パパベビーカー

出典:http://www.combi.co.jp/

 

パパが安心して使える「定番ブランド×かっこいいベビーカー」を厳選!

「男が押していて似合うベビーカーが欲しい」

「ベビーカーで有名なブランドってどこ?」

 

今回はそんなイクメン(子育て男性)に最適な、『パパに人気のベビーカーブランドランキング&おすすめベビーカー20選』や、選び方のポイントを紹介しています。

目次(もくじ)

①ベビーカーの選び方

ベビーカー選び5つのポイント

②ベビーカーの人気ブランドランキング&おすすめ20選

■アンケート結果

1位:エアバギー

2位:マクラーレン

3位:キュリオ

4位:アップリカ

5位:ハグミー

6位:マイクラライト

7位:コンビ

8位:クイニー

9位:ジープ

10位:サイベックス その他6ブランド

①ベビーカー選び5つのポイント

これだけは外せない!
すでにベビーカーを持っている先輩ママ・パパたちが「これは必要」と感じているニーズの高いポイントをまとめました。

1.軽さ

babyc1

 

階段の上り下りや車に乗せるとき、電車に乗せるときにたたんで持ち歩くことも考えると「軽さ」は大事。片手でひょいと持ち上げられるかがセレクトポイントに。

2.スイスイ動く

babyc2

 

一般にタイヤが大きいと安定感があり、ガタガタ道や段差でも押しやすくて赤ちゃんも快適。また人ごみや道幅がせまい場所では小回りがきくことも重要ポイントです。

3.自立する

babyc3

 

電車やバス、玄関においておくとき、レストランなどでも、立てかける場所を探さなくてよい自立タイプが人気。立つものの倒れやすい……、ということもあるので、自立時の安定感も確認しておきたいところ。

4.片手でも押せる

babyc4

 

持ち手は荷物やカサを持っていても、片手で押せる「バータイプ」が人気。メーカーは推奨していないですが、フックを取り付けることでバッグや荷物を引っ掛けることもできます。

5.荷物がたくさん入る

babyc5

 

荷物入れは大きさだけでなく、出し入れのしやすさもポイント。とくに座面が沈み込むベビーカーの場合、赤ちゃんがすわっていると荷物の出し入れがしにくいものがあるので要チェック。

▼こういう選び方もあります▼

チャイルドシートにもなる

babyc6

 

車移動が多い人なら、シートを外してチャイルドシート、ベビーキャリーとして使える「トラベルシステム」もおすすめ。寝ているベビーを起こさずに移動できる点も人気のポイント。

ハイシート

座面が高いと夏場の地熱やホコリの影響を軽減でき、赤ちゃんが快適。パパにとっては乗せ降ろしがしやすくなるという利点も。シート位置が高くなると重心が上がるので、より安定感のよいものを選ぶのがポイント。

片手で開閉できる

なかには複雑なたたみ方のものや、地面に横倒ししないとたためないものも。荷物を持ちながら、赤ちゃんを抱っこしながら開閉することを考えると、片手で簡単に、ハンドル操作のワンタッチでできるものがうれしい。

②ベビーカーの人気ブランドランキング&おすすめ20選

ベビーカーブランド×アンケート結果

パパの間で人気がある、または愛用したことのあるベビーカーブランドは?

  • エアバギー  (18%, 100 票)
  • マクラーレン  (14%, 82 票)
  • キュリオ  (11%, 63 票)
  • アップリカ  (10%, 55 票)
  • ハグミー  (9%, 49 票)
  • マイクラライト  (8%, 47 票)
  • コンビ  (7%, 42 票)
  • クイニー  (7%, 39 票)
  • ジープ  (4%, 21 票)
  • サイベックス  (3%, 18 票)
  • ストッケ  (3%, 16 票)
  • ペグ・ペレーゴ  (2%, 13 票)
  • カトージ  (1%, 7 票)
  • ベビーゼン  (1%, 6 票)
  • コサット  (1%, 5 票)
  • フォーマムズ  (1%, 3 票)

投票数は 566 です。

読み込み中 ... 読み込み中 ...

