30代ファッションブランド

 

 

低価格~コスパ系まで、30代の安いファッションブランドを網羅!

リーズナブルでありながら、30代が着ていても安っぽく見えない、そして年代的に似合う服が売っているファッションブランドをご紹介しています。

目次

安いファッションブランド〈9選〉

【1】グローバルワーク

【2】GAP(ギャップ)

【3】グリーンレーベル リラクシング

【4】コムサイズム

【5】ライトオン

【6】エディーバウアー

【7】ユニクロ

【8】無印良品

【9】GU(ジーユー)

 

コスパ系ファッションブランド〈10選〉

【1】417 by エディフィス

【2】ビーミング by ビームス

【3】ジャーナルスタンダード レリューム

【4】アーバンリサーチ ドアーズ

【5】ヒアーズ

【6】ベイフロー

【7】チャオパニック ティピー

【8】マイセルフ アバハウス

【9】イーブス

【10】セブンデイズ サンデイ 

安いファッションブランド〈9選〉

大人の安い服

【1】グローバルワーク

 

アパレルを中心とした大手メーカー「アダストリアポイント」が展開する20代~30代男性を対象にしている低価格ファッションブランド。

 

あまり肩肘張らない、休日向けのナチュラルな服が揃っています。

全身グローバルワーク×30代男性の着こなし

▼タップで拡大 or スワイプできます

▼タップで拡大写真

 

大人のグローバルワーク

 

>> グローバルワーク公式通販サイト

 

【2】GAP(ギャップ)

 

男女問わず年齢問わず、一定の評価があるアメリカのファッションブランド。

 

扱う服はカジュアルファッションがメインで価格も割りとリーズナブル。年齢層が幅広く、店舗では30代~40代男性の方も見かけます。

全身GAP×30代男性の着こなし

▼タップで拡大 or スワイプできます

▼タップで拡大写真

 

大人のGAP服

 

 

>> GAP公式通販サイト

 

【3】グリーンレーベル リラクシング

 

ユナイテッドアローズのレーベルの1つで、1番の低価格な路線であり、20代~30代を中心としたターゲット。

 

服は手堅くかつスマートに着こなしでき、アローズのブランドバリューがある点も魅力。

全身グリーンレーベル リラクシング×30代男性の着こなし

▼タップで拡大 or スワイプできます

>> グリーンレーベル リラクシング公式通販サイト

 

【4】コムサイズム

 

大型ショッピングセンターにも店舗を構える、ファミリー層向けのファッションブランド。

 

手が届きやすい価格帯と、10代~30代まで利用する年代も幅広い傾向があります。取り扱う服装はシンプル・オーソドックスな印象のものが多い。

全身コムサイズム×30代男性の着こなし

▼タップで拡大 or スワイプできます

>> コムサイズム公式通販サイト

 

【5】ライトオン(Right-on)

 

アメカジ系カジュアルファッションとして人気のライトオン。

以前、CMに浅野忠信さんを起用。30代はもちろん幅広い年齢層から支持されています。

全身ライトオン×30代男性の着こなし

▼タップで拡大 or スワイプできます

>> ライトオン公式通販サイト

 

【6】エディーバウアー(Eddie Bauer)

 

利用される方の年齢層は高めで、おおよそ30代~40代男性のアメカジ系ファッションの服が揃っています。

 

あまり低価格といわけではないのですがアメリカ発のブランドらしく”丈夫”という点においても定評があります。

全身エディーバウアー×30代男性向けの着こなし

▼タップで拡大 or スワイプできます

>> エディーバウアー公式通販サイト

【7】ユニクロ(UNIQLO)

▼タップで拡大写真

 

 

大人のユニクロ名品

 

大人男性のユニクロ名品

 

【8】無印良品

▼タップで拡大写真

 

大人男性の無印服

 

大人の無印服

 

【9】GU(ジーユー)

▼タップで拡大写真

大人のGU服

 

 

コスパ系ファッションブランド〈10選〉

ビームス、エディフィスなど有名ブランドも登場!

