「人気モデル・基礎知識・歴史」の3本立て!

スニーカーブームの立役者であり、今やおしゃれスニーカーブランドの代表格となったニューバランス(NB)。

 

 

今回は

「1000番台や990番台って何?」
「人気モデルや歴史を詳しく知りたい!」

 

そんな方におすすめな記事となっています。

目次

スニーカー編

【1】人気モデル10選

【2】定番3シリーズの特徴

1-1.1000番台

1-2.990番台

1-3.500番台

【3】スニーカーのパーツと名称

【4】ソールの素材

【5】代表的なラスト(木型)

歴史編

【6】ニューバランスの歴史

【7】あの偉人たちも愛用

 

1.ニューバランスの人気モデル(10選)

雑誌掲載やセレクトショップ別注は当たり前!
ニューバランスを代表する人気モデルをご紹介。

人気モデル「早見表」

シルエットやデザインが一目でわかる、早見表です。
※↓ タップ(クリック)で拡大できる写真を表示。

ニューバランス人気モデル

 

 

【1】ML574

m574m

 

 定価:9900円~ 

 

 人気年齢層:高校生・大学生~30代 

 

世界で人気No.1!
優れた走行安定性を備えた「アンダー1万円モデル」

多くの名作モデルがあるニューバランスですが、一番人気を誇るのは意外にも574。ミッドソールにエンキャップを搭載するなど本格的な作りでいながら、お値打ちな価格を実現した「キング・オブ・スタンダード」といっても過言ではない存在です。

 

2018年にアップデートが図られ、専用の靴型「SL-2v2」に変更。今までよりつま先が若干シャープになり、踵もわずかに絞ることでホールド感をアップ。またアッパーのパーツを減らすことで、足当たりを改善。ミッド&アウトソールも、クッション性がより高まりました。

 

■ML574のコーデ

 

【2】M996

m996m

 

 定価:27,000円 

 

 人気年齢層:20代~40代 

 

細身のシルエットとレトロな雰囲気が魅力

900番台といえばまずこのモデルを思い浮かべる人も多い、900番台の定番モデル。
エンキャップとCキャップを組み合わせることで、革新的なクッション性を生み出し、当時から賞賛を浴びました。現在はカラーも豊富に展開。

 

■M996のコーデ

 

【3】M1300

m1300m

 

 定価:23,000円 

 

 人気年齢層:20代~30代 

 

1000番台の基盤たる絶対的マスターピース!

屈指の人気モデルであるM1300は、フラッグシップの1000番台の1stモデルとして1985年に誕生。エンキャップを初搭載することで、高い安定性とクッション性を高次元で融合し、ストレスのない履き心地。
いまもスニーカーフリークの憧れの的であり、そのプレミアム間のある履き心地とデザインは、まさにステータスシンボル。数年に1度復刻しする。

 

■M1300のコーデ

 

【4】M576

m576m

 

 定価:26,000円 

 

 人気年齢層:20代~40代 

 

街履きスニーカーとしても人気を博し、永久定番に!

こちらは「ML574」の兄貴分。1988年の登場から30年経った今でも親しまれている定番。もともとは「舗装路と悪路、双方の安定した走行」を目的に開発された、トレイルランにも対応するオフロード仕様として開発。ゆえにアウトソールは舗装路用よりもトレッドが深く、ヒール周りも比較的ガッシリとした作りになっています。

 

これらがゆったりめの木型「SL-2」と相まって、あのボリューミーなルックス生んでいるわけです。配色も独特で、ガチャっとした感じ。でも、それが絶妙のレトロ感につながっていて……というふうに、定番でいながら個性的なの
が574の奥深さ。

 

■M576のコーデ

 

【5】M1400

m1400m

 

 定価:27,000円 

 

 人気年齢層:30代~50代 

 

1300を色濃く踏襲するデザイン

1300に続き発表される予定だったものの、技術的に量産が難しく発売を断念。その後、再開発を経て1500より後の1994年に販売。
機能性とデザイン性を兼ね備えたMADE IN USAモデルの名品。デザインは1300がベースで、少しぽってりとしている。

 

■M1400のコーデ

 

【6】M1500

m1500m

 

 定価:28,000円 

 

 人気年齢層:20代~30代 

 

“チビN”の代表格といえばこのモデル!

