おしゃれおやじ

 

インスタで着こなしも見れる!「海外のオシャレおやじ」さんを紹介。

50代・60代男性のおやじファッションというと「LEON」や「MEN’S EX」など雑誌を参考にする方も多いですが、最近は「インスタグラム」で、お洒落な人の着こなしを見ることもできます。

 

 

今回は、そんなインスタグラムで旬の着こなしが見れる、海外のお洒落オヤジさんを紹介しています。ちなみに日本人のお洒落オヤジさんは以前着こなしも私生活もカッコいい!有名人×おしゃれなオヤジさんで紹介しています。

目次(もくじ)

①著名なオシャレおやじさん18人

アレッサンドロ・スクアルツィ

ルイージ・ラルディーニ

ブルース・パスク

ジャンパオロ・アリアータ

アンドレア・アンドリオーリ

キャンベル・キャリー

マッテオ・マッキャベッリ

ドメニコ・ジャンフラーテ

ガブリエレ・パジーニ

ガブリエレ・バルディノッティ

エリック・ラザフォード

デヴィッド・ガンディ

ニック・サリバン

(他5名)

 

②ファッショニスタなおやじさん22人

LOUIS-NICOLAS DARBON

chirinos24

Albert borowiecki

Tufan lrfan

Danilo Carnevale

(他17名)

①著名なオシャレおやじさん12人

ファッション雑誌でもお馴染み!
メンズファッション業界を常にリードする、著名なオヤジさんたちを紹介しています。

アレッサンドロ・スクアルツィ
(Alessandro Squarzi)

alessandro0

 

■History

イタリアのファッション業界屈指の仕掛け人であるアレッサンドロさん。

自身のショールームで扱うブランドを世界にセールスするとともに、数多くのブランドを作り、ヒットさせてきたデキる伊達男です。

■Style

着こなしは、「gipsyclassic」と自ら名づけたクラシックを程よくヒッピーに崩した独自スタイル。カジュアルでありつつも上品さが薫る着こなしは、大人のタウンユースにハマります。

特に「白パンツを使わせたら世界一」と言われるだけあり、白パンツの着こなし方は豊富。

alessandro1

 

「タートルネック×コート」の定番スタイルですが、昨年からトレンドワードに入っている「ワイドパンツ」で洒脱に。

あえてのスニーカーのハズシ方もオシャレ!

 

alessandro3

 

ワイルドな「ダブルライダース」は、ジレを合わせることで大人っぽさをキープ。50代・60代男性のカジュアルコーデに◎

 

alessandro2

 

ミリタリーな「迷彩柄シャツジャケット」に、スウェット、ジーンズ、黒スニーカーでとことんストリートに。力を抜いた休日に最適です。

アレッサンドロ・スクアルツィさんの「インスタグラム」ページ

 

ルイージ・ラルディーニ
(Luigi Lardini)

Luigil0

 

■History

楽ジャケからスルトリアラインまで、いまのイタリアンテーラードを牽引するルイージさん。

高級ジャケットやコートで馴染み深いイタリアブランド『ラルディーニ』を立ち上げたお方であり、当然ドレスアップのエキスパートです。

■Style

着こなしは艶っぽいドレスアップから、ジャケパンまでオヤジの渋みをトコトン引き出すスタイル。

タイムレスな魅力とイタリアならではのグラマラスなドレスの色気を教えてくれます。

Luigil1

 

「ブラウン×ホワイト」だけでまとめた渋みのあるジャケパンスタイル。クリーンな白スニーカーでさりげない遊び心を。

 

Luigil2

 

ダブルブレスト×白パンツは定番的ですが、「青色と白色」だけでまとめると新鮮に。ちょっとしたレストランにも通用する品の良さ。

 

Luigil3

 

こちらは逆に「茶色×グレー」でまとめでモダンに。重厚に映える色使いは40代~60代にこそマッチします。

ルイージ・ラルディーニさんの「インスタグラム」ページ

 

