大人リュックブランド

【更新】2017年3月3日:各ブランドの定番リュックを追加

 

オトナの男にふさわしい「高級リュック」も紹介。

ここ数年の傾向により「オトナのバッグ」として市民権を得つつあるリュックですが、ただ背負うだけでは子供っぽくなってしまう要注意なアイテムでもあります。

 

 

今回は20代・30代~50代の男が持つに相応しい『大人リュックの人気ブランドランキングTOP15』と、オシャレに見える背負い方を紹介しています。

目次(もくじ)

①リュックのおしゃれな背負い方

②大人リュックの人気ブランドランキングTOP15

■1位:アニアリ

■2位:コーチ

■3位:プラダ

■4位:ハートマン

■5位:ハンティングワールド

■6位:ルイヴィトン

■7位:ベルルッティ

■8位:オロビアンコ

■9位:ブリーフィング

■10位:グッチ

■11位:アエナ

■12位:ロリンザ

■13位:スロウ

■14位:ペッレモルビダ

■15位:ラナイ・トランジット

③こちらもオススメ!

20代の人気リュックブランド

30代・40代の人気リュックブランド

【通勤】ビジネスリュックブランド

①【見違える】リュックのおしゃれな背負い方

リュックおしゃれな背負い方

 

雑誌「LEON」や「MEN’S EX」も推奨、さらにイタリアオヤジが実践している『ボディバッグ感覚のワンショル(片掛け)』が正解です。

 

そうするだけで不思議と「こなれた印象」になり、リュックにありがちな子供っぽさも払拭でき一石二鳥。

 

ちなみに両肩で背負う場合、リュックの底位置が腰辺りにくるのがベター。それより上、または下過ぎると子供っぽい印象になってしまいます。

②大人リュックの人気ブランドランキングTOP15

 ランキング(アンケート投票数順) 
●総投票数:867票
1 (100票)
アニアリ(aniary)

出典:公式サイト
  
 価格帯:50,000円~65,000円 
 
■「レザーのスペシャリスト」が手がける本格レザーリュック。
日本の革鞄の実力を世界に知らしめた日本発のレザーバッグ専門ブランド。
バッグに使うレザーの開発から小さい金具のディティールにまで、一から理想の革鞄を作り上げる妥協のない作りと、国産ブランドならではのコストパフォーマンスに優れた製品は、日本国内はもとより世界からも高い評価を得ている。
又、年齢を問わず使えることから20代~50代まで年齢層が広いのも特徴の1つ。

絶対候補の大人リュックはコレ!

アニアリ-レザーリュック1
  
スーツにも背負えるシックな総革仕様。キメ細やかなステアレザーで作られた「AL バックパック」は、全10色のカラバリもウリ。
ライニングにはお馴染みの迷彩柄テキスタイルを採用。開けてもちゃっかり洒落ています。※クロコ型押しレザーのモデルも有り。
■参考価格:5万5000円 ■全10色(黒・茶・赤・黄色・ベージュ 他)
■サイズ:タテ42cm×ヨコ25cm×奥行き15cm


 
アニアリ-レザーリュック2
  
柔軟性と弾力のある牛革仕上げのレザーリュック。こちらはシャープなスクエア型デザインにまとめ、担いだままアクセスできるサイドポケットを右斜め後ろに装備。
体のラインに沿うようラウンドしたフォルムで背負い心地も抜群。品良くサマになり、使い勝手も良好と、文句のつけようがありません。
■参考価格:6万5000円 ■全7色(黒・茶・オレンジ・ダークグリーン 他)
■サイズ:タテ45cm×ヨコ32cm×奥行き15cm


 
アニアリ-レザーリュック3
  
2層構造によって大容量を実現したフルレザーリュック。底に向かって広がるフォルムなので、2層構造にありがちな”デカいの背負ってます感”は皆無。
オリジナルのシボ革は見た目以上に軽く、長時間の着用も疲れにくいのが嬉しい。内ポケット・サイドポケット・フロントポケットなどなど機能面も充実した逸品。
■参考価格:6万5000円 ■全5色(黒・グレー・ホワイト・茶・紺)
■サイズ:タテ44cm×ヨコ30cm×奥行き18cm



2 (94票)
コーチ(COACH)

出典:公式サイト
  
 価格帯:80,000円~140,000円 
 
■ひと目見て分かる「ハイクラスな革質」に一目ぼれ。
革の質感や重厚感をいかしたバッグ作りで、レザーにこだわる男たちに厚く支持されるアメリカ・ニューヨーク生まれの高級レザーブランド。
 
中でもレザーバッグは最も力を入れている分野であり、毎年の新作発表とともに即売り切れるアイテムも少なくないほど。「革質・使い勝手・クラス感」の全方向がワンランク上のリュックは、大人が持つに最適な選択とも言えます。

絶対候補の大人リュックはコレ!