 

少し予算を上げて、より良いものを! という方におすすめ。

低価格とまではいかないものの「良心的価格でコスパのいい」、30代が利用するファッションブランドをご紹介します。

【1】417 by EDIFICE(フォーワンセブン バイ エディフィス)

 

上品でスタイリッシュなフレンチプレッピー

2009年よりエディフィスのニューレーベルとしてスタート。“フレンチプレッピー”をテーマにミリタリー、マリン、スポーツなどを取り入れたハイカジュアルをグッドプライスで展開。

 

フレンチがベースゆえ、どこかノーブルで洗練されたアイテムが豊富に揃う。とくに通年で展開されるシャツは抑えた価格としっかりした作りが好評。

全身417 byエディフィス×30代男性の着こなし

▼タップで拡大 or スワイプできます

 

(上)中綿を抜いたMA-1ジャケットは秋に使える軽アウター。高密度でナイロンツイル素材が上質な印象を醸し出す。1万5000円。

(下)ウインドーペーン、細ボーダー、太ストライプの3パターンを組み合わせた切り替えシャツ1万円

>> 417 by EDIFICE 公式通販サイトへ

 

【2】B:MING by BEAMS(ビーミング バイ ビームス)

 

ビームスが手掛けるライフスタイル提案レーベル

ビームスが手掛けるライフスタイルショップ。こなれた価格帯ながら着心地の良いオリジナルウエアを中心に生活雑貨なども幅広く展開する。

 

この秋はメイド・イン・ジャパンのこだわり、日本各地の繊維工場と取り組んだプロダクトをリリース。シャツ、チノパン、スウェット、ニットなど日本製ならではのウエルメイドな服が豊富に揃う。

全身ビーミング by ビームス×30代男性の着こなし

▼タップで拡大 or スワイプできます

 

(右)前面はタオル地、背面を生成りのガーゼ地で切り替えたカーディガン。6900円。

(左)ストレッチデニムを使ったアンクル丈ジーンズ。キレイなテーパードシルエット。8900円

>> B:MING by BEAMS 公式通販サイトへ

 

【3】JOURNA LSTANDARD relume(ジャーナルスタンダード レリューム)

 

「ちょうどよい」大人のファッション

ジャーナルスタンダードから派生した「ちょうどよい」大人のファッションを提案するレーベル。ベーシックで高品質、そしてほどよくトレンド感を持たせたカジュアルウエアが好評。

 

ジャーナルスタンダードの系譜を継ぐミリタリーやワークなどラギッドなウエアも充実。セレクトショップならではのさまざまな別注アイテムも魅力的。

全身ジャーナルスタンダード レニューム×30代男性の着こなし

▼タップで拡大 or スワイプできます

(右)古着のような色褪せとくったりとした生地感のネルシャツ。8500円。
(左)リーバシブル仕様で裏返してキルティングブルゾンとしても楽しめるちょっとお得なMA-1。

>> ジャーナルスタンダード レリューム 公式通販サイトへ

 

【4】URBAN RESEARCH DOORS(アーバンリサーチ ドアーズ)

 

「衣食住」を丁寧に見つめるライフスタイルブランドの先駆け

“日々の暮らしを心地良く、そして丁寧に暮らすための服作り”いわゆる「ライフスタイル系」と言われる昨今のブームの火付け役とも言えるのがこのブランド。

 

「衣」だけでなくカフェやダイニングなどの「食」、インアテリアや雑貨の「住」など取り扱う品目も幅広い。時代を越えて長く愛用できるシンプルでベーシックなものを揃える。

アーバンリサーチ ドアーズ×30代男性の着こなし

▼タップで拡大 or スワイプできます

 

(右)刻印入りのメタルボタンがアイコン。8000円
(左)製品染めによる微妙なムラ感がタフな印象。1万3000円

>> アーバンリサーチン ドアーズ 公式通販サイトへ

 

【5】HERE’S(ヒアーズ)

 

快適で機能的なライススタイルブランド

大手アパレル会社「イトキン」が2012年よりスタートさせたブランド。アパレル会社のノウハウを生かしたアイテムは着心地と機能性にもこだわりながらリーズナブルなプライスを実現している。

 

トレンドを程よくリアルクローズに落とし込んだワードローブは、ファッションから派生する高感度なライフスタイルまで提案している。

 

(上)表地はインディゴブルー、裏地にボーダー柄を配したWガーゼシャツ。柔らかい肌触りが心地いい。5990円。
(下)中綿入りのMA-1ジャケットは明るめのセージグリーンとコンパクトなフィット感でモダンな印象。7990円

>> 公式なし(2016年ブランド終了しました)

 

【6】BAYFLOW(ベイフロー)

 

デニムを中心にヘルシーな大人カジュアルを提案

2014年にスタートしたライフスタイルブランド。大人にとってうれしいのは凝ったデニムアイテムがリーズナブルな価格で手に入ること!