ブルース・パスク
(Bruce Pask)

Brucepask0

 

■History

ニューヨーク五番街で世界のセレブを魅了し続ける老舗百貨店の重鎮であり、NYのお洒落オヤジとしても有名なブルースさん。

エディターなどを経て現職についた独自のスタイルと提案は、多くの洒落者の注目を集めています。

■Style

着こなしは、ファッションディレクターとしてビジネスの商談も多くこなすゆえ、ジャケットやコートありきのコーディネートが基本スタイル。

上品なうえにどこか遊びのある姿はまさに「オトナの装い」です。

Brucepask1

 

雑誌でも取り上げられた「インナーGジャン」の着こなし。上品なジャケットコーデに男らしさを加えることができます。

 

Brucepask2

 

おしゃれな人は実践している「ジャッカジレ(ジャケットの上にダウンベストを羽織る)」。同色系ならまとめやすいです。

 

Brucepask3

 

ブルースさんの休日は、きちんと感とカジュアル感の出る「カバーオール」で。

ブルース・パスクさんの「インスタグラム」ページ

 

ジャンパオロ・アリアータ
(Giampaolo Aliata)

Giampaolo0

 

■History

ドレスアイテムを扱う父親の影響でクラシコの世界に身を投じたジャンパオロさん。

ミラノを中心に名だたるサルトやショップでの勤務経験を経て現在『ドリアーニ』で活躍している、まさに艶クラシコの体現者です。

■Style

着こなしは「ニュークラシック」と呼ぶ、正統なイタリアンスーツスタイルの色気を最大限に引き出したもの。

エレガンスに重点を置きながら絶妙な遊び心を加えたスタイルで、ミラノでも有名なスーツの達人として知られています。

 

Giampaolo1

 

いかにもイタリアンが「ジャンパオロ流」。色味のないグレー&ホワイトのジャケパンだからこそ、艶やかなワインレッドコートが引き立ちます。

 

Giampaolo2

 

40代~60代が似合うチェック柄セットアップ。こちらも色気のある「紫色タートルネック」でバランス加減を。

 

Giampaolo3

 

年齢問わず、遊びたい日は「白シャツ×ジーンズ」が鉄板。相性のいいベージュジレで、上品さ&差別化を。

ジャンパオロ・アリアータさんの「インスタグラム」ページ

 

アンドレア・アンドリオーリ
(Andrea Andreoli)

Andrea0

 

■History

ニットの聖地モデナのネットワークをフルに活用し、ハイクオリティなニット製品を打ち出す「ドリュー&コー」のデザイナーを務めるアンドレアさん。

■Style

着こなしは、ジャケット&スーツを要にしながらもどこか力のヌケたムード。

レトロなポロシャツや襟高なドレスシャツで雰囲気をコントロールするのが本当にお上手。

Andrea3

 

大人コンサバのお手本「紺ダブルジャケット×白デニム」。足元は、黒タッセルローファーで色を締めるのが定石です。

 

Andrea2

 

こちらもダブルジャケットですが、「チェック柄」なら一気に洒脱に。赤ソックスの挿し色もオシャレ!

 

Andrea1

 

シックな色でまとめたモダンな「ダブルジャケット」スタイル。上がラフなニット系なので、パンツはスーツっぽい生地でバランスを。

アンドレア・アンドリオーリさんの「インスタグラム」ページ

 

キャンベル・キャリー
(Campbell Carey)

Campbell0

 

■History

映画「キングスマン」のモデルにもなった英国の老舗高級テーラー・ハンツマンのヘッドカッターであるキャンベルさん。

ずば抜けた天性のカッティングセンスとスコットランド出身という背景から、生地への確かな感性と深い造詣をもち、サヴィロウでもトップの実力者です。

Campbell1

 

ちょい派手なネクタイ、茶ローファーが遊びどころ。ビジネスの「カジュアルダウン」としてベターな着こなしです。

 