コーチ-レザーリュック1
 
 マンハッタン バックパック 
  
オールブラック or ブラウンでデザインされた総レザー製のリュック。素材は柔らかくて軽い”スポーツカーフレザー”で取り回しやすい。
自転車乗りにもうってつけなマチなしのカジュアルなデザインではあるが、天ファスナー付き。携帯電話やパスケースに適したスリップポケットも、気軽な街歩きに嬉しいディティール。
 
メイン気室は使い勝手の自由度の高いシンプルな作りを徹底。小ぶりなリュックをお求めの方にもオススメ。
■参考価格:9万2000円 ■全7色
■サイズ:タテ40cm×ヨコ30cm×奥行き13cm


 
コーチ-レザーリュック2
 
 メトロポリタン バックパック 
  
大人のお洒落に欠かせないデイパック型の総レザーリュック。素材は定番の”ペブルレザー”を採用し、全体的にリッチな印象にまとめている。
シンプルにして充分な収納力も嬉しいポイント。色はスポーティ感を抑えるダークトーンを用意。コーデの脇役に徹してくれるので、ジャケパンなどスタイルの邪魔になることもありません。
■参考価格:8万5000円 ■全3色
■サイズ:タテ44cm×ヨコ355cm×奥行き15cm


 
コーチ-レザーリュック3
 
 フラッグ バックパック 
  
ベルトやカラーステッチで”遊び”を効かせた総レザーデイパック。素材は頑丈な”ラグドペブルレザー”を採用し、週末の遊びやちょいハードユースにも対応。
前後2気室ある容量の高さも魅力。デイリーユースはもちろんのこと1泊2日程度の旅行・観光でも活躍してくれる。
■参考価格:12万円 ■全3色
■サイズ:タテ51cm×ヨコ37cm×奥行き16.5cm



3 (84票)
プラダ(PRADA)

出典:公式サイト
  
 価格帯:170,000円~340,000円 
 
■極上素材をモダンに仕上げるシックラグジュアリーの雄。
あえて華美な装飾を排し、徹底して素材の良さ、実用性の高さを追求している故、ハイブランドの中では男性からの支持も高いイタリアを代表する高級ブランド。
リュックといえば、な定番にして王道のデザインをオールブラックでまとめあげた秀作が数多く揃う。

絶対候補の大人リュックはコレ!


PRADAリュック1
  
デカリュックながらも、合わせやすいシックな色味、シンプルな見た目、誰もがわかる極上素材の3拍子で、大人カジュアルをグッと新鮮にアップデイトしてくれるリュック。
計算し尽くされたデザインによって普遍的な美しさを持っているため、ハイブランドながら費用対効果という点において右に出るものはナシです。
■参考価格:17万円 ■全3色(黒・紺・カーキ)
■サイズ:タテ50cm×ヨコ30cm×奥行き15cm


 
PRADAリュック2
  
素材、トリミング、ベルトまで黒色にこだわったブラックカーフレザー製のリュック。
柔らかなカーフ素材は質実剛健にして、ルックス的な美しさもクリアした極上の素材。いいモノだからこそ主張したい、ブランドを主張する控えめなアイコンは左サイドにON。ノートパソコン・書類を入れればビジネス使いも難なくこなします。
■参考価格:18万1000円 ■全1色
■サイズ:タテ40cm×ヨコ29cm×奥行き10cm


 
PRADAリュック3
  
大人の旅をリッチかつクールにサポートする大容量かつ高機能なバックパック。
内外合わせ11のポケットを装備し、背面パッド入りで背負い心地は抜群。細部のつくりももちろんリッチ。メタルパーツひとつをとっても、しっかりとポリッシュ仕上げを施しています。
■参考価格:18万1000円 ■全3色(黒・紺・カーキ)
■サイズ:タテ45cm×ヨコ25cm×奥行き23cm



