大人ポロシャツ

 

 

「ブランド・人気モデル・着こなしのコツ・お手入れ」の4本立て!

春はジャケットやカーディガンと重ね着、夏は1枚着と、オトコの春夏に欠かせない「ポロシャツ」。

 

もちろん“襟付き”ゆえ、Tシャツよりも上品に着こなすことができ、レストラン・デート・クールビズ・旅行、お出かけ等あらゆるシーンで活躍します。

 

今回は30代・40代男性にもおすすめな『大人ポロシャツブランドランキングTOP22』と、大人の着こなし方、お手入れ(洗濯・保管)まで徹底紹介!

目次(もくじ)

大人が似合うのポロシャツの選び方

大人ポロシャツ×人気ブランドランキングTOP22〈2020年版〉

■1位:ラコステ【定番】

■2位:ジョンスメドレー【上品】

■3位:ポロ ラルフローレン【カッコいい】

■4位:フレッドペリー【有名】

■5位:ブルックスブラザーズ【1万円×コスパ】

■6位:クルチアーニ【ニットポロ】

■7位:サンスペル【上質】

■8位:ザ・ノーネ【ニットポロ】

■9位:ディオール オム【ハイブランド】

■10位:グランサッソ

■11位:アルテア

■12位:ダンヒル【高級】

■13位:ルトロワ【クリーン】

■14位:アナトミカ

■15位:ブルネロ クチネリ【高級】

■16位:アンルート

■17位:ギローバー

■18位:ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ

■19位:ドルモア【世界最古ニット】

■20位:コルシーニ

■21位:マロ【高級】

■22位:ワイメア クラシック【やんちゃ】

 

ポロシャツの着こなしテク〈10選〉

ポロシャツのお手入れ・メンテ

ポロシャツの洗濯方法

干し方

収納方法

長期保存の仕方

ニットポロの洗濯方法

 

①大人が似合うのポロシャツの選び方〈3つのポイント〉

 

 

〈01〉 ちょい肩が落ちた風情に余裕が漂います

印象を大きく左右する肩は、きっちりとフィットしているよりも袖付けの肩線がちょい落ちるくらいが余裕、ひいてはリッチさを感じさせます。

 

〈02〉 ウエストもほどゆったりで、体型もカバー

肩に加え、ちょいゆるめがベターなのがウエスト周り。オトナのぽっこりお腹をカバーし、見た目のオッサン体型も補正してくれるんです。リブ付きの場合はテンションゆるめが鉄則です。

 

〈03〉 モダンに見えるキモはパンツ選びにもあり

パンツはシュッとした細身&短丈が正解。ちょいゆるめなニットポロとともにメリハリのあるシルエットを生み出し都会的でモダンな印象に見えます。ハイコントラストな色使いも効果的。

 

②大人ポロシャツ×人気ブランドランキングTOP22〈2020年版〉

 ランキング(アンケート投票数順) 
●総投票数:3261票
1 (834票)
ラコステ(LACOSTE)

 
公式サイト:https://www.lacoste.jp/
 
 国:フランス   創業:1933年 
 
 価格帯:1万円~1万8000円 

ラコステとは

ポロシャツの大定番であり「ポロシャツの原点」を作った伝説ブランド!
ラコステの創業者であり、1920年代に活躍したフランス人テニスプレイヤーの〈ルイ・ラコステ〉。彼の粘り強いプレースタイルから〈ワニ〉という愛称で親しまれ、当時着用していた布帛の長袖シャツにかわり、もっと運動に適した衿付きのニットシャツを発案(1933年)したのがポロシャツの原点。
誕生から80年以上の時を経た現代でも、幅広い着こなしにフィットする大人の必需品であり続けています。

ラコステ×大人の人気ポロシャツ4選!

ラコステ ポロシャツ
 
L.12.12
ポロシャツの原点たる不朽の名作
ラコステの代名詞ともいうべきマスターピース「L.12.12」は、流行に左右されないオーセンティックなフォルム。最高級綿「スーピマ綿」が使用されているだけでなく、秋田県の自社工場で手がけたジャパンメイド(日本製)ならではの高い品質も見どころ。また、手間と時間のかかる染色方法を採用することで、美しい発色も実現。※2015年にワニのロゴをシリコン製の3Dワニに変更し、よりシックに纏える一枚へと進化。旅のお供にも最適です。
〈コーデ右〉インしたTシャツはナードな脱力感を匂わせるためのひと工夫。ポロの襟裏は白くパイピングされているため、立てるのも◎。
■1万3000円 / 17色
 
「L.12.12」誕生や魅力をもっと見る

 
ラコステ ポロシャツ2
 
スリムフィットソリッドポロシャツ
細身好きに嬉しい「名作のスリム版」
定番「L.12.12」を日本人の体格に合わせてスリムにアレンジし大ヒットした名作。前立てのボタンが三つに増えたぶん、真面目風なボタン二つ留めの着こなしもナチュラルに決まり、周囲に好印象を与えるという算段。
〈コーデ右〉水色のシャンブレーパンツと合わせて白いニットを腰巻きすれば、オトナのマリンプレッピースタイルのできあがり。
■1万3000円 / 12色

 
ラコステ ポロシャツ3
 
パリポロ
大人名品に名乗りを上げる「パリの新定番」
2018年に誕生した新モデル。創業当時からのピケ素材に伸縮性を加えたミニピケストレッチ素材を使用。動きやすさと着心地のよさを両立。シルエットはレギュらーフィットながら、通常のものより胸回りは-2cm、胴回り-3cmとジャケットの下に着られるスマートなバランスになる。
〈コーデ右〉パリッとした厚みのある衿は、台衿付きでドレッシー方向に寄せており、その気になればタイドアップにも対応。
■1万5000円 / 13色

 
ラコステ ポロシャツ4
 
L.12.64
カジュアルに着れる「名作の裏定番」
こちらは「L.12.12」を杢糸でアレンジすることで、味のある風合いを実現したモデル。「L.12.12」と同様のオーセンティックなシルエットと、ジャパンメイドならではの高い品質もオトナに嬉しい要素です。
〈コーデ右〉一枚で着てもOKですが、シャツ感覚でジャケットと合わせるのもオツ。休日にふさわしいこなれたリラックス感を演出できます。
■1万2000円 / 8色
 
合わせて読みたい!
>> ラコステポロシャツの特徴・着こなし



2 (422票)
ジョンスメドレー(JOHN SMEDLEY)

 
公式サイト:https://www.johnsmedley.jp/
 
 国:イギリス   創業:1784年 
 
 価格帯:2万5000円~3万円 

ジョンスメドレーとは

英国王室御用達。世界最高峰のハイゲージ×ニットポロ
オトナの品を醸すニットポロシャツの絶対的定番ブランド『ジョン スメドレー』は、1784年に創業したイギリスのニットウェアブランド。
肌着並みの非常になめらかな「ハイゲージニット」が十八番。2013年には、エリザベス女王から英国王室御用達(ロイヤルワラント)の称号を授かり、ブランドバリューも上がった。

ジョンスメドレー×大人の人気ポロシャツ4選!