当時の最先端技術「一体型ミッドソール」を初採用したランシューとして1989年に産声を上げ、現在はUKメイドで復刻。
ハイテク感の強いモダンなルックスが魅力で、サイドにレイアウトされた小さなNマーク(通称:チビN)も特徴的。

 

■M1500のコーデ

 

【7】M998

m998m

 

 定価:24,000円~ 

 

 人気年齢層:20代~40代 

 

トラディションと先進技術が共存

衝撃吸収性と反発性を装備したNBを代表するクッショニング素材、アブゾーブを900番台で初採用したのが998。
1993年に誕生し、アッパーの高さを抑えたフォルムとと先進テクノロジーの融合を印象付けた。

 

■M998のコーデ

 

【8】M990

m990m

 

 定価:25,000円~ 

 

 人気年齢層:大学生~30代 

 

900番台の口火を切ったオンロードスニーカー

M990といえば、NB自らが「1000点満点中990点」と、その性能の高さを広告でアピールしたことで有名なランニングシューズ。
落ち着いたデザイン&カラーリングに加え、機能性にも優れ、いつの時代もランナー、カジュアルユーザーの両方から高い評価を得てきた。

 

■M990のコーデ

 

【9】M997

m997m

 

 定価:24,000円~ 

 

 人気年齢層:20代~40代 

 

都会に溶け込むクールな佇まい

シャープなトゥとボリュームのあるミッドソールが特徴。M1500にて搭載された一体成型のエンキャップミッドソールを採用した初の900番台として高い歩行性能を誇る。
また、アウトソールのカカト部には耐摩擦性のある“XAR1000”カーボンを使用し、より無駄のない歩行をサポートする。

 

■M997のコーデ

 

【10】CRT300

crt300

 

 定価:8,300円~ 

 

 人気年齢層:10代~20代 

 

軽さ自慢のコートスタイルは定番化の予感

もとは1979年に登場したテニスシューズがベース。驚異的な軽さを誇るミッドソール REV LITE(レブライト)を搭載し、その頭文字を添えて2014年に復活。
他のランニングシューズ系に比べるとスレンダーな印象を受けるコートスタイル。

 

■CRT300のコーデ

 

【関連記事】ニューバランスの人気モデルランキング&着こなし方 >>

 

 

 

2.知っておきたい「定番3シリーズの特徴」

よく聞く、1000番台シリーズとか900番台シリーズって何?
ここではそれぞれの特徴とラインナップをご紹介。

※()内は発表年月

【1】 1000番台

ニューバランスの先進技術を投入する「フラッグシップシリーズ」

ニューバランスというブランドを象徴するフラッグシップモデルが展開されているのが、この1000番台。

エンキャップやアブソーブといった同社の誇るテクノロジーがいち早く搭載されてきたこと、またその風格あるアッパーデザインが、それを見事に証明しています。

m1300

M1300(1985年)

1985年に130ドルという驚愕のプライスで登場。エンキャップを初搭載することで、高い安定性とクッション性を高次元で融合した。現在もスニーカーフリーク垂涎のプロダクトとして、復刻モデルが大人気。

 

m1500

M1500(1989年)

本来、先に登場するはずだったM1400より以前に登場。衝撃吸収性に優れた新素材アブソーブを搭載し、アッパーに人工皮革を多用したことから前作のM1300と比較すると、かなりハイテクなイメージに。

 

m1400

M1400(1994年)

サンプル生産は可能だったものの、当時の技術では製品化が不可能だったM1400。しかし、特に日本からの強い要望があり、M1500の後に登場することに。M1300を継承する大き目のNマークが人気となった。