4 (83票)
ハートマン(heartmann)

出典:公式サイト
  
 価格帯:63,000円~100,000円 
 
■大人の「ビジネス」も「カジュアル」もしっかりサポート。
高品質・高耐久・エレガントなデザインにより旅行好きなセレブリティたちも御用達。
ハートマンは「エレガンスを象徴するような最高級ラゲッジ」を製作するというジョセフ・S・ハートマン氏のビジョンの元、1877年にアメリカ・ウィスコンシン州で創業した高級ラゲッジ&トラベルケースブランド。

絶対候補の大人リュックはコレ!

ハートマン-リュック1
 
 メリル 
  
しっとりとした国産カウレザーの質感が、大人が背うに相応しいクラス感演出にひと役買う「メリル」シリーズ。
レザーリュックの難点である蒸れを解消するために、背面とストラップ裏面にはナイロン地を採用。内部には12インチのノートPC用スリーブポケット付き。
■参考価格:7万4000円 ■全2色(黒・紺)
■サイズ:タテ45cm×ヨコ34cm×奥行き15cm


 
ハートマン-リュック2
 
 レガライト 
  
フルレザーながら軽量かつ機能面に優れた「レガライト」シリーズ。深みのあるブラックレザーは休日のジャケットスタイルにも、通勤のスーツスタイルにも違和感なくマッチ。
それぞれ別々の物を収納できる2室構造。内側は高級感のあるロゴ入りナイロン。ファスナーはレザートリミングと、細部まで抜かりなし。
■参考価格:9万5000円 ■全1色(黒)
■サイズ:タテ42cm×ヨコ32cm×奥行き15cm


 
ハートマン-リュック3
 
 ジェイビズネス 
  
シンプルかつスマートな印象を与えるルックスで、ビジネスマンの要望に応える「J-BIZNES」シリーズのこちらは、スーツが似合うビジネス専用リュック。
素材はナノテクノロジーの撥水加工を施したバリスティックナイロン×エンボスレザーを採用。収納書類とタブレットor小型PCを分けて入れておける、前後で2つの荷室を装備。自転車通勤にもオススメです。
■参考価格:7万5000円 ■全1色(黒)
■サイズ:タテ41cm×ヨコ32cm×奥行き17cm

 
通勤リュックブランド



5 (79票)
ハンティングワールド

出典:公式サイト
 
 価格帯:68,000円~188,000円 
 
■旅する男のスピリットを受け継ぐリュック。
冒険家であった創業者「ボブ・リー」氏が1965年に立ち上げたアメリカのアウトドアバッグブランド。
自らが冒険で得た経験から「タフ」で「冒険心」に溢れるバッグを数々リリース。日常に必要十分なスペックを持ちつつ、旅行など世界を旅するリュックとしても真価を発揮する。

絶対候補の大人リュックはコレ!

ハンティングワールド-リュック1
 
 バチュー 
  
1972年の誕生からのロングセラーであり、ハンティングワールドの顔ともいる定番モデル。
ハードな環境下でも大切な荷物を守ることのできる高いスペックでありつつ軽量。軽くて堅牢というバッグ類が本来もつべき性能と、現代の使用を考え使い勝手も常に進化している。
■参考価格:18万5000円 ■全3色
■サイズ:タテ41cm×ヨコ28cm×奥行き13cm


 
ハンティングワールド-リュック2
 
 モニュメント 
  
ここ最近のトレンド「かまぼこ型」にも沿う、シンプルなデイパックモデル。
素材はもちろん高級感のあるレザー製。色も黒・紺・ベージュといった落ち着いた色なので、片背負いすればジャケパンにも難なく馴染みます。
■参考価格:9万5000円 ■全4色
■サイズ:タテ37cm×ヨコ28cm×奥行き11.5cm


 
ハンティングワールド-リュック3
 
 バルボア 
  
無骨さを香らせる迷彩柄モデル「バルボア」。素材は肌ざわり滑らかで軽量、そして上品な光沢のあるナイロンをメインとし、付属はちゃっかり牛革で高級感もキープ。
いつものスタイルに、ちょい不良(ワル)な遊び心をプラス。普段使いから旅行やアウトドアにも持ってこいです。
■参考価格:7万8000円 ■全2色
■サイズ:タテ40cm×ヨコ28cm×奥行き14cm