ジョンスメドレー ポロシャツ
 
ISIS
上品でエレガントな雰囲気を醸す「ジョンスメドレーの定番ポロ」
1971年から変わらず提案され続けているコットンクラシックポロ「ISIS」。ブランドを代表するモデルであると同時に、レトロポロの代名詞的存在。
素材には、シルクのような光沢とカシミアのような肌触りを併せ持つ世界最高峰の超長繊維綿「ジョン スメドレーズシーアイランド コットン」を使用。それを、くったりとした大きめの襟と、できる限り無駄を排したデザイン仕上げた、クラシカルな上品さが持ち味。ちょいゆったりとしたフィット感も大人っぽい雰囲気。
■2万6000円 / 11色
 
\ 素材について詳しく /
 

 
〈右上〉襟型は“減らし目”で編まれた、ややロングポイントのリブ襟。
〈右下〉特徴的な大きめの襟を台襟なしの襟付けによって仕立てることで、くったりとした上品な表情に。
〈左上〉天然繊維ではシルクに次ぐ細さを誇る貴重な超長繊維綿「ジョン スメドレーズシーアイランド コットン」を使用。
〈左下〉セットインとラグランの特徴を併せもち、ストレスなくフィットする独自の“ファッションショルダー”。

 
ジョンスメドレー ポロシャツ2
 
ANCONA
自慢の素材×色気を添えた「老舗の裏定番」
程よく胸元が開き、大人の色気をまとえるスキッパータイプ。
素材の最上級超長綿「ジョン スメドレーズ シーアイランドコットン」と繊細な編み立てが組み合わさったニットは、極上の肌触りと絹のような光沢感が魅力。コチラは同ブランドの隠れた名作です。
■2万6000円 / 8色

 
ジョンスメドレー ポロシャツ3
 
S3798
ジャケットのインにも使える「ドレス顔」
日本人向けに設計されたスリムモデル(着丈を短く、身幅も細身に設定)。素材はジョン スメドレーらしいハイゲージのニット素材。
ボディは非常にソフトでなめらかですが、襟やリブは堅めなので、きちんと感のある着こなしが可能。また、前立てを排してシンプルなデザインがエレガンスを加速しています。汎用性の高いカラーも豊富。
■2万6000円 / 15色

 
ジョンスメドレー ポロシャツ4
 
FINCHLEY(フィンチリー)
名作ニットポロを都会的にこなす
同ブランドの定番長袖ニットポロ「フィンチリー」は、なめらかな肌触りのシーアイランドコットンを使用。ISIS同様、飽きのこないトラディショナルなデザインで長く着られます。
■2万9000円 / 10色
 
合わせて読みたい!
>> ジョンスメドレーの魅力・着こなし



3 (376票)
ポロ ラルフローレン(POLO RALPH LAUREN)

 
公式サイト:https://www.ralphlauren.co.jp/
 
 国:アメリカ   創業:1967年 
 
 価格帯:1万5000円~2万円 

ポロ ラルフローレンとは

昔から「大人のカジュアルポロ」の大定番!
アメリカントラディショナルという様式美をモードへと昇華し、世界中に広めたMr.ラルフ・ローレン氏が設立したファッションブランド。1968年にメンズウェアを展開。1972年に後の基幹アイテムとなるポロメッシュシャツを発表。
ポロプレイヤーのロゴを小さく配したそれは、全24色のカラーバリエが話題に。製品洗いを施してかなえた、着古したようなソフトな風合いも当時は画期的であった。

また、色数の豊富さも真骨頂。今季は洗いを強く掛けて褪せ感を表現した新色も多数登場。なおベーシックな色のポロシャツも基本的に、ソフトな風合いになるよう洗いを掛けるのがこのブランドの流儀。

ポロ ラルフローレン×大人の人気ポロシャツ5選!

ラルフローレン ポロシャツ
 
メッシュ ポロシャツ
スタイルを選ばない究極のマルチプレイヤー
1972年の発売からずっと愛され続けるロングセラー。太く短い2Bの前立てや、スリットを入れ前後をオフセットさせたタックインにも対応する着丈、そしてワンポイントの胸ロゴを特徴とするオーセンティックなメッシュ(鹿の子)ポロ。
カジュアルからキレイめまで多様にフィットします。
■1万5000円 20色

 
ラルフローレン ポロシャツ2
 
ストレッチ ポロシャツ
Tシャツ姿よりも圧倒的に上品になります
ストレッチを効かせ、少し細身に仕上げた第二の定番モデル。シンプルで王道的な一枚ですが、3B(3ボタン)の前立て&リブで絞られた袖のおかげで単調にならず、シンプルコーデもエレガントに決まります。
また、凹凸感のある鹿の子素材が清涼感を演出して、好印象な大人トラッドを印象づけます。
〈コーデ右〉エレガンスな印象をちょいと強めに打ち出したいなら、白スニを艶っぽいローファーに変えるのが最善策。グレースラックスとの親和性が増し、どこでも入れるシックなスタイリングへと変貌します。
■1万7000円 / 10色

 
ラルフローレン ポロシャツ3
 
ビッグポニー ポロシャツ
躍動感に溢れる迫力の“ビッグポニー”モデル
2005年にデビューを飾った通称“ビッグポニー”ロゴのポロシャツ。通常サイズのロゴでは描ききれなかった馬の目や筋肉の盛り上がりなども刺繍で立体的に表現され、その躍動感がアクティブ&ラギッドな印象を後押しする。
■1万7000円 / 8色

 
ラルフローレン ポロシャツ4
 
クレスト ポロメッシュシャツ
ユニフォーム風のデザインはスポーティにしてノーブル
ポロ競技のユニフォームにインスパイアされたモデル。ビッグポニーポロ同様の大きな胸ロゴや肩のナンバリングに加えて、右胸にはクレストの刺繍が入る。
前立てが細く長い3ボタンタイプかつ細めのスリムフィットは、若々しい趣。
■1万5000円 / 5色

 
ラルフローレン ポロシャツ5
 
ラルフローレン パープルレーベル「ワンポイント ポロシャツ」
ラルフローレンの最上級モデル
長繊維の上質コットンを用いたキメ細かいコットンピケ製で、申し分ない着心地ですが、ダブルマーセライズド加工によりシルクのように繊細な光沢があり、別格の上品さを備えています。
さらにほどよくスリムなシルエットや、タイトな袖、第二ボタンまで開けてもダラしなく見えない小ぶりのスプレッドカラーなど、細部まで大人らしく着こなせるバランスに。

※左胸には、ラルフローレン パープルレーベルだけのポロプレイヤーロゴをワンポイント刺繍。いつもとはちょっぴり違うポニーゆえ、こっそり差別化もできます。
〈コーデ右〉スラックスにタックインした大人らしくもエレガントな着こなしがキマるのは、計算されたスマートなシルエットだから。ちょいタイトな袖も精悍さを引き立ててくれます。
■4万4000円(イタリア製) / 3色



4 (330票)
フレッドペリー(FRED PERRY)

 
公式サイト:https://www.fredperry.jp/
 
 国:イギリス   創業:1952年 
 
 価格帯:1万円~1万8000円 

フレッドペリーとは

若者~オヤジ世代まで愛される「ポロシャツの一大ブランド」
ラコステと並ぶポロシャツの2大定番『フレッドペリー』は、1930年代に活躍した英国の伝説的テニス選手のブランド。自身が3連覇したウィンブルドン認可のもと月桂樹のマークを配し、その機能性とファッション性からモッズファッションのアイコンとなった。

フレッドペリー×大人の人気ポロシャツ3選!

