ニットブランド

 

ワンランク上のニットウェアが揃う、人気のニットブランド15選。

春なら明るいカラーで、秋なら深みのあるカラーで、冬なら重ね着として、ほぼ一年中使われるニットアイテム。

 

今回はニットアイテムが指名買いされる、上質なカーディガンやニットで有名な15ブランドを元にした、ニットの人気ブランドランキングTOP15(アンケート投票結果)を発表しています。

目次(もくじ)

1.使い勝手のいい「定番3大ニット」

2.ニットの人気ブランド15選(ランキング順)

■1位:ジョンスメドレー

■2位:クルチアーニ

■3位:ザノーネ

■4位:ドルモア

■5位:ブルネロ クチネリ

■6位:ドリュー&コー

■7位:コルシーニ

■8位:バトナー

■9位:スローン

■10位:991

■11位:グランサッソ

■12位:ユニクロ

■13位:ポロ ラルフローレン

■14位:ブルックス ブラザーズ

■15位:マックロレーン

 

3.自宅でできる「ニットの洗濯&お手入れ方法」

 

 

使い勝手のいい「定番3大ニット」

この3つはブランド問わず絶対候補!
今年らしさと使い勝手のよさを考慮した、着まわしの利く3着をセレクトしました。

 

カーディガン

 

カーディガン

カーディガンは着こなしの変化をつけやすいのが魅力。差し色として、またレイヤードのアクセントとして大活躍してくれます。春秋のアウターとしてはもちろん、インナーとしても重宝します。

 

 

クルーネック

 

クルーネックセーター

クルーネック(丸首型)は、シャツの上に重ねたり、アウターのインナーに使ったり1着あると何かと便利で、ビジネス・カジュアルを問わず人気。ちなみにVネックは知的に見えるので、スーツのインナーやキレイめなどに好相性。

 

 

タートルネック

 

タートルネックセーター

ネックが首に密着して高くなったセーターで、昔は“とっくり”と呼ばれた時代も。2年ほど前からメンズ・レディースともに人気が再燃。おしゃれニットのひとつとして復権しました。

知っておきたい「ゲージ」の違いと特徴

 

ニット ゲージの違い

 

「ゲージ」とは編み目の大きさのことで、ファッションでは主にハイゲージ、ミドルゲージ、ローゲージの3種類に分けられます。※ハイ(高い)ほどきめ細かく編まれており、ロー(低い)ほどざっくりと編まれています。

 

■ハイゲージ
きめ細かく編まれておりツルッとした風合いで上品。そのためビジネスやキレイめに重宝します。

■ローゲージ
ざっくりと編まれていてホッコリとした風合いでラフ。そのためカジュアルシーンに重宝します。

■ミドルゲージ
その中間で、どちらでもいける万能さがあります。

 

 

ニットの人気ブランド(ランキングTOP15)

 投票期間:2018年9月25日~2014年10月13日 
●総投票数:838票
1 (204票)
ジョンスメドレー(JOHN SMEDLEY)

 
公式サイト:http://www.johnsmedley.jp/

 創業:1784年 / イギリス 

 価格帯:30,000円~35,000円 

【大手セレクトショップも取り扱う定番】
高品質のメリノウールを使用した「ファインゲージニットウェア」をメインとするイギリス発のブランド。

どのニットウェアも上品で知的なデザインが持ち味。厳選した牧場と直接契約を結ぶことで、極上の素材(ウール)を取り扱っています。

【取り扱いセレクトショップ】BEAMS、FREAK'S STORE、JOURNAL STANDARD 等

代表的なニットアイテム

ジョンスメドレーニット1
出典:http://lea-mills.jp/

雑誌掲載など日本での人気も高い24ゲージのタートルネックセーター。きめ細やかで肌触りの非常に良いメリノウールを100%使用。
【価格:34,000円】
ジョンスメドレーニット2
出典:http://lea-mills.jp/

シャツINはもちろん、最近はカットソー感覚でジャケットに合わせる方も多いVネックニット。30ゲージというハイゲージに編まれた上品な着用感はオン・オフを問わず活躍。
【価格:31,000円】

ジョンスメドレーニット3
出典:http://lea-mills.jp/
「ジョンスメドレー定番の1つ」として有名なポロシャツの長袖タイプ。1枚でもジャケットとの相性も良いクラシカルな佇まいが魅力。
【価格:34,000円】 

