50代デニム

 

「カッコいいジジイ」になれる1本が見つかる!

小洒落たい日にもリラックスしたい休日にも、何はともあれ使える万能ズボン「デニム(ジーンズ)」。

 

今回はMADURO、GG、LEONなど「50代・60代男性ファッション雑誌×デニム特集」の常連15ブランドを元にしたデニムブランドランキングと、おすすめのモデルを紹介しています。

 

目次

①50代・60代のデニムブランドランキングTOP15

■1位:インコテックス【パンツの最高峰】

■2位:ヤコブ コーエン【上品デニムの先駆者】

■3位:リーバイス【デニム界のキング】

■4位:PT05【イタリアおやじの定番】

■5位:ユニクロ【低価格×良品質】

■6位:ビッグジョン【ジャパンデニムの老舗】

■7位:ラングラー【旧き良きアメリカンデニム】

■8位:ヘブントゥ【細身×美シルエット】

■9位:ケア レーベル【洒落者御用達】

■10位:エドウィン【日本の代表格】

■11位:GTA【モードなデニム】

■12位:ロイ ロジャース【イタリア最古】

■13位:ヴィガーノ【100年以上パンツ専業】

■14位:エンポリオアルマーニ【意外すぎるダークホース】

■15位:ウエストオーバーオールズ【期待の新星】

 

②デニムコーディネート

50代・60代×デニムの着こなし例

①50代・60代のデニムブランドランキングTOP15

 人気ランキング(投票数順) 
●総投票数:696票
1 (120票)
インコテックス(INCOTEX)

 
海外公式サイト:https://www.slowear.com/
 
「快適な穿き心地」と「美脚」の両立ならココ!
 
 価格帯:32,000円~41,000円   創業国:イタリア 

インコテックスについて

男の美脚パンツにおけるトップブランドと問えば、誰しもがここの名を挙げることでしょう。1951年にベネチアで創業した同ブランドは、日本人体型にマッチするJ35を筆頭に、「男の脚を細く長く見せてくれる」と評判のモデルが多数。
 
デニムの特徴は、腰回りのフィットを高めるハイバックや、視覚的に細く見せるために後ろ身頃を多めに取る点。これらはやはり、スラックスで培った技術の賜物といえます。

50代・60代に人気のデニム3選。

インコテックス デニム
 
【N35】
名作スラックス「030」をデニムでアレンジし、これまでの“お堅い”印象にソフトな印象を加味。
ストレッチも効いているので穿き心地も上々。デニム×ジャケットで合わせ、オンでも楽しめる傑作です。

 
インコテックス デニム1
 
【SKIN FIT】
インコテックスのスラックスラインから、前下がりのウエストライン、スリットポケット、センタークリースなどスラックスの意匠はそのままに、生地だけストレッチデニムに置き換えた1本。
尻ポケ上にはブランドのメタルロゴが縫い付けられています。

 
インコテックス デニム2
 
【SKY】
股下からの吸い付くような美ラインは、さすがイタリアパンツ界の巨頭。
浅い股上にはジップフライを採用。ヴィンテージ市場では通称“肉盛り”と呼ばれる中央が盛り上がったベルトループなど、アメリカンデニムの面影も。



2 (110票)
ヤコブ コーエン(JACOB COHEN)

 
海外公式サイト:http://jacobcohen.it/
 
ジャケットに合う「ドレスデニム」という新たなスタイルを確立。
 
 価格帯:40,000円~80,000円   創業国:イタリア 

ヤコブ コーエンについて

1985年、テーラードデニムという画期的な概念をテーマに、イタリアンデニム界の重鎮「タト・バルデッレ」氏と、某有名ブランドのクリエイター達が集結し設立。

デニムは直線的なシルエットではなく、尻や脚のラインに沿った立体的なスリムフィットを採用。デニム地はオンスを軽くしストレッチを効かせて、穿き心地を向上。
さらに生地の段階で、蒸気の出るアイロンワークによってクセ取りを念入りに行う点など、「随所にテーラード志向」が伺えます。

50代・60代に人気のデニム3選。

ヤコブ コーエン デニム1
 
【J688】
同ブランドの顔といえる定番のJ688シリーズ。定番の名に相応しく、ストイックすぎないほど良いスリムテーパード加減が魅力です。
ゴワつきがちな股部分も、スラックスと同様に丁寧にアイロンでイセ込むことで、無駄のないシルエット作りに貢献。