フレッドペリー ポロシャツ
 
M12
ロンドンの永遠定番
1950年代後半から、イギリス製にこだわり作り続けられている定番モデルは、フレッドペリーが元祖であるティップライン(2本ライン)が特徴。
目が詰まっていない鹿の子素材を使い、洗濯すると2cmほど縮みが生じて味わいが増し、着る人の体にフィットしていきます。
■12,000円 / 18色

 
フレッドペリー ポロシャツ2
 
THE ORIGINAL ONE COLOUR
大人に支持されるモード定番
“ブランドのアイコン「月桂樹」マークだけ”というシンプルイズベスト。ボタンも生地と同色になっており、モードかつ大人っぽく着こなせるとして30代~50代に人気があります。
生地はM12と同様、洗濯するほど体に馴染んでいくので「育てる」というエイジングも楽しめます。
■12,000円 / 3色

 
フレッドペリー ポロシャツ3
 
BUTTON DOWN POLO SHIRT
こちらはその名の通り「ボタンダウン」モデル。襟立ちよくシャープな見た目であり、ジャケットとも相性良し。クールビズからビジネスカジュアルまで対応できる「汎用性の高さ」も人気のヒミツ。
■12,000円 / 3色
 
合わせて読みたい!
>> フレッドペリー×ポロシャツの魅力・着こなし



5 (245票)
ブルックスブラザーズ(Brooks Brothers)

 
公式サイト:http://www.brooksbrothers.co.jp/
 
 国:アメリカ   創業:1818年 
 
 価格帯:7,000円~1万1000円 

ブルックスブラザーズとは

実は「コストパフォーマンス×大人ポロシャツ」の名ブランド!
1818年に創業したアメリカ最古の紳士服ブランドであり、日本の主要百貨店(伊勢丹、阪急、西武、高島屋、そごう、丸井 他)にも店舗を構える一大ブランド。
紳士的なアメリカントラッドの雄として30代~50代に人気。また、1960年代~70年代にブームとなった「アイビールック」の伝説的ブランドとしても有名で、現在も団塊世代に根強い人気がある。

ブルックスブラザーズ×大人の人気ポロシャツ3選!

ブルックスブラザーズ ポロシャツ
 
スーピマコットンピケ パフォーマンス ポロシャツ
「美しさ・丈夫さ」を手に入れた名品!
ブランドのアイコンであり、2017年に進化を遂げた名品。その進化とは、素材をアップランドコットンからスーピマコットンにしたことで柔らかな肌触りと艶やかな光沢を手に入れた、というもの。
さらに最先端の紡績技術でもあるコンパクトスピンを採用することにより耐久性を高め、肩崩れを防ぐと同時に、発色の美しさをキープできるようになったのです。全24色あるので定番カラーを色違いで揃えて幅を効かせるのも手です。
〈コーデ右〉上品なベージュはリッチなリゾートスタイルにうってつけ。あえてベージュに近いトーンを合わせて、ノーブルなイメージを強調するのがオススメです。柄モノと難なく馴染みます。
■9,000円 / 24色

 
ブルックスブラザーズ ポロシャツ2
 
スーピマコットンピケ ソリッド ポロシャツ
高級感漂うハイエンドモデル
美しい光沢と耐久性をもつ自慢の素材はそのままに、芯地のあるシャープな襟、同色の貝ボタン(3ボタン)へと変更した高級モデル。
上記の定番とはまた違った、フォーマルなドレス感を手に入れた1枚は、高級ジャケットを組み合わせも引けをとらない風格を持つ。
〈コーデ右〉リラックス&モードなジャケットスタイルなら、シックな黒ポロを使った着こなしを。引き締め効果のある黒で、着心地は快適ながら、ルーズに見えないというのもメリットといえます。
■11,000円 / 3色

 
ブルックスブラザーズ ポロシャツ3
 
コットンピケ ガーメントダイ ソリッドポロシャツ
「夏×オトナカジュアル」の相棒にベストマッチ
良質なコットンピケ素材にガーメントウォッシュ(製品洗い)を施したモデル。マットな生地感と加工による適度なラフ感があり「大人の休日カジュアル」にハマります。
〈コーデ右〉優雅な印象のショールカラーカーディガンのインナーに紺ポロをミックス。
■7,000円 / 10色



6 (185票)
クルチアーニ(Cruciani)

 
公式サイト:http://www.cruciani.jp/
 
 国:イタリア   創業:1966年 
 
 価格帯:2万8000円~5万8000円 

クルチアーニとは

エレガンスを極める上質ニットポロ
とろけるように柔らかなのに、着用するとキリッと端正なスタイルが築ける……。イタリアの名門ニットブランド『クルチアーニ』のポロシャツにはそんな魅力があります。
ファインな糸使いに高度なニッティング、細部への細やかな気配り。ジャケットなしでも、どこかドレッシーな佇まいを築ける、ありそうでない逸品がここに。

クルチアーニ×大人の人気ポロシャツ3選!

クルチアーニ ポロシャツ
 
27ゲージ コットン ショートスリーブポロ
ジャケットにも合う「きちんと顔」のニットポロ
上質綿の代表格。GIZAコットンを27ゲージで密に編み上げることで、心地よい肌触りとハリを両立させたニットポロ。台襟がないにもかかわらず、ジャケットを着てもペタンとならないナチュラルな襟、さらに袖や裾の丁寧な処理など、細やかな部分に至るまで名門の技が光る。
細身ながら程よくゆとりを確保したシルエットにも今日的なエレガンスがあり、ジャケットを脱いでも端正な印象を崩しません。
■3万9000円 / 8色

 
クルチアーニ ポロシャツ2
 
カノコポロ
ハイクオリティなロングセラー
コットン100%の鹿の子素材を用いたロングセラーモデル。ドライタッチとソフトな肌触りを両立する、ベーシックながらすっきり見える美シルエットが魅力です。台襟付きで“きちんと”見える点も◎。
洗濯を繰り返しても艶と風合いが損なわれにくく、長く愛用できます。
■2万8000円 / 8色


 
クルチアーニ ポロシャツ3
 
45ゲージ コットン ポロニット
洗練されたセクシーさが薫る極上の一枚
クルチアーニで最も細い綿糸を使用した最高級モデル。まるでシルクニットのような光沢としなやかさを備えたその生地は、まさにラグジュアリー。
コンパクトなシルエットやヌケ感のあるホリゾンタルカラーといった仕様とも相まって、イタリアンニットらしい洗練されたセクシーさを堪能できる一枚に仕上がっています。
細身の身頃とコンパクトな肩周りを備えた、シャープなシルエットが独特。
■5万8000円 / 7色
 
合わせて読みたい!
>> クルチアーニ×ポロシャツの魅力・着こなし



7 (102票)
サンスペル(SUNSPEL)

 
公式サイト:https://www.sunspel.jp/
 
 国:イギリス   創業:1860年 
 
 価格帯:1万2000円~1万8000円 

サンスペルとは

ワンランク上の素材で作る「ワンランク上のポロ」
1860年に英国のノッティンガムでアンダーウェアメーカーとして創業。現在では下着のみに留まらず、ワードローブも幅広く手がける。普遍的な日常着をワンランク上の素材で大人顔に昇華するのがブランドの十八番。一時のトレンドに左右されず着続けられる。

サンスペル×大人の人気ポロシャツ3選!

