのスリムボディを採用し、携帯性も良好。
■定価:3000円(2色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す

 
zabrak2
 
シャーボX プレミアム TS10
最高級のボディ&3種のボールペンを搭載し、2008年に誕生したハイエンドモデル。もちろん「シャーボX」のカスタマイズ機能は健在。特に高級筆記具志向のユーザーから支持されている。
■定価:1万円(3色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す

 
zabrak3
 
フィラーレ 2+S
3千円という価格でメタルボディの重厚感、カチカチ音がしないロータリー式が手に入る多機能ペン。優美なフォルムは男性・女性を問わず使用可能。
ボールペンには、ゼブラが5年かけて開発したエマルジョンインク(なめらかな書き味で濃い筆記線が味わえるインク)を搭載。
■定価:3000円(2色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す



7 (66票)
セーラー万年筆

 
 創業:日本 
 
技術力の高さと信頼性で、海外にも多くのファンを持つ。

1911年に広島・呉市創業した、100年以上の歴史を持つ老舗。国内初の金ペン先製造を始めたことや、日本初のボールペン製造でも知られる。
特長は何といっても多彩な種類が揃うペン先。なめらかで気持ちのいい書き心地は世界が認めるほど。

セーラー万年筆で人気の多機能ペン

sailork1
 
プロフェッショナルギア インペリアルブラック 4
持つ者に品格と風格を与える高級シリーズ「プロフェッショナルギア」の多機能モデル。マットなブラックボディ×ブラックポリッシュメタルは存在感・重厚感に溢れ、まさに大人の男にふさわしい1本。
■定価:5000円(3色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す

 
sailork2
 
ファシーネ3
やさしいカラーや丸みを帯びたフォルムが印象的な、女性用の高級多機能ペン。ホワイトとピンクゴールドのあしらいが大人可愛い女性らしさを演出。社会人女性・ビジネスウーマンな方へのプレゼントにも。
■定価:3000円(2色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す

 
sailork3
 
DAKSレジェンド3
握りやすい軸径と筆記バランスにこだわったハイエンドシリーズ「DAKSレジェンド」の多機能モデル。男女問わないユニセックスなデザイン。
■定価:5000円(2色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す



8 (65票)
パーカー(PARKER)

 
 創業:イギリス 
 
英国王室御用達の最高級品質。

1888年に創業して以来、常に筆記具のパイオニアとして時代に合った製品づくりをしているブランド。
それまで黒一色だった筆記具に鮮やかな色を取り入れた「デュオフォールド」など歴史的なペンを輩出し続け、年代を問わず世界中で愛用されている。

パーカーで人気の多機能ペン

parkerk1
 
ソネット オリジナル マルチファンクションペン
華奢なボディのエレガントなデザインはソネットならでは。高級感と機能性を兼ね備えているので、ビジネスシーンなどでも違和感なく使用することができる。レザーの手帳などとも相性抜群。
■定価:5000円(2色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す



9 (59票)
プラチナ万年筆

 
 創業:日本 
 
伝統を守りつつ斬新なモデルを開発。

1919年に創設者の中田俊一氏が万年筆事業に着手したことから始まった、日本を代表する万年筆ブランド。1957年カートリッジ式の万年筆を初めて実用化したネオスト'60を発売。

プラチナ万年筆で人気の多機能ペン

platinumk1
 
ダブル3アクション
繊細な彫刻をほどこしたロジウムメッキ×本革巻き、上品な輝きのスターリングシルバー製など、高級筆記具の風格を放つ多機能ペン。見た目は単機能なのに中身は3機能、「デキる男」に相応しい1本です。
■定価:1万円(2色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す

 
platinumk2
 
ダブル3アクション ポケット
ワイシャツやスーツの胸ポケットにも収まる「軸の伸縮機能」を備えた多機能ペン。110.5~127.5mmの間で長さの調節ができ、シーンに応じて使い分けられる。
内蔵された黒・赤のボールペンとシャープペンシルは、本体をひねることで切り替えが可能。アルマイト染色加工により、本体の耐久性も抜群。
■定価:3000円(2色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す

 
platinumk3
 
ダブル4アクション
オン・オフ問わず使えるスマートなデザインは、アルマイトサテン加工のアルミボディで程よく高級感も兼備。可愛いピンク、イエロー、スカイブルーなど、女性が使いやすい色もラインナップ。高級多機能ペンの入門にも最適。
■定価:3000円(3色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す