人気ブランドランキング&おすすめ20選

 ランキング(アンケート投票数順) 
●総投票数:566票
1 (100票)
エアバギー(Air Buggy)

 
 創業:日本 

日本で進化を続ける、安全・安心のベビーカー。

エアバギーとは

アメリカで誕生した3輪ベビーカーをベースに、改良を重ねて生まれた日本発のベビーカーブランド。
ベビーカーも一つのクルマと考え、乗り心地・走りやすさ・安全性を絶対条件に掲げながら、日本の狭い道や生活スタイルに合わせ、タイヤの小型化や軽量化に励み、機能性を追求している。
そんなエアバギーの代名詞と言えば、3角構造で実現した安定感と重量に負けない頑丈なフレームだが、ユーザーの声に応えながら年々進化を続けており、リクライニング機能や、ベビーを紫外線から守るドーム型キャノビー、大きな荷物でも安心のバスケットに、簡単に折りたためる仕様など、パパ・ママから絶大な支持を得ている。
又、2005年、2011年にはグッドデザイン賞を受賞。見た目のよさも折り紙つき。

エアバギー×パパに人気のベビーカー

airbuggy1
 
COCO PREMIER
都会的なスクエアフォルムが印象的な最上級プレミアモデル。特にこのシックなブラック×迷彩柄は男らしくてパパに大人気。
機能面は足元まで包む3段階エクステンション機能のキャノビーを搭載。悪路でも軽いオフロード系タイヤや手に馴染むハンドルなど、押し心地も抜群!

■参考価格:64,500円(税別)
■対象年齢:3ヵ月(首すわり)~3歳位まで
■スペック:重さ10.3kg / 全7色
>> 詳細を見る

 
airbuggy2
 
COCO BRAKE EX
手元のハンドル部分にブレーキ機能を備えたモデル。坂道や信号待ちなどで安心して停止できるのが嬉しい。
デザインは街に馴染むモダンなカラーリング&フォルムに加え、ハンドルとフロントバーに合皮ブラックレザーを採用し高級感を演出している。

■参考価格:63,000円(税別)
■対象年齢:3ヵ月(首すわり)~3歳位まで
■スペック:重さ9.5kg / 全7色
>> 詳細を見る



2 (82票)
マクラーレン(Maclaren)

 
 創業:イギリス 

半世紀の技術が支えるベビーカーのパイオニア。

マクラーレンとは

イギリスの航空科学者オーエン・マクラーレンが重たくて扱いにくい乳母車を改良し、軽くて折りたためる「ベビー・バギー」を発明したのが1965年。
以来、アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ、中東など、世界50ヵ国以上で販売。ベビーカーのパイオニアとして、時代に合わせて利便性や安全性、スタイル性など、さまざまな視点で改良しながら、トレンドの最先端を進んでいる。

日本でも「ベビーカー」という呼び名が一般的になった時代のパイオニアとして広く知られており、憧れのブランドとして信頼されている。

マクラーレン×パパに人気のベビーカー

maclaren1
 
ヴォロー(VOLO)
ブランドを代表する超軽量モデル。アルミ合金フレームが成長する赤ちゃんの体重を受け止め、軽やかに操作ができると、腰がすわる6~7ヵ月頃に選ぶ2代目として根強い人気を誇っている。
日本限定仕様として、蒸し暑い夏でも快適なメッシュシートや、撥水機能で汚れも防ぐフード、フードをたたんだ際にしっかりとホールドできるフードリンクロックなど、日本向けの機能を搭載。

■参考価格:18,000円(税別)
■対象年齢:6ヵ月~25kg
■スペック:重さ4.85kg / 全4色
>> 詳細を見る



3 (63票)
キュリオ(CURIO)

 
 創業:日本 

パパも納得の純国産男前ベビーカー。

キュリオとは

日本国内の車椅子を製造する工場で作られており、しっかりした頑丈つくりが持ち味の国内ベビーカーブランド。
急にメンテナンスや修理が必要になったときも、国内の工場で迅速に対応できるので安心です。

キュリオ×パパに人気のベビーカー

curio1
 
ストローラーAS
アウトドアユースを目的にデザインされたモデル。悪路や段差もお任せのエアータイヤ、スーパーのカゴが入るスペースなど、かゆいところに手が届くつくり。
■参考価格:79,000円~(税別)
■対象年齢:3ヵ月~15kg
■スペック:重さ8.2kg / 全18色
>> 詳細を見る

 
curio2
 
ストローラーA
駅の自動改札を通過できる車幅設計や、カーゴスペースには買い物カゴが置けるなど多彩な工夫が。悪路でも安定の走行性を保つノーパンクタイヤを採用している。
■参考価格:69,000円~(税別)
■対象年齢:3ヵ月~15kg
■スペック:重さ7.9kg / 全18色
>> 詳細を見る



4 (55票)
アップリカ(Aprica)

 
 創業: 