サンスペル ポロシャツ
 
Q82 PLAIN JERSEY
サンスペルの代表素材「Q82(世界最高級の長超綿を使ったコットンジャージ素材)」を用いた定番モデル。
この生地は非常に滑らかでツルッとした肌触りに加え、上品さを加速させる美光沢が持ち味。細い前立てとシャープな襟の形状も相まって、凛とした表情に仕上がっています。
■1万2000円 / 7色

 
サンスペル ポロシャツ2
 
COTTON TOWELLING
スポーティなパイルボディですが、品のあるカラーだから都会的な装いにもフィット。パイル生地は撥水性が高くムレにくいという利点もあるため、レジャーや休日での着用にも適しています。
〈生地について〉高品質で知られるインド産のオーガニックコットンを素材にピックアップ。包み込まれるように安らいだ着心地は、ヤミツキになること確実。
■1万4000円 / 5色

 
サンスペル ポロシャツ3
 
PIMA COTTON PIQUE
アメリカ産の超長綿「スーピマコットン」100%を用いた鹿の子ポロ。耐久性の高い鹿の子の特徴を持ちつつ、通常よりも柔らかな風合いでエレガントな井出達。そして同ブランド自慢の「発色の良さ」も魅力。
■1万4000円 / 7色



8 (96票)
ザ・ノーネ(ZANONE)

 
公式サイト:https://www.slowear.com/
 
 国:イタリア   創業:1987年 
 
 価格帯:2万5000円~4万円 

ザ・ノーネとは

実は名作ポロも多い「イタリアの雄」
ニット専業ブランドとして常に新しい形を追求するイタリアの雄『ザ・ノーネ』。1987年の創業から一貫して高品質なニットウェアを作り続け、アイスコットンやフレックスウールといった、オリジナルの糸を有する。
2003年からSLOWEARグループに参入し、時代の流れを汲んだデザインを兼備。「最先端の大人にふさわしいニットブランド」の地位を確立した。

ザ・ノーネ×大人の人気ポロシャツ3選!

ザノーネ ポロシャツ
 
アイスコットン ポロシャツ
なめらかなコットン地で抜群の着心地
ザ・ノーネ×ポロシャツの代名詞モデル。ココンチの得意とする「アイスコットン」を用い抜群の通気性を確保。そして少し小さめの襟、控えめな前立て、スリムフィットの3拍子で実にエレガント。
ナチュラルな伸縮性もあるため、タイトに着こなすのがセクシーに見せる秘訣です。色出しの良さもさすがです。
〈コーデ右〉美しい色味のニットポロは艶っぽい雰囲気を醸し出す着こなしの鍵として大活躍。だからセットアップとも当然ハマります。昨今よくイタリアオヤジの間で見られる定番コーディネートでもあります。
■2万5000円 / 7色

 
ザノーネ ポロシャツ2
 
7ゲージ スキッパー ポロ
「色気」と「ラフさ」を兼ねる名品
適度な“ザックリ感”が味わえる7ゲージのニットポロ。ほどよく肉厚なニットで、襟がペタッとせずふんわりキマるのがリッチに見えるポイント。
肌の見え方も、セクシーとルーズの境界線を心得た絶妙な仕立てです。着用した時にもっとも形が美しく見えるように計算し尽されたのは、さすがはニット専業。
■3万8000円 / 6色

 
ザノーネ ポロシャツ3
 
ワッフル編み ポロ
リッチな編み地の上質ポロニット
厳選された上質なコットン素材を12ゲージで編み立てたポロニット。レトロ感漂うチェーンステッチの編み地は伸縮性抜群かつリッチな印象。
しっかりとしたタイトなリブを備えているため、ウエストがダブつかないうえ、優雅な袖の膨らみを実現。3つボタン仕様なので胸元の開き具合を絶妙に調整できるのも魅力です。
〈コーデ右〉レトロポロにリッチなアイテムを合わせれば、職種によってはオンでも通用する半袖スタイルが完成します。
■3万円



9 (91票)
ディオール オム

 
公式サイト:https://www.dior.com/
 
 国:フランス   創業:1946年 
 
 価格帯:4万円~6万円 

ディオール オムとは

ダンディズムを体現するポロは、オヤジの魅力を引き立てる
フランスを代表するクチュールメゾン『ディオール オム』。ハイブランドの中ではファッション雑誌掲載率が高く、男が憧れる高級服の代名詞的な存在。
デザインはシックでクリーンな都会的モード。クールな顔してサラリとカッコよく決まることから“モテる服”としても定評あり。

ディオール オム×大人の人気ポロシャツ!

ディオールオム ポロシャツ
 
BEE ポロ
ディオールのアイコンのひとつである「BEE(蜂)」の刺繍が施された定番モデル。コットピケン素材により、通気性が良く柔らかな着心地。
ちなみに、蜂は幸せのシンボルであり、ムッシュ・ディオールが愛した庭園とも重なり、ディオールのアイコン的モチーフとなっている。
 
〈コーデ左〉シックでモードな黒の印象のなかで、袖と裾部分の白いラインと胸の蜂がお洒落なアクセントに。
〈コーデ右〉ポロのインナーに白Tシャツを合わせクリーンさを演出。そしてリブパンやスニーカー、バックパックといったアイテムでモダンに味付け。
■各4万5000円 / 5色



10 (77票)
グランサッソ(Gran Sasso)

 
海外公式サイト:https://www.gransasso.it/
 
 国:イタリア   創業:1952年 
 
 価格帯:2万5000円~3万8000円 

グランサッソとは

織り柄の豊かな「1枚で着映える」ポロ
1952年、イタリアの小さな村で誕生したニットブランド。「品質第一」をポリシーに、シンプルかつ長く着続けられるデザインのニットウェアを提案しています。
ポロシャツは、その技術力を生かした独特の編み地で変化をつけ、他ブランドとは差別化を図っています。

グランサッソ×大人の人気ポロシャツ3選!