 

m1600

M1600(1994年)

アブソーブの搭載など前モデルのM1500を踏襲するスペック、デザインを採用したM1600。一体成型のポリウレタンミッドソールが組み合わされることで、優れたクッション性能を発揮した。

 

m1700

M1700(1999年)

アブソーブを全面に敷くことで、比類なきクッション性を確保したM1700。3万9000円という価格設定は当時のスニーカーフリークをおおいに驚かせたが、それに見合う高い機能性を有していた。

2000番台(21世紀以降の1000番台)

1000番台の系統につづく、21世紀以降にリリースされたモデルはすべて2000番台とナンバリングされている。

m2000

M2000(2001年)

アッパーに光沢のあるグレーの人工皮革を使うなど、ハイテクな雰囲気が感じられるプロダクト。
新たなクッショニングテクノロジーであるN-ERGY(エナジー)カートリッジをヒール部に初搭載。その高い反発性能は、それまでのNBのランシューとは異なる、新鮮な履き心地を提供してくれた。

 

m2001

M2001(2003年)

2003年に発表されたM2001は、N-ERGYカートリッジがアップデートされたことを受けてバージョンアップ。これによって衝撃吸収性、反発弾性が向上した。

 

mr2002

MR2002(2010年)

アッパーの補強剤には人工皮革を使用することが続いていたが、M1300以来、このモデルで久しぶりに天然のヌバックを使用。ラグジュアリーな雰囲気と高級感が感じられる1足に仕上がった。

 

m2040

M2040(2012年)

アウトソールにドレスシューズを思わせるステッチワークが施されるなど、重厚感が溢れるモデル。落ち着いたアッパーデザインはカジュアルシーンにもピッタリだが、高い走行性能も確保している。

 

m2040v2

M2040v2(2014年)

アッパー全面にヌバックを使用したM2040のアップデート版。ソールユニットはM2040を継承するが、ブランドを象徴するNマークなどもエンボス加工で表現しており、ドレッシーな装いにマッチする1足に。

 

 

 

【2】 990番台

高い走行性とカジュアルなルックスを融合した「オンロードシリーズ」

1982年に発表された1stモデルのM990が、一般的なランニングシューズなら数足購入できる価格設定ながら、良いモノには出費を惜しまないユーザーから高い支持を得ることに成功。
それ以来、ニューバランスの安定性とクッション性を高次元で融合した990番台のプロダクトは、ランニングシーンはもちろん、カジュアルファッションシーンにおいても人気を集めるシリーズとなった。

m990

M990(1982年)

安定性とクッション性の両立に成功した高機能ランニングシューズ。優れた走行性を確保したこのシューズの登場によって、業界内におけるニューバランスのポジションも飛躍的に向上した。

 

m995

M995(1986年)

M990の後を受けて1986年に登場した990番台シリーズ。衝撃吸収性と安定性が、さらにアップした。一時期、アルゼンチン製の復刻モデルが出回ったのもスニーカーマニアには懐かしい思い出。

 

m996

M996(1988年)

1988年にオンロードのランニングシューズとして開発され発売。エンキャップとCキャップが組み合わされ、クッション性が向上。以来、ニューバランスを代表するロングセラーモデルに。

 

m997

M997(1991年)

M996までは複数の層からミッドソールが構成されていたが、1991年に登場したこのモデルでは一体型のポリウレタン製となり、衝撃吸収性が大幅に上昇。アッパーには適度なハイテク感も感じられた。

 

m998

M998(1993年)

990番台シリーズで初めてアブソーブテクノロジーを搭載。類い稀なるクッション性を確保した。最近ではJ.クルー向けにスペシャルモデルがリリースされるなど、いまなお人気の高いモデル。

 

m999

M999(1996年)

