アウトドアウェア

 

おしゃれで高機能な「アウトドアウェア」といえばココ!

防水・防風・防寒といった本格的な機能を持ちつつ、最近はタウンユースに使えるデザインも多い「アウトドアウェア」。山登りやトレッキングはもちろん、アウトドアファッションにだって欠かせません。

 

 

今回は有名アウトドアブランドをはじめ、おしゃれなアウトドアウェアに定評のあるアパレルブランドまで、『アウトドアウェアの人気ブランドランキングTOP10&一覧(計70ブランド)』の発表しています。

 

 

また各ブランドが力を入れており、タウンユース愛用率も高い「シェル系ウェア」を紹介しています。

目次(もくじ)

①アウトドアウェアの人気ブランドランキングTOP10

■1位:ザ・ノースフェイス

■2位:パタゴニア

■3位:コロンビア

■4位:モンベル【日本】

■5位:チャムス【おしゃれ】

■6位:アークテリクス【都会派】

■7位:ホグロフス【大人】

■8位:アンドワンダー【日本】

■9位:マウンテンハードウェア

■10位:アールディーズ【おしゃれ】

 

②アウトドアウェアブランド一覧

A~E

F~J

K~O

P~Y

①アウトドアウェアの人気ブランドランキングTOP10

 人気ランキング(投票数順) 
●総投票数:477票
1 (100票)
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

出典:https://www.goldwin.co.jp/
 
公式サイト:https://www.goldwin.co.jp/
 
 創業:1966年 / アメリカ 

「高機能・デザイン・知名度」の3拍子が揃った定番ブランド。

世界中のバックパッカーや登山家そしてファッショニスタから選ばれるアウトドアブランドの巨人。
極地の環境にも適応する機能性とファッションシーンでも人気の高いデザイン性をあわせ持つ。今季も幅広い商品ラインナップでユーザーを魅了する。

ノースフェイスの売れ筋ウェア(シェル)3選!

northface01
 
コンパクトジャケット
サラッと気軽に羽織れる軽量シェルジャケットで「タウンユース愛用率」も多い人気ウェア。同ブランドではお手頃。冬はダウンのインナーとして活躍。
■定価:13,000円 / 全6色

 
northface02
 
クライムライトジャケット
ハリ感のある「ゴアテックス マイクログリットバッカー」を使用した軽量ハードシェル。高い防水性により山・街の両方で汎用性が高い。また色展開が15色と多い。
■定価:30,000円 / 全15色

 
northface03
 
ファイヤーフライジャケット
キャンプシーンに適した難燃ジャケット。ゴワッとした生地感、太めのシルエットでほどよく無骨。アウトドアファッションにも好まれる。
■定価:20,000円 / 全3色



2 (94票)
Patagonia(パタゴニア)

出典:http://www.patagonia.jp/
 
公式サイト:http://www.patagonia.jp/
 
 創業:1973年 / アメリカ 

「タウンユース」でも人気を誇るハイセンス&ハイパフォーマンス。

世界的クライマーであり、サーファーでもあるイヴォン・シュイナードが1973年にスタートさせたパタゴニア。
本格的なアウトドアシーンはもちろん、カジュアルシーンでも随一の人気を誇る。
今季はライフスタイルウェアに、よりテクニカルな機能を持たせたフィールドから街まで使える「パフォーマンス・スポーツウェア・コレクション」を展開。

パタゴニアの売れ筋ウェア(シェル)3選!

patagonia01
 
フーディニ・ジャケット
超軽量ナイロンを使ったソフトシェル。おしゃれな「胸の外側ポケット」はウェア本体が収納可能で携帯性にも優れる。街・フェス・アウトドアなど多彩に使える入門向け。
■定価:13,500円 / 全8色

 
patagonia02
 
トレントシェル・ジャケット
タウンユース~軽登山まで幅広く対応する、防水性・透湿性に優れたハードシェル。ビームス、フリークスストアといったセレクトショップでも扱われる定番ウェア。カラーは13色と多彩。
■定価:18,000円 / 全12色

 
patagonia03
 
イスマス・パーカ
表地に耐久性撥水のナイロン、裏地に防風・防寒性のあるフリースを採用。デザイン性も良く、タウンユースでは「冬用マウンテンパーカー」的に使われている人気ウェア。
■定価:31,000円 / 全3色



3 (89票)
Columbia(コロンビア)