ベビー目線で作る「楽しい」アイテム。

アップリカとは

ベビーが「気持ちいい」「楽しい」と思えるような商品を提供する国内ブランド。ベビーカーやチャイルドシード、抱っこひもなどを扱い、その全てに赤ちゃん医学、育児工学のノウハウが組み込まれた赤ちゃん目線の機能を追求している。
 
さらに、「守ってあげたいからだの未熟性、育んであげたい心の発達」というテーマから、からだと心を守り育む医学構造を導きだし、製品作りをしている。

アップリカ×パパに人気のベビーカー

aprica01
 
スティック
都会派パパにおすすめな「ハイ&スリム」の好バランス。53cmのハイシートで路面の熱やホコリから赤ちゃんを守り、たたむとA4サイズのスペースに収まるスリムさ。ショルダーベルト付きで持ち運びもラクラク。

■参考価格:45,000円(税別)
■対象年齢:新生児(1ヵ月)~15kg(36ヵ月)
■スペック:重さ5.7kg / 全5色
>> 詳細を見る

 
aprica02
 
オプティア
乗り心地がよく、洗濯機で丸洗いも可能なシートを採用。赤ちゃんの快適と安全、パパの利便性を両立している人気モデル。押す人を選ばない中性的なデザインはパパママ兼用に。

■参考価格:64,500円(税別)
■対象年齢:新生児(1ヵ月)~15kg(36ヵ月)
■スペック:重さ6.8kg / 全5色
>> 詳細を見る



5 (49票)
ハグミー(hugme)

 
 創業:日本 

日本のベビーカー事情に合わせた「便利機能」が満載!

ハグミーとは

海外ブランドを思わせる洗練されたデザインと、日本人のライフスタイルに合った作りで人気の国産ベビーカーブランド。
子育て中のパパママを応援する、ビビッドな色使いや細やかな工夫が特徴。代官山、表参道ヒルズ、芦屋、星が丘に直営店舗があり、実際に商品を触って試すことができる。

ハグミー×パパに人気のベビーカー

hugme1
 
hugme+
男性も似合うクールなデザインと高い実用性を兼ね備えた万能モデル。
コットとシートをチェンジでき、それぞれが対面と背面切り替え可能。さらに室内ではバウンサーとしても使える驚きの5way。後輪はエアータイヤ。

■参考価格:70,000円(税別)
■対象年齢:新生児(1ヵ月)~16kg
■スペック:重さ14.2kg / 全4色
>> 詳細を見る

 
hugme2
 
hugme I
改札が通り抜けられるコンパクトなつくりながら、ヘッドサポートや肩ベルトカバー付きの優しい乗り心地。リクライニング可能で開閉も簡単。

■参考価格:47,000円(税別)
■対象年齢:新生児(1ヵ月)~18kg
■スペック:重さ8.0kg / 全4色
>> 詳細を見る



6 (47票)
マイクラライト(MICRALITE)

 
 創業:イギリス 

ユニークなフォルムが目を引く英国発バギー。

マイクラライトとは

イギリス生まれのベビー用品ブランド。育児経験から生まれた独自の発想で作られた革新的なデザインのベビーカーは、特にイクメンパパたちからの熱い視線が集中!

マイクラライト×パパに人気のベビーカー

micralite1
 
スーパーライト
海外製最高クラスの軽量フレームが話題の人気モデル。他にはないルックス、段差もスイスイの快適な走行で、個性派パパママから絶大な支持を得ている。
カラフルなシートパッドなどでカスタマイズできるのも魅力。

■参考価格:45,000円(税別)
■対象年齢:7ヵ月~15kg
■スペック:重さ6.5kg / 全3色
>> 詳細を見る



7 (42票)
コンビ(Combi)

 
 創業:日本 

安心・安全にこだわった、愛情をカタチにする物作り。

コンビとは

ベビーとママ・パパというコンビを応援する企業でありたい、という願いから名づけられた“コンビ”。ベビーカー、チャイルドシート、ケア用品、ベビー食器など、育児に必要なアイテムを幅広く取り扱っている、日本を代表するベビーグッズメーカーです。

コンビ×パパに人気のベビーカー

combi01
 
F2plus AF
B型(背面式)ながら1ヵ月から使え、軽量3.9kgが魅力の人気モデル。53cmハイシートや165°フルリクライニングを搭載。さらに片手で操作しやすいハンドルや「左右連動ブレーキ」も安心。
使いやすくて価格はこなれており、初めての1台にもおすすめです。

■参考価格:35,000 円(税別)
■対象年齢:1ヵ月~36ヵ月頃(体重15kg以下)
■スペック:重さ3.9kg / 全4色
>> 詳細を見る



8 (39票)
クイニー(Quinny)