6 (65票)
ルイヴィトン

出典:公式サイト
  
 価格帯:280,000円~390,000円 
 
■誰もが知る孤高のハイブランド
「ハイブランド」と呼ばれる高級ブランドは数あれど、男性にも広く知られている唯一無二の存在がフランス生まれのルイヴィトン。
 
ブランドのアイコン「シグネチャー」を全面に散りばめた総柄リュックをはじめ、ビジネスユースに向けた黒レザーリュックなど多彩な種類展開で、あらゆるニーズに応えているのもその人気の理由。

絶対候補の大人リュックはコレ!

ルイヴィトンリュック1
 
 クリストファー PM 
  
ルイヴィトンの顔「モノグラム」を全面にあしらったバックパック。誰が見てもハイブランドと判断できるルックスであり、サイドポケットといった機能面も完備。
スタイルの主役級なデザインなので、着こなしはシンプルシックに徹するのがポイント。
■参考価格:28万9000円
■サイズ:タテ47cm×ヨコ41cm×奥行き13cm


 
ルイヴィトンリュック2
 
 ミカエル 
  
モダンなブラックカラーに、人気柄「ダミエ」の型押しがさりげなくルイヴィトンを主張するレザー製リュック。
収納力に優れた外側3ポケットに加え、内側には小物ポケットも充実。ビジネスからレジャーまで幅広く使われているオールマイティな逸品。
■参考価格:37万4000円
■サイズ:タテ49cm×ヨコ26cm×奥行き17cm


 
ルイヴィトンリュック3
 
 シリウス 
  
A4サイズ・B4サイズ対応かつノートPC収納コンパートメント付き。ビジネス使いはもちろん、モードな装いにもマッチする端正なルックスとクラス感を兼備した「タイガ・レザー」製のリュック。
360度のどこから見てもジェントルマンな雰囲気を香らせています。
■参考価格:33万2000円
■サイズ:タテ42cm×ヨコ31cm×奥行き12cm


 
ルイヴィトンリュック4
 
 パルス 
  
ブランドアイコンをフラップにさりげなく沿え、旅とモードを巧みに融合したリュック。
撥水加工が施された、上質なカーフレザーに多くのポケットやコンパートメントが完備された、まさにラグジュアリーな大人のためのリュック。
■参考価格:34万4000円
■サイズ:タテ45cm×ヨコ36cm×奥行き16cm



7 (60票)
ベルルッティ(Berluti)

出典:公式サイト
  
 価格帯:220,000円~480,000円 
 
■リッチに見える「ヒトクセ」ある逸品揃い
その巧みな色彩表現と比類なきエレガンスで世界の王室貴族もぞっこん。ベルルッティはフランス・パリ生まれの高級紳士靴ブランドであり、現在はバッグ・財布・ウェアまで幅広く展開するメンズトータルラグジュアリーの代表格。
 
そんな同ブランドの代名詞とも言えるのが、革にさまざまな色を塗り重ねて染色し、独特の深みと色艶に仕上げた「ベネチアンレザー」。もちろんリュックにも採用されています。

絶対候補の大人リュックはコレ!

ベルルッティ-リュック1
 
 ホライゾン(HORIZON) 
  
くったり感は素材の良さの証し。フラップと底にシボ革、ボディにスムース革、ベルトにパティーヌ革の計3種類のレザーを使ったバックパック。
メインコンパートメントのライニングには起毛感のあるマイクロファイバークロスを採用。普段は見えない内側の見た目がリッチなだけでなく、収納物の保護にもひと役買っています。
■参考価格:42万000円 ■全1色
■サイズ:タテ48cm×ヨコ33.5cm×奥行き16cm


 
ベルルッティ-リュック2
 
 HIKE-ON MM 
  
正面のポケット部分に配した艶やかなパティーヌが施されたレザーと、ボディを包む最上級ナイロンが、相反するはずのラグジュアリーとスポーティを絶妙な”ラグスポ”へと昇華。
人生をクールに生き抜くタフなオヤジさんの背中にこそ似合う、成熟の逸品。
■参考価格:24万9000円 ■全1色
■サイズ:タテ50cm×ヨコ30cm×奥行き16cm