ジョンスメドレー×ニットの着こなし7選

出典:http://i7.wimg.jp/



2 (166票)
クルチアーニ(Cruciani)

 
公式サイト:http://www.cruciani.jp/

 創業:1966年 / イタリア ペルージャ 

 価格帯:38,000円~100,000円 

【世界が認めるニットの最高峰】
最高級の素材のみを使用した「モダンで洗練されたニットコレクション」を展開し続けるイタリアブランド。

展開するニット製品は全てタイト&フィットが基本。身体にぴったりとフィットするシルエットは、まるで上質なオーダースーツのようなフィット感と動きやすさを実現。

ここ数年は女性を中心に「刺繍のブレスレット」でも人気を博している、そんな一面もあります。

代表的なニットアイテム

クルチアーニニット1

毎年の定番として知られる27ゲージのタートルネックニット。きれいめなカジュアルユースからビジネスユースまで幅広く使える万能さも魅力。
【価格:38,000円】

クルチアーニニット2

タイトフィットに加え、首元に太目のリブを施したVネックセーター。大人のカジュアルなコーディネートにもベストマッチします。
【価格:38,000円】

クルチアーニニット3

風合いもサイジングも絶妙。ワッフル地のようなミドルゲージニットジャケット。シャツを合わせるだけでエレガントなキレイめ系に仕上がります。
【価格:100,000円】

クルチアーニ×ニットの着こなし7選



3 (129票)
ザノーネ(ZANONE)

 
海外公式サイト:http://www.slowear.com/

 創業:1986年 / イタリア 

 価格帯:30,000円~45,000円 

【卓越した機能性素材も有名】
最新技術と伝統を重んじるイタリアのニットブランド。名作と呼ばれ続けるニットブルゾン「KYOTO」をはじめ数々の人気ニットウェアを展開。

さらに軽くて肌触りの良いフレックスウール、カシミアシェード、アイスコットンなど機能性の高い独自の糸を保有しています。

【取り扱いセレクトショップ】アローズ、シップス、ビームス

代表的なニットアイテム

ザノーネニット1
出典:http://www.tokyolife.co.jp/

ザノーネといえばコレ!というくらい有名かつ王道のニットブルゾン。素材は適度な厚みのあるミドルゲージ。寒い時期にはジャケットやコートを羽織ればOK。
【価格:45,000円】

ザノーネニット2
出典:http://www.tokyolife.co.jp/

隠れた名品と言われているミドルゲージのタートルネック。どんなスタイルにも合わせやすく、ボトムはジーンズからチノ、スラックスまで幅広く対応。汎用性は抜群に高いです。
【価格:35,000円】

ザノーネニット3
出典:http://www.tokyolife.co.jp/

ニットの定番であるスッキリとしたシルエットのVネックカーディガン。計算されたVゾーン、上質なウール、高級感のある黒蝶貝ボタンなど、細部にまでこだわった1着。
【価格:30,000円】

ザノーネ×ニットの着こなし5選

出典:https://jp.pinterest.com/

MORE...

ザノーネ



4 (83票)
ドルモア(Drumohr)

出典:http://www.beams.co.jp/

日本直営店:http://drumohr.tokyo/

 創業:1770年 / イギリス スコットランド 

 価格帯:40,000円~70,000円 

【世界最古のニットブランド】
200年以上の歴史がある、英国王室御用達(ロイヤルワラント)の称号を持つ老舗ニット専業ブランド。

「クオリティ・シルエット・ディティール」全てにこだわり、最高の着心地とフィット感を約束してくれます。現在はイタリアに生産拠点を移し、クオリティだけでなくトレンドも盛り込んだニットウェアを展開。

代表的なニットアイテム

ドルモアニット1
出典:http://www.cinqueclassico.com/

世界最高品質のウールと称される「スーパージーロン ラムズウール」を使用したタートルネック。トレンドのケーブル編みは1枚で着ても表情豊か。重厚感のあるローゲージも持ち味です。
【価格:40,000円】