 
 創業:オランダ 

ヨーロッパらしいハイセンスなベビーカー。

クイニーとは

1962年にオランダで生まれ、世界80ヵ国で販売されているグローバルなブランド。高い安全性と独創的なデザインが特徴で、いつでも、どこでも一緒にいたいというパパ・ママの思いを形にした製品が並ぶ。

クイニー×パパに人気のベビーカー

quinny1
 
ジャズ(YEZZ)
流線型のスタイリッシュなフォルムが目を引くこちらは、ハイセンスなパパから支持を得ている定番モデル。3輪構造のしなやかで軽い走行性はもちろん、世界最小クラスのコンパクトな折りたたみ性能で、使用しない時の持ち運びもラク。機能面でもデザイン面でもオリジナリティを主張する。
 
パラシュートで使用されている生地をシート&サンキャノビーに採用しているため、軽いだけでなく丈夫なほか、高精度のベアリングを備えたスケーターウィールでスムーズな走行を実現。

■参考価格:30,000円(税別)
■対象年齢:6ヵ月~15kg
■スペック:重さ5.6kg / 全4色
>> 詳細を見る



9 (21票)
ジープ(Jeep)

 
 創業:アメリカ 

男の子にぴったりなカッコいいデザイン。

ジープとは

タフな男たちに支持されるアメリカ生まれの四駆自動車メーカー。車はもちろん、パパのライフスタイルをサポートするベビーカーやカーシートも展開しており、特に“車好きな男性”に人気。

ジープ×パパに人気のベビーカー

jeep1
 
スポーツスタンダード
車好きパパも気になる「Jeep」マークのベビーカーは、軽量にもかかわらず安定感抜群のホイールが特徴的。前輪には上下左右の動きに対応する3Dソフトサスペンションがつき、路面の振動をキャッチ。
折りたたんだ時は、A4サイズのスペースに収まるコンパクトサイズ。自立スタンドもついて便利。

■参考価格:12,000円(税別)
■対象年齢:7ヵ月~36ヵ月
■スペック:重さ5kg / 全3色
>> 詳細を見る



10 (18票)
サイベックス(CYBEX)

 
 創業:ドイツ 

快適な機能性と洗練されたデザイン。

サイベックスとは

2人の子どもを持つ創業者(マーディン・ボス)が、親が愛着を感じ、本当の楽しんで使えるベビー・子ども用品を創りたいと考え、製品づくりに挑んできた企業。
一般的な水準の上をゆく安全性と品質、デザインは、ヨーロッパの一流エンジニアや国際的なデザイナーらを起用することにより、モダンで革新的な育児用品の象徴となった。

サイベックス×パパに人気のベビーカー

 cybex1

プリアム(PRIAM)
人気モデルのプリアムは、共通のフレームで3種類の異なるシートとホイールからカスタマイズして選べるシステムを採用。
チャイルドシートとも兼用できるベビーシート、対面・背面式どちらでも使用できる、リクライニング可能なラックスシート、キャリーコート(日本未発売)からライフスタイルに合わせて選択できる。

■参考価格:118,000円(税別)
■対象年齢:1ヵ月~4歳頃(17kgまで)
■スペック:重さ17kg / 全3色
>> 詳細を見る



11 (16票)
ストッケ(Stokke)

 
 創業:ノルウェー 

独特のデザインに北欧のセンスが光る。

ストッケとは

1932年に設立され、以来世界60ヵ国以上で愛されるノルウェーのベビー用品ブランド。常に子どものことを第一に考え、製品を生み出すことをモットーにしている。
どの製品においても、親子のアイコンタクトやふれあいを大切にし、機能的で長く使える丈夫な商品を提供。

ストッケ×パパに人気のベビーカー

stokke1
 
スクート2
対面と背面が切り替えられ、片手で簡単に折りたためる定番モデル。シート位置が高めなので、カフェなどでハイチェアとしても使用できるのも魅力。ハンドル位置は調整可能。
■参考価格:80,000円(税別)
■対象年齢:1ヵ月~15kg
■スペック:重さ13kg / 全7色
>> 詳細を見る



12 (13票)
ペグ・ペレーゴ(Peg・Perego)

 
 創業:イタリア 

父として活躍するイタリアの伊達男も愛用する、スタイリッシュなルックス。

ペグ・ペレーゴとは

イタリアの老舗ベビーカーブランド。石畳が多いイタリアの街並みを、すいすい走れる走行性のよさが何よりの魅力。コンパクト派には、軽さが嬉しいPiko miniも人気。

