スニーカー通勤

 

スーツに合う「おすすめスニーカー25選」も紹介!

今年、男の通勤シーンに浸透してきているビジネスリュックに続き、2018年“元年”となるもうひとつのキーワードが「スーツ×スニーカー通勤」。

 

 

今回は、スーツ×スニーカー通勤が話題となったワケから、スニーカーの選び方、おすすめブランド&モデルも紹介しています!

目次(もくじ)

①あらすじ

スーツ×スニーカー通勤について

②スニーカーの選び方

スーツに合うスニーカーの選び方

③おすすめブランド10選

ナイキ【初心者にも◎】

アディダス

ニューバランス

コールハーン【穴場】

サントーニ【高級】

Amb【シンプル】

トップセブン

コンバース

トップサイダー

リーボック

③スーツ専用スニーカーを作る! カスタマイズのすすめ

スニーカーをカスタマイズできるブランド3選

①スーツ×スニーカー通勤について

スーツスニーカー

 

今年になって急に話題となったスーツ×スニーカー通勤。ことの始まりは2017年10月に「FUN+WALK PROJECT(歩きやすい通勤プロジェクト)」の一環として、スポーツ庁がスニーカー通勤を提唱したこと。

 

 

そして2018年の3月、スポーツ庁の鈴木大地長官が「ビジネスーツ×白スニーカー」という姿でプロジェクト本格実施を報道陣にお披露目し、テレビやファッション雑誌で大いに取り上げられ注目されました。

そういう経緯からも、今年は「スーツ×スニーカー通勤の元年になる」といっても過言ではありません。まだ始まったばかりですが、かつて環境省が提唱したクールビズのように、今後ジワジワと浸透していくのではないでしょうか。

 

 

②スーツに合うスニーカー選び×3つのポイント

ビジネススーツ スニーカー

1.カラーは白か黒

スニーカーといえど、「クリーンな表情」が大前提。

それゆえ足元だけ浮かないよう、装飾のないシンプルなデザインの「白色」もしくは「黒色」がベストな選択です。
次点は茶色、紺色など(革靴でも展開されている色)があります。

2.素材はレザーがベスト

高級感のあるレザー素材は、職業やシーンに左右されにくい鉄板。

少しカジュアルよりなスエードやキャンバス素材はダメではないですが、たとえばデザイナーやアパレル関係ならOKだったりと「職業によって左右される」場合があります。

3.高さはローカットかミドルカット

カジュアル色の強い「ハイカット」は避けるのがベター。

足のくるぶしよりも下のローカット、もしくは くるぶしが見えない程度のミドルカットがベストです。

③スーツスニーカー×おすすめブランド10選

1.ナイキ(NIKE)

ナイキ

 

初心者から上級者まで、そして若者から大人まで、年齢性別を問わず幅広い年代にスニーカーが愛用される大手スポーツブランド。

スニーカーは、ビジネスライクなシンプル白or黒が豊富で、価格は1万円前後とお手頃。「スーツ通勤用のはじめての1足」にもおすすめです。

 

ナイキスーツスニーカー

エア フォース 1 LOW

はじめてのスーツ用スニーカーにも最適!
「シンプル・レザー・ローカット」と、ビジネスライクな要素がてんこ盛り。クセがなく万能、休日も活躍します。
■10,000円

 

 

ナイキスニーカー通勤

コルテッツ ベーシック

細身スーツと相性がいい、シュッとスマートなランニングシューズがベース。
公式WEBでは部分的に色をカスタマイズすることも可能です(ロゴやソールだけ色を変えるなど)。
■12,600円

 

 

ナイキビジネススーツスニーカー

ローシ ワン

ちょっと“ひねり”を効かせたいならコレ!
ニュアンスのでるメッシュナイロン素材を使ったモデル。心地よいクッショニングと軽さにより、長時間歩いても疲れにくい。
■10,640円

 

【公式】ナイキ通販サイト ≫

 