Campbell2

 

足元の「スエード靴」でわずかにカジュアルに向けたスーツスタイル。

キャンベル・キャリーさんの「インスタグラム」ページ

 

マッテオ・マッキャベッリ
(Matteo Macchiavelli)

Matteo0

 

■History

マッテオさんは、マイアミ生まれのポップなフィーリングをイタリア的感性と、モノ作りで表現するブランド『マッキアJ』のCEO。

イタリアで年2回行われるファッションブランドの祭典「ピッティウオモ」では、毎年会場を賑わせています。

■Style

着こなしは一言でいうと「スポカジ」。

アメリカ西海岸のスポーティな雰囲気を日常着に落とし込んだテイストで、ちょっと肩の力を抜いたオヤジの休日にハマります。

Matteo1

 

マッテオさんが得意なスポーティ系。ダボッとしないジャストサイズが「ダサくなく、こなれて見える」ポイント。

 

Matteo2

 

Gジャン、パーカー、ジョグパンツの「ストリートカジュアル系」。こちらも体型に合うスリムフィットが、今っぽく見えるコツです。

 

Matteo3

 

キッチリ決める所では「ジャケパン」でスッキリと。ちょい無骨な腕時計、派手めブレスレットがマッテオさんらしい遊び心。

マッテオ・マッキャベッリさんの「インスタグラム」ページ

 

ドメニコ・ジャンフラーテ
(Domenico Gianfrate)

Domenico0

 

■History

イタリアが誇るパンツ専業ブランド『PT01』のディレクターであるドメニコさん。

時代の流行に関係なく自分のスタイルを貫く、イタリアでも屈指のお洒落オヤジさんです。

■Style

着こなしはクラシックをベースにしながらも、そこにモードやストリートといった異なる要素をミックスしていくのが特徴。

ジャケットやジレなどエレガントなアイテムも、独自のセレクションでさり気なく男らしさを漂わせています。

Domenico1

 

着こなし方やカラーは一般的ですが、ジャケットを「チェック柄」にするだけで洒脱に。

 

Domenico3

 

「黒ダブルライダース×黒デニム」でハードに決めつつも、ローファーで大人の上品さをキープ。

 

Domenico2

 

モダンな「紺ステンカラーコート×黒タートルネック」の着こなし。落ち着いた色味だからこそ、白髪のオヤジさんの表情が引き立ちます。

ドメニコ・ジャンフラーテさんの「インスタグラム」ページ

 

ガブリエレ・パジーニ
(Gabriele Pasini)

Gabriele0

 

■History

いまのネオクラシコなイタリアンテーラードを牽引する代表格であり、自身の名を冠したファッションブランドも手掛けるガブリエレさん。

2017年4月に東京にブランド進出をし、世界のお洒落オヤジを虜にするクリエイションはとどまるところを知りません!

■Style

着こなしは、サルトリアナポレターナをルーツにしながら独自のテイストを加え、ドレススタイルを今っぽく進化させたもの。

キメのスーツから、ヌキのジャケパンまで、いまの気分を盛り込んだ装いを具現化する「脱ブナン」なテクニックが満載です。

Gabriele1

 

ちょい悪なガブリエレさんだからこそ、「Gジャン×柄Tシャツ」の攻めた着こなしがハマります。

 

Gabriele2

 

ワルな坊主もいいですが、洒落たハットを被れば「お茶目なオヤジ」に変身。気軽に飲みたい日には、こういう2面性も。

 

Gabriele3

 

ビシッと「ダブルジャケット」で決めた着こなし。でも、ジャラジャラとしたブレス、遊び過ぎな迷彩柄サンダルなどガブリエル流は健在です。

ガブリエレ・パジーニさんの「インスタグラム」ページ

 

ガブリエレ・バルディノッティ
(Gabriele Baldinotti)

GabrieleBaldinotti0

 