 
ヤコブ コーエン デニム2
 
【J622】
新定番として君臨するJ622シリーズ。上のJ688と比べると「股上を1.5cm浅く」した設計が特徴。
こちらはリミテッドライン(最上位モデル)で、見所はディティールの豪華さ。高級腕時計ブランドと同じスチール製のトップボタン 他多数のパーツがランクアプされ、色落ちしたラフなデニムを数段格上げしています。

 
ヤコブ コーエン デニム3
 
【JACKY(ジャッキー)】
スラウチ風のモダンなシルエットが印象的で、同ブランドでは珍しく「男らしさ」をアピール。
ところどころにヴィンテージライクなダメージ加工を施しつつ、余分な装飾を省くことで大人っぽく仕上げています。



3 (94票)
リーバイス(Levi's)

 
公式通販サイト:https://www.levi.jp/
 
変わらぬ頂点、キングオブデニム。
 
 価格帯:10,000円~30,000円   創業国:アメリカ 

リーバイスについて

1853年、リーヴァイ・ストラウスが創業。1871年に世界初のジーンズを誕生させる(当初はリベット補強されたワークパンツでしたが、第二次世界大戦が終わる頃には、現在とほぼ同じデザインを確立)。
世界的に有名な501XXをはじめ、人気モデルを多く抱えるデニム界の原点にして頂点。

50代・60代に人気のデニム3選。

リーバイス デニム
 
【501XX】
時代に即してリファイン(打ち抜き型リベット、セルビッジ付きの味わい深い生地に変更など)を繰り返す名作。
中でも1950年代中期に登場したこの「501ZXX」は、多くのデニム好きから高く評価されています。

 
リーバイス デニム1
 
【527 ブーツカット】
ジーンズ界におけるブーツカットの名作。
このブーツカットは、1971年にカウボーイ向けの街着として登場。「ブーツカット」の名のとおり、ブーツを履きやすい広めの裾が人気を呼びました。

 
リーバイス デニム2
 
【606】
1960年代後半に登場したスリムフィットの復刻版。
股上深めで、裾にかけてテーパードがレッグラインを美しく演出。



4 (65票)
PT05(ピーティーゼロチンクエ)

 
海外公式サイト:http://www.pt-pantalonitorino.it/
 
コンセプチュアリーで遊びのある一本ならココ!
 
 価格帯:32,000円~40,000円   創業国:イタリア 

PT05について

2008年にスタートしたパンツ専業ブランド「PT01」が、2009年から展開するカジュアルコレクション。

同コレクションのデニムパンツはイタリア国内で最も実力があると評されるプレミアデニム工場で生産されるとあって、美シルエットはもちろん、色落ち加減もお見事。
ブランドの出自を辿ると生地屋に行き着くと聞けば、それも納得。

50代・60代に人気のデニム3選。

PT05 デニム
 
【SWING】
名目上はスーパースリムフィットではありますが、スキニーというわけではなく、おやじ世代が穿いても様になります。
ご覧の通り、膝下からのテーパードを効かせており、スニーカーと合わせてもすっきりと品良くまとまってくれます。

 
PT05 デニム1
 
【REGGAE】
さすが専業ブランドと思わせるテーパードのプロポーション。腰回りにゆとりを持たせて穿き心地に留意している点も抜け目ありません。
折り目の正しいクリースラインに加えて、オレンジのフロントボタンが良いアクセントに。

 
PT05 デニム2
 
【SOUL】
名作「リーバイス501」をややスッキリさせたようなシルエットが特徴。
イタリアらしい美脚と、アメリカンな雰囲気を併せ持っています。



5 (52票)
ユニクロ(UNIQLO)

 
公式通販サイト:http://www.uniqlo.com/
 
進化し続ける「低価格ジーンズ」の代名詞。
 
 価格帯:2,990円~3,990円   創業国:日本 

ユニクロについて

言わずもがな。今や「安くて品質の良いデニムパンツ」といえば必ず名前が挙がるブランド。
 
1本1万円以上が当たり前だった時代に1本3千円という価格破壊を起こし、腕時計界のクオーツショックならぬ「ジーンズショック」を巻き起こしました。
当時から価格こそ変わらないものの、毎年シルエットの見直し、機能性の向上といった品質アップを続けています。