10 (54票)
ランスロット【ぺんてる】

 
 創業:日本 
 
高級感も機能性も優秀。実は「多機能ペン」の実力派。

「ランスロット」とは、アーサー王伝説に登場する円卓の騎士の1人のこと。最強にして最高の騎士と謳われたランスロットの名を冠し、2004年に日本の大手文具メーカー『ぺんてる』が設立した筆記具ブランド。
高級感と存在感のある、ビジネスパーソンにふさわしい筆記具を展開している。

ランスロットorぺんてるで人気の多機能ペン

penteruk1
 
多機能ペン ランスロット3
細身の胴軸にクロームメッキ仕上げを施した多機能ペン。スマートで精悍なデザインは、嫌味が無くどんなスタイルにもマッチ。ビジネス~普段使いまで幅広く活躍してくれる。
■定価:3000円(2色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す

 
penteruk2
 
スーパーマルチ8(ぺんてる)
イラストレーターや漫画家などのクリエイターで評判となり大ヒット! こちらは『ぺんてる』から発売されている、8種類の芯を1本で使えるペンケースいらずの筆記具。
芯は口金でしっかりと固定するので、安定した書き着心地が味わえる。又、製図用シャープペンシルをイメージした洗練されたグッドデザインもロングセラーを支えいている。
■定価:2500円(3色ボールペン+2色蛍光+シャープペンシル+PPCノンコピー+赤色)
>>Amazonで探す

 
penteruk3
 
ビクーニャEX1(ぺんてる)
手帳のペンホルダーに収まる「スリム軸」を採用したスマートなペン。1000円で回転式というのもウリのひとつ。手頃でちょっとイイ多機能を探している大学生にもおすすめ。
■定価:1000円(2色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す



11 (33票)
三菱鉛筆(uni)

 
 創業:日本 
 
「書き心地」にこだわるなら外せません。

1887年に鉛筆メーカーとして創業。uniブランドを確立し、最近ではクルトガやスタイルフィット、ジェットストリームなど最良の書き心地で老若男女問わない筆記具が人気。

三菱鉛筆で人気の多機能ペン

mitsubishik1
 
ピュアモルト(オークウッド・プレミアム・エディション)3機能ペン
適度な重量感と木肌の質感に、持つだけで喜びを感じる趣のある多機能ペン。ウイスキーの樽として50~70年以上使用されたオークで作られた胴軸は、手にさらりとなじむ独特の手触り。
趣き切り替えはノック式で、クリップ中央にあるボタンで解除する。
■定価:3000円(2色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す

 
mitsubishik2
 
ジェットストリーム 東急ハンズオリジナル
滑らかでしっかり書ける。書きやすさに定評のある低価格多機能ペンの金字塔「ジェットストリーム」と、東急ハンズがコラボレーションしたモデル。持ち手には間伐材を使用し、心地いい木の手触りが味わえる。4+1で機能性も高い。
■定価:1800円(4色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す

 
mitsubishik3
 
ジェットストリーム プライム 多機能ペン 3&1
クセになるなめらかな書き味「ジェットストリーム」シリーズのハイエンドモデル。ビジネスやフォーマルで使いやすい高級感のあるマット塗装、静かでスムーズに切り替えできる回転式。
■定価:5000円(3色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す



12 (20票)
ヘルベチカ【伊東屋】

 
 創業:日本 
 
何にでも合うシンプルイズベスト。

1904年、東京にて創業した文房具専門店『伊東屋』のオリジナルブランド。シンプルで飽きのこないデザインと、機能性を追求したデスクワークアイテムを提案しています。

ヘルベチカで人気の多機能ペン

hervaticak1
 
ヘルベチカ 多機能ペン 4in1
直径9.3mmの圧倒的にスリムなデザイン。芯の切り替えやボディがシンプルゆえ、胸ポケットにもフィットします。程よい重量感のある真鍮のボディは手になじみ、使いやすさも良好。
■定価:4000円(3色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す

 
hervaticak2
 
ヘルベチカ 多機能ペン
手帳のペンホルダーにもスマートに収まるスリムなサイズ(直径8.8mm)とシンプルなデザインで、年齢性別を問わず人気。真鍮製ボディには焼付塗装が施されており、落ち着きのあるマットな質感となっている。
■定価:3500円(2色ボールペン+シャープペン)
>>公式通販ページへ



13 (17票)
オート(OHTO)

 
 創業:日本 
 
見栄えのする1本をリーズナブルに。

1919年に創業した国内の文房具ブランド。ガチャックやニードルポイントが有名。芯自動繰り出し装置付きダブルノック機構のシャープペンシルなど、機能性を重視した筆記具に定評がある。