 

リアルなヴィンテージウオッシュやダメージ加工のデニムが1万円前後で買える。コンセプトは“Respect Nature, Respect Fashion”。程よいリラックス感と最新のトレンドを併せ持つライフスタイルを提案する。

 

(上)あえて起毛した裏地を使ったシャツはチェック柄の適度なボケ具合がいい。背中にダーツ入れて引き締まったシルエットに。8900円。
(下)ストレッチデニムを使った2ndタイプのGジャン。ウオッシュ加工でリアルな色落ち。1万4000円

>> ベイフロー 公式通販サイトへ

 

【7】CIAOPANIC TYPY(チャオパニック ティピー)

 

上質な素材から生まれるリラックス感ある日常着

チャオパニックによるファミリーカジュアルを提案するレーベルで、メンズ、レディス、キッズを取り揃える。リーズナブルな価格帯ながら上質な素材と着心地にこだわったオリジナルアイテムを展開している。

 

アウトドアやスポーツなどをベースにしているのでリラックス感や機能性を重視したデイリーウエアが人気を博している。

 

(上)シャンブレー生地1枚で仕立てたショップコートはラペル付きでシックな印象。8000円。
(下)ブロード地のストライプシャツ。ボタンダウンの立体的で美しい襟が特徴。6000円

>> チャオパニック ティピー 公式通販サイトへ

 

【8】MYSELF ABAHOUSE(マイセルフ アバハウス)

 

アバハウスが手掛ける等身大のリアルクローズ

2013年よりスタートしたアバハウスインターナショナルが手掛ける新コンセプトショップ。リーズナブルでありながら素材や着心地にこだわったオリジナルウエアや雑貨などを取り扱う。
中でも注目はブランドスタート時から定番として作られている日本製の本格ジーンズ。1万円以下とは思えないクオリティで大人には見逃せない1本!

 

(上)裏地を使ったパイルのパーカはタオルのような優しい肌触り。美しいヘザーグレーも魅力的。8800円。
(下)セルビッチ付きの本格ジーンズはMADEINJAPAN。白のレザーパッチが付く。9800円

>> マイセルフ アバハウス 公式通販サイトへ

 

【9】YEVS(イーブス)

 

大人のための都会的なリアルクローズ

2008年からスタートした大阪のアパレルメーカー、遊心クリエイションが手掛ける低価格カジュアルブランド。低価格とは思えない高いデザイン性としっかりした服作りで人気急上昇の注目株。
リラックス感のあるデイリーウエアから、ジャケットやシャツなどクロージングラインまで幅広い商品ラインナップも魅力的。

 

(上)インディゴ染めのプルオーバースウェットパーカ。深みのあるブルーにゆったり着られるビッグシルエット。6990円。
(下)甘く撚られたニット生地のリブパンツ。極上の肌触りは一度はいたらやみつきに。4990円

 

【10】SEVENDAYS=SUNDAY(セブンデイズサンデイ)

 

“毎日が日曜日”という名のオフタイムのカジュアル

〈アースミュージック&エコロジー>などを手掛けるクロスカンパニーが発信するコストパフォーマンスに優れたブランド。
ウエアのほかにインテリア小物やギフト雑貨なども取り揃え、心地良い時間を過ごすためのライフスタイルを提案している。スウェットやニット、ジーンズなどオフタイムをゆったり楽しむためのデイリーウエアを提案している。

 

(上)チャンピオンに別注したスウェットパーカはライトオンスでゆったりリラックスしたサイズ感で着られる。5990円。
(下)手の込んだリペア加工やダメージを施したジーンズが驚きのプライス! 8990円

 

 

30代の服が買えるショッピングモール〈7選〉

今もっとも服が売れている場所は、実はショッピングモール。ひと昔前の安っぽいイメージはなく、おしゃれでスタイリッシュな場へと変貌しています。

 

商品もしかり。名立たるセレクトショップやブランドがモール向けの新ラインを開発し、トレンド感のあるしかも良心価格なアイテムが揃っています!

ららぽーと東京BAY

 

人気セレクト&ブランドが軒を連ねるおしゃれモールの草分け

ららぽーと東京BAYは、高感度で都市型のセレクトショップやブランドが数多く出店する“おしゃれモール”の象徴的存在。豊富に揃うブランドから、ここでコーディネイトしたのは都会的で洒脱なスタイル。

カーキとグレーをメインに秋を先取りしつつ、九分丈パンツとスニーカーで抜け感たっぷりにメイク。肩掛けしたボーダーニットとサングラスでさり気なく味付けした。こなれた値段で洗練されたルックが作れる好サンプル。

>> ららぽーと東京ベイ 公式サイトへ

 

〈左〉テラスモール湘南

 

ロンハーマンも出店した。高感度ショッピングモール

湘南に2011年にオープン。海外セレクトショップのロンハーマンや湘南・鎌倉の人気カフェやスイーツが出店するなど、他のモールとは一線を画す高感度なテナントが軒を揃えている。

店内もビーチリゾートの立地を感じさせる広々とした爽やかな空間が魅力的。コーディネイトもそれに合わせて、白ジャケットと白Tシャツを重ねたレイヤードに濃紺デニムとスニーカーを合わせてクリーンなカジュアルを構築した。

>> テラスモール湘南 公式サイトへ

〈右〉ラゾーナ川崎

川崎のイメージを変えた複合型巨大モール!