50代・60代に人気のデニム3選。

ユニクロ デニム
 
【ウルトラストレッチスキニーフィット】
イタリアデニム並みの細身シルエットながら、抜群のストレッチでストレスを感じさない、そんな「美しさ」と「快適さ」を兼ねた人気モデル。
さすがに高級感こそ無いですが、気軽にイタリアの伊達男っぽい着こなしが楽しめます。

 
ユニクロ デニム1
 
【レギュラーフィット】
メタボなおやじさんにも嬉しい、幅広いサイズ展開があるストレートシルエット。
デザインはあくまでオーセンティック。流行に流されることなく長く愛用可能です。

 
ユニクロ デニム2
 
【スリムフィット】
どんな体型でも美脚に見せるスリムフィット。
快適なストレッチ性、本格的な色落ち感、エイジング etc…。ジーンズ発売当初から力を入れているモデルだけに、“ユニクロの一番おいしい所”が味わえます。



6 (47票)
ビッグジョン(BIG JOHN)

 
公式サイト:http://www.bigjohn.co.jp/
 
「10年穿けるデニム」がコンセプトの、ジャパンデニムの雄。
 
 価格帯:10,000円~26,000円   創業国:日本 

ビッグジョンについて

EDWINと並び「日本製デニム」を牽引し続ける、80年近い歴史をもつ国内デニムブランド。
世界的に有名なデニムの産地「岡山県・倉敷市」に拠点をもち、業界では初のワンウォッシュ加工を採用するなど、新たなチャレンジを続けてきた姿勢は今も変わりません。

50代・60代に人気のデニム3選。

ビッグジョン デニム
 
【RARE】
ビッグジョンの技術を集結した最高峰モデル。
この為に作られた藍聖セルヴィッジデニムは、穿き込むほど風合いが変化し、自分流に馴染むエイジングが楽しめる。

 
ビッグジョン デニム1
 
【M3】
トルコのデニムメーカー(iSKO社)と共同開発したハイパワーストレッチデニムを採用。
どんな動き、ねじれもストレスは皆無! シンプルな濃紺~ラフなダメージまで、種類も多彩に用意されています。

 
ビッグジョン デニム2
 
【M1】
クラシカルなデザインを現代的にアップデートしたモデル。
懐かしい雰囲気を醸しつつ今どきらしく着こなせる、そんな所が「おやじさん世代」に支持されています。



7 (46票)
ラングラー(Wrangler)

 
公式通販サイト:https://wrangler-jeans.jp/
 
古き良きアメリカを象徴。
 
 価格帯:8,000円~21,000円   創業国:アメリカ 

ラングラーについて

創業1904年。ブランド創業から70年以上が経ち、アメリカの3大ジーンズブランド(LEVI'SやLEE)のひとつとして抜群の知名度を誇る「ラングラー」。
かつてカウボーイ向けに作っていたというルーツがあるだけに、生み出すジーンズには古き良き時代の空気を残しています。

50代・60代に人気のデニム3選。

ラングラー デニム
 
【11MWZ】
世界初のデザイナージーンズである11MWZ。
コンセプトは本物のカウボーイのためのジーンズで、シルエットはモダン。11MWZはそのゴシップ版で、こちらは1955年モデルの復刻。

 
ラングラー デニム1
 
【ウエスタンジーンズ】
ともするとルーズになりがちなワイドシルエット。
でもこちらはシンプルな作りによって“だらしなく”見えず、あくまで大人リラックスとして穿けるのが人気の理由です。

 
ラングラー デニム2
 
【12MWZ】
11MWZを現代的にアレンジしたスリムシルエット。
フラットリベット、7本ベルトルームなど「カウボーイ着用」を想定したデザインが、古き良きアメリカを想起させます。



8 (30票)
ヘブントゥ(HEAVEN TWO)

 
公式サイト:http://www.heaventwo.jp/
 
人体工学に基づいた美しいシルエット。
 
 価格帯:28,000円~35,000円   創業国:イタリア 

ヘブントゥについて

フランスのビッグメゾンでデザイナー兼パタンナーを務めていた「ジルベルト・ダルモン」氏が2003年に設立したパンツ専業ブランド。
 
ここの特徴は、サルトリア気質な技術を用いながらも、ドレスパンツとは一線を画すパターンを採用している点。後身から前身に向かって、独特の曲線を描くパターンがまさにそれですが、これは美シルエットと穿き心地の両立を目指した結果。