ミッドソールは立体的なデザインを強調したタイプ。M999はアッパーデザインにもモダンなディティールをプラスするなど、前作と比べるとコンテンポラリーな雰囲気が多く取り入れられ、走行性もM998から大きくアップした。

 

m990-2

M990(1998年)

1998年にはちょうど品番が1周し、M990の名を使用することが2度目となるM990が登場。ヒール部分のアブゾーブがビジブル(可視)仕様となるなど、前作に増してハイテク感が感じられるものに。

 

m991

M991(2001年)

21世紀の幕開けとなる2001年に登場したM991。フォアフット(前足部)のアブゾーブがビジブル仕様となるなど、M990からのアップグレードが随所に確認できる。あのスティーブ・ジョブスが愛用したことでも知られる。

 

m992

M992(2006年)

2006年に登場したM992は、M991のスペックを基調にしつつ、機能面でのアップデートに成功。シュータンなどに特別のデザインを施した、ブランド創立100周年の記念モデルもリリースされた。

 

mr993

MR993(2009年)

カラーリングをはじめとするデザイン性とアブゾーブDTSなどの機能が巧みに組み合わされた2009年リリースのMR993は、トータルバランスに優れており、ランナーのニーズに応えた1足。990番台シリーズにおいて屈指のヒットモデルとなった。

 

m990v3

M990v3(2012年)

次モデルは994の品番が使用されるかと思われたが、M990の名を3度使用することに。アウトソールに発泡ラバーを採用するなど、大幅な軽量化を実現した。

 

 

 

【3】 500番台

活躍のシーンを山野からストリートへ拡大した「オフロードシリーズ」

山野などオフロードでの走行に対応したアウトソールを装備した1stモデルM575が登場したのは1987年のこと。落ち着いたカラーリングはランナーだけでなく、スニーカーフリークから注目されることに。
そして翌年リリースされたM576がさらなる人気を獲得すると、アッパーにスムースレザーやヌバックを使用したバリエーションが登場し、ストリートで大ブレーク。その後も500番台はファッションブランドとのコラボモデルに選出されるなど、人気を広げている。

m575

M575(1987年)

悪路でも高いグリップ性を発揮するために、深い刻みのアウトソールを装備したランニングシューズ。ネイビーなどを基調とした、落ち着いたカラーリングがスニーカーフリークからも支持を集めた。

 

m576

M576(1988年)

基本的にはM575を継承しており、その独特なボリュームあるつま先部分の形状やカラーリングが高評価を得て、ストリートシーンで大ヒット。ヌバックバージョンなど様々なマテリアルバージョンも登場。

 

m577

M577(1990年)

アッパーの一部に合成樹脂を使用することでフィット感を、さらにソールユニットの改良によりクッション性を、ともに向上。このソールユニットは日本主導で企画されたM576の通称“コードバンモデル”にも使われた。

 

m580

M580(1992年)

シューレースホールの上部に合成樹脂パーツを配すなど、アッパーデザインはM577に似ているが、ソールユニットはフルモデルチェンジ。衝撃吸収性や安定性といった、走行性能を高めることに成功している。

 

m585

M585(1995年)

M585はミッドソールのカカト部分にロールバーを設定することで着地時の沈み込みを防ぎ、卓越した安定性を確保。このソールユニットはミタスニーカーズとヘクティクによるMT580にも使用された。

 

 

 

3.スニーカーのパーツと名称

アッパーやベロってどこ?
そんな疑問を解決できる、スニーカーの名称をおさらいできます。
※ ↓ タップ(クリック)で拡大できる写真を表示。

スニーカー部位名称

出典:http://zozo.jp/

 

 

4.ソールの素材

履き心地の“かなめ”!
ニューバランスを代表するソールの素材をご紹介。

ABZORB(アブゾーブ)

 

均一に発泡するクッションフォームを採用し、優れた衝撃吸収性と反発弾性を併せもつクッション素材。列車の衝撃を吸収するハイテク材が開発のヒントになったとか。

 

C・CAP(シーキャップ)

 