出典:http://www.columbiasports.co.jp/
 
公式サイト:http://www.columbiasports.co.jp/
 
 創業:1938年 / アメリカ 

実用的なのは言わずもがな「ストリートテイスト&カラー」なアイテムも必見。

80~90'sのテイストをにおわせる、ビビッドなマルチカラーのアイテムやストリートの雰囲気を持ったウェアが特徴のコロンビア。
オリジナルのハイテク機能素材を使いながら、ボーダー、カモフラ柄、ダイダイといったバリエーションが豊かなカラーやパターンを落とし込んだアイテムが揃う。

コロンビアの売れ筋ウェア(シェル)3選!

columbia01
 
ワバシュジャケット
シンプルで着まわしやすい定番のソフトシェル。しっかり防水性があり急な雨も安心。通勤・キャンプ・登山など広く使われています。
■定価:17,500円 / 全3色

 
columbia02
 
ソウトゥースジャケット
90年代を意識した“ちょいレトロ”なソフトシェル。フードは襟に収納可能な2WAY仕様。価格もお手頃、気軽にアウトドアコーデを楽しみたい方にも最適!
■定価:9,900円 / 全5色

 
columbia03
 
エジソンパス2ジャケット
迷彩柄やフラワー柄など、大胆な総柄が目を惹くレインジャケット。水の浸入を防ぎつつ衣類のムレを最小限に抑える「優れた防水透湿機能」を搭載。主に釣り用ですがフェス、街用にも愛用される。
■定価:22,000円 / 全3色



4 (68票)
mont-bell(モンベル)

出典:https://www.montbell.jp/
 
公式サイト:https://www.montbell.jp/
 
 創業:1975年 / 日本 

機能美を追求しつづける日本の本格アウトドアブランド。

ウェアからギアまで幅広いアイテムが揃う国産総合アウトドアブランドの雄、モンベル。
定番アイテムもシーズンを重ねる毎に進化するなど、機能性を追求したベーシックなデザインは海外からの評価も高い。

モンベルの売れ筋ウェア(シェル)3選!

montbell01
 
ノマドパーカー
防風・撥水・ストレッチ性のすべてを備えたソフトシェル。春・秋はアウターとして、冬はインナーとして、さまざまなシーンで愛される万能型。
■定価:12,800円 / 全4色

 
montbell02
 
ライトシェルジャケット
「長袖Tシャツ」の重さと同程度の超軽量ジャケット。防風性・撥水性など機能性も必要十分。小さく収納できるバッグ付きで旅先にも重宝。
■定価:7,200円 / 全5色

 
montbell03
 
ストリームパーカ
冬用縦走やアイスクライミングなど、過酷な状況に耐えうるプロユースなハードシェル。野暮ったさのないスッキリとしたシルエットに、ストレスを軽減させる快適機能も満載。
■定価:33,800円 / 全3色



5 (31票)
CHUMS(チャムス)

出典:http://www.chums.jp/
 
公式サイト:http://www.chums.jp/
 
 創業:1983年 / アメリカ 

「カジュアルアウトドア」の代名詞! アウトドア界きってのおしゃれ番町。

南国の海岸沿いに生息するブービーバードをキャッチーなブランドアイコンとするチャムスは1983年にアメリカで創業。
「Fun and Adventure!」をテーマとし、冒険心と遊び心を表現したウェアやファッションアイテムを展開。

チャムスの売れ筋ウェア(シェル)3選!

chums01
 
レディバグジャケット
チャムスの定番となっている、超軽量なタウンユース用ソフトシェル。チャムスらしく派手色や総柄といったカラーが充実。普段使いやジョギング、サイクリングなどに重宝。
■定価:9,800円 / 全10色

 
chums02
 
ティーシェルマウンテンジャケット
アウトドアに適した機能性を持ちあわせる本格マウンテンパーカー。とはいえモチーフの引き手、ネイティブ柄の裏地など、同ブランドらしい遊び心は健在。
■定価:18,900円 / 全4色

 
chums03
 
マリンデッキパーカー
アウトドア&タウンユース兼用のマウンテンパーカー。シンプルで軽く、どんな着こなしにも合わせやすい万能型。春は爽やかなマリンボーダーも展開される。
■定価:12,900円 / 全3色



6 (28票)
ARC'TERYX(アークテリクス)

出典:https://arcteryx.com/
 
公式サイト:https://arcteryx.com/
 
 創業:1989年 / カナダ 

アウトドアマンズとファッショニスタたちに愛される「洗練されたデザイン」。

カナダ・バンクーバーで1989年に創業したアークテリクスは、最高のパフォーマンスと最高品質で確固たる地位を築いてきた。
最近ではアウトドアで培ったノウハウと高い機能性をデイリーウェアに落とし込んだ「24ライン」が話題を呼んでいる。

アークテリクスの売れ筋ウェア(シェル)3選!