50代・60代に人気のデニム3選。

ヘブントゥ デニム
 
【JOE】
フロントまでせり出すバックヨークに、やや後ろに傾倒させた前身が特徴となるモデルJOE。
こちらは人体工学に基づくもので、浅い股上やスリムシルエットを快適に穿くことができます。その他にも、随所にテクニカルなディティールが盛り沢山です。

 
ヘブントゥ デニム1
 
【JOE WHITE】
こちらは、上のモデルのホワイトバージョン。
ドレス感たっぷりな美シルエットは、ホワイトデニムのクリーンな印象と好相性。センタークリースを入れて、まさしくスラックス感覚で穿きこなすのも一興です。

 
ヘブントゥ デニム2
 
【REED】
オーセンティックな5ポケットスタイルをベースにしながら、サイド股上をやや浅く設定しトレンド性を高めた一本。
パターンはかなり独特で、誰が穿いても美しい細身シルエットを演出します。



9 (28票)
ケア レーベル(CARE LABEL)

 
海外公式サイト:http://carelabelbrand.com/
 
世界一の洒落者が作った「洒脱なデニム」。
 
 価格帯:26,000円~38,000円   創業国:イタリア 

ケア レーベルについて

2007年、フィアットの御曹司であり、世界的なファッションリーダーとして有名な「ラポ・エルカーン」氏が設立。持ち味は、ちょうど大人が穿けるリアルにこだわったエイジング加工。
 
もちろん、シルエットの美しさは言うに及ばず。イタリアンブランドらしい細身のコンパクトなパターンを採用。さじ加減抜群な色落ち加工と相まり、今どきのジャケパンに最も相性のいいデニムパンツと言っても差し支えありません。

50代・60代に人気のデニム3選。

ケア レーベル デニム
 
【スラック352】
そのモデル名のとおり、スラックスを意識した一本。
ブランドの定番スタイルであり、コンパクトな腰回りから裾までの流麗なテーパードラインは、ジャケット着用を想定。ドレスからカジュアルまで幅広く使えるモデルです。

 
ケア レーベル デニム1
 
【タイト202】
スラックモデルとともに、定番モデルとなるタイト202。
スリムテーパードシルエットが、文字通りのタイトな美脚を演出。ウエスタンポケットを採用しながらも、上のスラックと同様に、ジャケットとのバランスが考慮されています。

 
ケア レーベル デニム
 
【タイト202 ホワイト】
上記タイト202のホワイトバージョン。
彩度の高いホワイトデニムと細身シルエットが、ジャケットやコートスタイルをエレガントに演出してくれます。



10 (25票)
エドウィン(EDWIN)

 
公式通販サイト:https://edwin.co.jp/
 
日本のジーンズの代表格。
 
 価格帯:6,700円~20,000円   創業国:日本 

EDWINについて

「日本初の国産ジーンズ」を開発したジャパンデニムのパイオニア。
代表作503を中心に、近年は機能系ジーンズにも注力。その安定感とコストパフォーマンスは群を抜いています。

50代・60代に人気のデニム3選。

EDWIN デニム
 
【E スタンダード】
50余年の歴史に裏打ちされた理想系と位置づけられる「Eスタンダード」のスリムテーパード。
ポリウレタン混のソフトなストレッチデニムに、最小限ながらバランス良くダメージを施工。部屋から外出まで楽ちんな一本に仕上げています。

 
EDWIN デニム1
 
【インターナショナルベーシック】
すべてが日本製。エドウィンが世界に向けた「国産ジーンズ」のスタンダード的な位置づけ。
こちはその汎用性の高さから、40代・50代で安定した人気を誇るレギュラーストレート×ブラックデニム。他にも6カラー&5シルエットを用意。

 
EDWIN デニム2
 
【503 クール】
かのブラッドピットのCMでもお馴染み。一大ムーブメントを巻き起こし“世界に通用する日本のジーンズ”を決定付けた503。
こちらは夏でも涼しく穿ける503サマーモデル。とりわけ白デニムは季節的にも重宝する名品です。



11 (22票)
GTA(ジーティーアー)

 
海外公式サイト:http://www.gtamoda.com/
 
イタリアンモードを突き進む美デニム。
 
 価格帯:27,000円~34,000円   創業国:イタリア 

GTAについて

1955年にパンツファクトリーとして創業。
スリムフィット713やコンパクト尻の800といった美脚スラックスの名品を多数生み出す一方で、モードラインのGTA Designでは、カジュアル派のファン層も獲得。