■History

ハイテクとクラシックを融合させたウェアで、世界中のお洒落オヤジさんを虜にしているイタリアブランド『ヘルノ』のブランディングを務めるガブリエレさん。

また、20年ほど前は無名だった高級ニットブランド『クルチアーニ』の名を広め、躍進させた立役者でもあります。

■Style

「スポーティミックスの達人」と言わるだけあり、カジュアルなテイストをシックにまとめるそのスタイルは、オヤジならではの上品さと落ち着きが共存。

タフアウターもダウンも品良く魅せる点は、とても参考になります。

GabrieleBaldinotti1

出典:http://blog.glober.jp/

 

派手な「オレンジ色ダウンベスト」を合わせたフードコートのスポーティMIXスタイル。何気にスニーカーのオレンジ色とリンクしているのはさすが!

 

.GabrieleBaldinotti2

出典:http://img.mensclub.jp

 

よくあるMA-1は「リッチなスエード素材」で大人の差を。爽やかな白スニーカー×ラギッドなカーキ色カーゴパンツの相性の良さにも注目。

 

GabrieleBaldinotti3

出典:http://blog.glober.jp/

 

グレーを中心とした「モノトーン」のコートスタイル。わずかな色さ、柄物で変化をつけているのは、上級者ならではの着こなし。

 

※すみません。ガブリエレ・バルディノッティさんの「インスタグラム」ページはありません。

 

エリック・ラザフォード
(Eric Rutherford)

Eric0

 

■History

企業家であり、モデル、コメンテーター、イベントプランナーもこなすエリックさんは、ニューヨークのファッション業界で一目置かれるお洒落オヤジさん。

■Style

ビジネスマンである彼の基本スタイルはスーツ。スリーピースをちょい脱力してこなすのが最近の気分だとか。

レストランからホテルのような場所でもキッチリかつリッチに見せることができる、手練れなオヤジさんのスタイルといえます。

Eric1

 

どんなシーンでも対応しやすい定番「紺ジャケット×ベージュチノパン」。リュックorワンショルダーバッグを担ぐときは、片掛けがポイント。

 

Eric2

 

遊びたい休日は「ジーンズ」がお供。ニットキャップを被ればよりカジュアルなテイストが加速します。

 

Eric3

 

こちらも他の方と同じく「チェック柄」で洒脱に。他をブラウン&ブラックのシンプルに徹することで、コートを引き立てます。

エリック・ラザフォードさんの「インスタグラム」ページ

 

デヴィッド・ガンディ
(David Gandy)

David0

 

■History

2012年のロンドンオリンピック閉会式に、ナオミ・キャンベルやケイト・モスらトップモデルと共に、唯一男性モデルとして登場したのがデヴィッドさん。ギリシャ彫刻のような筋肉体をもつモダンジェントルマンのロールモデルとして、久々に現れた正統派のファッションモデルさんです。

■Style

着こなしに関しては、自身が英国人ということもあり「サヴィロウ的なテーラードスタイル」が得意。モテル的な大げさに誇張された部分は微塵もなく、「素」を感じさせる着こなしに、多くの男性が共感を呼ぶカッコよさをもっています。

David1

 

やんちゃ見えする「M65ジャケット」。ジーンズと相性は抜群で、爽やかな白シャツがあることで男臭さを中和しています。

 

David2

 

男らしさとスポーティさを兼ね備えた「バルスターブルゾン」。ドレスよりの着こなしに合わせるのが大人流です。

 

David3

 

春・夏の定番的な「白シャツ×青パンツ」。ちょいゆるなシルエットなら、いつもと違う雰囲気&リラックス感。

デヴィッド・ガンディさんの「インスタグラム」ページ

 

ニック・サリバン
(Nick Sullivan)

nick0

 