 

 

2.アディダス(adidas)

アディダス

「メンズスニーカーの定番ブランド」という顔を持つドイツ発祥のスポーツブランド。
もともとシンプル系が多く、ビジネスカジュアル用スニーカーでは割とメジャーな部類。スーツ通勤でもそこまで違和感はありません。

 

アディダススーツスニーカー

 

スタンスミス

スタンスミスといえば「白スニーカーの代名詞」であり、アディダスで1番有名人気のモデル。
こちらのように灰色のタンとバックステーならスーツとも好相性。また、カラーは多彩なので自分の好み、会社の風紀に合わせて選ぶのもアリです。
■11,500円

 

 

アディダススニーカー通勤

 

サンバ  EDIFICE

オフホワイトのヌバックレザーにラバーソールが映える、トレシューベースのスニーカー。
オールホワイトにヒトクセ入れるなら、このくらいの塩梅で。
■15,000円

 

 

アディダスビジネススーツスニーカー

 

アディダス スケートボーディング CITY CUP

柔らかなフルグレインレザーを採用したクールなオールブラック。
パット見はドレスシューズのようでありながら、実は走れるほどの高機能。革靴にはない魅力を秘めています。
■12,000円

 

【公式】アディダス通販サイト ≫

 

 

3.ニューバランス(New Balance)

ニューバランス

アメリカのスポーツシューズブランドであり、2010年代に再熱したスニーカーブームの火付け役。
スニーカーはランシューベースゆえ「シンプル顔」ではなく「スポーティ顔」なものの、そこが他とは違う持ち味に。

 

ニューバランス スーツスニーカー

MRL996 PH

「スエード×ナイロン」というスポーティな要素こそあるものの、同ブランドで1番でビジネスライクなモデル。
清潔感のあるホワイトベース、少し男らしいブラックベースの2種類。
■13,800円

 

ニューバランス スニーカー通勤

CT10 WEB

今年新発売したモデルで、ビジネスユースとして理想的な無味無臭のデザイン。
キャンバス素材ながらも、パキッとした純白カラーがフォーマルへと導きます。オン・オフ用にも◎
■5,900円

 

【公式】ニューバランス通販サイト ≫

 

 

4.コールハーン(COLE HAAN)

コールハーン

ドレッシーな顔とオリジナルソールによる抜群の衝撃吸収性……。コールハーンは「エレガンスと機能性を併せ持つ」アメリカのシューズブランド。
スニーカーも端正なルックスながら群を抜いて歩きやすい。まさにビジネススニーカーの素質は充分。

 

コールハーン スーツスニーカー

グランドプロ テニス

超軽量、軽い履き心地で疲れ知らずな「グランドプロ」シリーズ。
こちらはテニスシューズをベースにしたクリーンなスニーカー。白はマットな質感のレザー、黒は革靴のような鈍い光沢のレザーを使用。オフの大人カジュアルにも◎
■26,000円

 

 

コールハーン スニーカー通勤

グランドプロ ランナー

こちらはランシューをベースにしたスポーティな顔立ち。ドレス感は「テニス」より若干劣るものの、スーツ用でも問題のない品の良さ。
いまランシュー系はタウンユースで定番化してるゆえ、休日も兼用したい人にだって最適です。(残念ながらオールホワイトカラーはありません)。
■27,000円

 

 

コールハーン ビジネススーツスニーカー

ゼログランド ウィング オックスフォード

雑誌「MEN’S CLUB」のスーツ用スニーカーでも紹介された、ビジネスシューズとスニーカーの中間を行く一足。
ウイングチップの重厚感がありつつも、ソールはラバーで軽快。まだスニーカーには抵抗がある…という男性にも。
■45,000円

 

【公式】コールハーン通販サイト ≫

 

 

5.サントーニ(Santoni)