50代・60代に人気のデニム3選。

GTA デニム
 
【バイロン】
美脚パンツの雄が作るデニムスラックス。
グルカパンツをベースとするタック入りのクロップド丈は、ダブルで仕立てるのが大人の美学。サスペンダーでこなしても絵になります。

 
GTA デニム1
 
【ジョルジオ】
ドレスパンツをベースに、ミリ単位でカジュアル向けに調整したリブパンツのデニム版。
腰回りはゆったりとさせつつ、膝下からは細身のテーパードに。スラントポケットやアジャスターベルトなど、ディティールにスラックス的思想がにじみます。

 
GTA デニム2
 
【アルベルト】
パターンはジョルジオと同様ながら、カーゴポケットを採用。
ジャージー地のタイプで、よりリラックス感の高い穿き心地を得られますが、シルエットはもちろん細身で洗練。ジャケパンに合わせられるリブパンツとして支持されています。



12 (21票)
ロイ ロジャース(ROY ROGERS)

 
海外公式サイト:https://www.royrogers.it/
 
イタリアの美シルエット×アメリカンデニムの特徴を兼備。
 
 価格帯:28,000円~38,000円   創業国:イタリア 

ロイ ロジャースについて

渡米まで果たすほど生粋のアメリカンデニム好き「フランチェスコ」氏が、1952年に創業したイタリア初のデニムブランド(現在はトータルウェアブランドへと成長)。
 
イタリアンデニムらしい美シルエットや遊び心のある裏地使いを見せながらも、デニム本来の魅力である「タフ&ラフ」をにじませるのは、創業者の志向といえます。

50代・60代に人気のデニム2選。

ロイ ロジャース デニム
 
こちらはレギュラーフィットを採用したエントリーモデル。
体型を選ばない万能シルエットを、深みの有るリアルな色落ちがヴィンテージ顔に。さすがイタリア最古の貫禄が漂います。


 
ロイ ロジャース デニム2
 
スリムテーパードとスラントポケットの併用が、深みのある色落ちをあくまで大人顔に。
短時間でウォッシュ加工をすることで、デニムの風合いをキープしたまま、味のある色落ちに仕上げています。



13 (16票)
ヴィガーノ(VIGANO)

 
海外公式サイト:http://vigano20050.com/
 
1世紀の歴史を持つ、伊パンツ業界きっての老舗。
 
 価格帯:29,000円~35,000円   創業国:イタリア 

ヴィガーノについて

パンツ専業ブランドとしては半世紀ですが、ファクトリーとしては1世紀近い歴史を持つ、イタリアパンツ界屈指の老舗。
それだけに伝統的なディディールはお手の物ですが、同時にトレンド性も備えているのが同ブランドの魅力です。

50代・60代に人気のデニム2選。

VIGANO デニム
 
【ZH-4922】
今もっとも穿きたい旬の2プリーツ。スラックス仕立てを基軸にしているからこそ、デニムでもこのシルエットが楽しめます。
ストレッチを効かせていますが、生地の風合いはデニムらしさそのもの。もちろんエイジングも期待大。

 
VIGANO デニム1
 
【ノープリーツスリムパンツ】
流れるような美シルエットを描いてますが、オールシーズン着用できるストレッチデニム生地で軽快な穿き心地を両立させています。
また、ディティールこそスラックスを踏襲しながらも、デニムの魅力を生かすために、専用のパターンを引いている点もポイント。



14 (13票)
エンポリオ アルマーニ

 
海外公式サイト:https://www.armani.com/
 
意外にも!? 品格デニムが得意です。
 
 価格帯:24,000円~38,000円   創業国:イタリア 

エンポリオ アルマーニについて

イタリア発のトータルファッションブランドであり、ジョルジオアルマーニのセカンドライン。
若者向けかと思いきや、雑誌「MADURO」「LEON」ともにジーンズが掲載されているので今回ランクインしています。

50代・60代に人気のデニム3選。

エンポリオ アルマーニ デニム
 
【J15】※LEON掲載
ベーシックな5ポケットのスタイルですが、レーザーカットの裁断やシートプレスにより、スラックスのように端正でスマートなシルエットを表現。
ワンウォッシュデニムの上品な表情も魅力。