グランサッソ ポロシャツ
 
針抜きストライプ ニットポロ
リッチ&スポーティな新世代ニットポロ
グランサッソの名を知らしめた定番モデル。縦ストライプのように見える織り柄は「着やせ」と「縦長効果」が得られます。
また、織り柄入りのドレスポロはその豊かな表情ゆえ、セットアップのインナーにはもちろん、一枚でもさり気なくリッチにキマります。
■2万9000円 / 4色

 
グランサッソ ポロシャツ2
 
SETA シルク ニット ポロシャツ
18ゲージの高級シルク100%を用いた、ブランド最高級モデル。シルクならではの極上の柔らかさと肌触り、そして美しい光沢感が着るものを格上げ。
シルエットはほどよくタイト。3ボタン+隠し前立てと上品なデザインを採用しています。
■3万6000円 / 5色

 
グランサッソ ポロシャツ3
 
スキッパー ニットポロ
“毎年の定番”として発売されるスキッパータイプのポロ。生地が単調にならないメランジ調になっており、1枚で軽やかかつ艶っぽい印象へと導きます。
季節によってコットン100% or リネン100%を展開。※こちらはリネン100%
■2万6000円 / 5色



11 (76票)
アルテア(Altea)

 
公式サイト:http://www.altea.com/
 
 国:イタリア   創業:1946年 
 
 価格帯:1万8000円~2万8000円 

アルテアとは

差がつく味出しが絶妙!「大人ポロの隠れた名手」
『アルテア』といえば、すでにネクタイや巻物などでおなじみの方も多いはず。その発色の良さや加工の上手さといった魅力は、広く認知されておりますが、そのテクニックを存分に堪能できるのがポロシャツ。
快適感がありつつも、格好良く仕上がっているのは巻物で培われた技術の賜物。やはり経験という魅力は服にも顔にも、滲み出てしまうもの、なのですね。

アルテア×大人の人気ポロシャツ3選!

アルテア ポロシャツ
 
パイルポロ
夏らしさを満喫できるパイル素材
コットン×ナイロンのパイル地を使ったポロシャツ。清涼感溢れる素材と台襟のない大きめの開襟の組み合わせが夏らしいさわやかな気分を醸します。
また、褪せたフェード加工を施してあるために、買ったその日から“こなれ感”が手に入ります。
■18,000円 / 4色

 
アルテア ポロシャツ2
 
鹿の子ポロ(ガーメントダイ加工)
巻物譲りの巧みな色と味わい
くったりとした絶妙な味のある面持ち。ガーメントダイ加工によって、大人も気やすいヴィンテージ感や落ち着きのある色合いが表現されているため、とても実用的かつ、お洒落なポロシャツとして重宝します。
さらにシルエットも絶妙にピタッとしていない、というのもうれしいポイント。また台襟とカラーが一体となった仕立てなので、ロールの曲線が柔らかいのも魅力です。
■23,000円 / 11色

 
アルテア ポロシャツ3
 
ニットポロ
褪せた感じが、これまた色っぽい
リネン×コットンのニットポロに加工をかけて、フェード感漂う仕上がりに。ブラウンの褪せたニュアンスがこなれた印象をもたらすため、どんな合わせでも浮ついた感じがせず、しっくりと落ち着いた雰囲気を醸してくれます。
■26,000円 / 3色



12 (72票)
ダンヒル(dunhill)

 
公式サイト:https://www.dunhill.com/
 
 国:イギリス   創業:1893年 
 
 価格帯:7万円~14万円 

ダンヒルとは

ヒネリを効かせた「紳士的な高級ポロ」
イギリスを代表する高級ファッションブランド。英国紳士的なトラッドスタイルが持ち味で、年齢層は30代~60代と幅広い。
また、サッカー日本代表の公式スーツを手がけるなど、ブランドバリュー、ネームバリューともに高い傾向あり。

ダンヒル×大人の人気ポロシャツ2選!

ダンヒル ポロシャツ
 
ギミックの効いたレイヤード風スキッパー
まるでVネックニットをレイヤードしたかのようなギミックが印象的な一枚。70年代の英国カルチャーファッションにインスピレーションを得たレトロなムードが魅力です。素材はキメ細やかなコットン100%のハイゲージニット。
〈コーデ右〉カノコポロよりもセクシーゆえ、大人の夏の夜遊びスタイルにもしっかり対応。ギミックの効いたこちらの一枚ならポロイチがさらに洒脱にキマります。
■7万1000円 / 3色


 
ダンヒル ポロシャツ2
 
今季トレンドのニットポロをなんとシルク100%で表現したポロ。その極上の肌触りに加え、遊び心と高級感を兼備するフワモコな表情は唯一無二です。
〈コーデ右〉ニットポロの選びのキモはちょいユルめ。ぴたぴただと“古い服を着ている古い人”に見えてしまいますから、ほどユルを選ぶことで今っぽくこなせます。またそのリラックスした感じが、リッチかつ余裕のある大人に見せてくれるのです。
■13万1000円 / 3色



13 (50票)
ルトロワ(letroyes)

 
公式サイト:https://www.letroyes.com/
 
 国:フランス   創業:1800年代後半 
 
 価格帯:1万円~2万円 

ルトロワとは

フレンチブランドのポロは「ミニマル&クリーン」
フランス生まれのニット&カットソーブランド『ルトロワ』は、昔ながらの丸胴編み機で作られた「着心地抜群のニットウェア」が十八番。
デザインはエスプリの効いたクリーンなものが多く、どれもが上品であり、ユニセックスで着やすいのも特徴のひとつ。

ルトロワ×大人の人気ポロシャツ2選!

ルトロワ ポロシャツ
 
YANN(ヤン)
上質なシャリ感を備えた一枚
コンパクトボディに仕上げられたルトロワの定番ポロシャツ「YANN」。ブランドの代名詞ともいうべきマーセライズコットンのドライなタッチと、丸胴編みによる軽やかでストレスフリーな着心地が自慢。
そのシンプルで上品な印象派リッチな大人のリラックススタイルに最適です。
〈コーデ右〉インナーに白Tを挟み、さらにボトムスにはリブパンツ&スニーカーで仕上げる。するとご覧のとおり、軽快感のなかにも大人っぽさが薫る、スポーティスタイルが完成します。
■1万8000円 / 7色

 
ルトロワ ポロシャツ2
 
CLAIRE(クレア)
着心地はリラックス、見た目はキッチリ
今年から手がける新モデル。昨今のオーバーサイズの流れを汲んだ“ややゆとり”のあるシルエット。あえてニットではなく、コットン×ポリエステルのピケを使用。
さわやかで美しいロイヤルブルーの色味が、フレンチブランドならではのヌケ感を表現しています。
■1万円 / 1色



14 (48票)
アナトミカ(ANATOMICA)

 
公式サイト:http://anatomica.jp/
 
 国:フランス   創業:1994年 
 
 価格帯:2万8000円 

アナトミカとは

「一生ものクラス」で着れる普遍的ポロ
敏腕バイヤーの「ピエール・フルニエ」氏が、パリにて1994年に設立。当時はセレクトのみでしたが、ほどなくしてオリジナルレーベルを設立。
安易にトレンドに迎合せず、普遍的な価値を持つ“本物”を追求したクリエーションを貫き続けており、多くのアイテムがデザインを変えることなく定番化して継続的に発売されています。

アナトミカ×大人の人気ポロシャツ!