 
ベルルッティ-リュック3
 
 TIME-OFF-BR 
  
ブランドの代名詞「ベネチアンレザー」にScrittoモチーフをあしらった贅沢なフルレザーリュック。
高級感と風格を兼備しているからこそ、シャツ一枚やジャケパンといったシンプルエレガントな着こなしの”ラグジュアリーなアクセント”として。
■参考価格:37万000円 ■全2色
■サイズ:タテ44cm×ヨコ32cm×奥行き16cm



8 (55票)
オロビアンコ(Orobianco)

出典:公式サイト
 
 価格帯:35,000円~48,000円 
 
■軽快かつリッチな雰囲気で「女性ウケ」もイイんです。
スポーティな装いの格上げにはもちろん、男らしいライダースにだってハマる「ナイロン×レザー」のコンビリュックが揃うオロビアンコ。
 
1996年にイタリア・ミラノで設立されたブランドで、イタリアブランドらしく、けっしてデザイン性を損なうことなく必要充分な収容能力やポケットを装備。今や社会人のビジネスからカジュアルまで、さまざまなシーンで愛用されるメンズバッグの定番の1つに。

絶対候補の大人リュックはコレ!

オロビアンコ-リュック1
 
 AGGUATO L02 
  
スポーティなナイロンとラグジュアリーなレザーをコンビにした”ラグスポ”なリュック。
ストラップ(ベルト)が細めのレザーなのも都会的でGood。子供っぽさや野暮ったさなんて微塵もありません。オフィスカジュアルな職場なら通勤にもいけます。
■参考価格:4万2000円 ■全5色
■サイズ:タテ42cm×ヨコ28cm×奥行き17cm


 
オロビアンコ-リュック2
 
 HANEDA-G 
  
オーセンティックなデイパックを、得意の微光沢ナイロンで色っぽく仕上げたリュック。
2気室仕様で見た目以上に容量があり、タブレットやモバイルPCを分けて収納しておくのにも便利。
■参考価格:3万5000円 ■全6色
■サイズ:タテ42cm×ヨコ32cm×奥行き14cm


 
オロビアンコ-リュック3
 
 SHARKY YS-F 
  
大きめのワンショルダー感覚で使いたい小さめなスクエアリュック。
ボディにリモンタ社の高級ナイロン、パイピングにブラウンレザーを使いうことでカジュアル過ぎない仕上がり。日常の必需品プラスアルファくらいの容量が欲しい時に最適。
■参考価格:3万6000円 ■全2色
■サイズ:タテ29cm×ヨコ27cm×奥行き8cm



9 (50票)
ブリーフィング(BRIEFING)

出典:公式サイト
  
 価格帯:18,000円~42,000円 
 
■大人カジュアルに欠かせない「機能性抜群の都会派」
ブリーフィングは真のミリタリズムの追求をテーマに、戦時下においても十分使用に耐えうる米国軍用規格「ミルスペック」に適合した素材による強靭なラゲッジを作り続けるドメスティックバッグブランド。
 
その十分すぎる機能を実用生活で使いやすいよう設計し、タウンユースにマッチするデザインへと昇華したラゲッジ類は、瞬く間に多くのファンを魅了。世界中でも厳しい目を持つ顧客に選ばれる実力派へと成長した。

絶対候補の大人リュックはコレ!

ブリーフィング-リュック1
  
耐久性と機能に優れたナイロンバッグの実力派の定番バックパック。
シックなネイビーカラーがタフで上品な印象へと導き、どんなスタイルにも合わせやすく休日やアウトドアで重宝。
■参考価格:3万9000円 ■全2色
■サイズ:タテ50cm×ヨコ30cm×奥行き16cm


 
ブリーフィング-リュック2
  
春・夏に使いたい、クリーンカジュアルな装いを叶えるライトなベージュのリュック。
大きさは小ぶりで、ちょっとした外出や旅のお供に最適。今どきなスニーカーコーデとも好相性です。
■参考価格:1万8000円 ■全3色
■サイズ:タテ39cm×ヨコ24cm×奥行き13.5cm