 
エンポリオ アルマーニ デニム1
 
【J06】※MADURO掲載
ブラックデニムによるパッチワークと、絵の具の飛び散り、何度もやんちゃなハプニングに見舞われたかのような一本。
派手めなクラッシュもしっかりとリペアされているから、おやじさんにとってはちと恥ずかしい肌見せをせずに済むのが嬉しい。

 
エンポリオ アルマーニ デニム2
 
【J31】
クラシックな魅力溢れるこのモデルは、ナイロン混によるほのかな光沢感と高い伸縮性がウリ。
休日はもちろん、ビジネスでもはけるくらいの貫禄を約束します。



15 (7票)
ウエストオーバーオールズ

 
出典(通販サイト):https://flagshop.jp/
 
ビンテージの雰囲気と、デザイナーズブランドの洗練を融合。
 
 価格帯:19,000円~23,000円   創業国:日本 

ウエストオーバーオールズについて

2017年春にデビューしたばかりの、ジーンズをメインとした新星デニムブランド。
確固としたコンセプトと、ジーンズ好きをはじめとした玄人好みの本格的なプロダクトで評価を集めています。

50代・60代に人気のデニム3選。

ウエストオーバーオールズ デニム
 
【806T】
細すぎないテーパードシルエットで、腰周りはゆったりとした作り。
デニムの成り立ちを重んじ、通常使われているベルト部分のパーツを省いている、そんな所も同ブランドらしい意匠です。

 
ウエストオーバーオールズ デニム1
 
【801S】
同ブランドの顔とも言える定番モデルで、ゆったりとしたストレートが持ち味。
広島・福山のオリジナル13.5ozデニムを使用。

 
ウエストオーバーオールズ デニム2
 
【803W】
股上の深いワイドなシルエットで股下もやや長め。
武骨な男らしさを目指した一本は、タックインしやすく、はき心地も抜群。



Loading ... Loading ...

②【ナウい!】50代・60代×デニムの着こなし

※クリック(拡大) or スライドできます。

 

いかがでしたでしょうか

60代デニム

 

今回は各雑誌(MADURO、GG、LEON)の傾向もあり、ややイタリアブランドが多い傾向となっています。

 

もし本場アメリカのデニムブランドや、質実剛健な日本のデニムブランドを探しているというお方は、下記の記事も参考にしてみて下さい。

 

一応40代・30代となっていますが、どちらとも「大人が穿けるデニムブランド」を厳選していますし、イタリア以外も豊富に紹介しています。

 

大人カジュアルなヤヌーク、上品なマッキントッシュが狙い目! 40代男性に人気のデニムブランドランキングTOP15

記事の続きを読む »

「大人の安いデニムブランド5選」は必見! 30代男性に人気のデニムブランドランキングTOP15

記事の続きを読む »

今見ておくべき「上品なデニム」はコレ! デニスラの人気ブランドまとめ

記事の続きを読む »

ダンディなアラフィフ&団塊の世代に! バイク乗りに人気のジーンズ&ブランド

記事の続きを読む »





もっと見る

50代男性の人気ブランド


この記事を見た方は、こんなページも見ています
  • 40代・50代 靴ブランド

    大人が似合う、人気の靴(紳士靴・スニーカー・ブーツ・サンダル)ブランドランキング。父・旦那さんのプレ...

  • keycase

    40代・50代男性 人気キーケースブランド

    40代・50代男性への誕生日プレゼントにもおすすめ!渋い大人の方が似合う、人気キーケースブランドを紹...

  • 40代・50代 人気の財布ブランド

    40代・50代男性の財布ブランドランキングを発表しています。定番のポーター、高級ブランドのルイヴィト...

  • 50代 人気の腕時計ブランド

    『50代男性の腕時計ブランドランキング』とオススメ腕時計を紹介。50代社会人が持つべき時計や、旦那・...

  • 50代 コートブランド

    定番・高級・イタリアなどなど、大人に相応しい『50代男性に人気のコートブランドランキング』を発表。各...

サイトの人気ページTOP5!

カテゴリ一覧



検索(アイテムで検索ができます)

最新の記事一覧

人気のカテゴリー






ジーンズ 人気ブランド(男性)

スタイル別 ブランド

  • ブランドプレゼント×アンケート

    プレゼントで貰って嬉しい、ブランド物といえば?

    投票結果だけ見る

    読み込み中 ... 読み込み中 ...
ページ上部に