アナトミカ ポロシャツ
 
knitted polo shirts
しっとりとした風合いだから一枚でもエレガントにキマる
アナトミカの夏の定番として君臨するニットポロ。シルクのような光沢とカシミアのようなしっとりとした風合いを備えた世界最高品質のエジプト綿「ギザ」を使用。
大きめの襟、長めの袖でクラシカルにまとめた、まさに大人こそ似合う1枚。
〈コーデ右〉極上のニットポロなら、シンプルなポロ一枚のスタイルもこんなにエレガント。
■2万8000円 / 8色



15 (45票)
ブルネロ クチネリ

 
公式サイト:https://shop.brunellocucinelli.com/
 
 国:イタリア   創業:1978年 
 
 価格帯:8万円~10万円 

ブルネロ クチネリとは

贅を尽くした高級ポロシャツがココに…
イタリアの高級ファッション&カシミアブランド。同ブランドが得意とするのが、上質かつ洗練されたカジュアルアイテム。
もともと、色彩を豊かに表現したカラー・カシミアで世界的な流行を作ったブランドだけに、日常的なアイテムにも惜しげなく、肌触りの柔らかい、とろけるような上質素材を用います。

ブルネロ クチネリ×大人の人気ポロシャツ!


 
ピュアコットンピケ ニットポロ
夏の開放感と大人の遊び心を満たす
最高級コットンであるピュアコットンピケを使用。フワッと軽くて柔らかい優しい着心地と、艶のあるリッチな見た目を、ラフに堪能することができちゃうのです。夏のキメ服として一枚いかがでしょうか。
■8万8000円 / 3色



16 (43票)
アンルート(EN ROUTE)

 
公式通販サイト:https://store.united-arrows.co.jp/
 
 国:日本   設立:2014年 
 
 価格帯:1万円~2万円 

アンルートとは

都会的スポーティを体現する大手の新鋭
日本の最大手とも言えるアパレルメーカー『ユナイテッドアローズ』が展開するオリジナルブランド(2014年設立)。
「Wearable Tokyo」をテーマに、ファッションとスポーツを融合した“ラグジュアリースポーツ”を、都会に住む男女に向けて発信。

アンルート×大人の人気ポロシャツ2選!

アンルート ポロシャツ
 
クールマックス ニットポロ
モダンな雰囲気に滲む高機能ニットポロ
定番化しているのがコチラ。クールマックス糸とアウトラスト糸を使用した高機能素材のニットポロ。変形ラグランスリーブ(動きやすい設計)&ややボリューミーなシルエットも、モダンな印象。
■1万2000円 / 3色

 
アンルート ポロシャツ2
 
ペーパーライク ポロ
身幅ゆったりな5分袖ポロはペーパー天竺製。紙のような肌触りが特徴的な変わり種で、ラグランスリーブゆえドロップショルダーなサイズ感で着こなしやすいのも見所。
■1万2000円 / 2色



17 (41票)
ギローバー(GUY ROVER)

 
公式サイトなし
 
 国:イタリア   創業:1967年 
 
 価格帯:1万5000円~2万円 

ギローバーとは

ドレスシャツゆずりの「美意識」が息づく
1967年にピアツェンツァで創業したギ・ローバーは、最高峰のオールマシンメイドシャツを作る名うてのファクトリーブランド。
ポロシャツも例に漏れず、作りの良さはお墨付き。タックアウトがサマになる短めの着丈が休日の装いをお洒落に演出してくれます。

ギローバー×大人の人気ポロシャツ!

ギローバー ポロシャツ
 
コットン 鹿の子 ポロシャツ
今や大定番となった、ドレスシャツよろしくな1枚。体にフィットするスリムシルエット、細いアームホール、美しい襟立ちと、大人の体をエレガントに演出してくれる名品。
きれいめなシャツ感覚ゆえジャケットやカーディガンとの合わせも実に上品に決まります。
■16,000円 / 8色



18 (39票)
ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ

 
公式サイト:https://store.1piu1uguale3.net/
 
 国:日本   創業:2012年 
 
 価格帯:2万8000円~3万8000円 

ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレとは

雑誌LEON、MADUROの常連ブランド
“オトナの極上の日常着”をテーマに、国内外の至高の素材を厳選し、スタイリッシュなデザインへと落とし込む日本ブランド。
おしゃれオヤジのバイブル「LEON」の常連でもあり、年齢層は40代~60代男性に向けている。

ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ×大人の人気ポロシャツ2選!


 
スキッパー ポロ
ポロ姿をリッチでセクシーに差別化できます
相当に大ぶりな襟、太めのプラケットはボタンを排しスキッパー仕様に。自然な角度で胸元が開くそのサマは、ただポロシャツのボタンを開けたものとは一線を画す、絶妙な見え方に。
しかも素材も上質なギザコットンを100%使用し、一枚で着ても生地の動きやニュアンスでオヤジさんの体型も自然に補正してくれるという点もうれしい。
■3万3000円 / 3色

 

 
迷彩柄 ポロ
シックに攻めるなら同色カモが正解です
同ブランドの洒脱な迷彩(カモフラ)柄は、毎年色んなアイテムで展開される定番ライン。こちのスタイリッシュなポロは腕ぐり・身幅ともにタイトないまどきシルエットが、ワイルドでセクシーなイメージを実現します。
素材にハリとコシがあるため、ダラしなく見えない点もポイント。
■2万9000円 / 5色



19 (37票)
ドルモア(Drumohr)

 
公式サイト:http://drumohr.tokyo/
 
 国:スコットランド   創業:1773年 
 
 価格帯:3万円~4万円 

ドルモアとは

ニットポロなは外せない老舗中の老舗
1773年にスコットランドで設立した「世界最古」のニットブランド。チャールズ皇太子やジョージ5世も愛用する、英国王室献上ブランドとしての確かな歴史を持ちます。
2001年からイタリアのニットメーカー『Cicca』グループに属し、往年のクラシックなテイストに現代のトレンドを取り入れたスタイルへと変化。

ドルモア×大人の人気ポロシャツ3選!

ドルモア ポロシャツ
 
30ゲージ コットンニットポロ
とびきり上品にして若々しいコットンニットの一枚
ドルモアの定番である30ゲージのコットンポロニット。繊細でやわらかな肌触りを実現しており、やや短めの着丈が上品ななかにも若々しさを感じさせます。台襟付きゆえインナー使いにも対応します。
〈コーデ左〉元来スポーティなポロシャツも、ニットなピンクの一枚なら、印象がふわりと華やぎます。どこか可愛げのある雰囲気も演出できるカラーゆえ、休日オヤジの茶目っ気足しにも最適です。
〈コーデ右〉リネン混セットアップに、オフ白のニットポロを合わせ、襟を出す。すると、色合わせと素材感の妙も相まって、シックななかにもリゾーティで、どこか不良(ワル)そうなリラックス感が漂います。
■3万2000円



20 (20票)
コルシーニ(corsini)【ジム】

 
ジム公式サイト:https://www.gim.co.jp/
 
 国:イタリア&日本   創業:不明 
 
 価格帯:9,800円~1万5000円 

コルシーニとは

1万円台のコスパ優秀な「隠れ名ブランド」
1970年代にイタリアでシルバーの・コルシーニ氏が創立したブランドで、2000年にニットひと筋50年以上の日本メーカー「ジム」が創立者からブランドを譲り受ける、という経緯を持つ。
洗練されたイタリアの感性と、メイドインジャパンにこだわった上質ニットの合わせワザが十八番。

コルシーニ×大人の人気ポロシャツ2選!