arcteryx01
 
NODIN JACKET
収納型フードを備えた超軽量(わずか155g)ソフトシェル。
デザインはアークテリクスらしくあくまでもスマート。都会の街並みにだってマッチします。BEAMSでも取り扱いあり。
■定価:22,000円 / 全3色

 
arcteryx02
 
BETA SL JACKET
非常に高い防水性・透湿性を備える「ゴアテックス gament」を採用した本格派ライトシェル。
本格ならがも着丈は短くスタイリッシュ。アウトドア・タウンユース・ビジネスなど多彩に使われるオールラウンダー。
■定価:40,000円 / 全3色

 
arcteryx03
 
RUSH JACKET
過酷な状況下に対応するハイスペック素材「ゴアテックス PRO」を採用したハードシェル。
快適な登山をサポートする一方で、スキーや乗馬、街着にも使えるデザイン。
■定価:32,000円 / 全3色



7 (27票)
Haglofs(ホグロフス)

出典:https://haglofs.jp/
 
公式サイト:https://haglofs.jp/
 
 創業:1914年 / スウェーデン(北欧)

「大人のアウトドア」を叶える都会派アウトドアブランド。

アルペンスポーツが盛んなスウェーデンにて創業したホグロフス。
今季は、過酷な状況下で活動するアルペンレスキュー隊のアイディアを盛り込んだコラボレーションに注目が集まるが、タウンユースにおける機能的なウェアまで幅広く展開。

ホグロフスの売れ筋ウェア(シェル)3選!

haglofs1
 
TRAIL JACKET
無駄な装飾を省いたモダンなマウンテンパーカー。撥水性、透湿性を備えており実用面も良好。アウトドアのみなずジーンズを合わせたタウンカジュアルにも似合います。
■定価:18,000円 / 全3色

 
haglofs2
 
DRAKEN HOOD MEN
防風・防水・通気性の3つを備えたストレッチ素材「FlexAble」を採用したソフトシェル。デザイン自体はクリーンそのもの。スタイリッシュに着こなせる。
■定価:16,000円 / 全3色

 
haglofs3
 
LIMA JACKET MEN
ほどよく無骨な井出達のシェルコート。「ゴアテックス」採用の本格的な機能を持ちつつ、タウンユースでも違和感のないデザイン性を両立。
■定価:69,000円 / 全2色



8 (20票)
and wander(アンドワンダー)

出典:http://www.andwander.com/
 
公式サイト:http://www.andwander.com/
 
 創業:2011年 / 東京 

パリコレで培った企画力×山で感じた肌の感覚をミックスする国内ブランド。

アウトドアフィールドを背景に持ちながら、スタイリッシュな洗練されたウェアを展開。高い機能性は評判も良く、フィールドだけでなく街着としても愛される。
毎シーズン、テーマは特に設定しない同ブランドだが、今季はサビ色の効いたサファリテイストのアイテムが揃う。

アンドワンダーの売れ筋ウェア(シェル)3選!

andwander1
 
Trek Jacket
撥水素材を用いた同ブランド定番のソフトシェルジャケット。着丈は少し長め、しっかり風と雨を防ぐので意外とサイクリング(自転車使い)にも重宝。
■定価:35,000円 / 全5色

 
andwander2
 
fly poncho R
極薄ナイロンを用いたコート。超軽量ながらダブルコーティングで雨・風・雪をガード。コンパクトに収納できるポーチ付き。携帯性にも優れている。
■定価:42,000円 / 全2色

 
andwander3
 
reversible ripstop jacket
撥水リップストップ×マイクロフリースの「リバーシブル」仕様のジャケット。襟にはフードが収納されており、これ1着で4WAYが楽しめる。
■定価:43,000円 / 全2色



9 (13票)
マウンテン ハードウェア

出典:http://www.mountainhardwear.jp/
 
公式サイト:http://www.mountainhardwear.jp/
 
 創業:1993年 / アメリカ 

マウンテンスペックを有しつつ街着にも映える……、山と街を両立する希少ブランド。

アウトドアに精通した数名のメンバーによって1993年、アメリカ・カリフォルニアで誕生したマウンテニアリングブランド。
機能性、デザイン性において常に革新的なプロダクトを開発し続けるストイックな姿勢で、多くのファンを魅了する。

マウンテンハードウェアの売れ筋ウェア(シェル)3選!