ドルモアニット2
出典:http://www.cinqueclassico.com/

貴重な素材であるベビーアルパカを素材に使用したセーター。モヘアのような風合いとクラシックなチェック柄が絶妙にマッチした1着。
【価格:40,000円】

ドルモアニット3
出典:http://www.cinqueclassico.com/

春夏シーズンに活躍するコットン100%のジャケット。伸縮性の高い編地「ミラノリブ」仕立てで動きやすさも良好。流行に左右されませんので1着持っておけば非常に重宝します。
【価格:55,000円】

ドルモア×ニットの着こなし5選



5 (75票)
ブルネロ クチネリ(BRUNELLO CUCINELLI)

出典:

公式サイト:http://boutique.brunellocucinelli.com/

 創業:1978年 / イタリア 

 価格帯:250,000円~400,000円 

「スポーツシックラグジュアリー」をコンセプトとするブルネロ クチネリは、ニットウェアをメインとするイタリア発のブランド。
中でもカラーカシミアを使用したニット製品(ストールやコートなど)が有名です。

代表的なニットアイテム

ブルネロ-クチネリニット1

「クラシックなシングルブレストジャケット」をエレガントに表現したニットジャケット。素材はピュアカシミア100%。
【価格:380,000円】

ブルネロ-クチネリニット2

重ね着はもちろんジャケット代わりにもなる適度な厚みのあるカーディガン。こちらも素材はピュアカシミア100%。
【価格:340,000円】

ブルネロ-クチネリニット3

シンプルな丸首セーターですが、グレー×ベージュのモダンなバイカラーで表現。カジュアルスタイルにも程よくマッチします。
【価格:250,000円】

ブルネロ クチネリ×ニットの着こなし5選



6 (35票)
DREW & CO.(ドリュー&コー)

出典:http://www.tremezzo.jp/

 創業:2014年 / イタリア 

 価格帯:40,000円~65,000円 

幼少の頃からニットに携わり続けてきた「アンドレア・アンドレオ」氏が手がける新進気鋭のニットブランド。

イタリアブランドでありながら、古きよきアメリカンヴィンテージをインスパイアしたニット製品を展開。他とは違うアメトラ風味のスタイルは必見です。

代表的なニットアイテム

ドリュー&コーニット1
出典:http://www.gloryguy.jp/

一歩差をつける、タキシードジャケットを着想したエレガントなショールカラーニットジャケット。凹凸のある編みとメタルボタンが絶妙な塩梅。
【価格:65.000円】

ドリュー&コーニット2
出典:http://www.gloryguy.jp/

羽織るだけでラグジュアリーな装いに仕上がるガウンデザインのニットジャケット。着丈は適度に短く、外出着としても使いやすい仕上がり。
【価格:66.000円】

ドリュー&コーニット3
出典:http://www.gloryguy.jp/

ジャケットの名門ブランド「ラルディーニ」のニットジャケットも手がけたブランドだけに、その雰囲気を取り入れたダブルブレストニットジャケット。ジェットランドの風合いとメタルボタンのヴィンテージ感。
【価格:43.000円】

ドリュー&コー×ニットの着こなし5選

出典:http://www.tremezzo.jp/



7 (27票)
スローン(SLOANE)

出典:http://www.sloane.jp/
 
公式サイト:http://www.sloane.jp/

 創業:2016年 / 日本 

 価格帯:17,000円~36,000円 

■お揃いOK。ユニセックスで着用できるのもウリのひとつ。
幅広いコーディネートに重宝する「ベーシックで上質なニットウェア」を手がけるスローンは、2016年に誕生した日本の気鋭ニットブランド。
日本生産にこだわり、無駄を削ぎ心地よさを突き詰めたニットコレクションは、まさに新定番。流行に左右されず、飽きることのない一着が揃います。

こんなニットアイテムが売っています!

スローン1

昨年シーズン人気を博した天竺二重編みセーターが、ウールポリエステルから今季はコットンポリエステルになって登場。
綿ゆえの素朴なリラックス感と、化繊ならではのスポーティな張りと肉感が同時に味わえる新しい一着です。
【価格:25,000円】【日本製】

スローン2

さらりと着れるベーシックなVネックニット。素材は7ゲージコットンで、前身頃に凹凸感を出しアクセントをプラス。
シャツのオントップや1枚でも様になるオールマイティさで人気を博しています。
【価格:21,000円】【日本製】