オートで人気の多機能ペン

ohtok1
 
マルチスマート4
ボールペン3色+シャープペンという4つの機能を搭載しながら、軸径8.7mmという細さ。さらに全長が短くコンパクトなサイズなので、ビジネスやプライベートなどあらゆるシーンに対応する。手帳用にだってもってこいです。
■定価:1500円(3色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す

 
ohtok2
 
マルチB-2+1
硬質かつ無骨……どこか男心をくすぐるメカニカルなデザインのマルチペン。“握り”にこだわった滑りにくさもウリ。
■定価:2000円(2色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す

 
ohtok3
 
カプセル4
多機能では珍しい2種類の黒ボールペン(0.5mm、0.7mm)を搭載。まるでブリキのおもちゃのような、味わいあるルックスもユニーク。
■定価:1800円(3ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す



14 (15票)
トライストラムス【コクヨ】

 
 創業:日本 
 
「欧州デザイン」と「日本の信頼性」を1つに。

1905年に黒田表紙店として開業。和帳の製造から始まりオフィス用品、文房具と幅広いジャンルを扱う国内メーカー『コクヨ』。トライストラムスは、そんなコクヨが展開するデザイン文具ブランド。

トライストラムスで人気の多機能ペン

trystramsk1
 
マルチペン SMOOTHSTYLE
余分なパーツや装飾を削ぎ落としたミニマルなボディに、切り替え操作機能を併せ持つクリップがアクセントとなった洗練されたデザイン。アクリルケースのパッケージなので贈り物にも最適です。
■定価:3000円(2色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す

 
trystramsk2
 
オロビアンコ マルチペン
メンズバッグの人気ブランド『オロビアンコ』とコラボしたマルチペン。おしゃれな遊び心を得意とするオロビアンコらしい、グラフィカルな手書きドリーイングをボディにプリント。
■定価:4500円(2色ボールペン+シャープペン)



15 (14票)
トンボ鉛筆

 
 創業:日本 
 
文房具大手の知恵と技術を結集。

1913年に鉛筆メーカーとして設立。写真修正用として作られた8900は不動の人気を誇る。デザイン性を重視した「デザインコレクション」は、海外でも注目されている人気ペンの1つとなっている。

トンボ鉛筆で人気の多機能ペン

tonbok1
 
ズーム L102
ボディの素材は厚さ0.4mmの強いアルミ管。機構部分にも軽量部品を採用するなど、本体を軽くする工夫を随所に施し「19g」という軽量化を実現。シャツの胸ポケットなどでも携帯しやすい。
■定価:2000円(2色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す

 
tonbok2
 
ルーチェ(LUCE)
ダブルの光沢塗装と金属クリップにより「ワンランク上の質感」を目指したモデル。“高級感”とまではいきませんが、1000円以下×安っぽいプラスチックむき出しからの卒業にベストバイ。
■定価:800円(2色ボールペン+シャープペン)
>>Amazonで探す



16 (9票)
アクメ(ACME)

 
 創業:アメリカ 
 
おしゃれな筆記具を追求する芸術家肌。

ハワイに拠点を置く『アクメ』は、チャールズ・イームズやフランク・ロイド・ライトなど世界的に著名な建築家や芸術家とのコラボレーションにより、ステーショナリーや腕時計、ネクタイなどを作り出すブランド。
世界に名高いクリエイターたちによるデザインを、身近なステーショナリーで楽しむことができる。

アクメで人気の多機能ペン

acmek1
 
7FP(7 ファンクションペン)
ボールペン、シャーペン、スタイラスペン(タブレット端末用)など、7つの機能を搭載した多機能ペン。直径わずか9mmと世界最細級デザインはかさばらず、社会人・ビジネスマンにとっても強い味方になってくれる。
また、世界的な建築家や芸術家が手がけた「個性的な色柄」を用意しているのも大きなポイントです。
■定価:8000円(3色ボールぺン+シャープペン+入力ペン)
>>Amazonで探す



Loading ... Loading ...




もっと見る

筆記用具


この記事を見た方は、こんなページも見ています
サイトの人気ページTOP5!

カテゴリ一覧



検索(アイテムで検索ができます)

最新の記事一覧

人気のカテゴリー






ジーンズ 人気ブランド(男性)

スタイル別 ブランド

  • ブランドプレゼント×アンケート

    プレゼントで貰って嬉しい、ブランド物といえば?

    • 腕時計 (33%, 1,638 票)
    • 財布 (25%, 1,225 票)
    • ネクタイ (14%, 718 票)
    • バッグ (13%, 655 票)
    • マフラー・ストール (9%, 444 票)
    • 名刺入れ (6%, 272 票)

    投票数は 4,952 です。

    読み込み中 ... 読み込み中 ...
ページ上部に