mountainhard1
 
エクスポーネントジャケット
軽やかなベイパードライ(防水透湿素材)をシンプルにまとめたソフトシェル。着丈は長く、2WAY可能なフードなど実用的。
■定価:16,000円 / 全3色

 
mountainhard2
 
マイクロチルライトフルジップフーディー
上質なマイクロフリースによるパーカー。スマートに着こなせる細身のシルエットに仕上げ、袖をカラーで切り替えて遊び心と保温性を追求。
■定価:7,800円 / 全3色

 
mountainhard3
 
ディプシートレイルウインドジャケット
スーパーストレッチリップ(ナイロン100%)を用いたウインドブレーカー。胸から袖にかけて色を替えたバイカラー仕様。おしゃれで視認性が高く街着や自転車乗りにも重宝。
■定価:13,000円 / 全3色



10 (7票)
ALDIES(アールディーズ)

出典:https://aldies.shop-pro.jp/
 
公式サイト:https://aldies.shop-pro.jp/
 
 創業:2001年 / 日本 

タウンユースにも映える「ファッション性の高さ」が魅力。

「LOVE & JOKE」のコンセプト通り、今シーズンもポップなカラーリングや切り替えデザインが目を惹くアールディーズ。
さらに、ストレッチ性や耐久性に優れた素材の採用、パッカブル仕様など機能も持ち合わせたアイテムも充実している。

アールディーズの売れ筋ウェア(シェル)3選!

aldies1
 
Whip Mountain Parka
派手めなロゴや色使いがおしゃれなマウンパ。防水性・撥水性のある透湿防水素材、シームテープや止水ファスナーなど、POPな見た目ながらも本格派。
■定価:37,000円 / 全3色

 
aldies2
 
Light Coach Jacket
旬のオーバーサイズシルエットが今の気分にマッチするコーチジャケット(フード付き)。厚めのナイロン素材はタフで、タウン~マウンテンまで広く楽しめる。
■定価:11,000円 / 全5色

 
aldies3
 
Yuki's Jacket
袖や襟にネイティブ柄を、裏地にはチェック柄をあしらったオシャレ系ジップアップブルゾン。とはいえ弱撥水性のPUコーティング生地で実用面も抜かりなし!
■定価:25,800円 / 全3色



Loading ... Loading ...

②アウトドアウェアブランド一覧

Alexander Lee Chang
(アレキサンダーリーチャン)

AlexanderLee

アメリカ生まれでありながら、東京を代表するプロスケーターであるアレックス・リー・チャンが手がけるブランド。
今季は動物と植物が合体したハイブリッド生物の総柄アイテムや、撥水糸を使用したニットカーディガンなど独自のユニークなアイテムが揃う。
>> ブランド公式サイト

 

AlexanderLee2

 

 

alkphenix
(アルクフェニックス)

alkphenix

都市生活のアウトドアの楽しみ方を提案、歩くための機能服を追求する国内アパレルブランド。今年は軽量かつドライタッチの“karu”シリーズのアイテムを多数リリース中。
>> ブランド公式サイト

 

alkphenix1

 

 

another 20th century
(アナザートゥエンティースセンチュリー)

another20th

人類史上最も発展を遂げた“20世紀”をキーワードに、レプリカやヴィンテージとは違う新しい価値観を追求。あえてシーズンごとのテーマは設けず、様々なアイテムをリリース。

 

another20th1

 

 

Barbour
(バブアー)

barbour00

 

防水性に優れたオイルドジャケットでお馴染みのイギリスを代表するアウトドアウェアブランド。100年以上にわたり英国上流階級のアクティビティとリンクし、カントリージェントルマンスタイルを提案している。
>> ブランド公式サイト

 

barbour01

 

 

BLACK DIAMOND
(ブラックダイヤモンド)

blackdiamond

クライミング&バックカントリーギアからトレッキングギアまで信頼性の高い登山ギアをリリース。近年はウェア関係も機能を重視したギアとして捉え、今季は“ライトアンドファスト”をテーマにアイテムを展開。
>> ブランド公式サイト

 

blackdiamond1

 

 

BROWN by 2-tacs
(ブラウン バイ ツータックス)

brownby2tacs

スタイリストとして活躍する本間良二氏が1998年に立ち上げたブランド出、ワークシャツやコーチジャケット、トリズラーなどサーファーやスケーターが好む普遍的なアイテムをアイコンとする。今季は静と動、山のTPOをコンセプトにハイキングに使いたいアイテムが多数ラインナップ。
>> ブランド公式サイト

 

brownby2tacs1

 

 

BURLAP OUTFITTER
(バーラップ アウトフィッター)

burlapoutfiter

2016年にスタートしたばかりの新鋭アウトドアファッションブランドながら、高機能素材をデイリーウェアに落とし込んだプロダクトが多方面で話題に。今年はミリタリーのディティールやデザインをさり気なく踏襲した普遍的なアイテムが揃う。
>> ブランド公式サイト

 

burlapoutfiter1

 

 