スローン3
 
見た目からも上質感が伝わる「シルク100%」のカーディガン。極上の滑らかさと暖かさを備えたシルク糸はハイゲージで編み上げられ、生地にマッチしたきめ細かくスムースな表情へ。
ビジネスカジュアルから休日まで幅広く活躍します。
【価格:31,000円】【日本製】



8 (26票)
コルシーニ(corsini)

出典:http://www.corsini.jp/
 
公式サイト:http://www.corsini.jp/

 創業:1981年 / 日本 

 価格帯:12,000円~25,000円 

■まるで肌着。カシミアのように滑らかな極細ハイゲージニットのパイオニア。
1970年代、イタリア・シエナに生まれたコルシーニ。1981年に日本国内でのライセンス契約を結び、イタリアのハイセンスな感性と、日本の技術力を融合した国内ニットブランドへと進化。
イタリアゆずりのラテンな華やかさと、日本ゆずりの緻密なモノ作りの精神が融合した新生ニットブランドとして、「TETE HOMME」「ADPOSION」など主要セレクトショップからも熱い注目を浴びています。

こんなニットアイテムが売っています!

コルシーニ1
 
■メンズクラブ掲載
カシミアと同等の極細高級原毛「ウルトラスーパーファイン・ウール」を使用したベーシックな丸首ニット(セーター)。
本来高級服地に使用する原料を、ニットに仕上げているのが独特な着心地を生むポイントに。しなやかさを極めたタッチゆえ、1枚でも重ね着でも一年中快適に着用できます。
【価格:17,000円】【日本製】

コルシーニ2

■Safari掲載
着まわし抜群で末永く使えるのが嬉しい。こちらも日本に数台しかない専用織機で編みたてた「ウルトラスーパーファイン・ウール」のカーディガン。
ウール100%ながら素肌に着てもチクチクしないシルキーな肌触り。ベーシックなデザインゆえどんな着こなしにも使えますし、全16色という圧倒的なカラーバリエーションも魅力。
【価格:18,000円】【色はオレンジ・黄色(マスタード)・ピンクなど色物も豊富】【日本製】

コルシーニ3

■Begin掲載
高級スーツにも採用されている「SUPER140s」を使った上品な光沢感が艶っぽい、ハイゲージのタートルネックセーター。
肌の一部のようになじむ優しく心地よい包容感はまさに贅沢の一言。品良く知的に見え、『タートルネック1枚スタイル』に差をつけます。
【価格;16,000円】【日本製】



9 (21票)
バトナー(BATONER)

出典:http://www.batoner.com/
 
公式サイト:http://www.batoner.com/

 創業:2013年 / 日本 

 価格帯:5,800円~20,000円 

■半世紀のキャリアを活かしてついに創業!
世界の主要メゾンを支えてきた、1951年創業の実力派ニットファクトリーが、満を持して2013年にスタートさせた日本のニットウェアブランド。
今や消えつつある伝統的な手法をあえて継承し、古きよき味わいをモダンに昇華させたニットアイテムは、特に人気が高くメディアでも話題に。雑誌掲載は「Begin」「LEE」など男女を問わず掲載。

こんなニットアイテムが売っています!

バトナー1

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で津崎平匡(星野源)さんが着用したことでも話題をさらったクルーネックニット。
こちらは編み目がキレイに表現されるよう「減らし目」技法を用いた定番セーターで、肩まわりに柔軟な可動域をもつだけでなく、見た目も個性的かつアーティスティック。
【価格:20,000円】【日本製】

バトナー2

綿100%で編み上げた滑らかな肌触りが特徴の、夏の定番ニットポロシャツ。
やわらかなニットの表情に合わせ、大きめの襟と袖口のデザインで「優しげなルックス」に仕上げています。
【価格:18,000円】【日本製】

バトナー3
 
表に飽きのこないベーシックな「ケーブル編み」、折り返し部分にフィット感のある「リブ編み」の2つの機能性と表情をもつ、ニット専業ならではのこだわりが詰まったニット帽(ニットキャップ)。
一般的なものよりも”こなれた感”があり、きれいめにもカジュアルにも使えます。
【価格:5,800円】【日本製】



10 (18票)
991(キューキューイチ)

出典:http://www.991.co.jp/
 
公式サイト:http://www.991.co.jp/

 創業:2016年 / 日本 

 価格帯:15,000円~95,000円 

■初年度から早速「ユナイテッドアローズ」で取り扱い開始!
山形県寒河江市にある国内ニットメーカー『佐藤繊維』が2016年に立ち上げたニットブランド。モノ作りのこだわりを凝縮したベーシックなコレクションが魅力。
社長であり糸作家でもあるサトウマサキ氏を中心に、自社の膨大なノウハウと斬新な感性を組み合わせたニットウェアは、早くも世界各国から注目されています。

こんなニットアイテムが売っています!