ペグ・ペレーゴ×パパに人気のベビーカー

pegperego1
 
Si(シー)
1ヵ月~20kgまで使える、タフで頼れるロングユース。さらに360度回転するシングルタイヤを採用することによって、操作性を大幅にアップした人気No.1モデル。
立ったまま簡単に折りたためて、自立するのも大きなウリ。1人目のパパさんにもおすすめです。

■参考価格:50,000円(税別)
■対象年齢:1ヵ月~20kg
■スペック:重さ7.8kg / 全4色
>> 詳細を見る



13 (7票)
カトージ(KATOJI)

 
 創業:日本 

旬のベビーカーが集合する老舗。

カトージとは

「自分らしく楽しい育児をしたい」と願うママやパパのために、遊び心あふれるベビーグッズを提案している。
日本の総合ベビー用品メーカーとしての印象が強いが、実はオリジナルのベビーカーもユニークな着眼点のものが多い。軽量&コンパクトなアルミフレームも人気。

カトージ×パパに人気のベビーカー

katoji1
 
ライトトラックス エア
コットとシートを付け替えて、新生児から3歳まで使用できる欧米スタイルを取り入れた1台。改札口もラクに通過できる車幅53cmで、安定感抜群のダブルタイヤを搭載。大きなカーゴスペースもあり。

■参考価格:40,000円(税別)
■対象年齢:新生児(生後1ヵ月)~15kg
■スペック:重さ10.1kg / 全2色
>> 詳細を見る



14 (6票)
ベビーゼン(BABYZEN)

 
 創業:フランス 

ヨーヨーのような動きで、簡単におりたたみが可能。

ベビーゼンとは

「使いたいベビーカーが見つからない」という不満を持った、5人のイクメンたちが立ちあげたフランスのブランド。禅をイメージした、機能的かつ無駄を省いたデザインが特徴。

ベビーゼン×パパに人気のベビーカー

babyzen1
 
ヨーヨー プラス(yoyo+)
簡単な動作で瞬時に開閉可能。バッグのように肩にかけて持ち運べるので、電車やバスの移動が多いパパにおすすめ。
コンパクトベビーカーには珍しく、リクライニング可能なのも見逃せない。

■参考価格:65,000円(税別)
■対象年齢:首すわり後、生後6ヵ月頃~3歳の誕生日まで
■スペック:重さ6.2kg / 全15色
>> 詳細を見る



15 (5票)
コサット(COSATTO)

 
 創業:イギリス 

テーマは「クール&ファンキー」!

コサットとは

ベビー服ブランドでいう『BABYDOLL』のような、鮮やかな色柄のポップ&やんちゃなデザインが特徴の、イギリス生まれのベビーカーブランド。
また、コサットの特徴の一つといえるのが充実の付属品。オムツ替えシートやリバーシブルのフットマフが付属するモデルも。季節や気分によって表情を変えて楽しめる。

コサット×パパに人気のベビーカー

cosatto1
 
ギグル(GIGGLE)
片手ですいすい操作できるポップなUK発の3輪バギー。付属のバシネットとシートを使い分け、新生児から3歳頃まで使用可能。シート使用時は対面と背面の切り替えもできる。

■参考価格:69,300円(税別)
■対象年齢:バシネット0~6ヵ月、シート6ヵ月~15kg
■スペック:重さ8.5kg / 全2色
>> 詳細を見る



16 (3票)
フォーマムズ(4moms)

 
 創業:アメリカ 

ボタン1つで開閉が可能な、自動開閉式ベビーカー。

フォーマムズとは

バウンサーやベビーカーなど、子育てをラクにする電動ベビー用品を開発しているアメリカのブランド。アイディアあふれる画期的な商品が、世界から注目されている。

フォーマムズ×パパに人気のベビーカー

4moms1
 
4moms Stroller
ボタン1つで開閉し、押して歩くことによって充電される世界初のベビーカー。走行距離などが表示されるパネルや足元を照らすライトが、男ゴコロをくすぐる。
■参考価格:150,000円(税別)
■対象年齢:腰すわり~18kg
■スペック:重さ18kg / 全5色
>> 詳細を見る



Loading ... Loading ...




もっと見る

その他


この記事を見た方は、こんなページも見ています
サイトの人気ページTOP5!

カテゴリ一覧



検索(アイテムで検索ができます)

最新の記事一覧

人気のカテゴリー






ジーンズ 人気ブランド(男性)

スタイル別 ブランド

  • ブランドプレゼント×アンケート

    プレゼントで貰って嬉しい、ブランド物といえば?

    投票結果だけ見る

    読み込み中 ... 読み込み中 ...
ページ上部に