コルシーニ ポロシャツ
 
ニットポロ
上質素材による心地よい肌触りがやみつきに
シーアイランドコットンを使ったニットポロは、トリミングがアクセントになったスキッパーとオーソドックスなポロシャツの2タイプ展開。思わず素肌に着たくなるようなソフトで柔らかな風合いに加え、ハイゲージに編み上げているのもエレガントさのアップにひと役買っています。
〈生地について〉シルクのような光沢とカシミアのような肌触りを併せ持ち、コットンながらも品格も感じさせる風合い。なによりラフになりがちな夏スタイルを格上げしてくれる。
■1万5000円 / 5色

 
コルシーニ ポロシャツ2
 
ヴィンテージ ウォッシュ ポロ
大人が頼れるベーシックな1枚
ここ数年の定番として定着しているのがコチラ。王道素材「鹿の子」にヴィンテージ加工を施し、絶妙なニュアンスを表現。シルエットは、体型を選ばない程よいゆとりを確保。
また、イタリアンなホリゾンタルカラー(襟型)は、第二ボタンまで開ければ色っぽい胸元を演出。
■9,900円 / 7色



21 (19票)
マロ(MALO)

 
公式サイト:https://malo.it/
 
 国:イタリア   創業:1972年 
 
 価格帯:9万5000円~13万円 

マロとは

世界最高峰の高級ポロシャツ
雑誌掲載は「Safari、LEON、MEN'S Precious、MEN'S EX、OCEANS」など数知れず……。『マロ』は、最高の素材と最高の職人による最高品質を目指し、1972年に誕生したイタリアの高級ニットブランド。
モダンでラグジュアリーなニットウェアを軸に、最高の素材ならではの美しい色出しが持ち味。“本物”を求める人物にふさわしい上質がここに。

マロ×大人の人気ポロシャツ2選!

マロ ポロシャツ
 
とろけるような艶やかな風合いは唯一無二
厳選したシルク原糸を用い、カラダになめらかに沿うように編み上げた極上のドレスポロ。シルク特有の微光沢とインクブルーの風合いがとってもエレガントな顔立ちです。
〈コーデ〉ただでさえ上品なドレスポロの首元にスカーフをイン。こちらは差すだけですが、同色系のドット柄がチラリと見えることで絶妙なアクセントとなっています。
■9万7000円 / 3色

 
マロ ポロシャツ2
 
夜のレストランでもこなれて見える極上のニットポロ
控えめながらも明らかに別格の光沢感を備えたシルク×コットン素材のハイゲージニットポロ。世界最高峰のニットで知られる同ブランドならではの逸品です。細かいも横畝のような編み地にもエレガントな雰囲気が滲みます。
〈コーデ〉エレガントかつ節度がありつつ、こなれて見える。そんなレトロポロなら夜のシーンも余裕です。
■13万円 / 2色



22 (13票)
ワイメア クラシック

 
公式サイトなし
 
 国:イタリア   創業:不明 
 
 価格帯:1万3000円 

ワイメア クラシックとは

やんちゃオヤジ好みの「陽気なポロシャツ」
生粋のミラノオヤジである、エミリアーノ・アリエッタ氏が手がけるミラノ発ブランド。
バイクやサーフに精通した彼のフィーリングで手がけられるアイテムたちは、リラックスした顔立ちでいてセクシーにキマる、オヤジのためのデコポロなのです。

ワイメア クラシック×大人の人気ポロシャツ!


 
ワッペン ポロシャツ
派手色を少し落ち着かせた色味が、脱コンサバでありながらこなしやすいのが魅力。鹿の子の風合いも柔らかで、カラダもたくましく見えるとなれば、これは間違いない一着です。
〈コーデ右〉潮に焼けたような独特の褪せ感、胸元のワッペンがとにかくアイコニック。夏の平坦になりやすいポロシャツ姿を容易に差別化。大人をちょいお茶目に見せてくれるとってもウマイ一枚です。
■1万3000円 / 8色



Loading ... Loading ...

③ポロシャツの着こなしテク〈10選〉

「ただ着るだけ」じゃもったいない!
意識することで俄然オシャレに見える、着こなしテくをご紹介。

〈1〉白Tシャツをインナーに

 

今や定番の着こなしテク。インナーに白Tシャツを挟むと、いつものポロシャツスタイルが、どこかアメカジの薫りさえ漂うストリート感を帯びてきます。このニュアンスが都会的にして、こなれた印象を生みます。

 

合わせて読みたい!
>> 大人Tシャツブランド

 

〈2〉白タンクトップをインナーに

 

白のタンクトップに変えると、Tシャツの場合より艶っぽい印象が高まります。ですので醸したいセクシーさの分量によって両者を使い分けましょう。

 

〈3〉スカーフを首元に

 

半袖モノにサラリと巻くだけで品の良さがグッとアップするのが「スカーフ」。ことポロシャツと合わせれば、キッチリ感もひとしおで、エレガントな装いに早変わり!

▼スカーフの巻き方〈おさらい〉

 

 

〈1〉正方形状態でシワはキッチリ取っておくのが吉。
〈2〉&〈3〉両サイドから中心に向けてそれぞれ2回織り込んでいきます。
〈4〉これがアレンジ前の基本形。
〈5〉結ばずにずらしてあしらえばアスコットタイのような優雅な雰囲気。
〈6〉ノット位置を下げればカジュアルな見え方に。

 

 

〈7〉こちらはキュット巻いたアレンジ。ノットを見せればさらに締まった見え方に。

 

〈4〉黒縁メガネで知的に

 

ナード感を引き立てるスパイスとなるのが太セル仕様の黒メガネ。知的な印象も感じさせるウェリントン型が今季のオススメ。

 

合わせて読みたい!
>>【メンズ】めがねの人気ブランド
>>【メンズ】サングラスの人気ブランド

 

〈5〉白スニーカーで軽快さを

 

軽快さをアピールするためのスニーカーは、純白が絶対。レザー製ならば、カジュアルにしてオトナの品格もキープ。

 

合わせて読みたい!
>> スニーカーブランド記事一覧

 

〈6〉あえての“裾乱し”でアクセント添え

 

裾を少し浮かせて白Tを覗かせるのも、ナードに見せるための重要テク。ベルトで裾を持ち上げておけば、自然かつ軽やかに。

 

合わせて読みたい!
>> ベルトの人気ブランド

 

〈7〉スーツスタイルに抜け感をプラス

 

インナーが普通のシャツだとオンっぽいキチンと感が出すぎてしまうスーツスタイルですが、ポ口を合わせるだけで、一気にドレスダウンが可能。休日らしく肩の力が抜けつつも、大人の品格を保った装いが完成します。

 

合わせて読みたい!
>> スーツブランド記事一覧

 

〈8〉ジャケット合わせは休日カジュアルにマスト

 

ジャケパンに合わせれば、都会っぽさをキープしたまま、より優雅でリラックスしたスタイルに。写真のようにニットジャケットなら着心地楽チンすぎて、お昼寝だってできてしまいます。

 

合わせて読みたい!
>> 大人ジャケットブランド

 

〈9〉ミリタリーもデニムもモノに

 

MA-1のようなミリタリーアイテムだって似合ってしまうのが、ポロシャツが大人トラッドアイテムだからこそ。しかもジーンズというラフな合わせにもかかわらず、どこか上品さがにじむのもポロシャツならではです。

 

合わせて読みたい!
>> MA-1の人気ブランド

 

〈10〉ニットを差し色&襟見せでカジュアルアップ!