エチレン、ビニール、アセテート樹脂を調合・圧縮したスポンジ状のEVA素材をさらに圧縮成型し、クッション性能の持続力を大幅に向上させた素材。軽量でクッション性抜群。

 

ACTEVA(アクティバ)

 

優れたクッション性で軽量、さらに耐久性をもつ、三拍子揃ったミッドソール素材。さらに「アクティバライト」「アクティバウルトラライト」が開発され、軽量化が進んでいます。

 

ENCAP(エンキャップ)

 

外側に耐久性の高いポリウレタン素材、内側にEVA素材を組み合わせたミッドソール構造。

 

REVLITE(レブライト)

 

「アクティバ」よりも約30%の軽量化に成功し、驚くべき軽さを誇る。フラッグシップシリーズを筆頭に、数多くのモデルに採用。

 

Fresh Foam(フレッシュフォーム)

 

ランナーのために開発された、最新テクノロジーがこちら。表面にハニカム状の凹凸をつけているのが特徴。凹部分は高いクッション性があり、凸部分はつぶれにくく、スムーズな重心移動を促進します。

 

 

 

5.代表的なラスト(木型)

NBのラストは大別して2種類。

ちなみにどちらも、トゥを圧迫せず自然な足運びを促すという設計思想は同じ、また伝統の宝刀たるアーチサポートのおかげで、ゆとりはあれどホールド感はしっかりしています。

やや細身な「SL-1」

ニューバランスのスダンダード的なラスト。ほどよいフィット感、すっきりとしたルックスはロールアップしたパンツとも相性良し。

■搭載モデル / M1500、M990、M996など

 

やや幅広な「SL-2」

ゆとりのある履き心地が特徴。適度なボリュームのあるルックスは、いま流行しているワイドパンツとも相性よし。

■搭載モデル / M1300、M1400、M576など

 

 

6.ニューバランスの歴史

※(右)創業者のウィリアム・J・ライリー氏

 

最初は矯正靴の販売から始まった

マサチューセッツ州を拠点とするニューバランス・アーチ・カンパニーは、1906年にイギリス生まれの実業家ウィリアム・J・ライリーによって設立。もとは整形外科用製品を販売していた企業で、アーチサポートや矯正靴を専門にしていた。

 

1934年、ライリーは同社製品の販売に携わっていたアーサー・ホールとパートナーシップを結んだ。ホールは警察官のような身体的にきつい仕事についている人たち向けのサポート製品を売ることで、シューズ部門にニッチ市場を切り開いていた。

 

ところが1950年代になると、ニューバランス製品の絶大な効果が評判となり、アスリートたちがオーダーメイドのシューズを求めてひっきりなしに連絡してくるようになった。その後、会社の経営はホールの娘とその夫ポール・キッドの手に委ねられた。ニューバランスが製造する運動用製品の量は急速に増加し、たちまちこのメーカーの主力製品となる。

 

 

※1961年に発売されたトラックスター

 

こうして1961年に発売されたのが「トラックスター」で、リップルソール(さざ波状のソール)をはじめて搭載した高性能のランニングシューズとして宣伝された。もうひとつの特徴は、靴幅の種類を豊富に用意したことだ。

 

1972年、キッド夫妻は起業家のジム・S・デイヴィスにニューバランスを売却し、現在のニューバランス社の体制が築かれる。1976年までにはまだ小さいながらもその名は世界的に知られるようになり、画期的なモデル「320」が『ランナーズ・ワールド』誌の賞で1位に輝いた。

 

 

 

今やランニングシューズとしてはもちろん、定番のファッションアイテムとしても欠かせない存在となったニューバランス。その歴史には、矯正靴メーカーを出発点とすたブランドならではの、足の構造・機能に対する深い理解をもとにしたノウハウが詰め込まれている。

 

ニューバランスと日本の深い関係

 