■History

数々のメンズ誌のエディターを務めた後、世界初の男性誌として知られる「Esquire」を2004年から担当しているニックさん。

ブルックリンのブラウンウストーンに住み、マンハッタンの喧騒から離れた静かな暮らしを楽しんでいる。

■Style

着こなしは、イタリアントラッドとアメトラを組み合わせたスタイル。

ダブルジャケットやダブルコートを使ったクラシコな男気は、他にはない魅力を秘めています。

nick1

 

すぐに真似できる「紺ジャケット×濃紺カットソー」はかなり実用的。足元の編み上げブーツが少しタフな要素をプラス。

 

nick2

 

汎用性の高い「ベージュコート」に、カーディガン代わりのジャケットをプラス。カジュアルすぎない品の良さが◎

 

nick3

 

ワイルドな「オイルドジャケット」を、ジーンズ&茶ブーツでまとめあげ。奇をてらうことなく誰でも似合う着こなしです。

ニック・サリバンさんの「インスタグラム」ページ

リーノ・イエルッツィ
(Lino Ieluzzi)

lino0

 

■History

イタリア・ミラノは言わずと知れたファッションの都。その地に1969年から店舗を構えるセレクトショップ「アル・バザール」のオーナー。

又、世界各国のファッション誌に取り上げられる伊達男としても有名です。

特に大胆な色や柄のダブルブレストジャケットを使った着こなしは必見。貫禄のあるダンディなスタイルは、50代・60代男性にこそマッチします。

lino1

 

リーノさんは「ダブルジャケットの達人」で、70代の貫禄とダブルが絶妙にマッチ。足元のダブルモンクシューズもイケてます。

 

lino2

 

ダブルジャケットはコート類とも相性抜群。ちょいクセのある革靴で遊びを入れるのがリーノ流でもあります。

 

lino3

 

休日は緑のダブルコートをチョイス。タートルネック、ジーンズ、グレースニーカーで遊びに振っています。

リーノ・イエルッツィさんの「インスタグラム」ページ

 

マルコ・ザンバルド
(Marco Zambaldo)

marco0

 

■History

アパレルブランドのエージェントをはじめ、自身のブランド「エメ・ゼータ・アルキーヴェ(MZ Archive)」のプロデュースまで幅広く活躍する実業家。
リアルクローズなイタリアンカジュアルは、ピッティウオモでも常に注目の的となっています。

marco1

 

黒ジャケットの重たさを感じさせない、軽やかなジャケットスタイル。爽やかなブルーのボーダーT、ジーンズ、白スニーカー。

 

marco3

 

無骨な「迷彩柄M65ジャケット」も、白パンツならエレガントタフに。

 

marco2

 

スマートなコートスタイル。黒ジャケットをレイヤード(重ね着)しているのもポイントです。

マルコ・ザンバルドさんの「インスタグラム」ページ

フェリーチェ ヴィターレ
(Felice Vitale)

Felice0

 

■History

芸術の街「ナポリ」で生まれ、ナポリで自身のショップを手掛けているお洒落オヤジさん。

■Style

エレガントな服にイタリアらしい遊び心を加えた着こなしが得意。上品さがありつつもビジネスっぽさを感じさせない、オトナの休日スタイルは一見の価値あり。

Felice3

 

上品な「紺ダブルジャケット×ベージュパンツ」の着こなしは、ダブルモンクも好相性。少し肌見せした8分丈で、遊びを効かせています。

 

Felice2

 

男らしい黒レザージャケットを、最近流行の「ダメージジーンズ」でよりワイルドに。とはいえ革靴でまとめるのが伊達男らしいですね。

 

Felice1

 

ベージュ、グレー、ホワイトなど「明るいトーン」でまとめ、洗練度を上げたコートスタイル。柄物チーフで遊んでいる所も注目。

フェリーチェ ヴィターレさんの「インスタグラム」ページ

 

ロベルト・マラーロ
(ROBERTO MARARO)

roberto0

 