 

白×ネイビーのボーダーニットに赤のポロを差したトリコロールで、思いっきりフレンチなマリンスタイルが完成。ニット一枚だとルーズな印象になりがちですが、ポロの襟で巧みにカジュアルアップに成功しています。

 

合わせて読みたい!
>> ニットの人気ブランド

 

 

④ポロシャツのお手入れ・メンテ

ポロシャツの洗濯方法

ポロシャツは襟を立てて干すやり方が一般的に浸透しています。

 

濡れた状態で折り目を付けて干してしまうと、その状態で強いクセが付きます。襟を立てて着るのであれば干すときにも襟立ては必須です。

 

▼洗ったのは

 

ラコステのL.12.12

洗濯の仕方

 

洗うときはネットに入れて弱水流で。短時間でOK。

洗濯機で洗うときは必ずネットに入れて。脱水はあまり長く回してしまうとシワになるので短めにしましょう。

 

 

「襟立て」は干すときのお約束

肩がきちんと合ったハンガーに掛けて、干すときは襟立て。もちろん前立てのボタンは全留めで。

 

収納方法〈ハンガーの場合〉

 

収納時は厚みのあるハンガー推奨。

収納はできるだけハンガーにかけておくのがベストです。襟がつぶれてしまわないように立てた状態にしましょう。

 

収納方法〈畳む場合〉

 

立てて干した襟も収納時には折ります

立てて干した襟には強い折りグセが付いていませんから、折っても軽いプレスでまた伸びます。

 

 

両袖を軽く内側に畳みます

甘みは、シャツを畳むように身頃ごと縦折りにはせず、大きく横二つ折りにしますから、抽は軽く内側に折ります。

 

 

身頃を大きく横二つ折り

次に身頃を大きく横二つ折りに。この単純さがシワを軽減します。

 

 

重ねるときは襟向きを互い違いに

甘畳みのポロシャツを何枚か重ねて収納するときは、襟の向きを互い違いに積んでいくのが収まりのいいやり方です。

 

長期保存の仕方

 

密閉袋に入れて酸化を防止

変色や黄バミの原因は、繊維に残った皮脂汚れが酸化するためです。保存の際は密閉袋が最適。

 

 

密閉袋から取り出して着るときは…キメどころの襟をしっかりプレス

ペタッと潰れてしまった襟全体をしっかりとプレスしましょう。

 

 

袖、前立てのプレスも忘れずに

袖の折れ線、前立ての畳みシワは、いかにもしまっておいた感が露呈してしまうため、必ずプレス。

 

 

身頃のシワを手早く取るならこの方法

是非試して欲しいのが、スチームアイロンをポロシャツのなかに入れて裏側から噴射! 素早くシワを取ることができます。

 

ニットポロシャツの洗濯方法

▼洗濯したのは

 

 

ジョンスメドレーのニットポロ

洗濯の仕方

 

30度以下のぬるま湯に洗剤を入れよく混ぜる

たっぷりのぬるま湯に、若干少なめに洗剤を入れ、よく混ぜておきましょう。

 

 

折り畳んだ状態で入れる

ニットポロは折り畳んだ状態で洗浄液の中に入れます。

 

 

ゆっくり沈める

空気を抜くようにして洗浄液の中に沈めていきます。

 

 

優しく押し洗い

揉むのではなく押すようにして洗浄液をくぐらせます。

 

 

水を替えて濯ぐ(すすぐ)

洗い終えたら水を替え、押すようにして濯ぎます。

 

 

必ずネットに入れて脱水を

濯ぎ終わったら脱水にかけますが、その際は必ず洗濯ネットに入れるようにしましょう。

 

 

大きめのタオルで水気を押さえる

さらに残った水気をタオルなどで押さえて取ります。

 

 

 

 

リブ部分の形を叩いてキレイに

整えるリブ編み部分がヨレヨレにならないよう、乾かす前にきちんと形を整えておきましょう。叩き広げる方法が有効です。

 

干し方

物干し竿にバストと肘を掛けて陰干し

干すときは伸びないよう、バストと肘の部分を物干し竿に掛けて陰干しします。

 

 

または風通しのよいとことで、平置き台に広げ陰干しします

 

 

「大人ブランド」の人気記事!

  大人に丁度いい「ブランド・基礎知識・着こなしテク」など紹介! 夏トップスの定番であり、最近は雑誌で特集も連…

記事の続きを読む »

「人気ブランド・選び方・着こなし」など徹底解説! 夏に欠かせないショートパンツ(ショーツ・短パン)

記事の続きを読む »

  大人に相応しい「ブランド・定番モデル・基礎知識&手入れ」まで紹介! 何はともあれ休日、仕事、デート、合コン…

記事の続きを読む »

  大人に相応しい「ブランド・基礎知識・お手入れ」など紹介! 着るだけで男らしさとリッチ(高級感)が手に入る、…

記事の続きを読む »

    「ブランドランキング・人気モデル・着こなし例」の3本立て! オトナの貫禄の加えて着まわしも簡…

記事の続きを読む »

  大人に相応しい「ブランド・定番モデル・基礎知識」など紹介! 1枚着でも重ね着でも楽しめるカジュアルトップス…

記事の続きを読む »

  「ブランド・基礎知識・着こなしのコツ・お手入れ」など徹底紹介! ラフなカッコよさをまとえる、カジュアルアウ…

記事の続きを読む »

  30代男性に人気の香水ブランド 若すぎず、香水も大人らしいタイプが使われやすい30代男性。   …

記事の続きを読む »

  40代に相応しい「香水ブランド&名香」が勢揃い! 人生の花盛りといわれる40代は、脂が乗り切り、世間からも…

記事の続きを読む »

 





もっと見る

30代男性の人気ブランド


この記事を見た方は、こんなページも見ています
サイトの人気ページTOP5!

カテゴリ一覧



検索(アイテムで検索ができます)

最新の記事一覧

人気のカテゴリー






ジーンズ 人気ブランド(男性)

スタイル別 ブランド

  • ブランドプレゼント×アンケート

    プレゼントで貰って嬉しい、ブランド物といえば?

    投票結果だけ見る

    読み込み中 ... 読み込み中 ...
ページ上部に