BURTON
(バートン)

burton

クラシカルでヴィンテージの趣があるプロダクトに、アウトドアで快適に過ごすことができる高い機能性とスノーボーダーのユニークなアイディアが色濃く移るBURTON。環境を配慮したブルーサイン認証を受けた素材が多く見られるのも特徴。
>> ブランド公式サイト

 

burton1

 

 

CANADA GOOSE
(カナダグース)

canadagoose

北極圏にも対応するスペックをもつカナダのブランド。今季はタウンユースを意識したブラックレーベルが本格的にスタートし、スタイリッシュなアイテムも展開される。
>> ブランド公式サイト

 

canadagoose1

 

 

Carhartt WIP
(カーハート WIP)

carhartt

本国が持つ長い歴史を基にした豊富なアーカイブをベースとし、モダナイズドを施したヨーロッパ企画のカジュアルウェアライン。
>> ブランド公式サイト

 

carhartt1

 

 

COLUMBIA BLACK LABEL
(コロンビア ブラックレーベル)

columbiablack

 

肩の力を抜いて人生を謳歌する大人のワードローブを提案。今季はワンランク上のライススタイルウェアをテーマに、ディティールにこだわったラインを展開。2017年には原宿にショップをオープン。
>> ブランド公式サイト

 

columbiablack1

 

 

DESCENTE ALLTERRAIN
(デサントオルテライン)

descenteall

デサントのモノ作りのエッセンスを凝縮したコレクションとなるオルテライン。そのデザインコンセプトは「Form follows function」。装飾ではなく機能を伴うなど、存在に理由のあるデザインをもったウェアを展開。
>> ブランド公式サイト

 

descenteall1

 

 

Eddie Bauer
(エディー・バウアー)

eddiebauer

ダウンジャケットを世界で始めてリリースした、1920年生まれのアメカジブランド。普遍的なスタンスを大切にしながら、今も進化を続けている。
>> ブランド公式サイト

 

eddiebauer1

 

 

F/CE.
(エフ シーイー)

fce0

毎コレクションのテーマは世界中から選ばれたひとつの国。ライフスタイル、歴史、アート、音楽などさまざまなカルチャーにリアルに触れてデザインされる。
今季は「フランス」をテーマに、フレンチミリタリーなどから着想を得たデザインを展開。

>> ブランド公式サイト

 

fce1

 

 

go slow caravan
(ゴースローキャラバン)

goslowc

様々な「外遊び」をコンセプトに年齢や肩書き、国籍を度外視したスタイルを重視。
今季は“炎のキャンパー”をテーマに小洒落たキャンプスタイルに合ったラインナップがそろう。

 

goslowc1

 

 

GOHEMP
(ゴーヘンプ)

gohemp
>> ブランド公式サイト

 

成長が早く、無農薬で育ち、通気性、速乾性、耐久性に長けた天然の機能素材「ヘンプ」をフィーチャーすることで1994年に誕生したブランド。

彩土染めを施したオーガニックコットン×ヘンプの糸や、ソルト&ビネガーウォッシュシリーズなど着る人にも環境にも優しいアイテムを展開。

 

gohemp1

 

 

GRAMICCI
(グラミチ)

gramicci

定番のコットンやアウトドアシーン向きの機能素材だけでなく、タウンユースも考慮に入れたデニム素材など、どのシーンでも活躍できるアイテムを展開。
また、各ブランドと連動したコラボレーション企画など幅広い動きも見逃せない。
>> ブランド公式サイト

 

gramicci1

 

 

HELLY HANSEN
(ヘリーハンセン)

hellyhansen0

 

1877年にノルウェーで誕生したセイラー向けのウェアブランド。現在は日常のシーンはもちろん、アウトドアアクティビティ全般を幅広くサポートしている。
>> ブランド公式サイト

 

hellyhansen1

 

 

HOUDINI
(フーディニ)

houdini

スウェーデン発のアウトドアブランドとして、北欧ならではの洗練されたミニマルデザインを発信。今季はアースカラーのアウターが多く揃う。
>> ブランド公式サイト

 

houdini1

 

 

Is-ness
(イズネス)

isness

現代的なエッセンスを武器にクリエイティビティと独創性を重視したデザインレーベルとして2001年に発足したブランド。
今季は、あえて曖昧さをテーマに程よい心地よさを追求しながら、有機的でシャープなラインとビッグシルエットなアイテムを製作している。
>> ブランド公式サイト

 

isness1

 

 

karrimor
(カリマー)

karrimor

アルピニズム発祥の国、イギリスで1946年に設立。アイテムは過酷なフィールドを想定して、高機能を重視したラインナップとなっている。
>> ブランド公式サイト

 

karrimor1

 