サントーニ

1975年創業の、イタリア屈指のラグジュアリーシューズブランド。創業からミニマムかつモダンなスニーカーを逸早く発表し、本国では「大人のレザースニーカーブーム」に火をつける。
サントーニのものはひとめ見て、革質の高級感や極上の履き心地が理解できるのが特徴。ONのジャケパンスタイル、スーツに合わせても遜色はなし。

 

サントーニ スーツスニーカー

MBCN14387BA6CMIAZ60(型番)

薄くなめされたレザーはマットな光沢で上品な仕上がり。ストレートチップのつま先のように、直線的な外羽根の先端がエレガントさに拍車をかけます。
■68,000円

 

 

サントーニ スニーカー通勤

MBDP20672BIAXARYC50(型番)

アッパーは色気のある微光沢レザーながら、ボリューミーなソールというハイブリッド感が魅力。チェックスーツなど存在感のあるスーツともバランスが取れます。
■81,500円

 

【公式】サントーニ通販サイト ≫

 

 

6.Amb(エーエムビー)

Amb

2008年にスタートしたイタリアのシューズブランド。クラシックなディティールとミニマルなデザインを基本に、上質な素材を組み合わせた「シンプル&ラグジュアリー」なシューズを展開。

スーツ用スニーカーに求められる条件をブランドコンセプトベースから満たしています。

Amb スーツスニーカー

KIPS

Ambの定番モデル。非常にシンプルで、スッとした細身が知的さを誘うレザースニーカー。
特にホワイトはコットンスーツなど「軽い装い」にベリーマッチ。
■21,000円

 

 

Amb スニーカー通勤

CALIMERO

「KIPS」の外羽根にクロコ調の型押しが施された技ありスニーカー。そこはかとない色っぽさを主張できる一足です。
■23,000円

 

【ZOZO】Amb通販サイト ≫

 

 

7.スペリー トップサイダー

トップサイダー

トップサイダーは水兵のためのデッキシューズを開発した元祖ブランド。
代名詞である、濡れた甲板で滑らない「スペリーソール」はスニーカーにも搭載。雨のタウンユースでは抜群の信頼性を誇る。

 

トップサイダー スーツスニーカー

WAHOO(ワフー)

シックな黒 or 清潔感のある白に、ふと太すぎず細すぎずの端正なシルエット。
濡れた路面でも優れた防滑性を誇る「スペリーソール」を搭載。甲部分が低めのフラットなフォルムは日本人の足型とも相性が良い。
■8,000円

 

【公式】トップサイダー通販サイト ≫

 

 

8.トップセブン(TOP SEVEN)

トップセブン

トップセブンは、大人の男に向けた日本のスニーカーブランド。

「細身&レザー製」のラグジュアリースマートさが持ち味で、自然とビジネススーツになじみます。

 

トップセブン スーツ用スニーカー

TS-2101

ナローなサイドビューから、すっきりと伸びるトゥへと至るシンプルなデザインは、どんな着こなしとも相性よし。
素材には上品な艶感を持つレザーを選択し、サイドステッチなどの小技使いも相まって洗練された顔立ちに。
■15,000円

 

 

トップセブン スニーカー通勤

TS-5509

歩きやすさ抜群のウォーキングシューズがベース。
ワイドなつくりと高級エンボスレザーの相乗効果により重厚感たっぷり。この手にありがちな「おじさんっぽさ」は皆無です。
■18,000円

 

【公式】トップセブン通販サイト ≫

 

 

9.コンバース(CONVERSE)

コンバース

1908年、アメリカー・マサチューセッツ州で創業。どんな服装にも合うシンプルで飽きのこないデザインで、スニーカースタイルの基本を確立した王道ブランド。
「オールスター」や「ジャックパーセル」など名作のレザー仕様は、今後スーツ用としても注目されること間違いなし!

