デニムスラックス

 

1本は持っておきたい「名品デニムスラックス」も紹介!

昨年、ついにあのリーバイスから発売され話題になったデニムスラックス(デニムトラウザー)。

 

デニムスラックスといえば、今まではイタリアのパンツ専業ブランドから発売される「マイナーな部類のパンツ」だったものの、王道ジーンズブランドの新提案により にわかに注目を浴びています。

 

 

今回はそんなデニムスラックスに焦点を当て、人気ブランドや定番モデルの特徴などを解説してます。

目次(もくじ)

①デニムスラックスについて

デニムスラックスとは

②デニムスラックスの人気ブランド10選【ランキング順】

■1位:リーバイス【定番】

■2位:インコテックス【高級】

■3位:C+(シープラス)

■4位:ヤコブコーエン

■5位:アナトミカ

■6位:GTA【上品】

■7位:ビースリーメン

■8位:リディアル

■9位:ケアレーベル

■10位:ビームスライツ

①デニムスラックスとは

デニスラ

 

その名の通りデニム地のスラックスのこと。
デザインはスラックス、素材はデニム生地で作られています。略して「デニスラ」とも呼ばれます。

ちなみにデニムスラックスとデニムトラウザーは、呼び方が違うだけで意味は同じ(スラックス=トラウザー)です。

ジーンズとデニムスラックスの違い

デニムスラックスとジーンズの違い

 

大きな違いはポケット。
ジーンズは5つのポケット(通称:5ポケット)+補強のためのリベットという構成に対して、デニムスラックスはスラントポケット(斜め配置のポケット)をはじめポケットは4つ。ひとことで言うと「スーツのパンツ」のような作りが特徴です。

 

デニムスラックスの魅力

デニムスラックス

 

「スラックスの上品さ×デニムのカジュアルさ」を両方あわせ持つことがデニムスラックスの大きな魅力。

 

ちょうど立ち位置は“スラックスとジーンズの中間”にあたり、ジーンズだとラフ過ぎる…、スラックスだとカッチリ過ぎる…、そんな時にはもってこいのパンツ。

 

例としてビジネスカジュアル、大人の休日スタイル(大人カジュアル)というシーンに重宝します。また、ジャケットやコートといったキレイめアイテムと相性が良いのも特徴です。

②デニムスラックスの人気ブランド10選【ランキング順】

 ランキング(投票数順) 
●総投票数:314票
1 (106票)
リーバイス(LEVI'S)

 
 創業:1853年 / アメリカ 
 
公式サイト:http://levi.jp/

リーバイスについて

デニムの原点にして頂点が、満を持してデニスラを展開!
1853年、アメリカ・サンフランシスコで創業。1873年にリベット補強に関する特許を取得し、史上初のジーンズを誕生させた元祖。
そして現在も「デニム業界を牽引するリーディングブランド」として君臨している。

リーバイスで人気のデニムスラックス

levisdenis1
出典:http://levi.jp/
 
STAPREST 502model
STAPREST(スタプレスト)はリーバイス初のデニムスラックスシリーズであり、1964年に発売されたノンデニムの名作を現代的にアップデートし、デニム素材を採用したもの。

そして502modelは「エレガントなテーパード」モデル。センタークリースとも相まって、定番5ポケデニムとは一線を画す佇まい。しかもクリースが消えず、シワにもなりにくい。品のある休日着に絶好の一本です。
■参考価格:8,000円 / 全1色

 
levisdenis2
出典:http://levi.jp/
 
STAPREST ワイドレッグクロップ
スタプレストは全2種類(モデル)があり、こちらは流行のゆったりとしたシルエットが今の気分に合う「アンクル丈のワイドシルエット」モデル。
 
もちろんシワになりにくく、永続的に続くセンタークリースは健在。トレンドを楽しむならこちらもアリです。
■参考価格:7,000円 / 全1色



2 (63票)
インコテックス(INCOTEX)