 
ブリーフィング-リュック3
  
シックなオールブラックのリュックは、これ1つで普段使い・アウトドア・スポーツ・通勤までこなす万能選手。
素材は軽さと強さを兼備した500デニールのコーデュラナイロンを採用。フラップタイプなのでセキュリティ面も安心です。
■参考価格:2万6000円 ■全3色
■サイズ:タテ50cm×ヨコ28cm×奥行き18cm



10 (47票)
グッチ(GUCCI)

出典:公式サイト
  
 価格帯:110,000円~260,000円 
 
■イタリアンな色気を纏えます。
海外セレブや日本の芸能人にも愛用者が多く、下は20代、上は60代まで年齢にとらわれず利用されているイタリアの高級ファッションブランド。
服や小物・アクセサリーまでトータル展開しているものの、メンズではバッグや財布を中心に人気を博している。もともと高級皮革で名を馳せてきたブランドなので品質は折り紙つきです。

絶対候補の大人リュックはコレ!

GUCCIリュック1
  
ブラックキャンバス素材のボディに、おなじみのウェブストライプが華やかさを演出する都会派リュック。
ライトに使えるドローストリングタイプと、収納力の高い本格派バックパックタイプの2種類展開。
■参考価格:12万5000円~
■サイズ:タテ44cm×ヨコ26.5cm×奥行き12cm(バックパック)


 
GUCCIリュック2
  
ひと目でソレと分かるグッチの「シグネチャーレザー」を配したラグジュアリースポーツなリュック。
内側にはパッド入りiPad用スリーブ、複数ポケットを備えるなどバッグブランドに匹敵するスペック。割と小ぶりなサイズ感なので奥様とのシェア使いやペア使いなんて粋なことも可能です。
■参考価格:23万8000円 ■全3色(黒・緑・赤)
■サイズ:タテ41cm×ヨコ31.5cm×奥行き14.5cm



11 (43票)
アエナ(HMAEN)

出典:公式サイト
  
 価格帯:36,000円~62,000円 
 
■リアルハンドメイドを貫く日本ブランド。
日本メイドの確かな作りと高級素材を用いたラグジュアリーなルックスを持ち合わせる国内バッグブランド。
鞄は全て、デザイナーの「大友成」氏が企画・デザイン・縫製まで自分自身で手がけるというオールハンドメイドを貫く職人気質なところも男心をくすぐります。

絶対候補の大人リュックはコレ!

アエナ-リュック1
 
 Nomad 
  
100年近く歴史のある日本有数のタンナーで作られた上質レザーを用いた「フルレザー」のリュック。
通常よりキメ細かいシボを浮かせて実にソフトなタッチに。シンプルながら上部ポケットを配すなど機能性も十分。シックかつ1色使いなのでON・OFFを問わず重宝します。
■参考価格:5万2000円 ■全4色(オールブラック・オールネイビー 他)
■サイズ:タテ40cm×ヨコ29cm×奥行き16cm


 
アエナ-リュック2
 
 N Munich 
  
吸いつくような肌触りとナチュラルなムラ感が魅力の、独自開発のレザーを全面に使ったオールレザーリュック。
繊細なムラ感が革本来の味わいを主張。A4サイズが余裕で入るのでビジネス通勤もOK。
■参考価格:5万6000円 ■全5色
■サイズ:タテ46cm×ヨコ28cm×奥行き16cm


 
アエナ-リュック3
 
 Lid Packer 
  
大容量と都会的スマートな見た目を両立したリュック(バックパック)。
ハリと光沢感のあるナイロンをボディに、トリミングにはシュリンクレザーを使うことで安っぽさは皆無。大きい割りに軽く、荷物の多い休日や観光などに頼れる存在。
■参考価格:3万7000円 ■全4色(オールブラック 他)
■サイズ:タテ47cm×ヨコ30cm×奥行き18cm



12 (40票)
ロリンザ(Lorinza)

出典:http://zozo.jp/
  
 価格帯:30,000円~40,000円 
 
■土臭さを排した大人のアウトドア
「最高品質・高い実用性・飽きのこないデザイン」の3つをテーマに、長く愛用し続けられるモノ作りを体現する2003年創業の日本バッグブランド。
装飾を抑えたシックな雰囲気とハイスペックは、オトナのアウトドア~タウンユースで存分に力を発揮してくれる。

絶対候補の大人リュックはコレ!