開業以来、大盛況! 売上高日本一とも言われ、ショッピングモールブームの先駆け的な存在。川崎駅から直結する便の良さに加え、ゆったりと開放的な空間にはイベントスペースや多目的ホール、シネコンなども充実している。

もちろんファッションテナントも大充実。<ジャーナルスタンダード レリューム〉や〈アーバンリサーチン ドアーズ〉を中心に、リラックス感のあるデイリーカジュアルにコーディネイトした。

>> ラゾーナ川崎 公式サイトへ

 

〈右〉二子玉川ライズ

 

東京で今一番HOTな新開発タウン

二子玉川ライズはショッピングモールだけではなく、ホテルやオフィスビル、レジデンスタワーなどを複合した施設の総称。2015年に完成したばかり。東京で今もっとも注目されている新タウン。

広大な敷地に4つに分かれたショッピングエリアには旬のテナントが勢揃いしている。緑と水に囲まれたこの街にはレザーライダースをスウェットパンツでハズした大人のリラックスカジュアルがマッチするはず。

>> 二子玉ライズ 公式サイトへ

〈左〉イオンモール岡崎

東海地区最大の売り場面積を誇る巨大イオンモール

全国各地にあるイオンモールの中でも有数の規模を誇るのがここ岡崎。200以上のお店が軒を連ねるなか、メンズファッションも充実。〈グローバルワーク〉、〈コーエン〉などリーズナブルなカジュアルブランドが充実している。

コーディネイトは下でも紹介している〈ベイフロー〉をメインにコーディネイト。流行色のカーキとホワイトを組み合わせたクリーンで大人っぽいサーフスタイルを構築した。

>> イオンモール岡崎 公式サイトへ

 

〈右〉阪急西宮ガーデンズ

 

阪急百貨店が手掛ける高級志向モール

阪急西宮球場の広大な跡地に2008年オープンした阪急百貨店が運営するモール。百貨店が母体で、近隣に芦屋など高級住宅街もあるためや〈ディーゼル〉や〈ビューティ&ユース〉などプレミアムなブランドも出店しているのが特徴。

コーディネイトで使ったカーゴパンツはツイードのように見えながら、実は転写プリントを施したフリース素材。デニムジャケットもストレッチ生地でストレスフリーなリラックススタイルが完成。

>> 阪急西宮ガーデンズ公式サイトへ

〈左〉あべのキューズモール

毎週のように開催されるイベントも充実!

コンセプトは“アーバン リラックス スタイル”。ショッピングだけでなくライブやトークショウなどイベントも毎週のように行われている。

ちなみに『あべのキューズモール』の名前は運営する東急(きゅう)不動産から由来している。コーディネイトではホワイトレザーにブロークンジーンズを合わせて、スタイリッシュなアメリカンカジュアルを表現。淡いトーンとタイトなシルエットでクリーンな印象にまとめた。

>> あべのキューズモール公式サイトへ

 

あわせて読みたい!

この人たちを見ていれば間違いない!おしゃれすぎるプロを紹介…

記事の続きを読む »

プロが選んだ、5万円以内で買える「30代男性向けのカジュアル時計」!…

記事の続きを読む »

「40代ファッションの参考になる」おしゃれイケオジなスタッフさん…

記事の続きを読む »


この記事を書いたのは

著者情報

メンズファッションブランドナビ編集部

“本当に正しい情報だけ”を目指し、その分野において「雑誌掲載の実績・専門家の評価・人々の話題性」など、相応しいブランドだけを掲載しています。

【公式】ピンタレストX(ツイッター)インスタ

もっとブランドを見る

30代男性


あわせて読みたい記事
サイトの人気ページTOP5!
カテゴリ一覧



検索(アイテムで検索ができます)

最新の記事一覧

人気のカテゴリー






ジーンズ 人気ブランド(男性)

スタイル別 ブランド

カテゴリー

  • カテゴリー
    • ブランドプレゼント×アンケート

      プレゼントで貰って嬉しい、ブランド物といえば?

      投票結果だけ見る

      読み込み中 ... 読み込み中 ...
    ページ上部に