■History

時にはスーツ、時にはボーダーTシャツ。紳士がたしなむべき着こなしを広く提案し、毎年のピッティウォモで注目を浴びるロベルトさん。

彼はミラノにある紳士服店「Mr.Raro」のオーナーであり、日本・ロンドン、アメリカでイメージコンサルティングも行っています。

roberto1

 

バブアーの「オイルドジャケット 」も、ダブルジャケット&グレースラックスなら大人の上品さが薫るスタイルに。

 

roberto3

 

春は素材の薄い「紺ジャケット」で軽やかに。白シャツ、オフホワイトパンツも涼しげな印象に一役買っています。

 

roberto2

 

ハードな「黒ダブルレザージャケット」は、タートルネック&濃紺ジーンズであくまでもモダンに。

ロベルト・マラーロさんの「インスタグラム」ページ

Justus Hansen

justus0

 

■History

ドイツの法律家であり、インスタグラムを中心に自身のメンズコーディネートを紹介。

日本で言う「きれいめカジュアル」を得意としており、雑誌でメンズクラブ、メンズEXが好きな方におすすめです。

justus3

 

「紺ジャケット×白パンツ」のアウター代わりにM65ジャケットをプラス。ジャケットではちょっと寒いかな…、そんな日におすすめです。

 

justus1

 

深緑のチェスターコートを、紺&白でキレイめに持っていく。このあたりはM65と同じ感覚ですね。

 

justus2

 

着丈の長い「黒ダウンジャケット」を、黒色&紺色でモダンに昇華。白スニーカーでヌケ感を出し、野暮ったく感じさせないのはさすがの一言。

Justus Hansenさんの「インスタグラム」ページ

②ファッショニスタなおやじさん22人

インスタグラムで洒落た着こなしを更新中!
大人コーディネートの参考になる、海外おやじさんを紹介しています。

LOUIS-NICOLAS DARBON

louis

 

ルイスさんは「細身のトラッド系」がお得意。コンサバ、きれいめ好きなら見ておきたいお方です。

LOUIS-NICOLAS DARBONさんの「インスタグラム」ページ

 

chirinos24

chirinos24

 

チリノスさんは「挿し色や挿し柄の達人」。着こなし自体は簡単なので、誰でも真似しやすいのは嬉しいポイント。

chirinos24さんの「インスタグラム」ページ

 

Albert borowiecki

Albert-borowiecki

 

アルバートさんは「イギリス流のモダンスタイル」がお得意。レザージャケットやGジャンも、彼の手にかかれば都会的に仕上がります。

Albert borowieckiさんの「インスタグラム」ページ

 

Tufan lrfan

Tufan-lrfan

 

トゥファンさんは「イタオヤ的なスリムスタイル」がお得意。細マッチョなオヤジさんにハマる着こなしが満載です。

Tufan lrfanさんの「インスタグラム」ページ

 

Danilo Carnevale

Danilo-Carnevale

 

コンサバからアメカジまで、「ジャンル問わず垢抜けスタイル」を提案する達人。一歩先を行くおしゃれスタイルは、ダニーロさんにおまかせあれ。

Danilo Carnevaleさんの「インスタグラム」ページ

 

Melik KAM

Melik-KAM

 

メリクさんは「艶っぽいワイルドスタイル」がお得意。今風のちょい悪な着こなしを提案しています。

Melik KAMさんの「インスタグラム」ページ

 

Sergio Serrano Alejo

Sergio-Serrano

 

セルジオさんは「ベーシックカジュアル」のお手本的存在。初心者の人でも真似しやすく、流行に左右されない着こなしが多いです。

Sergio Serrano Alejoさんの「インスタグラム」ページ

 

Philip Conradsson

Philip-Conradsson

 

フィリップさんは「ハズシを効かせたキレイめ」がお得意。おやじの休日を小洒落た着こなしに変えてくれます。

Philip Conradssonさんの「インスタグラム」ページ

 

MarcelFloruss

MarcelFloruss

 

マルセルさんは「細身のモード系」がお得意。ちょいとエッジを効かせた着こなしならおまかせあれ。

MarcelFlorussさんの「インスタグラム」ページ

 