 

KAVU
(カブー)

kavu

自然と都市が程よく共存するシアトルのライフスタイルを提案するアウトドアブランド。ここ数年は“楽しさを売る”というコンセプトでアイテムをリリースしている。
>> ブランド公式サイト

 

kavu1

 

 

Klattermusen
(クレッタルムーセン)

klattermusen

厳選したマテリアル、人間工学に基づいたデザイン、独自開発のディティールだけでなく、サスティナビリティつまり自然環境や資源に配慮した製品づくりがブランドコンセプト。

 

klattermusen1

 

 

L.L.Bean
(エル・エル・ビーン)

llbean00

150年以上に渡りアウトドアシーンをサポートし続けている老舗ブランド。今季は“クロスオーバー”をテーマにしたスタイルを提案。
>> ブランド公式サイト

 

llbean11

 

 

MAMMUT
(マムート)

mammut0

150年の歴史を誇るスイス発のアウトドアブランド。今年のシーズンはタウンユースのアイテムも多く、幅広いスタイルに対応している。
>> ブランド公式サイト

 

mammut01

 

 

MANASTASH
(マナスタッシュ)

manatash

 

「On Duty.Off Duty」をテーマにフィールドから街使いまでできる、アーバンアウトドアコンセプトなアイテムを展開するブランド。

オーバースペックになり過ぎず、デザイン的にもクラシックとトレンドがミックスチャーされた、今の気分にちょうど良いアイテムがリリースされる。
>> ブランド公式サイト

 

manatash1

 

 

MARKAWARE
(マーカウエア)

markaware

素材選びから縫製、加工に至るまで日本国内(メイド・イン・ジャパン)にこだわり、大人のための洗練されたハイエンドガーメントを提案するブランド。

今季は春夏シーズンから使い始めた素材の熟成を重視し、エレガントだけどリラックス感の漂うスタイルを発信している。
>> ブランド公式サイト

 

markaware1

 

 

Marmot
(マーモット)

marmot

アウトドア業界で初めてゴアテックス素材を採用した実績を持つアパレルブランド。この秋冬もウインターアクティビティを快適にサポートする機能的なウェアを用意。さらにカトーのコラボアイテムも展開予定。
>> ブランド公式サイト

 

marmot1

 

 

meanswhile
(ミーンズワイル)

meanswhile

「日常着である以上、衣類ではなく道具」と提唱するミーンズワイル。今季は、年代や地域の異なるミリタリーウェアに共通する自然に溶けこむ色と、現代の日常の溶けこむ機能性を持ったウェアを展開。
>> ブランド公式サイト

 

meanswhile1

 

 

MofM
(マン オブ ムーズ)

mofm

 

日本の群馬県は上中町、谷川岳麗を拠点に、その時その瞬間で感じるものを独自のライフスタイルからくる思考で造形、具現化していくことをコンセプトとしている。山岳渓流などに特化したウェアが数多く並ぶ。
>> ブランド公式サイト

 

mofm1

 

 

Monro
(モノロ)

monro

 

1年を通して使われるテキスタイルデザインを中心に、唯一無二のアウトドアアイテムを展開する「アーバンボヘミアン」スタイルブランド。

今季はシンプルな中に機能性を見いだすというコンセプトのもと、無地のアイテムも登場。モンロならではのオリジナリティあふれるギミックは注目。

 

monro1

 

 

Mountain Martial Arts
(マウンテンマーシャルアーツ)

mountainmaterial

 

トレイルラインを軸に新しいライフスタイルを提案。“機能とデザイン”をコンセプトにしたアクティビティとデイリーライフをボーダレスに繋ぐ。
>> ブランド公式サイト

 

mountainmaterial1

 

 

MOUNTAIN RESEARCH
(マウンテンリサーチ)

mountainresearch

山の暮らしをテーマに活動を続ける「…リサーチ」の山部門。“ONLY ANARCHO MOUNTAINEERS ARE PRETTY”をテーマとした今季は、同ブランドならではの冬山スペックを街着に落とし込んだアイテムが特徴。
>> ブランド公式サイト

 

mountainresearch1

 

 

nanamica
(ナナミカ)

nanamica

 

ユーティリティとスポーツをキーワードに毎日を楽しく、快適でクールに過ごせるウェアを提案。ベーシックながら各々が持つスタイルに寄り添うようなアイテムが揃う。
>> ブランド公式サイト

 

nanamica1

 

 

NANGA
(ナンガ)

nanga

日本が誇るダウンブランドとしてジャパンメイドにこだわり、良質なシェラフや保温性の高いジャケットをリリースし続けている。今年は、直営2号店を吉祥寺にオープン予定。
>> ブランド公式サイト