991_1

カシミア繊維よりも細く、繊細でやわらかな肌触りのウールを原料としたニット。こちらはエルボーパッチつきで、1枚でもカジュアルに着こなせるもの。
そしてココンチらしく人体の動きを考慮して袖はあえてリンキングを採用した念入り仕立て。
【価格:38,000円】【日本製】

991_2

まるで高級ジャケットのように体にフィットする「立体パターン」を採用したニットジャケット。
一度素材を洗ってから成型しているので、着用し続けても型崩れしにくいのも特徴。他のニットジャケットとは一味も二味も違います。
【価格:95,000円】【日本製】

991_3
 
暖かみのあるキャメル糸をケーブル編みでゆっくりと丁寧に編み上げたニットキャップ。
太めの編み地が深い表情を生み出し、リラックスしたテイストを加速。
【価格:15,000円】【日本製】



11 (16票)
グランサッソ

 
 創業:1952年 / イタリア 

 価格帯:20,000円~48,000円 

■洒落者ほど食指が動く、グランサッソ流“ヒトクセ”。
1952年にイタリアの小さな村(サンテジーディオ・アッラ・ヴィブラータ)から始まり、現在はイタリアで最も大きなファクトリーを所有するまでに成長したニットブランド。
イタリアらしい細身・発色・高品質はもちろんのこと、グランサッソはエッジを効かせた「ヒトクセ」あるデザインが魅力。

グランサッソで人気のニット

グランサッソ ニット

「ヴィンテージ(ガーメントダイ)」シリーズ
ニット生地に“アタリ”をつけたようなヴィンテージ加工を施したシリーズ。プレーンなニットとは違った抜け感、こなれ感が備わり、1枚でも俄然おしゃれに見える定番。
【価格:24,000円~】

グランサッソ ニット1

「ニットジレ」シリーズ
ニット素材ゆえ、一般的なジレよりもカジュアルな雰囲気でまとめることが可能。シャツに羽織るもよし、ジャケットにINするもよし、大人の休日スタイルに重宝します。毎年発売。
【価格:26,000円~】



12 (12票)
ユニクロ

 
 創業:1949年 / 日本 

 価格帯:2,990円~4,990円 

■服好きなら知っている「1万円以上に見える名品ニット」が存在。
ニット専業でもなんでもないですが、雑誌で絶賛される「隠れ名品ニット」があるユニクロ。
もちろん価格は3000円~とリーズナブル。高校生・大学生はもちろん、安くおしゃれしたいパパにもおすすめです。また、色展開が豊富なので、派手カラーで差し色にしたいときにも重宝します。

ユニクロで人気のニット

ユニクロ ニット

「エクストラファインメリノ」シリーズ
こちらが雑誌で絶賛されている、極細メリノウールをハイゲージで編み上げたシリーズ。
美しい光沢感と上品な風合いが特徴で、ビジネスカジュアルやキレイめと好相性。一言でいうとジョンスメドレーっぽい雰囲気です。
【価格:2,990円~】

ユニクロ ニット1

「プレミアムラム」シリーズ
昔からあった「ラム」シリーズが、名称を変更してグレードアップ。編み地を細かくすることで、不快なゴワゴワ感・もっさり感を低減。よりクリーンな表情になり使いやすさもUPしています。
【価格:2,990円~】

ユニクロ ニット2
 
「カシミア」シリーズ
“カシミアが1万円で買える”のがウリ。滑らかな肌ざわりで保温性も高い贅沢な1枚。ただ、ユニクロでは高価格帯ゆえか毎年セール品となるので、あまりおすすめはできません。
【価格:9,990円】



13 (11票)
ポロ ラルフローレン

 
 創業:1967年 / アメリカ 

 価格帯:15,000円~49,000円 

■何気なく装えて、さり気なく着映えする。
数々のマスターピースと呼ばれるに相応しい傑作・名作・定番をもつポロ ラルフローレン。秋冬に大活躍するニットは定番のケーブルから贅沢なカシミアまで種類豊富に揃う。