 
 創業:1951年 / イタリア 
 
海外公式サイト(英語):https://www.slowear.com/en/brand/incotex-4

インコテックスについて

パンツ一筋 60年超。名門が手がける極上のデニスラ。
「高級スラックス」の代名詞。世界中にカジュアルなスラックススタイルを根付かせた、1951年創業のイタリアのパンツ専業ブランド。
裁断縫製技術による自然で美しいテーパードシルエット、脚が長く見えるディティールを世界に先駆けて盛り込む。その技術はデニムスラックスにも注がれています。

インコテックスで人気のデニムスラックス

incotexdenim1
 
N35 デニム
イタリア本国で絶大な人気を誇る「30型」を、日本人向けに開発したのがこの「N35型」。
メリハリのあるテーパードシルエットで美脚効果は抜群。落ち着いた濃紺も相まって、オトナな印象を醸します。クセがなくオールマイティに活躍する1本は「初めてのデニスラ」としてもおすすめです。
■参考価格:33,000円 / 全1色

 
incotexdenim2
出典:https://www.bronline.jp/
 
1st619 デニム
スキンフィットと呼ばれる、インコテックスの中で“一番細いシルエット”を採用したテーパードモデル(N35は一段階上のスリムフィットで、こちらよりも若干余裕があります)。
体型が痩せ型の人をはじめ、細身・タイトめが好きな方におすすめです。
■参考価格:35,000円 / 全2色

 
incotexdenim3
 
1AGW11 デニム
ちょっと変り種。サイドアジャスターを配した「ベルトレス仕様」が特徴的な、ワンプリーツのスリムテーパード。
フロント右には懐中時計を入れる「フォブポケット」を配しブリティッシュを加味。シャツインや、サスペンダーを使った着こなしも決まります。
■参考価格:34,000円 / 全1色



3 (44票)
C+(シープラス)

 
 創業:2014年 / イタリア 

シープラスについて

グンと脚長に見えて超快適! デニスラブームの火付け役はココ。
2014年創業。ランドリーや染色も自社で行うイタリアのパンツ専業ブランド。
イタリア製にこだわる美脚哲学で、創業から早くもデニムスラックス市場を牽引する存在となり「デニスラ界の新基軸ブランド」として認知。シャツイチも様になる美ラインは必見です。

シープラスで人気のデニムスラックス

cplusdenim1
 
RIDMARK(リドマーク)
昨今のデニスラ旋風の火付け役となったモデル。スーパースリムながらドレスパンツ的シルエットのおかげで、体型を丸ごとカバーして誰でも美脚になれる究極の1本。

あまりの人気ぶりとユーザーの熱い要望から、2015年にホワイトとオフホワイトを追加。春夏×オトナの爽やかカジュアルを叶えます。
■参考価格:26,000円 / 全4色



4 (29票)
ヤコブコーエン(JACOB COHEN)

 
 創業:1985年 / イタリア 
 
海外公式サイト(英語):http://jacobcohen.it/

ヤコブコーエンについて

ジャケットで小粋に決めたいブランドです。
1985年にイタリアはパドヴェで創業。ジーンズ=作業着という常識を覆し「テーラードジーンズ」なる語源をも生み出したデニムの名門ブランド。
「快適かつエレガントなジーンズ作り」を掲げ、立体裁断やテーラードの技術を駆使して洗練されたデニムを生み出してきた。高級ジャケットに合うスマートさは唯一無二。

ヤコブコーエンで人気のデニムスラックス

jacobcohen1
出典:http://kamitouriciao.blog69.fc2.com/
 
626
スラックスのディティールを盛り込んだ、同ブランドで一番ドレス感が高いモデル。綺麗なテーパードシルエットはもちろん、ナチュラルで美しいブルーの色落ちも醍醐味。