Alexis Martin

Alexis-Martin

 

アレックスさんは「旬のイタリアンコーデ」がお得意。上品でありつつ、色、季節物で垢抜けスタイルを提案しています。

Alexis Martinさんの「インスタグラム」ページ

carloemmepi

carloemmepi

 

カルロさんは「ワイルド系~エレガント系までジャンル問わず」おしゃれを楽しむお方。年齢的に60代・70代の方は、特に参考になります。

carloemmepiさんの「インスタグラム」ページ

Brian Sacawa

Brian-Sacawa

 

ブライアンさんは「イタリアンクラシック」がお得意。オヤジがハマる、ちょい渋みのある仕上げ方はさすが。

Brian Sacawaさんの「インスタグラム」ページ

 

AleksJJ Attired

AleksJJAttired

 

アレックスさんは「ちょい野暮なエレガント系」がお得意。決めすぎないので、タウンユースにしやすい利点があります。

AleksJJ Attiredさんの「インスタグラム」ページ

 

ERIK MANNBY

ERIK-MANNBY

 

エリックさんは洒脱に魅せる「柄物、色物をプラスしたスタイル」がお得意。着こなしが垢抜けない……、そんな時の救世主になってくれるはず。

ERIK MANNBYさんの「インスタグラム」ページ

 

Emiliano Pileri

Emiliano-Pileri

 

エミリアーノさんは「イタリア×アメカジ的な着こなし」がお得意。カジュアル好きなら見ておきたいお方です。

Emiliano Pileriさんの「インスタグラム」ページ

 

Leonida

Leonida

 

大人のきれいめはもちろん、レオニダさんは「色の組み合わせ方」が絶妙。よくある着こなしの“もう一歩先”をイメージさせてくれます。

Leonidaさんの「インスタグラム」ページ

 

Frank Gallucci

Frank-Gallucci

 

フランクさんは「コンサバスタイル」がお得意。特にジャケット、コート類は女性ウケするもの多数。デート映えします。

Frank Gallucciさんの「インスタグラム」ページ

 

Andrea Pratolongo

Andrea-Pratolongo

 

アンドレアさんは「ジャンルを問わないオールマイティ」なお方。特にハズシや遊びの入れ方は絶妙です。

Andrea Pratolongoさんの「インスタグラム」ページ

 

Andrea Melchiorre

Andrea-Melchiorre

 

こちらのアンドレアさんは「きれいめカジュアル」がお得意。上品でありつつも、スニーカーやチェックシャツなどで遊びを入れています。

Andrea Melchiorreさんの「インスタグラム」ページ

 

Matteo Formichetti

Matteo-Formichetti

 

マッテオさんは「イタリアンクラシコ」がお得意。ちょい派手な柄、挿し色の入れ方は特筆ものです。

Matteo Formichettiさんの「インスタグラム」ページ

 

FRANCISCO PEREIRA

FRANCISCO-PEREIRA

 

フランシスコさんは「大人のカジュアルスタイル」がお得意。旬のストリート系を参考にしたい方は是非。

FRANCISCO PEREIRAさんの「インスタグラム」ページ

 

Nickelson Wooster

Nickelson-Wooster

 

ニックさんは「男らしさを薫らせたスタイル」がお得意。ちょい無骨に決めたい方におすすめです。

Nickelson Woosterさんの「インスタグラム」ページ





もっと見る

その他


この記事を見た方は、こんなページも見ています
サイトの人気ページTOP5!

カテゴリ一覧



検索(アイテムで検索ができます)

最新の記事一覧

人気のカテゴリー






ジーンズ 人気ブランド(男性)

スタイル別 ブランド

  • ブランドプレゼント×アンケート

    プレゼントで貰って嬉しい、ブランド物といえば?

    投票結果だけ見る

    読み込み中 ... 読み込み中 ...
ページ上部に