ワークブーツ

 

男らしいスタイルの定番!
ワークブーツの人気ブランド5選。

アメカジやワークスタイルなど男らしい着こなしには欠かせないワークブーツ。

 

 

今回は「ワークブーツの王道」として知られる人気ブランドを、ランキング(アンケート投票結果順)で紹介しています。

 【投票期間:2017年10月28日~2016年10月5日】 
●総投票数:208票
1 (65票)
レッドウイング(REDWING)

 
公式サイト:http://www.redwingshoe.co.jp/

 価格帯:32,000円~48,000円 

 創業:1905年 / アメリカ 

日本でのワークブーツの知名度・人気ともにトップクラス。「キング・オブ・ワークブーツ」とも称される歴史と実績を持つアメリカ発のワークブーツブランド。

革質や履き心地も良く、アメリカのワーカーがこよなく愛用。日本では中古であっても人気があり古着屋・ネットでも高値で取引されています。

これが定番!おすすめのブーツ

レッドウイングワークブーツ1

 8875(アイリッシュセッターブーツ) 

「アイリッシュセッター」の名でも知られるレッドウイングを代表するワークブーツ。誕生から60年以上経つ今もなお「王道」となっています。
 
レッドウイングワークブーツ2

 2906(ラインマンブーツ) 

ラインマン(電線工)の足元をサポートするために作られたモデル。高所作業に求められる高いホールド性が持ち味。
 
レッドウイングワークブーツ3

 8167(ラウンドトゥブーツ) 

6インチ丈のベーシックなフォルムのワークブーツ。丸みのあるトゥは”茂みに引っかからないよう”に考えられて作られた。そんな小話もあります。

レッドウイングブーツの着こなし

レッドウイングの関連記事

【王道アイリッシュセッターはもちろんエンジニアブーツも登場!】レッドウイングの人気ブーツランキング。

記事の続きを読む »



2 (53票)
セダークレスト(CEDAR CREST)

 
公式サイト:http://www.cedarcrest.jp/

 価格帯:12,000円~15,000円 

 創業:1825年 / アメリカ 

カジュアルに使えるワークブーツが揃い、しかも本革でありながらリーズナブルな価格帯が魅力。

ワークブーツ初心者や、低価格な本革のワークブーツを探している方に丁度良いと言われています。

定番!おすすめのブーツ

セダークレストワークブーツ1

 CC-1536 

入門用として最適なセッターブーツモデル。王道の茶・合わせやすい黒・洒落た赤茶の定番3色展開。オイルレザーのアッパーに、クッション性の良いラバーソールなど実用性も十分。
 
セダークレストワークブーツ2

 CC-1036 

良質なオイルレザーとピッグレザーのライニングを備える本格的なアウトドア系ブーツ。6インチのプレーントゥはタウンユースにも使いやすく、ワークテイストにもマッチ。
 
セダークレストワークブーツ3

 CC-1051 

アメリカンテイストが持ち味のワークブーツ。防水性・通気性の良いウォータープルーフレザーを採用しハードユースにも対応した”タフ”なモデルでもあります。
 



3 (38票)
チペワ(CHIPPEWA)

 
海外公式サイト:http://www.chippewaboots.com/

 価格帯:35,000円~50,000円 

 創業:1901年 / アメリカ 

ワークブーツの本質を追求し続ける職人気質なブランド。

米国の伐採労働者が履くためのブーツ作りからスタートし、第一次世界大戦では米軍にブーツを供給するまでに成長。その耐久性と機能性を備えたワークブーツはもちろん、色んな種類のブーツを展開しています。

これが定番!おすすめのブーツ

チペワワークブーツ1

 6INCH HOMESTEAD BOOTS 

街用に使いやすい6インチと、渋いレザーの質感を楽しめる定番モデル。世界的に有名なビブラム社のアウトソールを採用している。
 
チペワワークブーツ2

 6PLAN BOOT 

「カジュアルなワークブーツ」として人気の高いモデル。素材は上質なベージュスエード。ワークスタイルに欠かせないジーンズとの相性は抜群!
 
チペワワークブーツ3

 6INCH MOC TOE 

ワーク色の強いブーツとして根強い人気のあるモックトゥモデル。お得意のビブラムソールは歩きやすく安定感も高い。

チペワブーツの着こなし



4 (32票)
ホワイツブーツ(WHITE'S BOOTS)

 
海外公式サイト:http://www.whitesboots.com/

 価格帯:80,000円~130,000円 

 創業:1850年頃 / アメリカ 

ワークブーツの最高峰として「キングオブブーツ」の異名を持つブーツブランド。
厳選された素材を熟練職人が1足ずつハンドクラフトにより作りこむ、昔ながらの製法を今も継承し続けている。

これが定番!おすすめのブーツ

ホワイツブーツ-ワークブーツ1

 スモークジャンパー 

ホワイツブーツの代表的モデル。高いフィッティングとホールド性を持ち、ハンドクラフト技術による美しい曲線美も堪能できるモデルです。
 
ホワイツブーツ-ワークブーツ2

 セミドレス 

細身のスタイルにもマッチする「紳士のワークブーツ」と称されるモデル。ホワイツが誇るクラフトマンシップの高さが伺える、希少な手縫いのステッチダウン製法を採用。
 
ホワイツブーツ-ワークブーツ3

 ノースウェスト 

アメカジからワークまで幅広いコーディネートに対応できる人気モデル。軽く歩きやすいビブラムソールを採用し、外見もスッキリとしていて扱いやすい。

ホワイツブーツの着こなし

出典:http://wear.jp/



5 (20票)
ウエスコ(WESCO)

 
公式サイト:http://www.westcoastshoe.co.jp/

 価格帯:89,000円~158,000円 

 創業:1918年 / アメリカ 

労働者をはじめとしたアメリカの男たちの足元を長年支え続けてきた老舗ワークブーツブランド。

ブーツはハンドメイドにより155もの工程を経て作られ、高い耐久性と機能性を兼ね備える。現在はファッションピープルだけでなくバイカーにも支持されています。

これが定番!おすすめのブーツ

ウエスコワークブーツ1

 ジョブマスター 

ウエスコの代表モデルであり最も人気のあるワークブーツ。どんなスタイルにも合わせやすいデザイン。レースアップの魅力でもある”抜群のホールド性”も堪能できる。
 
ウエスコワークブーツ2

 ハイライナー 

過酷な状況にも耐えうる堅牢性の高いヘビービューティなモデル。その耐久性の高さからハードコアなバイカーの方にも支持されている。
 
ウエスコワークブーツ3

 パッカー 

ウエスタントゥに足元全体をホールドするレースブーツとの組み合わせが好評。ワークブーツながらも「上品」なイメージを持ち合わせています。

ウエスコブーツの着こなし

出典:http://wear.jp/



Loading ... Loading ...




もっと見る

ブーツ


この記事を見た方は、こんなページも見ています
サイトの人気ページTOP5!

カテゴリ一覧



検索(アイテムで検索ができます)

最新の記事一覧

人気のカテゴリー






ジーンズ 人気ブランド(男性)

スタイル別 ブランド

  • ブランドプレゼント×アンケート

    プレゼントで貰って嬉しい、ブランド物といえば?

    投票結果だけ見る

    読み込み中 ... 読み込み中 ...
ページ上部に