 

nanga1

 

 

NATAL DESIGN
(ネイタルデザイン)

nataldesign

今季も引き続き「レトロスポーツ」を基軸にアイテムを展開するネイタルデザイン。

普段着としてのウェアなどに伸縮性のあるストレッチ生地や速乾性のあるドライ生地を積極的に落とし込むことで、「普段着」そのものの幅を広げたい! そんな意気込みを感じるアイテムがラインナップされている。
>> ブランド公式サイト

 

nataldesign1

 

 

nau
(ナウ)

nau

 

ポートランド発の機能性、エコ、ファッション性を兼備したライフスタイルブランド。「ビューティー、パフォーマンス、サステナビリティ」の3分野をバランス良く取り入れることがブランドの哲学でもある。
>> ブランド公式サイト

 

nau1

 

 

nonnative
(ノンネイティブ)

nonnative

 

スペイン語で「シウダ・デ・コロレス=色彩の街」をテーマとし、メキシコのオアハカで見た風景、色彩を表現。ナチュラル感やリラックス感を基調とし、肌ざわり、着心地の良さを考慮したコレクションを展開。
>> ブランド公式サイト

 

nonnative1

 

 

NORRONA
(ノローナ)

norrana

1929年生まれという長い歴史を持つノルウェーのアウトドアブランド。今シーズンはプロ仕様のシリーズ、トロールヴェゲンのアイテムが一新。新たなるスタートを切った。

 

norrana1

 

 

OSC CROSS
(オーエスシークロス)

osccross

 

カナダ発のタウンウェアブランドとしてトロントから世界に発信。自社生産のハンドメイドにこだわり続け、高品質なアイテムを継続的に発表している。

 

osccross1

 

 

OUTDOOR RESEARCH
(アウトドアリサーチ)

outdoorresearch

“デザインド バイ アドベンチャー”をコンセプトに、実用的で長持ちする機能的アウトドアウェアを提案。シンプルかつベーシックなアイテムは日常着としても活躍してくれる。
>> ブランド公式サイト

 

outdoorresearch1

 

 

OVERTECH
(オーバーテック)

overtech

”アーバンエクスプローラー”がコンセプトのテクニカルギアブランド。自然環境での快適性や機能性をベースに、街に溶け込むアトラクティブなプロダクトを展開。独自のレイヤリングシステムにも要注目。
>> ブランド公式サイト

 

overtech1

 

 

PeakPerformance
(ピークパフォーマンス)

peakperformance

1986年にスウェーデンで設立されたスキーヤーズブランド。今季はカーキやブラック、バーガンディなどの定番カラーを、北欧ならではの独特な色合いで展開。ブランド設立30周年記念モデルや、街でも重宝するウェアが揃う。
>> ブランド公式サイト

 

peakperformance2

 

 

PENFIELD
(ペンフィールド)

penfield

40年の歴史があるアメリカ・ボストン発のスポーツブランド。今シーズンは“CABIN-PORN”をテーマに、男の山遊びを提案。フリースやダウン素材のアイテムも豊富に揃う。
>> ブランド公式サイト

 

penfield1

 

 

POLeR
(ポーラー)

poler

「キャンプハイプス」を合言葉に、横乗り系の雰囲気とアウトドアをブレンドさせたライフスタイルを提案する、2011年にアメリカ・ポートランドで生まれたアウトドアスタイルブランド。
スケート、サーフィン、スノーボードなどあらゆるアクティビティに精通しながらもベーシックでシンプル、そして遊び心あふれるデザインから愛用者多数。

 

poler1

 

 

Rab
(ラブ)

rab

ダウンシェラフからスタートしたブランド、ラブ。現在もダウンアイテムに対するこだわりは強く、イーベントなどの新素材を積極的に取り入れる革新的なスタンスも魅力。

 

rab1

 

 

Rocky Mountain Featherbed
(ロッキーマウンテン フェザーベッド)

rockymountain

ネイティブアメリカンの英知が生み出したレザーケープを参考に、ウエスタンヨークをアイコンとしたカウボーイ向けのウェアブランド。代表作は羽毛布団のような防寒性、保温性を保証するダウンベスト。
>> ブランド公式サイト

 

rockymountain1

 

 

ROKX
(ロックス)

rokx

 

伝説のクライマー、マイク・グラハムが2000年に立ち上げたクライミングウェアブランド。今季はニューラギットベーシックスタイルを提案。
>> ブランド公式サイト

 

rokx1

 

 

SALOMON
(サロモン)

salomon

四季を問わず山遊びを提案するフランスのマウンテンスポーツブランド。来年に70周年を迎える今季は、アルパインランニングといった新スタイルを提案。
>> ブランド公式サイト