ロリンザ-リュック1
  
雑誌掲載も多数。ボディも付属も「黒」で統一したシックカジュアルなスクエア型リュック。
素材は軽量かつ丈夫なナイロン製。シンプルなルックスはアウトドア~休日用まで幅広いシーンで活躍。単品使いも可能なポーチ付き。
■参考価格:3万4000円 ■全1色(黒)
■サイズ:タテ40cm×ヨコ26cm×奥行き17cm


 
ロリンザ-リュック2
  
アメリカ軍でも使われる、ナイロンよりもタフな「バリスティックナイロン」を素材に使用。
全体をオールブラックで仕上げつつ容量も十分。大人が持つべきデイパックに仕上がっています。
■参考価格:3万4000円 ■全1色(黒)
■サイズ:タテ47cm×ヨコ31.5cm×奥行き14cm


 
ロリンザ-リュック3
  
容量は約2倍。2つの荷室を備えつつデザイン性も損なわないダブルストラップバックパック。
素材は耐摩擦性に優れるバリスティックナイロン。パソコン収納ポケットなどもあり、仕事もプライベートにも使えます。
■参考価格:3万6000円 ■全2色
■サイズ:タテ47cm×ヨコ31cm×奥行き14cm



13 (27票)
スロウ(SLOW)

出典:公式サイト
  
 価格帯:48,000円~59,000円 
 
■「エイジング」や「革の自然な風合い」も存分に楽しめます。
移り変わりの激しい次代に流されることのない「使うほどに味わい深く、永く使用できるモノ作り」を原点とする、2008年創業の日本レザーブランド。
 
最大の特徴は、国内でも最高峰の品質と言われる「栃木レザー」社製のフルベジタブルタンニングレザーを使用していること。コシがありながらも肌ざわりのよい柔らかい質感ほ放ち、使い込むほどに風合いが増し、使い手の愛着も増していく。

絶対候補の大人リュックはコレ!

slowリュック1
  
肩肘張らない休日カジュアルスタイルにマッチするオーセンティックなリュックサック。
素材はもちろん栃木レザー社製のフルベジタブルタンニンレザー。使うほどにツヤと味わいが増し、末永く愛用できる。
■参考価格:5万9000円 ■全2色
■サイズ:タテ44cm×ヨコ35cm×奥行き15cm


 
slowリュック2
  
書類なども収まりやすいスクエア&フラップリュック。
ボディにおなじみ栃木レザー、内側には麻のなかでも肌に優しいリネン素材が使用され、この使い心地のよさも多くの愛好者を惹きつけてやまない。ラフな通勤にもオススメ。
■参考価格:4万8000円 ■全3色
■サイズ:タテ43cm×ヨコ38cm×奥行き13cm


 
slowリュック3
  
「オシャレに振ったレザーリュックが欲しい」という声に応えた、どこかクラシカルな趣を感じさせるデザイン。
素材は厚みのある栃木レザー社のヌメ革を全面に使用。使うほどに経年変化(エイジング)も楽しめる、レザー通も納得の仕上がり。
■参考価格:5万9000円 ■全3色
■サイズ:タテ42cm×ヨコ28cm×奥行き13cm



14 (21票)
ペッレモルビダ

出典:公式サイト
 
 価格帯:48,000円~56,000円 
 
■「色気」と「機能美」に満ちた国産ブランドの新定番。
”本物”を求めるオトナのために、流行にとらわれない普遍的なデザインと時流をバランスよく取り入れた、優雅で高品質なグローバルスタンダードを追求する日本のバッグブランド。
 
雑誌「LEON」や「OCEANS」をヒットさせた立役者、干場義雅 氏をクリエイティブディレクターに迎え2012年に創業。自慢のエレガンスを注いだ上質なモノ作りが、30代~50代男性を中心に支持されている。

絶対候補の大人リュックはコレ!