ポロ ラルフローレンで人気のニット

ポロラルフローレン ニット
 
■コットンケーブルニット
本物のケーブル編み(ツイスト部に鉛筆が通る隙間があるのが本物の証)にこだわった、リピート買いが多い人気アイテム。
定番のコットンニットでビビッドカラーとペールトーンの2タイプを用意。差し色はもちろん、肩掛けや腰巻きなどアクセサリー的な使い方にも。
【価格:1万7000円】

ポロラルフローレン ニット2
 
■ベア柄クルーネック
著名人も愛用するポロベアニットは、コレクターも多い人気のアイテム。ベアの衣装は毎年異なり、今期はダブルのタキシードにボウタイを締め、ボトムスはダメージデニムという出で立ち。
【価格:4万9000円】

ポロラルフローレン ニット3
 
■ローゲージ モックタートル
アルパカを混紡した毛足の柔らかなニット。ミックスニットのローゲージという、抜け感のあるリラックスした佇まいは、さらりと一枚で着るのもいい。
【価格:2万9000円】



14 (9票)
ブルックス ブラザーズ

 
 創業:1818年 / アメリカ 

 価格帯:18,000円~58,000円 

■ニットの質で勝負する王道アメトラブランド。
ブルックスブラザーズは、セーターを長年に渡って作り続けてきたアメトラの老舗。特に糸へのこだわりは特筆モノで、わざわざイギリスやイタリアの老舗ニットメーカーから発注したものを使用。
そんなニットは、ひと目で上質とわかり、一枚着で自信をくれます。

こんなニットが売っています

ブルックス ブラザーズ ニット
 
■ラムズウール ケーブル セーター
1766年に英国で創業したヤーンメーカーのラムズウール糸で編まれたケーブルニット。シャツをINしてもゴワつかず、適度なゆとりを備えたスリムシルエットも魅力的。
【価格:1万8000円】

ブルックス ブラザーズ ニット2
 
■ブレーマー ウール セーター
スコットランドの老舗ニットメーカー「ブレーマー社」が、同ブランドのために糸から作ったニット。断トツの高級感を醸し出す美発色は、“高級ニットのお手本”ともいうべき一枚。
【価格:4万9000円】

ブルックス ブラザーズ ニット3
 
■ドネガル ウール セーター
これ一枚で着こなしが十分キマる存在感。野暮ったく見えないのは上品な発色・風合いを持つイタリアの毛糸ならでは。
【価格:2万2000円】



15 (6票)
マックローレン

 
 創業:1962年 / イギリス 

 価格帯:18,000円~50,000円 

■「懐かしい表情」と「今っぽいシルエット」が見事に共存。
1962年にスコットランドで創業。90年代に経営難からイタリアの高級ニットメーカー「DRATEX SRL」に買収されましたが、その歴史と技術は引き継がれています。
そんなマックローレンは、伝統的なハンドメイドによるレトロな風合いをベースに、現代的なフィッティングを取り入れた“古さと新しさが共存するニット”が特徴。

マックローレンで人気のニット

マックローレン ニット

「ダブルブレスト」
いわゆるダブルジャケットタイプ。クラシカルな表情で、メタルボタンもほどよい塩梅に。今年はメンズ・レディースともに“ダブル”が流行のひとつだけに、トレンドも装えます。
【価格:26,000円】

マックローレン ニット2

「チルデンVネック」
雑誌「LEON」でも紹介されたチルデンVネックニット。スポーティでありながらもどこか愛らしい表情。肩ヒジ張らない休日に最適です。
【価格:28,000円】



Loading ... Loading ...

おしゃれなセーターの着こなし10選

おしゃれなカーディガンの着こなし10選

 

 

 

2.自宅で「ニットの洗濯&お手入れ方法」

気に入っているニットを長く着たい人は必見!
難しいようで実は意外と簡単な、自宅で手洗いする方法を解説しています。

ステップ1.正しい洗濯表示を知る

家庭で洗濯する前に、まずはタグに書かれた洗濯表示をチェック。確認を怠ると色落ちや縮みの原因に。
洗濯表示は平成28年12月から新しいものに変わったので要注意!