ブルージーンズなのにローファーやジレ、革靴を合わせた「ドレスカジュアル」にハマります。※ワンウォッシュも有り。
■参考価格:45,000円~ / 全3色

 
jacobcohen2
出典:http://www.111dep-toraya.com/
 
613
ヤコブの名作タイトストレート「622」をベースにしたモデル。前はスラントポケットですが後ろはジーンズそのもので、ほんのりドレスを薫らせます。

絶妙なストレートシルエットは体型を選ばず、またドレスにもカジュアルにも穿きこなせる万能さが魅力。
■参考価格:43,000円 / 全3色

 
jacobcohen3
出典:http://www.guji.jp/
 
666
2017年に登場した新テーパードモデルで、こちらもフロントのみスラントポケットを採用。デニスラというよりも、ジーンズを“スラックスに近づけた”1本です。

天然インディゴ染めのストレッチデニム生地は、ワンウォッシュで上品さと柔軟さを兼備。ゆとりのある腰周りから絞った9分丈のテーパードシルエットは、ジャケットとあわせても上品にまとまります。
■参考価格:43,000円 / 全2色



5 (18票)
アナトミカ(ANATOMICA)

 
 創業:1994年 / フランス 
 
公式サイト:http://anatomica.jp/

アナトミカについて

「普通じゃ物足りない…」。そんな洒落者の心を満たすヒトクセ。
パリのカリスマバイヤー「ピエール・フルニエ」氏が1994年に創業した、オリジナルも手開けるセレクトショップブランド。
素材と縫製に妥協なくこだわったエレガントなコレクションが魅力。

アナトミカで人気のデニムスラックス

anatomicadenim
出典:http://anatomica-sapporo.com/
 
トリムフィットパンツ デニム
アナトミカの定番モデル「トリムフィットパンツ」のデニム版。深めの股上と腰周りのゆとりがあるテーパードシルエットにより、まるでワークのような雰囲気を持つデニスラです。

またスラックスでも経年変化を楽しみたい!。そんなワガママに応えるタフなデニム地も特徴。
■参考価格:24,000円 / 全1色



6 (15票)
GTA(ジーティーアー)

 
 創業:1955年 / イタリア 
 
海外公式サイト(英語):http://www.gtamoda.com/

GTAについて

正統派ドレスパンツの雄は、ジーンズも「間違いない安心感」が魅力。
1955年創業のイタリアのパンツ専用ファクトリーが、1999年にスタートしたオリジナルブランド。
ドレスパンツはもちろん、美脚ラインにカジュアルな要素を融合させたモデルにも強く、とくにカーゴパンツはドレカジ兼用として一世を風靡。またイタリアブランドながら価格を抑えることで、コストパフォーマンスにも優れる。

GTAで人気のデニムスラックス

gtadenim1
 
BAYRON デニム
1プリーツの適度なボリューム感に、細すぎず太すぎない上品さを残した人気定番モデル「BAYRON(バイロン)」のデニム版。
ここ数年来ているクラシック回帰を漂わせつつ、美しいテーパードが今の時流にマッチ。ダブル仕上げの裾も特徴。
■参考価格:28,000円 / 全2色

 
gtadenim2
出典:http://pannabaybrook.blog19.fc2.com/
 
772 デニム
上記BAYRONとほぼ同じ構成(1プリーツ&シルエット)のモデルですが、裏地が見えないダブル仕上げ、持ち出しベルトの長さが短めで、よりスマートな仕上がり。
■参考価格:29,000円 / 全2色

 
gtadenim3
 
800 デニム
型紙から根本的に見直し、2015年に長年の美脚ノウハウを集めて開発したニュースタンダードモデル(ノープリーツ&スリムフィット)。
シャープな見た目と、窮屈さを感じさせない穿き心地を両立。ビジネスから休日まで、オンオフ兼用で使い分けできます。
■参考価格:28,000円 / 全1色



7 (13票)
ビースリー メン(B-Three Men)

 
 創業:1994年 / 日本 
 
公式サイト:https://www.b-three.jp/

ビースリー メンについて

重宝確実、「完成度の高いデニスラ」の穴場。
昨年から雑誌「LEON」に多数掲載。ここ数年で勢いが増している、高機能・高品質を掲げる日本のストレッチパンツブランド『ビースリー』のメンズライン。
独自の360度ストレッチ生地、1日中快適な肌ざわり、計算されたシルエットの3つにより「リピート率は脅威の92%」だとか。知るほど興味をそそられるパンツブランドです。