ペッレモルビダ-リュック1
 
 キャピターノ 
  
ボディにイタリアの高級生地メーカー「リモンタ」社のナイロン素材、トリミングにきめ細やかなエンボスレザーの異素材ミックスで仕上げたリュック。
 
オールレザーのようなルックスながらナイロンならではの軽さ、そしてサイドファスナーやポケットなど機能性も十分。端正な佇まいはカジュアルからスーツスタイルまで幅広くマッチ。徒歩の通勤リュック・自転車通勤にも活躍します。
■参考価格:4万9000円 ■全3色
■サイズ:タテ41.5cm×ヨコ21cm×奥行き16cm


 
ペッレモルビダ-リュック2
 
 メイデンボヤージュ 
  
上質な黒のシボ革を使用した品の良さを感じさせるオールレザーリュック。
フロントには大きなダブルポケット、フラップを閉めたまま荷物が取り出せるサイドファスナーなど、しっかり機能性も兼備した同ブランドらしい仕上がり。こちらは遊べるオレンジ色も展開。
■参考価格:5万4000円 ■全6色
■サイズ:タテ38cm×ヨコ34.1cm×奥行き18cm



15 (19票)
ラナイ・トランジット

出典:海外公式サイト
  
 価格帯:48,000円~58,000円 
 
■ちょっとしたトレイルからタウンユースまで縦横無尽に活躍!
本国ハワイでは8人に1人が持っている”ロコ御用達”としても有名な、ハワイの開放感とメゾン仕込みのハイクオリティを兼ね備えたラグジュアリーバッグブランド。
まだ日本ではメジャーでないものの、雑誌「LEON」掲載を皮切りにジワジワと知名度を高めている、これからが楽しみなブランドです。

絶対候補の大人リュックはコレ!

ラナイ・トランジット1
 
 Wailea Rucksak 
  
ちょっとした登山にも十分使える本格使用を備えつつ、リモンタ社の最高級ナイロンと極上イタリアンレザーで仕上げられたリュック。
都会的なスポーツモードを楽しめる黒・紺などの定番色はもちろん、華やかなブルー、イエロー、オレンジなど自慢の美色も用意。背負うだけでリッチかつ開放的なハワイの空気を纏えます。
■参考価格:5万2000円 ■全10色
■サイズ:タテ52cm×ヨコ29cm×奥行き14cm


 
ラナイ・トランジット2
 
 Wailea 
  
こちらやリュックとトートの2way使用が可能なモデル。リュックとして使用する際は、天フラップを広げジッパーを閉める。ガバッと大きく開く開口部は出し入れのしやすさに加え、筒状に使えるため大容量。
ハワイの自然を表現した豊かな色は、上品なジャケパンスタイルにリッチなスポーティ感を添える、絶妙な差し色アイテムとなります。
■参考価格:5万1000円 ■全10色
■サイズ:タテ42cm×ヨコ30cm×奥行き18cm


 
ラナイ・トランジット3
 
 Wailea Daypack 
  
スポーティになりがちなデイパック型ナイロンリュックも、キメ細やかな上質素材を発色豊かに染め上げたコレなら大人のリラックスした休日にマッチ。
 
背面は快適なメッシュ素材、胸のストラップには楽チンな背負い心地を実現する伸縮性のある素材、さらにジッパーの引き手など手に触れる部分はすべて上質なイタリアン製のフルベジタブルタンニングレザーと、見た目を良い意味で裏切る高機能&高品質。
■参考価格:4万8000円 ■全9色
■サイズ:タテ43cm×ヨコ31cm×奥行き15cm



Loading ... Loading ...

③こちらもオススメ!

『20代の社会人ならココも要チェック!』20代に人気のリュックブランドランキングTOP10。

記事の続きを読む »

『大人のカジュアルリュック系が充実!』30代・40代に人気のリュックブランドランキングTOP10。

記事の続きを読む »

『社会人男性・ビジネスマン御用達!』自転車通勤や徒歩・電車通勤に使えるビジネスリュックブランドランキング。

記事の続きを読む »

『遊び用やアウトドア用に!』おしゃれなリュックの人気ブランドランキングTOP10。

記事の続きを読む »

『リュックの着こなしと相性抜群!』オトナに最適なスニーカーブランドランキングTOP10&おすすめブランド15選。

記事の続きを読む »





もっと見る

リュック


この記事を見た方は、こんなページも見ています
サイトの人気ページTOP5!

カテゴリ一覧



検索(アイテムで検索ができます)

最新の記事一覧

人気のカテゴリー






ジーンズ 人気ブランド(男性)

スタイル別 ブランド

  • ブランドプレゼント×アンケート

    プレゼントで貰って嬉しい、ブランド物といえば?

    投票結果だけ見る

    読み込み中 ... 読み込み中 ...
ページ上部に