1985年発売「M1300」のソールが日本製であったことからも、日本の技術は高く評価されていた。そのきっかけとなったのは、1970年代に当時の月星化成(現:ムーンスター)に在籍していた倉田脩平氏(ニューバランスジャパン初代社長)が、ニューバランスの「320」がアメリカのランニング専門誌『ランナーズ・ワールド』で第1位の評価を受けたことを知り、知人に頼んで1足を入手することから始まる。

 

実物を手にした倉田氏は、アメリカ製にも拘らず甲周りのサイズでも選べるウイズサイジング効果で日本人の足にもフィットすることを確認。その軽量性、クッション性などの最先端テクノロジーを導入するため、渡米して、現ニューバランスUSA会長のジム・デービス氏に直談判したのだ。

 

それからしばらく経ち、完成した月星化製のシューズを受け取ったデービス氏はその場で履き、ランニングに出掛ける。デービス氏は、その作りに納得し、倉田氏は直接日本での製造許可をもらうこととなった。こうしてNBの日本展開がスタートし、現在に至る。

 

アメリカ製とイギリス製の違い

 

NBファンの間で聖地といわれてる生産地がある。それは米国、そして英国。じつはこの両国の違いは素材選びにあるという。米国は専用ラボを設けて、日夜最先端の技術を研究するなど、同社の進化の中核を担っていることからわかるように、素材も“スポーツ”を感じさせるものが多い。

 

対して英国は、通常スポーツシューズには使われないような、上質なレザーなどを採用しているモデルも多いのが特徴。そんな違いまで味わうのも、NBならではの楽しみ方。

 

■イギリス製のモデル / M1500、M576、CT576など
■アメリカ製のモデル / M1400、M990、M998など

 

 

7.あの偉人たちも愛用

出典:https://fashionmarketingjournal.com/

 

アンディ・ウォーホル「730」

ポップ・アートの旗手を支えたのは、スウェードアッパーを採用したランニングモデル。特にバーガンディーを好んで履いていました。1982年公開の映画『トッツィー』で、本人役で「730」と共に登場しています。

 

スティーブ・ジョブス「M991」

nbjobs

アップル創始者の足元には常にこのモデルがありました。イッセイミヤケのタートルニットにリーバイスのジーンズ、そしてニューバランスの「M991」。飾らず、快適な靴を求めた結果として選ばれた一足だったようです。

 

 

ビル・クリントン「M1500」

nbclinton

M1500を履いて大統領戦を戦い、見事勝利したことは、あまりにも有名。その姿が多くのメディアに取り上げられ、当時のエグゼクティブに絶大な宣伝効果を促したともいわれている。

 

ラルフ・ローレン「M1300」

nbralf

伝説のファッションデザイナーが愛用し、「まるで雲の上を歩いているようだ」と絶賛。圧倒的な履き心地を生むミッドソールテクノロジー、「エンキャップ」を初めて搭載したモデルとしても知られています。

 

バラク・オバマ「M990・M993」

nbobama

初の黒人大統領となった第44第アメリカ合衆国大統領もニューバランスの愛用者。M990やM993のバージョン3を履いてジョギングをする場面が度々激写されている。

 

 

こちらの記事もおすすめです。

『ニューバランスも上位にランクイン!』メンズスニーカーの人気ブランドランキング。

記事の続きを読む »

『タウンユースからランニング・アウトドアまで!』スニーカーブランド全部見せ。

記事の続きを読む »

『最近流行りのスニーカー通勤に最適!』選び方やブランドのご紹介。

記事の続きを読む »

 





もっと見る

スニーカー


サイトの人気ページTOP5!

カテゴリ一覧



検索(アイテムで検索ができます)

最新の記事一覧

人気のカテゴリー






ジーンズ 人気ブランド(男性)

スタイル別 ブランド

  • ブランドプレゼント×アンケート

    プレゼントで貰って嬉しい、ブランド物といえば?

    投票結果だけ見る

    読み込み中 ... 読み込み中 ...
ページ上部に