ビースリー メンで人気のデニムスラックス

bthreemen1
出典:https://www.b-three.jp/
 
スラックスデニム・ストレート
クセになるストレッチパンツ専門ブランドのデニスラは、スーピマ綿使用でシルクのような肌触りと抜群の伸縮性、高級感のある光沢感を兼備。すっきりとした美脚シルエットでドレッシーにはけます。
■参考価格:21,000円 / 全2色

 
bthreemen2
出典:https://www.b-three.jp/
 
デニム・ストレート
5ポケット風ステッチやリベットなど、ジーンズの要素を残した「ちょいワイルド」なデニムスラックス。
シルエットは穿くだけで脚長効果のある定番ストレートを採用。素材は上記と同じくスーピマ綿。また、ホワイトジーンズ(白色)版もあります。
■参考価格:18,000円 / 全2色



8 (12票)
リディアル(lideal)

 
 創業:2010年 / 日本 
 
公式サイト:http://www.lideal.jp/

リディアルについて

「着こなしを全体を引き立てる」デニスラは、まるで小日向文世さんのような名脇役。
世界の名だたるメゾンブランドを経験してきたデザイナー「井出裕之」氏が手がける、パンツを軸としたリアルクローズを提案する日本のファッションブランド。
「モードなアメリカンカジュアル」がテーマで、デニムはブランドの代名詞となっている。

リディアルで人気のデニムスラックス


idealdenim1
 
Pen トラウザー デニム
テーラード仕立て&同色ステッチで、主張は控えめ。「ビジネスでジーンズ」も叶える名脇役です。
 
ただ、決して細身というわけではなく「モードなアメリカンカジュアル」というテーマのとおり、少しゆったりとしたストレート。硬派なスラックスを思わせます。
■参考価格:21,000円 / 全2色



9 (10票)
ケアレーベル(Care Label)

 
 創業:2007年 / イタリア 
 
海外公式サイト(英語):http://carelabelbrand.com/

ケアレーベルについて

「ちょいワルおやじ」のココロをくすぐる色落ち&ビンテージ感。
2007年に創業。2013年より日本で本格的スタートしたイタリアのデニム専業ブランド。
フィアットの御曹司であり、たまにお騒がせ騒動で話題になる やんちゃな伊達男「ラポ・エルカーン」氏がディレクションを務めており、デニムも“ちょい派手”な加工が多い。

ケアレーベルで人気のデニムスラックス

carelabel1
出典:http://www.gloryguy.jp/
 
Slack(スラック)
イタリアンな細身をベースに、11オンスのストレッチデニムに加工を加え、きれいなライトブルーに。色落ちこそヴィンテージ顔ですが、スラントポケットを採用し「スラックス的要素」もあります。
■参考価格:35,000円 / 全5色



10 (4票)
ビームス ライツ(BEAMS LIGHTS)

 
 創業:1976年 / 日本 
 
公式サイト:http://www.beams.co.jp/

ビームス ライツについて

今年は気になる1本をオリジナルとして展開。
大手セレクトショップ『ビームス』が手がけるレーベルの1つで、"旅"をテーマに、清潔感と上品な色気を表現したデイリーウェアを提案。
年齢を問わず着こなせるカジュアルウェアが多く、年齢層も10代後半~30代まで広い。

ビームス ライツで人気のデニムスラックス

beamsdenim1
 
COOLMAX デニムスラックス
2018年に新登場したビームスライツのオリジナル。スッキリとした9分丈、美脚効果の高いテーパードなど、ベーシックに使いやすい作りが特徴。

また、夏はドライで涼しく冬は暖かさを保つ「クールマックス」ファブリックを使用。通年モデルとなるかは微妙ですが、今季注目しておきたい1本です。
■参考価格:13,000円 / 全2色



Loading ... Loading ...




もっと見る

ジーンズ


この記事を見た方は、こんなページも見ています
サイトの人気ページTOP5!

カテゴリ一覧



ページ上部に