 

コンバース スーツ用スニーカー

LEA オールスター OX

コンバースの代名詞「オールスター」のブラックレザーモデル。
ソールまでオールブラックのモードな顔立ちは、脇役に徹しスーツやジャケットに合わせやすい。
■9,500円

 

 

コンバース スニーカー通勤

LEA ジャックパーセル

コートシューズの大定番「ジャックパーセル」も、白レザーならひたすらクリーンな佇まい。
カップインソール、立体成型ヒールパッチ、さらにアッパーには足なじみの良いソルトレザーと随所をアップデート。
■9,500円

 

 

コンバース ビジネススーツ用スニーカー

オールスター 100 カラーズ OX

アッパーとテープを白色で統一したオールホワイトゆえ、キャンバス素材でもクリーン。
あえてワイシャツは同色の白をチョイスし、爽やかなスーツスタイルを確立したい。
■7,000円

 

【公式】コンバース オフィシャルサイト ≫

 

 

10.リーボック(Reebok)

リーボック

世界で初めて天然皮革をシューズに採用するなど、常に革新的な技術で世界をリードするイギリス発祥のスポーツブランド。

どこか英国紳士を思わせる品のよいスニーカーは、スーツ用としても活躍してくれるはず。

 

リーボック スーツスニーカー

NPC II

テニスカテゴリーの名作「ニューポートクラシック」の後継モデル。
アッパーに高級天然革を採用。ブランドの象徴である“ベクターロゴ”などの要素を排してシンプルに。
■8,500円

 

 

リーボック スニーカー通勤

クラシック レザー

30年以上愛され続ける、ランニングカテゴリーの名作「クラシックレザー」。
高いフィッティング性&優れたグリップ性。アッパーにはマットな天然皮革と、ビジネスユースの条件を全てクリア。
■10,000円

 

【公式】リーボック通販サイト ≫

 

 

③スニーカーをカスタマイズできるブランド3選

 

「市販品に好みのスーツ用スニーカーがない!」
という方は、ブランド公式のカスタムサービス(オーダーメイド)を利用するのもひとつの手です。

カスタムサービスとは
自分でベースモデルを選び、パーツを好きな色に変更できるというもの。気に入ったモデルをオールホワイトにしたり、ある部分だけ差し色にする、なんてことが色々できます。

ナイキ
NIKEiD(カスタマイズ)

nikeid

 

オーダー価格:9,800円~

スニーカーのパーツ毎にカラーが選べるカスタムサービス。カスタムできるモデルは100種類以上と、他と比べて選択肢が多彩。
洒脱なニットアッパーやハイテク系のオールホワイトで! なんてオーダーも可能です。

 

【公式】ナイキ NIKEDiD ≫

 

 

ニューバランス
NB1 CUSTOMIZE

nb1

 

オーダー価格:26,000円~

合計16ヶ所を指定してオリジナルが作れるカスタムサービス。(店舗と公式WEBでカスタム可能)。
カラーはもちろん、モデルによってメッシュやスエードなど素材が選べて、ちょっとしたニュアンス加減も自由自在! ※4つのベースモデルから選択可能。

 

【公式】ニューバランス NB1 ≫

 

アディダス
mi adidas(マイアディダス)

miadidas

 

オーダー価格:13,000円~

アディダスのシューズカスタムサービス「マイアディダス」なら、スタンスミスをはじめ往年の人気モデルを自分仕様にオーダー可能!
たとえば既成品にはないオールホワイトやオールブラック仕様にすることができます。
※ネットでも注文可。

 

【公式】mi adidas(マイアディダス) ≫

 





もっと見る

スニーカー


この記事を見た方は、こんなページも見ています
サイトの人気ページTOP5!

カテゴリ一覧



検索(アイテムで検索ができます)

最新の記事一覧

人気のカテゴリー






ジーンズ 人気ブランド(男性)

スタイル別 ブランド

  • ブランドプレゼント×アンケート

    プレゼントで貰って嬉しい、ブランド物といえば?

    投票結果だけ見る

    読み込み中 ... 読み込み中 ...
ページ上部に