 

salomon1

 

 

SIERRA DESIGNS
(シエラデザインズ)

sierradesign

1965年に創業されたアメリカの老舗アウトドアブランド。伝統的なアイテムとなる60/40クロス素材のマウンテンパーカーは、もちろん今シーズンも健在。
>> ブランド公式サイト

 

sierradesign1

 

 

snow peak
(スノーピーク)

snowpeak

 

新潟県発の日本を代表するアウトドアブランド。「人生に野遊びを」というブランドコンセプトのもと、スノーピークが提唱するアウトドアフィールドは、山や自然だけでなく、都会的な街まで。
ギアはもちろん、さまざまなシーンにおいて最高のパフォーマンスを発揮するウェアも提案する。
>> ブランド公式サイト

 

snowpeak1

 

 

SOUTH2 WEST8
(サウスツー ウエストエイト)

south2west8

2015年よりアウトドアコンセプト「FISH & BIKE」をテーマに日本古来のテンカラ釣りに注目。
バッファローチェックに象徴されるクラシカルなデザインが眼を引くが、もちろん街着としても着られるアーバンアウトドアなスタイルに仕上げられている。
>> ブランド公式サイト

 

south2west83

 

 

TEATORA
(テアトラ)

teatora

 

ノマド的な働き方をする通称ノマドワーカーというスタイルが定着している昨今。
そのような自由な働き方をするクリエイターたちのパフォーマンスを向上させるべく、パッカブルや多収納といった機能を持った「頭脳職のための機能服」という新しいアウトドアウェア作りで話題のブランド。
>> ブランド公式サイト

 

teatora1

 

 

THE NORTH FACE PURPLE LABEL
(ザ・ノース・フェイス パープルレーベル)

thernorthpupple

 

アウトドアウェアとしてではなく、都会的なプロダクトとして提案するパープルレーベル。今季は「CRAFTED WIND」をテーマに掲げ、ノスタルジックであり、モダンな趣。先端的でありクラフト的でもあるハイブリッドなコレクションを展開。

 

thernorthpupple1

 

 

Tilak
(ティラック)

tilak

チェコ共和国で1986年にスタート以来、自社工場での生産にこだわり続けているアウトドアブランド。今年は30周年を迎え、アウトドアプロダクツ以外にもテクニカルラインやトラベルラインも充実。

 

tilak1

 

 

TOPO DESIGNS
(トポ デザインズ)

topo

フィールドでも町でもデイリーで使えることを意識したアメリカ・デンバー発のブランド。普遍的なアイテムが揃うが、今シーズンは“マウンテンシリーズ”を提案している。
>> ブランド公式サイト

 

topo1

 

 

WILD THINGS
(ワイルドシングス)

wildthings

 

1981年にアメリカで生まれたワイルドシングス。クオリティの高さからアメリカ軍にウェアを納入し、近年はミリタリーラインであるワイルドシングス タクティカルも展開。そんな機能美を盛り込んだアーバン向けのカジュアルウェアが揃う。
>> ブランド公式サイト

 

wildthings1

 

 

WISLOM
(ウィズロム)

wislom

研究意欲に旺盛なデザイナーが素材にまつわる特性や可能性を常に探求し、唯一無二のテキスタイルを開発・提供。まさに“実験的”な試みを体現するLABブランド。

 

wislom1

 

 

White Mountaineering
(ホワイトマウンテニアリング)

whitmountain

「服を着るフィールドはすべてアウトドア」というコンセプトのもと、アウトドアとファッションをクロスオーバーさせた洋服の形を提案するコレクションブランド。

今季のコレクションは、機能ウェアに必要なものを改めて見直し、原点回帰的にスポーツとアウトドアの要素を取り入れた。
>> ブランド公式サイト

 

whitmountain1

 

 

yetina
(イエティナ)

yetina

日本から“寒い”をなくす。そんなセンセーショナルなコンセプトとともに誕生した日本発のブランド。ブランド独自の技術による特殊な起毛素材が、より多くの空気を溜め込み保温力を高める。街着でもミドルレイヤーでも活躍。
>> ブランド公式サイト

 

yetina1





もっと見る


この記事を見た方は、こんなページも見ています
サイトの人気ページTOP5!

カテゴリ一覧



検索(アイテムで検索ができます)

最新の記事一覧

人気のカテゴリー






ジーンズ 人気ブランド(男性)

スタイル別 ブランド

  • ブランドプレゼント×アンケート

    プレゼントで貰って嬉しい、ブランド物といえば?

    投票結果だけ見る

    読み込み中 ... 読み込み中 ...
ページ上部に