 

※↓ タップ(クリック)で拡大できます。

新洗濯表示

 

旧洗濯表示

 

ステップ2.手洗いのしかたを学ぶ

汗をかいたときや、シミがついてしまったときは自宅で手洗いしましょう。たらいや洗面器がない場合は、洗面台のシンクで洗うこともできます。所要時間は1枚につき30分程度です。

 

洗濯液を作る

 

1.洗濯液を作る

まずは洗濯表示を確認。指定の温度のぬるま湯をたらいに用意する。水4Lに対して洗剤を10ml投入し、しっかり混ぜる。

 

 

押し洗いする

 

2.押し洗いする

ニットを入れ、軽くやさしい力で押し洗いする。時々持ち上げて、洗濯液をしっかりと浸透させる。揉んだり、擦るのはNG!

※洗濯機で洗える場合は、畳んでネットに入れ、ドライや手洗いコースを選びましょう。

 

 

軽く絞る

 

3.軽く絞る

約2~3分押し洗いをしたら、一旦軽く絞る。たらいの中の汚れた水を捨て、キレイな水に入れ替えて、すすぎへ。

 

 

すすぐ

 

4.すすぐ

泡立ちが消えるまで、洗うときと同じようにやさしく押しながらすすぐ。泡立ちが消えるまで繰り返す。キレイな水を流しながら行うと◎。

 

 

柔軟剤を入れる

 

5.柔軟剤を入れる

すすぎの後、再びぬるま湯をたらいに張り、柔軟剤を入れてよく混ぜる。柔軟剤は洗濯の量の半分~同じくらいの分量に。

 

 

5分以上おく

 

6.5分以上おく

柔軟剤をしっかりと浸透させるために5分以上おく。時間をおくほど、ふっくらとした仕上がりになります。

 

 

脱水する

 

7.脱水する

柔軟剤はそのままニットに残すため、すすぎは不要。水を切って手で絞って脱水する。硬く絞りすぎるとシワがついてしまうので注意。

※たたんでネットに入れ、洗濯機で30秒~1分以内で脱水してもOK。

 

 

シワをとる

 

8.シワをとる

乾かす前にシワを手で叩いてとる。特に薄手のニットは袖などにもシワがつきやすいので丁寧にやさしく叩いてシワをとっておく。

 

 

ブラシをかける

 

9.ブラシをかける

続いて洋服用のブラシで毛の流れを整える。このひと手間を加えることで、乾かしたときの仕上がりがふっくらするので念入りに。

 

 

ニットを干す

 

10.干す

平干し用のネットの上に形を整えて干す。洗濯表示に従って日なた、または陰干しにし、しっかりと乾かせば洗濯完了です。

※平干し用ネットがない場合はバスタオルの上で乾かす。途中で表裏を返して。

 

3.よくある「ニットのお手入れ方法Q&A」

Q.毛玉ができてしまったときの対処法は?

ニット毛玉取り

 

A.毛玉取りブラシを使うのがベター。

繊維の方向に沿って毛玉取りブラシでやさしくブラッシングするのが一番安心。素材によって毛の粗さが違うものを使い分けるのがおすすめです。

※「T字カミソリ」でも代用できます。ニットを平らな場所に置き、表面をやさしくなでるように滑らせると、きれいに毛玉だけが取れます。

 

Q.焼肉屋の煙のニオイが取れません。

A.風通しのよい場所や空気清浄機の近くなどに1日~数日間干す。

焼肉の煙やタバコのニオイは、風を通すことで次第に消えていきます。浴室に干して、蒸気に当ててもOK。

 

Q.油汚れや口紅がついてしまったときはどうすればいいの?

A.手洗いする前に中性洗剤でもみ洗い!

口紅などの油汚れは、中性洗剤でもみ洗いしてから手洗いを。どうしても落ちないシミはクリーニング店でシミ抜きを。

 





もっと見る


この記事を見た方は、こんなページも見ています
サイトの人気ページTOP5!

カテゴリ一覧



検索(アイテムで検索ができます)

最新の記事一覧

人気のカテゴリー






ジーンズ 人気ブランド(男性)

スタイル別 ブランド

  • ブランドプレゼント×アンケート

    プレゼントで貰って嬉しい、ブランド物といえば?

    投票結果だけ見る

    読み込み中 ... 読み込み中 ...
ページ上部に